2011年08月27日

振華路がリニューアル 火鍋料理

シンセン開催のユニバーシアード大会に向けて開発が進んでいた地下鉄が開業し、これまで久しく工事中で通行止めであった振華路が全面開通しました。
これまで道路が封鎖されていたため、衰退していた食事店、店舗が息を吹き返しました。
振華路NEW.jpg


友人と二人でこの新しい界隈の店を探索し、新しくできた火鍋を試してきました。
小肥羊等の有名店とは違い、システムが変わった店に行ってきました。
振華路火鍋1.jpg 振華路火鍋2.jpg

まず、食材選びから違います。
スーパーマーケットのような商品棚から食べたいものを選び、レジで精算し食卓に持参して料理します。
これは、難しい中国語の食材を注文する必要もなく、食べたいものを食べたいだけ注文できるシステムです。
羊肉1パックが7.5元と安く、リーズナブルです。
若い中国人で繁盛していました。
タグ:火鍋 振華路
posted by マーラー火鍋 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 火鍋

2011年08月13日

招商銀行の二年定期が満期を

招商銀行に、二年前に定期預金として預けていたのが満期を迎えました。
当時は現在ほど円高ではなく、1RMBが14.3円でした。
また、二年定期の金利は2.9%と現在ほど金利(4.4%)が高くない時でした。
満期を迎えたので、ネットバンキングで日本から確認してみました。
MBb1.jpg MBb2.jpg

満期を迎えた預金は、金利分が加算されて新たに二年定期に組み込まれていました。
運用方法を変えたいので、全額をいったん活期(普通預金)に戻します。

MBb3.jpg MBb4.jpg


普通預金に戻ったお金を、今度は3カ月定期にしてみました。
金利が頻繁に変わりますので、短期で運用いたします。
posted by マーラー火鍋 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2011年08月07日

中国銀行は日本から振込操作ができない!?

招商銀行で、ネットを利用して日本からの中国あての振り込みができることを紹介いたしましたが....
こちら

読者の方(go***ig**gxi様)から中国銀行(Bank of China)の情報を頂きました。
以下、原文のまま(抜粋)
『最近中国銀行(BOC)では「手机交易???」という携帯に一種のパスワードを送りそれを入力しないと振り込みができなくなりました。日本にいる者にとっては使えない銀行になってしまいました。本当に残念ですね。』
つまり、ネットで振込処理をする際に、登録している中国の携帯電話にパスワードがSMSで送られてきて、それを入力する必要があるということのようです。

これは難問ですね。
中国国内のSMSを、e-mailに変換してリアルタイムで日本に転送する手段が必要になります。
中国国内にこんな事が出来るサービスがあれば教えてほしいです。

不安になって私がいつも振込に使っている招商銀行では、こんな処理は現在不要です。
相手が中国なので、いつ変わってしまうか不安です。
go***ig**gxi様、情報ありがとうございます。
posted by マーラー火鍋 at 20:09 | Comment(5) | TrackBack(0) | 銀行