2016年11月05日

マルコポーロ資格がグリーンになって変ったこと

数年にわたり付与されてきたマルコポーロクラブ資格が、先月グリーンティアに変わりました。
これまで受けてきたいろいろな恩恵が、激減しました。
航空券の予約⇒チェックイン⇒搭乗⇒到着の段階ごとに変化を記載します。

<航空券予約>
通常SkyScannerを利用して格安航空券を購入しています。
シルバーまでの時は、キャセイのHPで予約番号を入力し、自分のマルコポーロクラブ資格と紐付けし、事前座席指定をしていましたが、グリーンですと格安航空券(Sクラス等)では座席指定できません。
シルバーまでは足元の広い非常口席(通常有料)を事前予約し、無料だったのですが、グリーンでは事前指定ができません。さらに有料です。

<チェックイン>
空港のチェックインカウンターは、ビジネスカウンターを利用でき素早くチェックインできます。混雑時は威力を発揮します。
預ける荷物の個数、重量は制限されていると思います。

<出国審査>
シルバーまでは、成田の場合プライオリティゲートを利用でき、素早く手荷物検査を済ますことができたのですが、一般ゲートの利用になります。所詮格安エコノミークラスしか利用しないので当たり前のはなしです。
<ラウンジ>
キャセイのラウンジ、JALのサクララウンジ等々全く利用できなくなりました。
ここに大きな恩恵を感じていたので残念です。

<搭乗>
優先搭乗ができます。ただし今回はビジネスクラスとシルバーティアの搭乗後になりました。
先に搭乗できてもあまりメリットはありませんが、強いて言うなら日本の新聞を手に入れやすくなるくらいですかね。
搭乗後のCAからの挨拶もありませんでした。(いらないけど)

<到着>
預け荷物の優先引き取りもなくなりました。シルバーまではプライオリティタグが付けられ、最初に出てきたのですぐに入国できていました。
特に香港国際空港では、HKIA資格を利用して自動ゲートでイミグレ通過できているので、あっという間に空港を出ることができ、メリットがありました。

<座席アップグレード>
ゴールドの時は3-4回に1回の割合でビジネスクラスにアップグレードされてましたが、シルバーでは1回もありませんでした。グリーンではよっぽどオーバーブッキングがひどくない限り、インボラアップグレードは無いと思います。

--結論--
これからは日系航空会社にしようと思います。
タグ:キャセイ
posted by マーラー火鍋 at 15:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | マイレージ

2016年11月04日

華強北に新規オープンした湖南料理店

昨日シンセンに来ました。
香港まではキャセイ便できましたが、グリーンティアではほとんど恩恵がありませんね。
詳細は後日報告します。

昨晩は約束してい中国の友人と食事に行きました。
行った店は、定宿の山水酒店のすぐそばで、海鮮料理「明香」の隣の二階です。
店名は『湘語』です。湘は湖南を表す文字です。湖南料理のことを湘菜と言います。
ちなみに四川を表すのが川で、四川料理は川菜と言います。
行った店は『湘語』です。
湘語1.jpg 湘語2.jpg

新規開店なので小奇麗な感じです。我々は二階のテラス席に着席しまし。
料理はすべて友人にお任せです。
湘語3.jpg 湘語4.jpg

最初の料理は川魚です。中国人は大方この魚料理を好みますね。
私は決して箸をつけません。
二つ目は牛肉料理です。湘菜なので辛いだけかと思ったら、山椒の麻(痺れる辛さ)が加えられていました。
湘語5.jpg 湘語6.jpg

そして豚肉料理と炒飯です。
炒飯を口にしてびっくり!!『辛い!』
ふつうのXO醤炒飯可と思っていました。友人の説明によると長沙(湖南の首都)特有の料理だそうです。
中国語だったので良く分かりませんが、「辣醤油」と発音していたような。
辛い料理の後、炒飯で落ち着こうかとおもったら、そうは問屋がおろしませんでした。
湘語7.jpg
posted by マーラー火鍋 at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湖南料理