2017年09月29日

北海道旅行 〈フェリーで駅弁かにめし・長万部、函館〉

小樽を早朝6時に出発し、国道5号線を利用し函館を目指します。
函館発のフェリーの出航時間は12:00なので急ぎます。別のルートもあるのですが、長万部に目的があるので、そこまで一般道をひたすら走りました。
かにめし.jpg かにめし2.jpg
目的地は、長万部駅前にある「かにめし本舗」です。50年ほど前には函館に向かう函館本線の蒸気機関車に乗って、長万部駅でのかにめしを楽しみにしていました。
当時はC62とかD51の三重連とかを良く目にしていました。
ここでお昼のお弁当を買いこんで、今度は高速で函館を目指します。
函館に到着したのが10時過ぎだったので、市内のスーパーマーケットに行って、冷凍ほっけ、しゃけ、ジンギスカン用羊肉と保冷用の氷を買ってフェリーターミナルへ向かいます。
かにめし4.jpg かにめし5.jpg
フェリーターミナルではまたしてもカモメが近寄って、見送ってくれました。
かにめし6.jpg かにめし7.jpg
部屋は差額が3千円台だったので、ファースト個室に変更しました。そのおかげで落ち着いて長万部のかにめしを堪能できました。
かにめし3.jpg
これはいつ食べても美味しい...なのか、懐かしい味に浸っているのかはわかりませんが、大満足です。

今回の北海道旅行記事
☆北海道旅行 〈フェリーで駅弁かにめし・長万部、函館〉
北海道旅行 〈炉ばた屋「鶴吉」・小樽〉
北海道旅行 〈大通り公園・札幌〉
北海道旅行 〈昼食のお寿司・小樽〉
北海道旅行 〈ニッカウィスキー工場見学・余市〉
北海道旅行 〈ホテルの部屋からの眺望「雲海」・ニセコ〉
北海道旅行 〈ジンギスカン・ニセコ〉
北海道旅行 〈ヒルトン・ニセコ1〉
北海道旅行 〈函館寿司、函太郎〉
北海道旅行 〈青森⇒函館フェリー〉
posted by マーラー火鍋 at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2017年09月28日

北海道旅行 〈炉ばた屋「鶴吉」・小樽〉

小樽のホテルに札幌から戻り、夕食を計画していた有名店に予約の電話を入れたら、すでに満席ですとのこと。
インターネットで人気店を検索し、炉ばた屋「鶴吉」に電話をしたところ、19:30までだったら入れます。その後は予約で埋まってますとのことで、あわてて歩いて向かいました。
鶴吉1.jpg 鶴吉2.jpg
店に入ると空席はさほどなく、予約の電話に断りを入れている様子でした。
とにかく純粋に北海道を食べたく、注文しました。
鶴吉3.jpg 鶴吉4.jpg
まずはイカソーメンとじゃがバタです。
当初の予定では翌日が函館泊でしたので、イカソーメンは函館でと決めていたのですが、訳があってここで食べることに。関東で食べるイカソーメン(って無いか。イカ刺しか?)よりは美味しいのですが、函館、小樽の寿司で美味しいイカを食べちゃったので感動がありませんでした。
じゃがバタは何処で食べても同じだろうと思うのですが、やっぱり北海道で食べるのは美味しい。
そしてメインディッシュ!?
鶴吉5.jpg鶴吉6.jpg
ほっけとイカ焼きです。
前回同じメンバーで北海道に来た時、ねぼっけを注文し美味しいんだけど食べきれないという経験をしたので、今回は小ぶりの真ぼっけを注文。
美味しく隅から隅まで頂きました。

ホテルに戻って翌朝の準備を。予定では翌日函館泊で、翌々日の朝のフェリーで青森にわたる予定でしたが、台風直撃の気象予報が出ており、急遽翌日の12:00のフェリーに予約変更しました。
翌日は朝06:00に小樽を出発し急いで函館に向かいます。

今回の北海道旅行記事
北海道旅行 〈フェリーで駅弁かにめし・長万部、函館〉
☆北海道旅行 〈炉ばた屋「鶴吉」・小樽〉
北海道旅行 〈大通り公園・札幌〉
北海道旅行 〈昼食のお寿司・小樽〉
北海道旅行 〈ニッカウィスキー工場見学・余市〉
北海道旅行 〈ホテルの部屋からの眺望「雲海」・ニセコ〉
北海道旅行 〈ジンギスカン・ニセコ〉
北海道旅行 〈ヒルトン・ニセコ1〉
北海道旅行 〈函館寿司、函太郎〉
北海道旅行 〈青森⇒函館フェリー〉
タグ:北海道 小樽
posted by マーラー火鍋 at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2017年09月27日

北海道旅行 〈大通り公園・札幌〉

昼に小樽でお寿司を食べて、時間があったので札幌まで足を伸ばしました。
大通公園で大きなイベントが行われており、周辺の駐車場はどこに行っても満車状態でしたが、運よく一か所路上パーキングエリアに空きがあり、大通り公園周辺を散策しました。
sapporo1.jpg sapporo2.jpg
なんと馬車を発見!こんな大きな車をゆっくりと力強くけん引する馬の力には驚きました。
そして時計台へ。時計台の脇にはビルがあるのですが、ビルの写りこまないアングルを発見。
ここから大通り公園方向に向かいました。
sapporo3.jpg sapporo4.jpg
札幌テレビ塔?でしたっけ。50年も前ですが、小学校の頃夏に北海道に来るたびに訪れ、ゲームや射的をやった記憶があります。

今回の北海道旅行記事
北海道旅行 〈フェリーで駅弁かにめし・長万部、函館〉
北海道旅行 〈炉ばた屋「鶴吉」・小樽〉
☆北海道旅行 〈大通り公園・札幌〉
北海道旅行 〈昼食のお寿司・小樽〉
北海道旅行 〈ニッカウィスキー工場見学・余市〉
北海道旅行 〈ホテルの部屋からの眺望「雲海」・ニセコ〉
北海道旅行 〈ジンギスカン・ニセコ〉
北海道旅行 〈ヒルトン・ニセコ1〉
北海道旅行 〈函館寿司、函太郎〉
北海道旅行 〈青森⇒函館フェリー〉
タグ:北海道 札幌
posted by マーラー火鍋 at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2017年09月26日

北海道旅行 〈昼食のお寿司・小樽〉

北海道と言えばやっぱりお寿司ですね。
小樽についてホテルに車を置いて、目的のお寿司屋さんに向かいました。
隠れ家的?な寿司店の「みよ福」です。同行した実姉が小樽在住だった親戚の方に教えていただいた店で、前回小樽に来た時にも行った店です。
事前に電話で予約して、12時に訪れました。
miyofuku1.jpg miyofuku2.jpg
こじんまりしたお店で、カウンターに7-8人、座敷に2テーブルで満席になります。
我々がカウンターに着席した後すぐに、別の予約客2人と飛び込み(常連?)2-3人がすぐに入店してきました。それなりに人気があるようです。
注文したのは1900円の特上です。安い!!
北海道らしいネタが並びます。甘エビ、イカ、カニ入り玉子...
美味しいのですが...前日に函館の新鮮なネタの回転ずしを食べていたので、今回は感動が少なかったです。
函館の方がネタが良い感じがしました。

今回の北海道旅行記事
北海道旅行 〈フェリーで駅弁かにめし・長万部、函館〉
北海道旅行 〈炉ばた屋「鶴吉」・小樽〉
北海道旅行 〈大通り公園・札幌〉
☆北海道旅行 〈昼食のお寿司・小樽〉
北海道旅行 〈ニッカウィスキー工場見学・余市〉
北海道旅行 〈ホテルの部屋からの眺望「雲海」・ニセコ〉
北海道旅行 〈ジンギスカン・ニセコ〉
北海道旅行 〈ヒルトン・ニセコ1〉
北海道旅行 〈函館寿司、函太郎〉
北海道旅行 〈青森⇒函館フェリー〉
posted by マーラー火鍋 at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2017年09月25日

北海道旅行 〈ニッカウィスキー工場見学・余市〉

ニセコを出発し、滞在先の小樽に国道5号線を使い向かいました。
国道5号線で海沿い走行が始まるところが今回寄った余市です。
ここには昔からニッカウィスキー工場があり、見学コースが設けられています。
今回、実姉のかっての希望で寄ることにしました。
Nikka1.jpg Nikka2.jpg
かれこれ30年前に来たことがありますが、試飲所、ショップ等がリニューアルされていました。
姉の目的は、試飲です。
普段北海道に来た時はいつも運転手で、ストレスがたまっていたようです。今回は私が運転手なので、試飲を堪能してもらいました。
Nikka3.jpg Nikka4.jpg
満足してもらえたようで良かったです。

今回の北海道旅行記事
北海道旅行 〈フェリーで駅弁かにめし・長万部、函館〉
北海道旅行 〈炉ばた屋「鶴吉」・小樽〉
北海道旅行 〈大通り公園・札幌〉
北海道旅行 〈昼食のお寿司・小樽〉
☆北海道旅行 〈ニッカウィスキー工場見学・余市〉
北海道旅行 〈ホテルの部屋からの眺望「雲海」・ニセコ〉
北海道旅行 〈ジンギスカン・ニセコ〉
北海道旅行 〈ヒルトン・ニセコ1〉
北海道旅行 〈函館寿司、函太郎〉
北海道旅行 〈青森⇒函館フェリー〉
タグ:北海道 余市
posted by マーラー火鍋 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2017年09月24日

北海道旅行 〈ホテルの部屋からの眺望「雲海」・ニセコ〉

ヒルトンニセコに泊って期待していたのが、羊蹄山を眺める雲海でした。
運良く最上階の羊蹄ビュールームだったので、朝早く起き、外を眺めると....
Hilton11.jpg Hilton12.jpg
幻想的な雲海を拝むことができました。これだけで今回の旅行は大満足です。
羊蹄山は別名「蝦夷富士」と呼ばれ、とても美しい姿の山です(見る方角に寄りますが...)。
陽が昇るまでずっと眺めていました。陽が昇るのを観てから温泉に。
朝食はホテルのビュッフェで頂きました。
Hilton13.jpg Hilton14.jpg
昼には小樽のすし店を予約していたので、控えめに朝食を済ませました。VIPゴールドのおかげで無用なので満足な朝食を頂きました。
今回のヒルトンホテルは大満足の滞在でした。6月に行ったクアラルンプールのヒルトンではエグゼクティブルームにアップグレードされて、エグゼクティブ専用ラウンジでとても良い思いをしたのですが、今回はホテル側の心のこもったおもてなしで最高の滞在となりました。

今回の北海道旅行記事
北海道旅行 〈フェリーで駅弁かにめし・長万部、函館〉
北海道旅行 〈炉ばた屋「鶴吉」・小樽〉
北海道旅行 〈大通り公園・札幌〉
北海道旅行 〈昼食のお寿司・小樽〉
北海道旅行 〈ニッカウィスキー工場見学・余市〉
☆北海道旅行 〈ホテルの部屋からの眺望「雲海」・ニセコ〉
北海道旅行 〈ジンギスカン・ニセコ〉
北海道旅行 〈ヒルトン・ニセコ1〉
北海道旅行 〈函館寿司、函太郎〉
北海道旅行 〈青森⇒函館フェリー〉

posted by マーラー火鍋 at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2017年09月23日

北海道旅行 〈ジンギスカン・ニセコ〉

夕食は、ニセコのジンギスカン料理「Loft」に行きました。
ヒルトンのフロントで「Loft」に行く予定であると告げたら、店の予約とタクシーの手配をしていただけました。タクシーで10分もかからず、タクシー代は往復共に1350円でした。
Loft1.jpg Loft2.jpg
店に到着した時は他のお客はいませんでしたが、食事を終え店を出る時には満席で、店の駐車場も満車になっていました。
タクシーの運転手もホテルのスタッフもLoftは人気店で、予約を取らないと入店は難しいと。特にスキーシーズンは予約すら難しいと言っていました。
Loft3.jpg Loft4.jpg
羊の肉は炭で焼く為か、通常のジンギスカン肉より厚めで、小ぶりの円形に成形されていました。
量が多めであることを聞いていたので、三人前で注文しました。
臭みのない肉で美味しく、炭で焼くジンギスカンは初めての経験でした。
今度はサッポロビール園で普通のジンギスカンを食べたくなりました。

今回の北海道旅行記事
北海道旅行 〈フェリーで駅弁かにめし・長万部、函館〉
北海道旅行 〈炉ばた屋「鶴吉」・小樽〉
北海道旅行 〈大通り公園・札幌〉
北海道旅行 〈昼食のお寿司・小樽〉
北海道旅行 〈ニッカウィスキー工場見学・余市〉
北海道旅行 〈ホテルの部屋からの眺望「雲海」・ニセコ〉
☆北海道旅行 〈ジンギスカン・ニセコ〉
北海道旅行 〈ヒルトン・ニセコ1〉
北海道旅行 〈函館寿司、函太郎〉
北海道旅行 〈青森⇒函館フェリー〉

posted by マーラー火鍋 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2017年09月22日

北海道旅行 〈ヒルトン・ニセコ〉

函館で美味しい寿司を頂いて、宿泊するニセコのヒルトンホテルに向かいました。
以前はニセコプリンスとして営業されており、ニセコのスキー場に直結しているホテルです。
Hilton1.jpg Hilton2.jpg
このホテルで、実母と実姉と合流することになっています。
事前にメールで今回の旅行の目的を連絡をしていたことと、私がヒルトンのなんちゃってVIPゴールドであることもあって、チェックインの時からマネージャーが最高の対応をしていただきました。
そして一番安い部屋を予約していたにも関わらず、最上階の羊蹄ビューの部屋にアップグレードされました。
Hilton3.jpg Hilton4.jpg
最高の眺望です。部屋に荷物を置いて、一階のバーでウエルカムドリンクを頂きました。
Hilton5.jpg Hilton6.jpg
今回とても感動したおもてなしが部屋の中にありました。先ほどメールで連絡をと書きましたが、結婚25周年の旅行ですとのことをメールに記載していたのですが、驚きの気遣いが部屋の中に。
Hilton8.jpg
妻と二人で感動しました。ヒルトンにして良かったという気持ちでいっぱいです。

今回の北海道旅行記事
北海道旅行 〈フェリーで駅弁かにめし・長万部、函館〉
北海道旅行 〈炉ばた屋「鶴吉」・小樽〉
北海道旅行 〈大通り公園・札幌〉
北海道旅行 〈昼食のお寿司・小樽〉
北海道旅行 〈ニッカウィスキー工場見学・余市〉
北海道旅行 〈ホテルの部屋からの眺望「雲海」・ニセコ〉
北海道旅行 〈ジンギスカン・ニセコ〉
☆北海道旅行 〈ヒルトン・ニセコ1〉
北海道旅行 〈函館寿司、函太郎〉
北海道旅行 〈青森⇒函館フェリー〉

posted by マーラー火鍋 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2017年09月20日

北海道旅行 〈函館寿司、函太郎〉

函館にフェリーが11:20に着岸し、函館で美味しいと言われる回転すし「函太郎」で昼食にすることにしました。
行ったのは五稜郭店で、12時前に入店し着席することができました。
函太郎1.jpg 函太郎2.jpg
まず最初に注文したのが、すじこ。まわりのお客が食べており美味しそうに見えたので。
これが絶品!!。新鮮なのか臭みが全くなく美味しく頂きました。
そして北海道定番の甘エビ。内地(北海道で言う本州のこと)では食べられない生のエビでこれも絶品です。
函太郎3.jpg 函太郎4.jpg
続いて大ぶりのはまちとイカです。ともに美味しいのですが、イカがもう最高の味です。
身が透き通っており、この新鮮さは朝どりのイカだと思います。このイカだけはおそらく函館でしか堪能することができないと思います。
函太郎5.jpg 函太郎6.jpg
そしてマグロと生タコです。内地ではなかなか食べることができない生タコも絶品です。
茹でていないので身が柔らかく一口で食べれます。うまい!!
函太郎8.jpg 函太郎7.jpg
とにかく全部美味しくて、北海道に来て早々大感激の昼食となりました。
いかとすじこを追加注文しました。

今回の北海道旅行記事
北海道旅行 〈フェリーで駅弁かにめし・長万部、函館〉
北海道旅行 〈炉ばた屋「鶴吉」・小樽〉
北海道旅行 〈大通り公園・札幌〉
北海道旅行 〈昼食のお寿司・小樽〉
北海道旅行 〈ニッカウィスキー工場見学・余市〉
北海道旅行 〈ホテルの部屋からの眺望「雲海」・ニセコ〉
北海道旅行 〈ジンギスカン・ニセコ〉
北海道旅行 〈ヒルトン・ニセコ1〉
☆北海道旅行 〈函館寿司、函太郎>
北海道旅行 〈青森⇒函館フェリー〉
posted by マーラー火鍋 at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2017年09月18日

北海道旅行 〈青森⇒函館フェリー〉

9月の三連休を利用して、家族で北海道旅行に行くことにしました。
日程は14日深夜に車で埼玉の自宅を出発し、18日夜に自宅に戻る旅程です(台風の影響で変更になります)。

青森発10:00のフェリーを予約していて、途中での仮眠を想定し自宅を22:00に出発しました。
平日の夜ということもあり、東北自動車道はトラックばかりです。時間に余裕があるのでスピードを抑え目での走行です。
途中二か所のサービスエリアに寄って、青森には5時台に到着してしまいました。
カウンターで早めのフェリーに変更して、07:40発のフェリーに乗船することにしました。
フェリー青森1.jpg フェリー青森2.jpg
ビューシートという最前部に座席が配列された部屋にて函館に向かいます。
リクライニングができ、毛布が準備されており3時間40分の行程を快適に過ごすことができました。
フェリー青森4.jpg フェリー青森3.jpg
青森港を出発し、甲板に出て潮風を体感してから寝ることにしました。
青森港から一匹のカモメが着いてきて、手を振り続けてみるとなんとこちらに寄ってきてくれました。カモメは人間に対する恐怖心があまりないようですね。

北海道の過去記事
北海道長万部 かにめし本舗かなや
☆小樽の寿司店、『みよ福』で昼食
根ぼっけを札幌『こふじ』で頂く
旭山動物園
函館朝市で海鮮丼
posted by マーラー火鍋 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2017年09月06日

久しぶりに栃木壬生町の隠れ家蕎麦処「喬香」へ

最近シンセンに行く機会がなく、お休みしていました。
シンセンネタではないですが、二年ぶりに行ったお気に入りの蕎麦処を紹介します。
言った蕎麦処は、栃木県壬生町にある喬香です。そば通の隠れ家と称していますが、知らなければ絶対に行くことがない蕎麦店です。
最近お気に入りの蕎麦店が閉店したり、味が落ちたりしていて何処に行こうかと妻と話をしており、喬香を思い出しました。
店に到着したのが11時過ぎでしたが、すでに駐車場は満車でした。店の周辺をぐるりと周って問題がなさそうな所に路駐しました。
店頭の順番待ち票に名前を記載して待つことに。
kyouka1.jpg kyouka2.jpg
店内に案内されると、「おやっ!?」。以前は座敷のテーブル席だけだったのですが、蕎麦打ち場所を取り払い、テーブル二席とカウンター席が作られていました。
店員にいつ改装したんですかと聞いたところ、二年前とのこと。
二年来ていなかったことになります。
kyouka3.jpg
二年のブランクがありましたが、基本メニューは変わっていませんでした。
定番の喬香セットは頼みませんでしたが、我々の注文の後に入店したお客の注文で限定量終了になっていました。
注文したのは天ぷら蕎麦ともり蕎麦です。
kyouka4.jpg kyouka5.jpg
最初にお通しというのか、蕎麦揚げが出てきます。適度な塩味で空腹の胃袋を刺激します。
蕎麦は腰がある田舎そばに近い感じです。つけだれはそれぞれ好みがあると思いますが、妻と私の好みの味です。若干醤油が濃い目ですが、出汁が効いているので食後の蕎麦湯と合わせると最高の味です。
写真にはありませんが、蕎麦湯はどろっとしたもので、これも我々の好みのものでした。
二年前よりもお客が増えている感じでしたが、また来たい蕎麦処です。
posted by マーラー火鍋 at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦