2015年06月28日

台北旅行 その九 桃園国際空港ラウンジ

台北旅行四日目は、桃園国際空港から日本へ向かいます。
姉と母親はツアーのバスで空港へ。
私と妻、中国女性は自分で空港に向かいます。
中国人女性とは台北駅で待ち合わせをし、近くのバスターミナルから桃園国際空港に高速バスで向かいました。
我々日本人のフライトはキャセイの12:55の出発、シンセンへ向かう中国人女性は12:30頃のフライトです。
早めに空港に到着し、ラウンジを楽しみました。
今回使えるラウンジは二つ。
1.The More ラウンジ
2.Cathay ラウンジ
The MoreラウンジはPriority Passを所持していれば、二人まで利用できます。
私、妻そして姉は私の所持しているAMEXプラチナカードの家族会員となっており、それぞれPriority Passを所持しています。
姉のカードで母と、私のカードで中国人女性と、そして妻は自分のカードでラウンジに入ることができました。
More1.jpg More2.jpg
以前、香港へ行く時乗り継ぎで一度利用したことのあるラウンジですが、今回も人が少なく、個室でのんびりできました。
この後キャセイのラウンジに行く予定なので、食べるのは控えめにして、ビールを堪能しました。
今回台北旅行を一緒に楽しんだ中国女性とはここでお別れになります。
彼女がパスポートを見せてくれました。なんと三種類のパスポートを所持しています。
Passport.jpg

ひとつは、香港、マカオ用のパスポート、二つ目は日本を含め中国圏外へ行くためのパスポート、そして三つ目が今回の台湾に来るために新たに取得したパスポートです。
彼女は昨年の8月に日本に個人旅行で来ています。
日本人4人はこの後キャセイのラウンジに移動しました。
姉と母はビジネスクラス利用のツアーだったので、ラウンジが利用できます。
私はエコノミーですが、マルコポーロクラブのゴールドティアを所持しているので、妻と二人でラウンジを利用できます。
香港のキャセイラウンジと比べるとかなり差がありますが、サンドウィッチ、麺等を頂きフライトに向かいました。
Cathay.jpg

台北旅行はこれで終了です。
反省点としては、昼食、夕食の場所を決めていなかったので延々と歩くことになりましたが、結果的にガイドブックには紹介されていないけど、とても満足できる食事どころに行くことができ、食事には大満足できました。
短期間でしたが、観光も満足です。次回は、日月潭に行くことと、九份の店をじっくりとめぐりたいと思っています。
涼しくなった秋以降に行こうと考えています。
posted by マーラー火鍋 at 20:49 | Comment(5) | TrackBack(0) | ラウンジ

2015年06月27日

台北旅行 その八 無老鍋で美味しい火鍋

三泊四日の三日目、最後の夕食になりました。
飲茶、台湾料理を食べてきてスパイシーな中華料理が食べたいなと思っていました。
同行した皆に火鍋を提案したところ、全員一致で決定しました。
行く場所は日本から持参したまっぷるで仮決定していたのですが、今回の旅行で食事どころをまっぷるで選ぶと外れが多く、疑心暗鬼になっていました。
九份から台北に帰ってきて寄ったお茶屋さん「廣方園」で近くの美味しい火鍋屋さんを尋ねたら、今回行った「無老鍋」を教えていただきました。
お茶屋さんから近くだったので、店を確認しに行きました。
こじんまりしていますが、とてもきれいな店でとても親切に店員が対応してくれました。
これは絶対夕方には満席になると感じたので、午後7時の予約を入れました。
ここからはそれぞれ自由行動で、7時にこの店で集合としました。
妻と私は中山駅近辺でショッピングをしていました。

7時になり店に着いてすぐに姉と母親が合流し、店に入りました。
シンセンから来ている女性がちょっと遅れていましたが、先に始めようとしたのですが....
最初に出てきた「湯」と「茶」の意味がわからず店員とのコミュニケーションが進みません。
若干日本語ができる店員が入りのですが、らちがあきません。
ちょっとしてシンセン女性が現われ、ホッとしました。
彼女に注文を任せ、火鍋料理のスタートとなりました。
無老鍋1.jpg 無老鍋2.jpg
肉は迷わず羊肉にしました。マーラースープは一番辛いのを注文したのですが、全然スパイシーではありませんでした。(シンセンの火鍋に比べ)
中国人女性と私は、つけだれをトッピングしてくる場所に向かい、唐辛子を大量に取りに行き鍋に追加。ようやく火鍋らしくなりました。
鍋床のの味は美味しいのですが、スパイシーさが広東料理となっていました。
白湯、マーラー湯ともに羊肉、野菜、魚肉で堪能させていただきました。
途中いろいろとサービスがありました。スープ味を更によくする具材の追加、ドリンクのサービス等がありとても満足できる対応をしていただきました。
無老鍋3.jpg 無老鍋4.jpg
最後の夜を9時過ぎまで過ごしました。
店の作り、味、対応からそこそこ高いかなと思っていましたが、総額NT$3288-(13000円強)で、一人当たり2630JPYととでも安く大満足でした。
無老鍋5.jpg
最後に割引チケット(肉無料券&200元割引)を頂いたのですが、活用できそうもありません。
でも、次回台北に行くことがあればまた行きたいお店です。
「台北」、「無老鍋」で検索すればHPが出てきます。店の場所は、グッチ、ルイヴィトンがある高級通りに面しています。
無老鍋6.jpg 無老鍋地図.jpg
タグ:火鍋 台北
posted by マーラー火鍋 at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 火鍋

2015年06月26日

台北旅行 その七 千と千尋..のモデル地「九份」

台北に入って三日目、二日目に予定していた九份に朝から向かいました。
それぞれ三つのホテルに宿泊している一行五人は、朝9時に台北駅で待ち合わせしました。
taipei station.jpg kyufun1.jpg
私がホテルから台北駅に向かおうとしたとき、ホテルのドアマンが「九份に行くならタクシーを手配するよ。行き帰りの往復と、現地での二時間待ちで2500元(約一万円)だよ」と。
しめしめ、これは良い情報を頂いたと心の中でニンマリ。
彼のマージンを差し引けば2000元で行けるな!と。
台北駅で皆と落ち合い、シンセンから来た女性の出番です。
先ほどホテルで聞いた条件を伝え、タクシーと交渉してもらいました。
最初のタクシーを交渉の結果、同一条件で2000元で話がつきました。
どう見ても5人乗りのタクシーなのですが、運転手含め6人で九份に向かいました。
高速道路を使い45分くらいで到着です。
kyufun2.jpg kyufun3.jpg

kyufun5.jpg kyufun4.jpg
月曜日の平日午前中ということもあり、人が少なく歩きやすかったです。おそらく休日の夕方は大混雑かと思います。
いろいろなものを売っている店がたくさん集まっています。一軒一軒見たかったのですが先を急いでいたので雰囲気だけを楽しみました。
あちこちの店で「千と千尋の神隠」グッズが売られています。
kyufun7.jpg kyufun6.jpg
歩いて行くと雰囲気が千と千尋に近づいてきて、「湯婆婆の屋敷」がありました。
暗くなるともっと雰囲気が出るのかと思いました。
最後に眺望の良いお茶屋さんでのんびりしました。
お茶の入れ方を教えていただき、自分たちでお茶を堪能するシステムです。
kyufun8.jpg kyufun9.jpg
事前に打ち合わせしたタクシーとの待ち合わせ場所で乗車し、一路台北に戻りました。
タグ:台北
posted by マーラー火鍋 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2015年06月25日

台北旅行 その六 三越で台北料理

台北に来て観光を始めた二日目、故宮、淡水そして台北市内を散策し、夕食を頂きました。
迪化街のお茶屋さんを離れ、近くのよさそうな食事どころを探しながら歩いたのですが、意外とありません。
小さな食堂はあるのですが、経験のない母、嫁を連れて入るのには躊躇します。
シンセンではちょっと歩けばそれなりの店があるのですが.....
延々と歩いて、最後にはタクシーで中山の三越デパートを目指しました。
到着したのが21時頃で、ぎりぎりラストオーダーの条件で入店できました。
台湾料理の店です。
台湾料理1.jpg 台湾料理2.jpg
肉料理とエビチリです。エビチリは日本で開発された料理で、大陸ではお目にかかったことが無いですが、日本の息がかかった三越にはありました。
台湾料理3.jpg 台湾料理4.jpg
麺とマンゴーです。台湾料理は大陸で言う広東料理に相当すると感じました。
辛くなく日本人好みの味付けです。
でも、このマンゴーには中国感が満載です。
注文は、同行したシンセンからの女性に任していたのですが、なにやら普通の注文以外の交渉をしていました。
しばらくして出てきたのが、大きなお皿と包丁!!
なんと彼女が事前にスーパーマーケットで買ったマンゴーを切り始めました。
日本では考えられませんが、中国では当たり前のことです。台湾ではどうなのかわかりません。彼女の指示に断れず対応したのかもしれません。
台湾料理5.jpg 台湾料理6.jpg
今日はかなり歩きました。
問題は食事をするところを決めていなかったことに原因がありました。でも、延々と歩いたおかげで昼、夜と満足できる食事を頂くことができました。
posted by マーラー火鍋 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2015年06月24日

台北旅行 その五 迪化街の茶処「臻味茶苑」

淡水から台北に戻り、暑さと疲れからホテルで小一時間エアコンのもとで休息をとりました。
夕食まで時間があるので、周辺をぶらぶらしながら迪化街の茶処「林家祖暦」を目指しました。
日曜日ということもあり、周辺の店が閉まっているところも多く、やっているのか心配しながらたどり着きました。
林家祖暦1.jpg 林家祖暦2.jpg
いくつかのお茶を試飲させていただきました。
台湾ではお茶の産地である標高でランクが付けられています。
確かに高度で香り、味が違い値段も高くなります。
中国、台湾のお茶屋さんではいつも試飲をするのですが、日本の自宅でいい加減にお茶を入れることに対し、こだわりがあります。
詳細は省略しますが、一番茶は捨て二番茶から楽しむ。そして二番茶以降お茶を蒸らす時間を少しずつ延ばしていく等々。
我が家では中国で買ってきたお茶は、もったいないので一番茶から飲んでいます(笑
林家祖暦3.jpg 林家祖暦4.jpg
お茶を購入して帰ろうとしたら、店主が筆を持って一筆書き始めました。
書いていただいた言葉は、「一期一会」!!
短い言葉に今回の気持ちが表れており、感激いたしました。
posted by マーラー火鍋 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国茶

2015年06月23日

台北旅行 その四 淡水で飲茶

故宮から更にMRTに乗り、淡水に向かいました。
淡水1.jpg 淡水2.jpg
歩行街になっています。とくに目的がない我々一行は昼食を食べれる処を探して一路北へ向かいました。
淡水3.jpg 淡水4.jpg
歩けど歩けど落ち着いて昼食を頂けるところが無く、英国領事館まで歩いてしまいました。
ここでも満足できる場所が無く、頼みの綱の同行中国人女性に食事どころを付近の人にたずねてもらいました。
二台のタクシーで更に北へ。福客大飯店へ向かいました。
立派な飲茶の店があり、一行は安堵しました。
淡水5.jpg 淡水6.jpg
暑い中歩き続け、皆冷えたビールを欲していました。
これは今回の旅行で最高に美味しいビールでした。
台湾ビールは日本のビールに比べ、さっぱりしていますがとにかく美味しかった!!!!
ワゴンが席のすぐそばにあったのですぐに注文!
どれも最高に美味しいものです。お世辞抜きに美味しい飲茶です。残念ながらショウロンポウが無かったのが残念です。
淡水7.jpg 淡水8.jpg

淡水9.jpg

大満足の昼食でした。
高級なホテルにある飲茶料理店だったので高いかなと思っていたのですが、五人で1566元(約6000円強)でした。AMEXカード利用で10%割引になっていますが、大満足です。
淡水10.jpg 淡水11.jpg
また台北に来たら是非来てみたいところです。
ちなみに台北市内と違い、日本語、英語は通じませんでした。指さし本が必要かも!?
タグ:飲茶 台北
posted by マーラー火鍋 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2015年06月22日

台北旅行 その三 国立故宮博物館

台北二日目は、まずは国立故宮博物館を目指しました。
今回台北旅行に参加した五人は、三越デパートのある中山駅近くのスターバックスに集合しました。
そこからMRTで士林駅まで移動し、そこからバスで故宮博物館を目指しました。
故宮1.jpg 故宮2.jpg
故宮3.jpg 故宮4.jpg
とても暑い日でした。故宮の外には人はまばらなのですが、館内は日曜日ということもあり混雑しています。
入館料は250元(1000円)です。
有名な自然が造形した豚肉、白菜を見たかったのですが長蛇の列で近くで見るのを諦めました。
近くではないですが、遠くから眺めることができました。
館内は、日本、中国の団体ツアー客でいっぱいでした。行くのは平日をお勧めいたします。
タグ:台北
posted by マーラー火鍋 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2015年06月21日

台北旅行 その二 三都大飯店

今回の旅行はHISのツアー予約です。
海外旅行を10年以上していない妻に気を使い、できるだけ良いホテルをと予約していました。
台北の「三都大飯店(Santos Hotel)」です。
santos1.jpg santos2.jpg

ホテルに着いてチェックインをしようとすると、いきなり日本語での対応でした。
そしていきなり部屋のアップグレードが告げられました。最上階の部屋です!
部屋はとてもきれいで、ウエルカムフルーツが準備されていました。
とくに広いわけではないのですが、細部にわたりきれいなこととアメニティが充実していました。
santos3.jpg santos4.jpg

広げた荷物でちょっとだらしないですが.....
テレビは日本のBS放送が見れました。
最上階の窓からは、台北で有名な園山飯店が眺めます。
santos5.jpg santos6.jpg

松山空港に着陸する飛行機も見ることができます。
朝食はバイキング形式で付帯していました。
santos7.jpg santos8.jpg

満足いく内容で、味噌汁があるのはありがたかったです。
バイキング会場で聞こえてくるのはほとんどが日本語で、ごく稀に中国語が聞こえるほどほとんどが日本人の宿泊客でした。
posted by マーラー火鍋 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル

2015年06月20日

親族で台北旅行 その一

親族(妻、実姉、実母)+中国の友人女性と私の5人で、台北旅行に出発しました。
成田からの出発で、日本から行く4人はキャセイ便で台北の桃園空港に向かいます。
私と妻はエコノミークラス搭乗ですが、マルコポーロクラブゴールドティアを利用し、キャセイのラウンジへ。
姉と母はビジネスクラス利用でラウンジが使用でき、4人でキャセイラウンジで出発を待ちました。
Narita1.jpg Narita2.jpg
桃園空港に到着し、まずは携帯電話のSIMカードを空港で購入しました。
持参したSIMフリー端末は3Gだったので、3Gの5日間のカードを二枚購入しました。一枚300台湾ドルです。
SIMの購入にはパスポートの提示が必要です。そして購入できるのは一人一枚のみ。
ネットワークは使い放題のようです。
空港のATMでキャッシングをし、準備ができたので国光客運バス1841で台北の三都大飯店に向かいました。
桃園.jpg taipei.jpg
ホテルでシンセンから来ていた中国人女性と三人で、台北市内の中山駅近くへ夕食のために向かいました。
遅い時間(22時頃)だったので三越デパートの食事処はすでにクローズで、近くの韓国料理ファストフード店に行きました。
とても暑かったのでまずはビールと思い注文したのですが、ビールは無くどこかで買ってきてくださいと言われました。
近くのコンビニに行ってビールを買ってきました。
韓国料理2.jpg 韓国料理1.jpg
軽い食事を済ませ、明日の予定を決めホテルに向かいました。
途中、近くの夜市に寄って帰りました。夜市は期待していたのですが....我々には興味がわきませんでした。
独特の匂い(八角、パクチーなど)が、どうも駄目です。
韓国料理3.jpg yoichi.jpg
posted by マーラー火鍋 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報