2019年01月19日

キャセイマルコポーロステータスマッチ挑戦

年初の訪中を安価なキャセイ便を利用しようと思っていたので、マルコポーロクラブへのステータスマッチに挑戦しました。
5年前にはアメックスプラチナカード所持でゴールド資格を得ることができ、ラウンジ利用、ビジネスアップグレード等々数々の恩恵を受けることができ、毎回キャセイ便を利用していたのですが、今ではグリーン資格も失い資格なしとなっており、キャセイ便を積極的に利用することはなくなっていました。
本年はJALのJGCプレミア資格があるので、同じワンワールドグループのキャセイ便も利用することが多々あると思い、過去に恩恵を受けたインボラアップグレードの可能性を求め、JGCプレミアの資格を利用しステータスマッチに挑戦しました。
英文メールでキャセイのアカウントナンバーと、JGC資格のスクリーンショット、そしてJALの一年間の搭乗記録を添付し、キャセイ便利用の予定(未予約)を記載し申請をしました。
二日後にキャセイからメールが届きました。
内容は、『連絡ありがとうございます。あなたにグリーン資格を与えます。通常必要なグリーン申請に必要な100USDは免除します。このオファーを受けるのであればメールに返信してください』とのことでした。
私はシルバーを得られないかなと挑戦したのですが、
・グリーン資格を持っていない
・今後の搭乗予定が確定していない
の点でシルバーに到達していなかったと判断しています。
後日メンバーズカードとタグが送られてきました。
Marco_Green.jpg
残念な結果ですが、そうは甘くはないと思います。
あまり利用することはないと思いますが、次はスターアライアンスのステータスマッチに挑戦しようと思います。
posted by マーラー火鍋 at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航空会社

2019年01月17日

キャセイファーストラウンジ『The Wing』in 香港国際空港

シンセンからの帰りは、香港国際空港からのキャセイ便です。
昨年のJGC修行でワンワールドのエメラルド資格を得ていたので、キャセイのファーストラウンジに行くことにしました。
この空港はキャセイのフラッグシップ空港であり、いくつものラウンジがありますが、ファーストクラスラウンジは『The Wing』と『The Pier』の二つです。今回は搭乗ゲートが3番ゲートでしたのですぐ近くのThe Wingに行くことにしました。
Wing1.jpg Wing2.jpg
ファーストクラスラウンジは搭乗ゲートのあるフロアからも行けますが、南ゲートのイミグレを出てすぐ左に進むと直接ファーストクラスラウンジに入れます。
入室するとすぐにバーがあります。ウエルカムドリンクのシャンパンが準備されています。
Wing3.jpg perrie.jpg
三本のシャンパンが冷蔵されていました。一本目はペリエジュエ(フランス)です。
Roederer.jpg AYALA.jpg
二本目はルイ・ロデレールとアヤラ(ともにフランス)でした。
ここではシャンパンを飲まずに、ダイニング『The Haven』に向かいました。
席に案内され、オーダーメニューが渡されました。お飲み物は?の問いかけにシャンパンをオーダー。
そしてメニューには中国料理と西洋料理ほかがありましたが、全て英語で直感的にわからないのでウエスタンをオーダー。すかさず玉子料理はどうしますか?と問いかけられ考えるまもなくスクランブルを注文していました。本当は目玉焼きが良かったのですが口からはスクランブルと言ってしまいました。そして硬さを尋ねられ、思わず『ソフト』といってしまいました。
Wing4.jpg Wing5.jpg
自分の食べたいものとは違う注文をしてしまい後悔しましたが、次回はちゃんと注文しようと思いました。
オーダースタイルには慣れが必要と思いました。
Wing6.jpg Wing7.jpg
The Havenにはオーダーとは別にバイキング形式の食材も準備されています。
おなかが落ち着いたのでダイニングを退出しました。
Wing9.jpg Wing8.jpg
ダイニングの外にも食材が準備されています。
既に満腹なので、このラウンジで有名な入浴施設『The Cabanas』に行くことにしました。
シャワールームはさまざまなラウンジにありますが、これは別格です。
CABANAS1.jpg CABANAS2.jpg
入り口の女性に空いているか尋ねたらOKの返事。
入室してびっくり!。非常に広い空間とお風呂を独占でき、ここで搭乗を待つのも全然ありだなという場所です。
CABANAS3.jpg CABANAS4.jpg
入室してすぐに、ここではシャンパンが欲しいなと思い、受付の女性に飲み物が欲しいので一旦出ると告げ、入り口近くのシャンパンコーナーで一杯持ち込みました。
ソファーもあり仮眠もできます。
CABANAS5.jpg CABANAS6.jpg
ゆったりと湯船につかり一時間ちょいまったりと過ごしました。
The Havenを出てラウンジのソファーでくつろぎました。
Wing11.jpg Wing10.jpg
バーカウンターでキャセイファーストラウンジで頂ける『キャセイ・デライト』を注文。キウイベースのノンアルコールカクテルです。これをいただきながら搭乗を待ちました。
次回は『The Pier』のファーストラウンジに突撃します。
posted by マーラー火鍋 at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ

2019年01月16日

9 Square(九方)の『緑茶』で中国友人女性と夕食

シンセンから帰国の前日の夕食は、日本にいるときにシンセン在住の女性と約束していました。
そんな中、シンセンでちょっと風邪気味で19時頃までホテルで寝ていました。
ふと目が覚めてWeChatをのぞいたら、『今日の夕食は?』と17時過ぎに連絡が来ていました。
慌てて『今どこにいるの?』と連絡したところ、『今HQB(華強北)にいる』との返信が。
今から夕食に行ける?と聞いたところ...(中略)...九方の『緑茶』に行きたいとのことで、慌てて向かいました。
以前行ったことがあるレストランだったので、問題なく行くことができテーブルを確保して、友人が来るのを待ちました。
GreenTea1.jpg GreenTea2.jpg
友人はピアノのレッスンを受けていたとのことで『空腹です!』の第一声。
私はビールメインですが、5品くらい料理を注文。
GreenTea3.jpg GreenTea4.jpg
ダックと写真にはありませんが豆腐鍋がやさしい味で美味しかったです。
ここは杭州料理店で、辛くなく日本人受けする味です。湖南、四川料理と違って『よし、食べるぞ!』という気合は不要で、普通にいただけます。
友人女性は桂林出身で、杭州料理がちょうど良い様子でした。
GreenTea5.jpg
いつも思うのですが、夕食をご一緒してくれる中国人友人に感謝です。
posted by マーラー火鍋 at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理

2019年01月15日

華強北でiPhone7の電池交換

日本国内と海外で愛用しているSIMフリーのiPhone7の内蔵電池の劣化が気になっていました。
今回シンセンに行った際に電池交換をしようと思っていました。
重症ではなかったのですが、100%の充電表示であっても半日程度しかバッテリーが持たない状態でした。
バッテリー交換したのは、いつも行く携帯電話の修理店が集まったエリアです。
過去に電池交換を2回、モバイルWiFiの修理をしたことのある修理店に向かいました。
Batt2.jpg Batt1.jpg
右が交換前の電池の状態です。電池容量に対し82%のパフォーマンスに低下しています。
そして左が電池交換後のパフォーマンスで100%になりました。

以前ですと成田、羽田から香港に向かった際に電池残が50%くらいまで低下し、香港からシンセンに行く間に30%くらいになってしまい、シンセンの友人との連絡手段に心配がありました。
電池交換後、シンセン⇒成田の移動の間、十分な電池容量が残っており、残容量を心配することがなくなりました。

電池交換(作業代を含む)料金は、100元でした。前回電池交換したiPhone6の時は、80元でした。
日本の修理店の1/3以下の代金です。
posted by マーラー火鍋 at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外携帯電話

2019年01月14日

華強北で『Six Pad』もどきを購入

今回の訪中の目的のひとつに、『Six Pad』もどきの購入がありました。
昨年JGC修行を繰り返し、ラウンジでの飲食、機内での飲食、空港での飲食を動くことなく繰り返していたこともあり、腹回りが太ってきているのを感じていました。
華強北で『Six Pad』もどきを売っているのを見たことがあり、探しに行きました。
ICS1.jpg ICS2.jpg
買ったのはこれです。店頭には本家のコピー品(中国製)とICSという韓国メーカー製の二種類がありました。
悩んだ挙句、韓国製の商品を598元(店頭表示は698元)で購入しました。

日本に戻ってから継続使用をして見ます。
効果があれば結果を報告します。
タグ:華強北
posted by マーラー火鍋 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 買物

2019年01月13日

蛇口のヒルトンホテルに宿泊

香港から乗り合いリムジンで皇崗口岸に到着し、そこからタクシーにて南山の蛇口ヒルトン南海酒店に向かいました。地下鉄で近くまでいけるのですが、前回駅からかなり歩いたので最初からタクシーにしました。
日本円で1000円強でした。
Hilton1.jpg Hilton2.jpg
エントランスに到着すると高級車ロールスロイスが停車していました。結婚パーティが行われているようです。
2階のレセプションは無視し、ホテルマンに『14階のレセプションに連れて行って』と告げ、エレベータで VIP専用レセプションに向かいます。
予約していたのは一番安い部屋なのですが、VIPゴールド資格を持っているので突撃しました。
VIPゴールドでエグゼクティブルームへのアップグレードは保障されていませんが、当然のおもむきで向かいます。
VIP専用レセプションではレセプションの女性が私のことを覚えており、再来を歓迎してくれました。
ここまでくればエグゼクティブルームは大丈夫かなと思いつつ、『エグゼクティブラウンジは利用できますか?』と尋ねると、『もちろんです!!』との返事。アップグレード成功と思いつつアサインされた部屋に行くと、12階の一番景色の良い部屋がアサインされていました。
もう感激です!!
Hilton3.jpg Hilton4.jpg
蛇口湾を一望できます。ただ香港でもそうでしたですがここの空気もPM2.5で汚れており、視界はいまいちでした。
エグゼクティブラウンジでケーキタイムを過ごし、そのまま17:30開始でアルコール類と簡単な食事を頂けるディナータイム?を堪能しました。
Hilton5.jpg Hilton6.jpg
まずはビールではじめ、後にシャンパンとおつまみ類でおなかを満たしました。
当初の予約は食事なしの一番安い部屋でしたが、部屋がアップグレードされラウンジで食事をできるだけで大満足です。
この後中国人男女5人と南山のカラオケ店に行く予定になっており、飲むのは程ほどにしお迎えを待ちました。
BMW5シリーズでエントランスに迎えが来て、南山区のカラオケ店で二時間くらい楽しい時間を過ごし、ホテルに戻り持参したウィスキーを数杯飲んで寝ました。
Hilton7.jpg Hilton8.jpg
Hilton9.jpg Hilton10.jpg
朝までゆっくりと熟睡し、1階のラウンジで朝食をいただきます。ここはエグゼクティブルームでなくとも、ヒルトンのVIP資格を所持していれば無料で利用できます。
ここはさまざまな種類の食事が準備されており大満足です。中華、日本そして西洋料理を提供する場所が別れており、食べ過ぎないように好みの食材を選んでおなかを満たします。

ヒルトンのVIP資格を所持し、これまで毎回恩恵を受けてきました。
ヒルトンのサイトで予約しなかったことが二回あります。この場合部屋のアップグレードは期待できませんが、小田原ヒルトンでは朝食無料をいただけ、沖縄ヒルトンでは部屋のアップグレードと朝食無料の恩恵を受けました。
ヒルトンサイトで予約した、クアラルンプール、シンセン南山(二回)、シンセン福田(三回)、沖縄、ニセコではいずれも部屋のアップグレードを得ることができています。
ヒルトンのVIPステータスはなんとしても維持したいものです。
posted by マーラー火鍋 at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル

2019年01月12日

観たことのない快晴時の日本を飛行機から

成田からキャセイ便で香港に向かいます。
今回のフライトは日本上空をフライとするものでした。
今回は窓側、富士山側の座席を予約していました。
Airplane.jpg Fuji.jpg
成田を飛び立ち、まず最初に期待するのが富士山ですが、今回は太平洋を飛行せず日本列島沿岸を飛行するルートでしたので、富士山を良く拝めることができました。
south_alps.jpg Nagoya.jpg
そしてその後に目に飛び込んできたのが、『赤石山脈(南アルプス)』です。
こんなに日本列島をきれいに見れたのは初めてです。
しばらくした後、名古屋上空を観察することができました。
Osaka.jpg awaji_naruto.jpg
次に大阪湾上空と、淡路島と四国を結ぶ地域です。本当に珍しくきれいに日本を見ることができるフライトです。
ここまで日本列島を観察できたのは初めてのことです。
Kiei.jpg HKIA.jpg
途中機内食を食べた後眠り、目が覚めた後には地上が見えない状態でしたが、これまた観たことがないものが目の前に。自分が乗っている飛行機の機影が雲に写っていました。
そして香港国際空港に着陸すると、天気はどんよりしていますが雲がかかっているのに加え、この地域の特徴のPM2.5による視界の悪さが存在していました。
posted by マーラー火鍋 at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移動手段

2019年01月11日

成田空港のJALファーストラウンジに向かいましたが...

昨年JGC修行を行った結果、JGCプレミア(ワンワールドエメラルド)資格を得ることができ、シンセンに行くためにキャセイのエコノミークラスを予約し、成田空港のJALファーストラウンジに向かいました。
NRT_Lounge1.jpg
ラウンジカウンターで搭乗券(キャセイのエコノミー)を提示し、当然ファーストラウンジに行けると思ったら、『申し訳ございません。現在ラウンジの改修工事をしておりまして、混雑防止のため他社航空利用者のご利用をご遠慮願っています』とのこと。
『それではサクララウンジでいいです』と言ったところ、『そちらのラウンジもご利用いただけません』『他のワンワールドラウンジをご利用ください』との回答でした。
ちょっとがっかりしましたが、気持ちを切り替えてワンワールドラウンジのはしごを決行するすることにしました。
利用できるのは、キャセイ、アメリカンエアラインそしてサテライトにあるカンタスラウンジの三つです。
搭乗がサテライトでしたので、キャセイ⇒アメリカン⇒カンタスの順番でめぐることに。
Cathay_Narita1.jpg Cathay_Narita2.jpg
キャセイラウンジは過去に何度も利用していたので、軽く食事をしてすぐに次のアメリカンエアラインラウンジに向かいます。
NRT_AA1.jpg NRT_AA2.jpg
初めての利用です。こんなところがあったんだ!という感想です。
そこそこ広いラウンジなのですが、利用客が少なく落ち着けます。利用客が多いサクララウンジでは得られないリラックス感を堪能できます。
JALかキャセイしか考えていなかったのですが、AAも全然いいなと思いました。
NRT_AA5.jpg NRT_AA6.jpg
サクララウンジほどではないですが、満足できる食事と飲み物が用意されています。
NRT_AA3.jpg NRT_AA4.jpg
そして明太子ご飯がいただけるとあって、ここで朝食とすることにしました。大満足!!
おなかがいっぱいになったところで、搭乗ゲートのあるサテライトに移動し、ボーディングまでカンタスのラウンジでくつろぐことにしました。
NRT_QANTAS1.jpg NRT_QANTAS2.jpg
NRT_QANTAS3.jpg NRT_QANTAS4.jpg
香港空港のカンタスラウンジもそうですが、利用客が少なく落ち着けるラウンジです。
AAも落ち着け、カンタスも落ち着けるとなると、JALのサクララウンジのあの喧騒はいただけないという印象です。
NRT_QANTAS5.jpg NRT_QANTAS6.jpg
既にAAラウンジで満腹なので、ここではシャンパンとチーズで登場時間を待ちました。
今回JALのファーストラウンジ利用はかないませんでしたが、他社のラウンジも落ち着きたいときには全然使えるとの印象を受けました。
でもJALファーストラウンジを使いたいという目的の『JGCプレミア』修行だったので、次回はマイレージでのJAL便で香港に行こうと思います。
posted by マーラー火鍋 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ

2018年12月25日

2018年JGC修行の結果、JGCプレミアを取得

本年7月からはじめた日本航空のJGC修行ですが、年内にJGCプレミア資格を得ることができました。
普段は東京⇔香港のフライトだけなのですが、マレーシア、シンガポールを香港行きに絡めたり、ビジネスクラスで搭乗したり、香港に行くのにわざわざ那覇からの旅程で航空券を予約したりでかなりの出費になりました。
JGC_Premier.jpg
これで2020年の3月までさまざまな特典を受けることができます。
ワンワールドのエメラルド資格になりますので、ワンワールドのフライト利用時に、搭乗クラスにかかわらずファーストクラス搭乗と同等のサービスを受けられます。
ファーストクラスチェックインカウンター、優先セキュリティレーン、ファーストクラスラウンジ、最優先搭乗をはじめ、かなりの恩恵を受けることができます。
2018年は無理してJAL便を積極的に利用しましたが、来年はJALより安いキャセイで香港に行くことになりそうです。
以前マルコポーロのゴールドティアを保持していたときは結構な確率でビジネスクラスにアップグレードされてよく利用していました。資格がグリーンになってからはほとんど利用していません。
JALと同じワンワールドのエメラルド資格を得たので来年は搭乗料金の安いキャセイを利用して香港往復をすることになりそうです。
タグ:JAL JGC修行
posted by マーラー火鍋 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年12月21日

JAL JGC修行に利用すべきFOPが倍になるキャンペーン

先日JALマイレージバンクからメールが来ました。
本年にフライオンステイタスを取得した人に、翌年のFOPが二倍になるという内容です。
ステイタスとは、2018年内に30000FOP(クリスタル資格)以上を得た顧客になります。
対象者が翌年の指定の一ヶ月間のフライトに対して、約二倍のFOPを授与するというキャンペーンです。
FOP1.jpg FOP2.jpg
来年の4月からの搭乗に対してのエントリーです。本年内に30000FOP溜まっていなくても、年初にがんばれば来年のエントリーが可能です。
私の場合、今年に30000FOP達成した9月の時点では全ての期間に一定数のエントリーがあり、参加できませんでした。
FOP3.jpg FOP4.jpg
来年JGC修行をする際には無視できないイベントだと想います。
私の場合も来年サファイア、プレミアを維持しようとすると無視できないので、4月のエントリーを済ませました。
タグ:JAL
posted by マーラー火鍋 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年12月20日

定番となった香港国際空港ラウンジ、QANTASからのCathayラウンジ

JGCサファイア資格を得てから、ワンワールドを利用して香港から東京に帰る際に、QANTASラウンジで麺を頂き、その後キャセイラウンジでゆったりするのが私の中で定番となっています。
QANTASラウンジは広いのですが利用客が少なく落ち着けます。利用客の半分以上が日本人である感じです。
ここでの楽しみは、オーダーしていただく麺です。今回はワンタン麺でした。
HK_Lounge1.jpg HK_Lounge2.jpg
ワンタンメンは香港の街で頂くものと同じで、細くて固めの玉子麺と醤油ベースのスープで、中国で食べる麺とは違い私の好みの味です。日本の麺とは味では比較できませんが、香港らしい味で満足です。
HK_Lounge3.jpg
後は若干(?)の朝食を頂きほぼ満腹状態でキャセイラウンジ『PIER』に向かいます。

HK_Lounge4.jpg
ここのラウンジは本当にすごいと想います、広さ、飲食類そして落ち着ける空間の満足度が半端ないです。
HK_Lounge5.jpg HK_Lounge6.jpg
足を投げ出せる席を選び、ビールとビーフシチューとハム類でゆったりと搭乗時間を待ちました。
HK_Lounge7.jpg
今回訪れたのはビジネスラウンジですが、次回はJGCプレミアム資格が得られているので、ファーストラウンジに行ける予定です。どんなラウンジかなと今から楽しみにしています。

posted by マーラー火鍋 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ

2018年12月19日

華強北で初めて行った湖南料理店

シンセンに来て最近食事をご一緒してくれる友人女性たちが夕食での会食の都合がつかず、昼食を一緒に食べるためにわざわざ華強北までお昼に車(BMW5シリーズ)で来てくれました。
女性姉妹二人と日本人二人での昼食です。
何を食べたいのと聞かれ、とっさに湖南料理と言ったらすぐにスマートフォンで検索し、湖南料理店に連れて行かれました。
中国のWEBは本当にすごいです!!
konan1.jpg konan2.jpg
最近、湯(スープ)を頂いていなかったので中国料理をじっくり頂きます。
あまり辛くなく、痺れる麻が無い湖南料理がちょうど良いです。
konan3.jpg konan4.jpg
konan5.jpg konan6.jpg
今回は会食していただいた女性の娘さんのためにお土産を買ってきていました。
折り紙の道具です。
konan7.jpg konan8.jpg
これには後で反応がありました。
娘さんが学校(塾?)から帰ってきて折り紙をしている様子の写真が微信で送られてきました。
konan9.jpg
タグ:華強北
posted by マーラー火鍋 at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湖南料理

2018年12月18日

四川火鍋店で中国女性友人二人と日本人二人で会食

華強北の火鍋店で夕食となりました。
前回来たときも、この店で別の友人たちと会食しました。
shisen1.jpg shisen2.jpg
過去に華強北には小肥羊があり、いつもそこに行っていたのですが今は閉店してしまいました。
10年以上前からある『華神火鍋』(←私が火鍋に出会った店)は今でもあります。とても辛いというよりか、痺れる花椒たっぷりの日本ではあじあうことのできない料理です。
今回行った店も四川の火鍋ということもあり味覚は一緒ですが、ちょっと上品な感覚です。
shisen3.jpg shisen4.jpg
マーラー湯と白湯は半々ではなく、マーラー湯が大半を占めています。本場の味で食え!と訴えています。
火鍋といったら重慶もいいですが、四川も外せません。
posted by マーラー火鍋 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 火鍋

2018年12月15日

香港行きのJAL便でのトラブル

JGC修行の中、羽田から香港に向かうエコノミークラスの中でちょっとしたトラブルが発生しました。
私のシートは三列シートの通路側のC。その左のA,Bに50-60代の夫婦が着席していました。

搭乗して離陸し通常飛行にいたる間、私は機内映画を観るためのヘッドフォンをしていたのですが、窓際に座っている奥様の声が大きくちょっと気になり、ボリュームを上げて対応していました。

しばらくして奥様がCAを呼んで何やら言っているのに気がつきました。ヘッドホンから音声が出力されない様子。
まあ、古い機材では良くあることかなと思い静観していました。
CAさん新たなヘッドセットを持参し、対応を依頼していました。(これは良くある対応ですね)
それでも改善されず、奥様は再度CAを呼び苦情のようなことを伝え、対応(治せという感覚)を要求。
CAさんはシステムのリセットをするのでお待ちくださいと伝え、システムのリセットを行う(たまにある対応)。
この時点で、映像は出るのだが音声が出ないという状況で、これはオーディオ系統の接続が接触不良、断線だなと思っていましたが、案の定リセット後にも音声が出力されなかったようで、奥様は激高しました。
言っていたフレーズは、
『なぜリセット終了を告げた後、CAはその後の状況を確認することなく離れたのか。ちょっと待って確認することのできないのか!』 解らなくは無いが、CAも忙しい状態かな....
解決できない状態であることがわかると、今度は
『別の席に旦那と一緒に移動させてくれ!』と言い出しました。当便はほぼ満席状態で二人の隣席移動は無理でした。
エコノミーでブロック(器具に不良があるため)されている一席が空いているのですが、二人そろっての移動はできませんとCAさんが説明していました。
すると奥様は、『ビジネスクラスで空きは無いの!? 私はいつもビジネスクラスに乗ってるんだから!!』そして『責任者呼んで!!』と怒りまくり。
じゃあ、なんで今回はエコノミー?と思いつつも、うるさいなと我慢していました。
しばらくして白い制服のの責任者CA女性が現れ、奥様が文句を言い始めましたが、隣に座っている旦那が別の場所に行って問答をするように促し、席は静かになりましたが....
10分後ぐらいに奥様が戻ってきて満足していない様子。
私はそこで行動に出ました。
CA責任者に、『私が席を移動しましょうか?』と耳打ち。するとCAさんは不備があるのでブロックしている席ですがよろしいですか?と困り果てたおもむきで言われました。
私もこの席ではゆったりできないので、席を移動することにしました。

その後トラブルがどう終結したかはわかりません。
香港国際空港に着陸し、飛行機を降りる際にCAさんから何やら渡されました。
その中にあったメモがこれです。
クレーム.jpg
CA責任者からのメッセージでした。飛行機を降りる際出口に控えていたCA責任者は、わたしに気がつくと寄ってきて、『ありがとうございました。生きた心地がしなかったので感謝しています』と言われました。
生きた心地...のコメントにはちょっと考えさせられました。CAさんを想うとともに通常生活の中でありえることなので他人事ではないかなと想います。
posted by マーラー火鍋 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航空会社

2018年12月13日

羽田空港国際線免税店で『IQOS3』をゲット

年内にJGCプレミアム資格を得るために、シンセン行きに絡めて5回目の修行をすることにしました。
工程は、羽田⇒那覇⇒羽田⇒香港⇒(陸上移動)⇒シンセン(滞在)⇒(陸上移動)⇒香港⇒羽田⇒那覇⇒羽田の六回のフライトです。
内容は、羽田⇔香港はエコノミークラス、羽田⇔那覇は二往復ともクラスJです。
今回の修行で目標の80000FOPを十分達成できる予定です。

羽田から香港に向かう国際線の免税店で、中国人女性から頼まれていた化粧品を探してJAL免税店に寄ったところ、現在IQOS専門店以外では手に入らない新しいIQOS3を取り扱っている様子がありました。
店員に聞いたところ、入荷してもすぐに完売し、Multiを含めて在庫が無いとのこと。
残念そうにしていたら、『109または111ゲート近くの免税店には在庫があるかもしれませんよ』と言われ、向かうことに。

111ゲート近くの免税店に向かうと...IQOS3は品切れの表示があるものの、Multiはあるとの表示。
それでもいいかと思い、Multiの購入カードを手に取り、念のためにIQOS3のカードも手にしてレジに並びました。
自分の順番が来て、IQOS3は無いですよねぇ〜と聞いてみたら、在庫を確認しに行って商品を手にして戻ってきました。なんと手に入れることができました。
IQOS3.jpg
蓋のつめが折れたIQOS Plusを持参してきているのですが、今回はIQOS3を使えます!!

訪中時に中国人友人が皆興味を持ち、それ頂戴とか次回かって来てくれとか反応がすごかったです。
IQOSは中国のネットで二倍の価格ですが売られており、認知されています。
喫煙者が比較的多い中国の若者も気になる商品のようです。
posted by マーラー火鍋 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | IQOS

2018年12月06日

東日本一番人気の道の駅『川場田園プラザ』

以前テレビで紹介されていた、人気のある道の駅に行ってきました。
おそらく休日は大混雑が予想されるので平日に行きました。
群馬県の沼田にある道の駅で、川場田園プラザです。
30-40年前に良く通った沼田のスキー場に行く途中にあります。
kawaba1.jpg kawaba2.jpg
敷地は結構広く、いくつかの建物がありそれぞれのサービスを提供しています。
ここまで広い道の駅は初めてです。おそらく休日には混雑することが予想されますが、いくつかの駐車場が近郊に配置されています。
kawaba3.jpg kawaba4.jpg
朝食を食べずに家を出たので、軽く何かを食べたい欲求の中、山賊焼きというファストフードを頂きました。500円です。
そしてメインの昼食をどうするか探索し、蕎麦屋があったのでここでいいかなぁかな〜と記名して待っていたのですが、妻と私の共通のそば店に対するポリシーに若干反するということでキャンセルしたので、味はわかりません。
kawaba5.jpg kawaba6.jpg
農産物直売所で、この地域の名産であるりんごを買って帰りました。自宅で早速食べたのですが!!
蜜が豊富でめちゃくちゃ美味しい!!!
もっと買ってくれば良かったと後悔しています。
タグ:道の駅
posted by マーラー火鍋 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2018年12月05日

AMEXのメタル製プラチナカードが送られてきました

二週間くらい前にAMEXから封筒が届き、内容を確認するとプラチナカードをメタルカードに変更を希望しますかとの内容でした。
アメックスの最上位カードにセンチュリオンカードというのがありチタン製のカードであることは噂に聞いておりましたが、プラチナカードも金属化されるとのことです。
現在AMEXカードは私個人では、プラチナ、プラチナAC(アディショナルカード)とビジネスゴールドを所有していますが、メインカードが金属化されます。
すぐに郵送で申し込み、二週間強でメタルカードが到着しました。
metal_card1.jpg metal_card2.jpg
送られてきた箱自体も重厚感がありますが、カード自体もプラスチックと違い風格があります。
材質はステンレスかと思います。表面の所有者名、セキュリティコードはレーザー彫刻されています。
これまで表面にあったカード番号は裏面に浮き出るエンボス加工になっています。
従来のプラスチックカードと重さを比較してみました。
metal_card3.jpg metal_card4.jpg
従来の5gに比べ17gと重量が増えており、風格がぜんぜん違います。
ICチップは埋め込まれていますが、金属ということでこれまでどおり使えるかちょっと心配です。
タグ:PLATINUM AMEX
posted by マーラー火鍋 at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード

2018年12月04日

ダブルツリーヒルトン那覇に宿泊

香港から成田に到着し、帰宅することなく成田から那覇に向かい、修行の旅は続きます。
成田からの那覇行きはJetstar便になってしまったので、第三ターミナルからの搭乗です。
那覇空港に到着したのは22:30頃。当日は那覇に一泊になります。
宿泊先としてダブルツリーヒルトン那覇を予約してあります。ゆいレールで行くと旭橋えきの目の前なのですが、早くゆっくりしたかったので空港からタクシーで向かいました。
予約はヒルトン那覇のページに行ったときに、羽田⇔那覇のJAL便とヒルトンの一泊セットで4万円弱のツアーがあり、往復の航空券代とヒルトン宿泊代を考えるとかなり安いです。
ただしヒルトンは直接予約ではないので宿泊ポイントはつきません。でもヒルトンにメールで連絡し、私のヒルトンオナーズゴールド資格と紐付けを事前にしてもらいました。狙いはアップグレードです。
Hilton_Naha1.jpg Hilton_Naha2.jpg
空港からタクシーで10分くらいで到着しました。
レセプションに向かいチェックインすると上層階のルームクラスもアップグレードされていました。事前にスマホのヒルトンアプリで確認はできていたのですが、紐付けは重要かと思います。
Hilton_Naha3.jpg Hilton_Naha4.jpg
部屋のアップグレードはマッサージチェア付の部屋ということでしたが、これはいらないサービスで、ゆったり落ち着ける椅子、ソファーのほうが良かったです。
チェックインカウンターでウェルカムクッキーと部屋では菓子類がサービスされていました。
これらは全て妻へのお土産になりました。
Hilton_Naha5.jpg Hilton_Naha6.jpg
直接予約ではないですが、紐つけしておくと(チェックイン時でも大丈夫)、ゴールド資格の恩恵で朝食バイキングが無料でいただけます。オナーズメンバーは特別席が用意されており、一般客は席が空くまで待たされるのですが、すぐに案内されます。
このホテルの食事スペースは狭いので、前日の事前予約をすることをお勧めします。
posted by マーラー火鍋 at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル

2018年12月03日

香港⇒成田のJALビジネスクラス搭乗

シンセンからの帰りの便は、香港国際空港発のJAL便、ビジネスクラスです。
普段だったら絶対に利用しないビジネスクラスですが、年内にJALマイレージバンクのプレミア資格を得る修行のためです。
HKG_NRT1.jpg HKG_NRT2.jpg
今回のビジネスクラスは空いており、各席隣は空いている状態です。気兼ねすることなくゆったりと過ごすことができました。
機材も比較的新しく、装備にも満足です。
HKG_NRT3.jpg HKG_NRT.jpg
食事は可も無く不可も無いというレベルです。キャセイのビジネスクラスの食事が懐かしくなります。
なぜかいつもよりサイズの大きいハーゲンダッツのアイスクリームが出てきました。

今週末からJMBプレミアを目指した最後の修行として、シンセン往復を決行します。
プレミア資格(ワンワールドのエメラルド相当)を得ることができればファーストクラスのラウンジを利用できます。
来年はキャセイのエコノミーで香港、シンセンにいくことになりそうです。
posted by マーラー火鍋 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年12月02日

続いてキャセイラウンジ『The DECK』に

QANTASラウンジを出て、搭乗時間を待つために搭乗口近くのキャセイラウンジ『The DECK』に向かいました。
The_DECK1.jpg The_DECK1a.jpg
The_DECK4.jpg
THE PIERに比べると狭いですが、利用客も少なく落ち着いており十分なスペースです。
The_DECK2.jpgThe_DECK3.jpg
ガッツリと食事をしたいときには若干物足りないかも知れませんがゆったりした時間を過ごすには十分です。
好みの麺を注文できるヌードルコーナーもあります。
The_DECK5.jpg The_DECK6.jpg
チーズ、ハム類とシャンパンでのんびりしました。
posted by マーラー火鍋 at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 火鍋

2018年12月01日

香港国際空港、QANTASラウンジ

帰国するために、朝早くシンセンから香港国際空港に到着しました。HKIAに到着したのが7時過ぎ、フライトは10時代のJAL便です。
二時間以上あるので二つのラウンジに行きました。
メインはキャセイラウンジのPIERと思っていたのですが、搭乗口から遠いのでまずはQANTASのラウンジでゆっくりと朝食を頂くことにしました。
Qantas1.jpg Qantas2.jpg
JMBサファイア以上の資格があれば、同じワンワールドグループであるQANTASのラウンジが使えます。もちろんキャセイのラウンジも。
今回のフライトは修行のために効率の良いビジネスクラス利用なので、JMB資格が無くても無条件でラウンジを利用できます。
Qantas3.jpg Qantas4.jpg
ここのラウンジは、注文してから作ってくれる麺があります。これまでは牛筋肉麺でしたが、今回は坦々麺が用意されていました。

ここのラウンジは広い造りなのですが、利用する人が本当に少なく、落ち着きます。
利用者に日本人が多いのも特徴です。
posted by マーラー火鍋 at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ

2018年11月30日

シンセンから持ち帰ったお土産

今回シンセンから持ち帰ったお土産を二つ紹介します。
ひとつはこれまで飲んだことも見たこともないビール。
福建省のメーカーで作られている『中国夢』という296mlのビンビール。
これはシンセンで最近良く会食する女性二人が、わざわざ華強北のホテルまで車で届けてくれました。
今回は食事をする都合がつかなかったので、お土産だけ持ってきてくれました。
会食の際、私がいつもお米の代わりにビールを飲んでいるので、出身地のビールを渡してくれました。
miyage1.jpg miyage2.jpg
もうひとつは、乾燥しいたけです。
これは妻から頼まれていたもので、鍋料理、お蕎麦、お雑煮等々の出汁に重宝します。
華強北エリアにあるWalmartで買って着ました。300gで約1000円(日本円)です。
そのほかに松の実を捜したのですが見つかりませんでした。
以前友人の結婚式で吉林省に行ったときにお土産でもらったのですが、ぽつりぽつりと食べていたらいつの間にかなくなってしまいました。
posted by マーラー火鍋 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土産

2018年11月29日

華強北の海鮮料理『79号漁船』で夕食

シンセン二日目の夜は、三年来の中国女性友人と、彼女の友人である香港女性の三人で会食する予定になっていました。
当日昼間に微信で友人に連絡したら、『79号漁船』に行きたいとのリクエストがありました。
私はその店を知らなかったのですが、いつも混んでいて待つことになるかもしれないとのこと。
定宿ホテルの部屋で待つと、彼女たちが17:30にロビーに着いたと連絡があり、食事処に向かいました。
79gou_1.jpg 79gou_4.jpg
場所はSEGの裏にあります。近くをよく歩いていたのですが、こんな店があるのには気がつきませんでした。 時間も早く、すんなりと入店できました。店内はとても広いです。
79gou_2.jpg 79gou_3.jpg
この店は、巨大な生け簀にいる魚介類を選び、料理してもらうのがメインとなります。
彼女たちは迷っているのか、躊躇しているのか選ぶのに手間取っていたので、メインとして大きな海老を私が選択。値段が高いので心配していたので、没問題と言って見栄を張りました。
79gou_5.jpg 79gou_6.jpg
そのメインがこれ。大きな海老が煮込まれて出てきました。
隣のテーブルの客たちは覗き込んでみていました。(このとき、会計は高そう!?とちょっと心配に)
そしてアワビ料理が登場。これは彼女たちが選んだ食材です。日本で食べたらこれも高そう!
アワビは柔らかく美味しかったです。
79gou_7.jpg 79gou_8.jpg
海鮮料理店では必ずあるホタテ?料理ですが、いつもどおりのにんにく和えです。新鮮だったら生で食べたい素材なのですが。
79gou_9.jpg
料理には満足です。料金はいつもの倍の600RMB(約1万円)です。
日本で食べたら二倍以上すると思うので、まあいいか(笑
タグ:華強北
posted by マーラー火鍋 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海鮮料理

2018年11月28日

華強北で初めての火鍋店で友人と食事

今回の訪中の一番の目的は友人との仕事上の打ち合わせです。
昼に友人の店に行き、打ち合わせが終わり、当日の夕食を一緒に食べることにしました。
今回は私が招待する番になっているので、最近オープンしたと思われる四川火鍋店に行くことにしました。
shisen1.jpg shisen2.jpg
場所は華強北駅、茂業デパートから西に100mくらい行ったところです。
入店し、注文後出てきた鍋底とビールに驚きが。
shisen4.jpg shisen3.jpg
マーラーと白湯をお願いしたのですが、ほとんどがマーラー湯。しかも花椒が大量に。白湯はわずかに中央にあるだけ。今回同席した中国人の一人(広州出身)は辛いのが苦手で驚いていました。
そしてビールですが、小碗で飲むのがこの店の方針とのことで、コップを要求しても『ありません』との答え。
郷に入っては郷に従えで小碗で飲み続けました
shisen5.jpg shisen6.jpg
三人前の羊肉と、私の大好きな蝦のすり身です。
辛く、痺れるのですが四川火鍋もおいしいですね。小肥羊もおいしいのですが、何かパンチが無いかなと思います。同行する人の好みで考えるしかないですね。
shisen7.jpg shisen8.jpg
この店ではショータイムがあるようです。
また行ってもいいかなの店リストにランクインです。
posted by マーラー火鍋 at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 火鍋

2018年11月27日

イミグレ皇崗口岸ではじめての経験二つ

香港国際空港からいつものように乗り合いリムジンで皇崗口岸に向かいます。
今日はイミグレがすいているなと思いながら順番を待ちました。
いざ順番が来ていつものようにパスポートと入国審査票を渡すと、なにやら英語で書かれたピンクの紙を見るようにと提示されました。
imigure1.jpg
ちょっと焦りました。日本語のも準備して欲しいなと思いながらじっくり読むと....
『あなたの国はビザなし滞在ができることになっていますが、中国での滞在期間に注意してください』という内容でした。
日本人のビザなし滞在期間は15日までなので、問題ありませんと答え無事入国できました。

いつもですとここから華強北の定宿までタクシーで向かうのですが、今回は新しくできた地鉄で華強北に向かうことにしました。
この情報は事前に『深セン・香港の観光旅行生活情報局』の『【皇崗イミグレ】深セン地下鉄7号線が接続されて便利になったイミグレに行ってみた』で紹介されており、実際に利用してみました。
imigure2.jpg imigure3.jpg
タクシーを利用するときに利用する歩道橋を一番奥まで進んでいくと、皇崗口岸駅に降りるエレベータがあります。
程なく来た地鉄に乗ると、いつも行く華強北までわずか4駅でとてもスムーズにいけます。時間によっては皇崗口岸のタクシー乗り場は長蛇の列になっていたり、道路も渋滞していることもありとても便利になりました。
posted by マーラー火鍋 at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入出国手続き