2016年01月31日

微信(WeChat)でSIMチャージ

WeChat(微信)と中国に開設している銀号口座(招商銀行)と紐付けしたので、現地で使用するチャイナユニコムのSIMカードに日本でチャージ(充値)してみました。
まずは現在の残値を確認します。
使っているSIMはチャイナユニコムなので、そのホームページに行って残値を確認。
2016-01-30_183948.jpg SIM_Charge1.jpg

残値は14.17元だったので、次回訪中した際に困らないように50元充値することにしました。
iPhoneにインストールしているWeChatを起動し、「本人」から「ウォレット」を選択し、「手机充値」を選択します。
すると充値する金額選択画面になります。
SIM_Charge2.jpg SIM_Charge3.jpg

すると事前にWeChatに登録した銀行口座かWeChatにチャージされている残額で充値するか聞かれます。
WeChatに残額が無いので登録している招商銀行を選択。
SIM_Charge4.jpg SIM_Charge6.jpg

すると携帯電話番号と暗証番号の入力を求められます。
入力が完了すると、携帯電話にチャージが完了します。
SIM_Charge7.jpg SIM_Charge8.jpg

50元の充値に対して割引がで起用されて49.9元でチャージ完了です。
今回の充値時か、WeChatと銀行口座の紐付け時か失念しましたが、日本で手続きを進める際には登録する現地SIMを挿入した手机をローミング状態で、短信(SMS)を受信できるようにしておく必要があります。
私は現地での電話とiPhoneをテザリングでネットワークを使用するAndroid端末をローミングでSMSを受信しました。ワンタイムパスワードを受信するのに必要になります。
2016-01-30_194940.jpg

チャイナユニコムのホームページからSIMの残値を確認すると、50元チャージされていました。
WeChatは結構便利ですね。
posted by マーラー火鍋 at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外携帯電話

2016年01月30日

微信(WeChat)でウォレット登録

中国現地と日本で中国の友人と連絡をするのに欠かせないのが「WeChat」です。
チャットだけではなく機能が充実しており、送金機能まで備えられています。
今回自分がシンセンに持っている招商銀行口座と紐付けをしてみました。
WeChat1.jpg WeChat2.jpg

WeChatからウォレットを選択し、希望の口座を選びます。
クレジットカードも選択できるみたいです。
WeChat3.jpg WeChat4.jpg

口座番号を入力します。
WeChat5.jpg WeChat6.jpg

銀行口座に登録されている氏名(ローマ字)とパスポートを選択してパスポート番号、そして現地での携帯番号を入力します。
そうすると紐付けが完了します。
WeChat7.jpg
上記操作は、WeChatの言語設定を中国簡体字で行っています。
posted by マーラー火鍋 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外携帯電話

2016年01月18日

空席ばかりのビジネスクラス

シンセンからの帰国は、香港からキャセイ、CX504便を利用しました。
朝早い便のせいか、ビジネスクラスは空席ばかりで、8人くらいしか乗っていませんでした。
CX504_1.jpg CX504_2.jpg

CAさんから後ほどBreakfastをお配りいたしますとメニューを渡されました。朝食!?と聞いた時、何やら悪い予感がしたのですが、案の定質素な機内食でした。
CX504_3.jpg IMG_3362.JPG

シンセンから香港経由で帰る場合、空港での余裕と機内食(ビジネスの場合ですが)点で、もう少し遅い便がよさそうですね。めったにビジネスなんか乗れませんが....
posted by マーラー火鍋 at 07:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 航空会社

2016年01月17日

香港⇒成田 キャセイCX504便機内より

帰国の便は、香港国際空港を09:05出発のCX504便です。
シンセン華強北のホテルを05:30にチェックアウトし、タクシーで皇崗口岸に向かい06:05に乗り合いリムジンで香港国際空港に向かい出発。
途中土砂降りの雨の中高速道路を走り、7時前に空港到着。
搭乗開始が08:30頃と早い時間なのですが、トラベラーズラウンジとキャセイラウンジをはしごしました。
HKG1.jpg HKG2.jpg

搭乗口に着いたころは雨が小ぶりになっていました。
そして離陸し外の景色を見ると、天気が好転しとてもきれいに香港の街が見えていました。
HKG3.jpg HKG4.jpg
タグ:キャセイ
posted by マーラー火鍋 at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航空会社

2016年01月16日

華強北の時計市場でバンド交換

華強北の時計店が集まった市場に行って、時計バンドの交換をしてきました。
watch1.jpg watch2.jpg

時計の電池交換、腕時計収納ケース等で度々利用している場所です。 いくつかの店をぶらぶらし、皮バンドを展示している店でいくつか見せてもらい、購入。
65元と最初に言われましたが、50元でいい?と聞いたらちょっとの間をおいてOK!とのこと。
他にも40元と言われたバンドがありましたが、一番高いものにしました。
金具の部分はオリジナルのままで、皮バンド部のみ交換してくれました。
作業代金は請求されず、1000円以下で交換完了しました。
タグ:時計 華強北
posted by マーラー火鍋 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域情報

2016年01月14日

今回日本に持ち帰る土産

華強北のWAL MARTに買い物に行きました。
妻から頼まれた乾燥シイタケと、家に在庫が無くなった小肥羊の火鍋の素。
miyage1.jpg

冬なので、さまざまなスープの出汁と、水で戻して食べるシイタケと、特に冬に美味しい火鍋を自宅で食べるための鍋底です。
お気に入りの小肥羊のスープです。
そしてこちらは先日大新で鍋を食べた時のカップルの男性から頂いたお土産です。
miyage2.jpg miyage3.jpg

彼女の方の説明によれば、火鍋のスープに使うと美味しいと言っていました。彼が働いているシンセン郊外で有名な食材とのことです。
ありがたく頂いたのですが、使い方が分からず検索してみると、「Tempeh、テンペイ」というらしく、さまざまな料理に使えるようです。
次回、火鍋をするときにでも試してみようと考えています。
posted by マーラー火鍋 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土産

2016年01月13日

華強北の虹商場で湖南料理

中国人友人と夕食をご一緒しました。
彼とは私が訪中している際、タイミングが悪く8か月ぶりの会食になります。
17:30に滞在しているホテルで待ち合わせ、新しくできたレインボーデパートに向かいました。
その中にある湖南料理店「同湘会」で食事となりました。
HuNan1.jpg HuNan2.jpg

ビールを頼んだら、珍しく缶ビールでした。それも知らない銘柄です。
でも全然問題ありません。
HuNan4.jpg HuNan3.jpg

お決まりのスープと、貝のニンニクあえです。これが何と言っても美味しい!!
HuNan5.jpg HuNan6.jpg

山芋と豆腐料理です。友人は山芋を私に説明し始めましたが「それって日本でもあるよ」と答えておきました。
この二つは湖南料理の中では辛くなく、日本人には違和感がありません。
HuNan7.jpg HuNan8.jpg

〆は面でした。坦々麺のような自己主張が無く、なんとなく物足りない味でした。
posted by マーラー火鍋 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2016年01月12日

南山で友人カップルと火鍋

お付き合いが六年以上になる中国人友人(女性)とその彼氏と夕食の約束をしていました。
いつもですと彼女たちが華強北まで来てくれるのですが、今回は私の方から南山に地鉄で向かいました。
行ったのは大新駅で、彼女が改札で待っていてくれました。
そこから食事をするところまで距離があるので、乗り合いバイク(三人乗り)、乗り合い牽引車(五人乗り)かバスのどれにすると聞かれ、牽引車を選択しました。
大新1.jpg 大新2.jpg

見たことはあったのですが、初めての経験です。
自動車とは違う扱いなのか、不法地帯なのかはわかりませんが、車道、歩道そして信号も全く無視して走っていきます。
乗る前に彼女が値段交渉していましたが、目的地まで10元(180円)とめちゃ安です。
大新3.jpg 大新4.jpg

目的地の火鍋?屋です。
店に入ると彼女のボーイフレンドが席をとって待っていました。
着いたのは早い時間だったので席は空いていましたが、あっという間に席が埋まってしまいました。
大新5.jpg 大新6.jpg

言われたのは、今日は牛肉だけですよ! 私もOkayと。
小肥羊のような鍋底に辛みがついたものではなく、煮た食材を好みのつけだれで食べるものです。
最初は彼氏に進められるつけだれをアレンジして食べたのですが、これがめちゃから&痺れで火鍋以上の味でした。
すぐに自分好みのつけだれをアレンジしました。醤油ベースで、塩、ニンニクと油になべスープを入れたものです。
これで落ち着いて食べれました。
二時間弱彼らと歓談しました。彼女は完璧な英語と中国語、彼氏は少しの日本語と英語、そして完璧な韓国語と中国語を使え、私は完璧な日本語と、少しの英語、中国語ということでいろいろな言語で会話が続きました。
彼との内密な話は日本語が有効でした。はは
大新7.jpg

今回も彼にごちそうになりました。日本に来た時には私がごちそうすることを約束して。
楽しい会食でした。
タグ:南山
posted by マーラー火鍋 at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 火鍋

2016年01月11日

中国人友人に誘われて湖南料理 in 皇崗

東門から華強北に戻ったら、長年の友人中国人から微信(WeChat)で「いま華強北にいるから昼食を食べよう」という旨の中国語メールが届きました。
彼の本拠地は南山なのですが、華強北に来ているというので断る理由がありません。
微信で茂業デパートで落ち合うことになりました。
皇崗1.jpg 皇崗2.jpg

彼は自家用車で来ていました。VWのpoloでした。友人と二人で来ており、車に乗せられた行った先は皇崗でした。
皇崗3.jpg 皇崗4.jpg

彼と彼の友人です。彼とは出会ってから8年になりますが一度もまともな会話はしたことがありません。
彼は中国語しかできません。私は中国語ができません。はて、どうして??と思うかもしれませんが、会話が無くてもこれまで付き合ってこれた不思議な間柄なのです。
同席した友人とも会話ができず、乾杯で会話をしていました。
皇崗5.jpg 皇崗6.jpg

皇崗7.jpg

運転をする友人はビールも飲まず、御馳走してくれました。
食事の後は、ホテルのある華強北まで車で送ってくれました。
人間関係については中国の方が深みがあるように感じます。
posted by マーラー火鍋 at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2016年01月10日

東門を違う視点で観察

シンセンに来たら必ず寄るのが、東門です。
シンセンの原宿とも言えるような、週末には若者でごった返します。
いつもですと店と行き交う女性ばかり観ていましたが、今回は東門独特の雰囲気を観てきました。
東門1.jpg

今回は東門でちょっと気になっていた城のような造りを観てみました。
東門2.jpg 東門3.jpg
東門4.jpg 東門5.jpg
東門6.jpg 東門7.jpg
この一角だけが古風なたたずまいを残しています。
残したのか、後から造ったのかはわかりませんが、明らかに周辺地域と雰囲気が違います。
東門8.jpg 東門9.jpg
東門10.jpg 東門11.jpg
そして路面に埋め込まれているプレートです。
これを観ると正式には「東門行街」のようですね。
タグ:東門
posted by マーラー火鍋 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

四川料理店「巴蜀風」で夕食

シンセン到着した日の夕食は、中国人の友人と華強北で食べる約束をしていました。
久しぶりに「巴蜀風」に行くことにしました。
巴蜀風1.jpg 巴蜀風2.jpg

早い時間だったので、三階には空席がありました。久しぶりでしたが人気は衰えていませんでした.
そして味は衰えていないかいろいろ食べてみました。
巴蜀風3.jpg 巴蜀風4.jpg

キンキンに冷えたビールを飲んで待つと、定番の麻婆豆腐が現われました。見るからに辛そう!!。
期待を裏切らず、美味しいのですがいつものように辛くて完食できません。
巴蜀風5.jpg 巴蜀風6.jpg

これも定番の坦々麺。これも同様に期待にこたえてくれました。
そして〆は辛くない料理で胃を静めました。
巴蜀風7.jpg 巴蜀風8.jpg

この店は過去に何回か行っていますが、期待を裏切りません。四川料理に挑戦したい方にはお勧めです。
posted by マーラー火鍋 at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理

2016年01月09日

正月明けにシンセンに向かっています

正月休みに、マイレージでの航空券予約ができなかったので、三連休を利用してシンセンに来ています。
キャセイの509便で香港に向かいました。
機内アナウンスで富士山が右手に見えますとあり、あわてて窓際に。
Fuji1.jpg Fuji2.jpg

頂上は雲がかかって分かりにくいですが、登山道に積もった雪がくっきりと見えました。
それにしても今年は雪が少ないですね。
正月明けということもあるのか、機内はガラガラでした。
香港国際空港に13:00頃ついて、時間に余裕があるのでシンセンまでA43バスで上水まで行きそこから列車で落馬州まで向かいました。
43.jpg HuaQiangBei.jpg

15:00には宿のある華強北に到着し、夕食まで市内の友人を訪ね歩きました。
posted by マーラー火鍋 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航空会社