2018年07月31日

クアラルンプール空港のマレーシア航空ラウンジ「GOLDEN LOUNGE」

JAL便でクアラルンプール空港に到着。飛行機を出てタラップを歩くのですがあまり暑くない。
昨年6月にクアラルンプールに来た時は目茶苦茶暑く感じたのですが。日本が暑すぎるせいかもしれませんが、28度とさほど気温が高くありませんでした。ここでも異常気象の影響が出ているのかもしてません。
KUL_MH2.jpg KUL_MH8.jpg
タラップ出口に私の名前が書いてあるボードを持った人がいました。
不思議に思い近寄ると、当日夜に成田に戻る航空機のボーディングパスを渡されました。
彼(マレーシア人)曰く、「これで一旦入国し、チェックインカウンターで発券してもらい、さらに出国手続きすることなく日本に戻れます。出発時間まで上のフロアにあるラウンジでお休みください。」とのこと。
帰りの便は、マレーシア航空発券のJALの運航便ビジネスクラスでしたが、渡されたのはJAL発券のボーディングパスでした。
何がどうなっているのか?頭の中で整理してみました。
<疑問1>なぜJALの発券になっているのか
<疑問2>なぜ私がマレーシア入国&出国を必要としていないことを知っているのか
すぐに理由(仮定)が導きだされました。
<理由1>NRT-KULのJAL便チェックイン時に、帰りのマレーシア航空便(JAL運航)の座席指定はできないか尋ねたこと。結果は座席指定できませんでしたが、同日に帰国便に搭乗することに驚いていました。
<理由2>相手の驚きに対して、JGC修業のためにクアラルンプールを往復すると伝えたこと。
想像するに、成田のJALチェックインカウンターの女性が気を利かして、クアラルンプールのJAL職員に私の帰国便のボーディングパスを準備させ、私の到着を待っていた。
これ以外は想像できません。いずれにせよイミグレを往復する必要がなく、ラウンジでゆっくりできるので非常に助かりました。
すぐさま上のフロアに上がります。ここは各航空会社のラウンジと飲食店が集まったエリアです。
KUL_MH1.jpg KUL_MH3.jpg
ここには利用できるラウンジがいくつかあるのですが、マレーシア航空の『ゴールデンラウンジ』に直行。クアラルンプール空港と言えばマレーシア航空のフラッグシップ空港なので、ラウンジには相当力を入れています。
KUL_MH4.jpg KUL_MH5.jpg
成田のサクララウンジを彷彿させる広さです。しかもゆったりとしている!
ここならば帰国便までゆっくりとくつろげると思い、まずはビールを飲んで落ち着きました。
KUL_MH9.jpg
そして軽く食事と白ワインを頂き、帰りの便までゆったり外を眺めて過ごしました。
KUL_MH6.jpg KUL_MH7.jpg
クアラルンプールに来たらまた利用したいラウンジでした。

JGC修業その一 東京⇒那覇⇒東京⇒クアラルンプール⇒東京
JGC修業二回目開始。東京⇔那覇往復
修業二回目、成田⇒クアラルンプール
クアラルンプール空港のマレーシア航空ラウンジ「GOLDEN LOUNGE」
クアラルンプール⇒成田 深夜のビジネスクラスフライト
posted by マーラー火鍋 at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年07月30日

修業二回目、成田⇒クアラルンプール

前日に沖縄往復を終え、当日は成田⇒クアラルンプール⇒成田の行程をこなします。
JALのプレミアムエコノミーで成田⇒クアラルンプールを行い、当日夜にマレーシア航空発券のJAL便で成田に戻ります。
sakura2_1.jpg sakura2_2.jpg
プレミアムエコノミーでも利用できるサクララウンジへ。前回はサテライトのサクララウンジで失敗したので、今回は本館のラウンジに。
まずは軽めに明太子でご飯を頂きます。
そして絶対外せないJALオリジナルビーフカレーを頂きました。
sakura2_3.jpg sakura2_4.jpg
前回も書きましたが、これを頂くための修業をしていると言っても過言ではありません。大満足!
sakura2_5.jpg sakura2_6.jpg
お腹が満たされたら搭乗までシャンパンを頂きゆっくりしました。
クアラルンプール行きのJAL便での昼食です。
JAL2_1.jpg JAL2_2.jpg
エコノミーでここまでの食事が出れば満足です。海外に行く時はLCCは論外で、JAL,ANAにしたいと思います。

JGC修業その一 東京⇒那覇⇒東京⇒クアラルンプール⇒東京
JGC修業二回目開始。東京⇔那覇往復
修業二回目、成田⇒クアラルンプール
クアラルンプール空港のマレーシア航空ラウンジ「GOLDEN LOUNGE」
クアラルンプール⇒成田 深夜のビジネスクラスフライト
posted by マーラー火鍋 at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年07月29日

JGC修業二回目開始。東京⇔那覇往復

一回目の修業を終え、土日を自宅で休養し二回目に突入しました。
修業日程.jpg
修業日程の21日の沖縄往復の行程です。
学生の夏休みに入り、安いJAL便が取れなかったので、成田⇒那覇のJetStar便を予約していました。
初めてのLCC利用でしたが、ターミナル、搭乗方法、機内サービスすべてにわたり価格を抑える工夫がされていました。国内移動、短時間の国際線では我慢できますね。
Jetstar1.jpg Jetstar2.jpg
那覇に到着し涼しい?のにびっくりしました。私の住む関東地方では猛暑で35度越えの日々だったので驚きました。過ごしやすい!
三時間くらい那覇空港で待機し、JAL便で羽田に戻る予定です。
那覇空港であちこちぶらぶらしました。目的はお土産購入と沖縄そばを食べること。
お土産屋巡りをしている中、店員のおばちゃんに『どこの沖縄そば店がお勧めですか?』と尋ねたところ、2階(到着ロビー階)の店がお勧めとのこと。行ってきました。
ソーキ蕎麦1.jpg ソーキ蕎麦2.jpg
どれも美味しそうなのですが、まだ食べたことがない「軟骨ソーキそば」にしました。
ソーキ蕎麦3.jpg ソーキ蕎麦4.jpg
そば、つゆの味は第一回目で頂いた田そばの沖縄そばに似ていました。美味しい!
そしてソーキそばに入っている軟骨肉、これは最高に美味しい。軟骨がとろけるほど煮込まれており、那覇に来たら絶対食べるというレベルです。
食後はお土産店を巡り物色しました。
沖縄独特の食材が沢山あり、いくつか買って帰りました。
ソーキ蕎麦5.jpg ソーキ蕎麦6.jpg
18時30分のJAL便で羽田に向かい、当日はいったん自宅に戻り、翌日のクアラルンプール往復に備えます。


JGC資格取得のための修業計画
posted by マーラー火鍋 at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年07月28日

那覇から羽田へのフライト。一回目の修業終了

那覇で一泊し、修業三日目に自宅に帰るため羽田に向かいます。
OKA_HND1.jpg OKA_HND2.jpg
JALの機材が変更になり、事前に指定していた座席が変更になりましたが、運よく非常口座席をあてがわれていました。
静岡側の太平洋上空で富士山を拝むことができました。
OKA_HND3.jpg OKA_HND4.jpg
これでTYO⇒KUL⇒TYO⇒OKA⇒TYOの一回目の修業行程が終了です。
土日の中二日を自宅でゆっくりとし、月曜日から第二回目の修業行程となります。


JGC修業その一 東京⇒クアラルンプール⇒東京⇒那覇⇒東京
那覇から羽田へのフライト。一回目の修業終了
ヒルトン首里城での朝食バイキング
『田そば』に行って沖縄そばを初めて食べました
羽田から那覇に移動し、ヒルトン那覇首里城に宿泊
クアラルンプールに到着し、その日の深夜便で成田に戻る
マレーシア航空ビジネスクラス クアラルンプール行き
JGC修業開始 成田サクララウンジ
タグ:沖縄 JAL 羽田
posted by マーラー火鍋 at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年07月27日

ヒルトン首里城での朝食バイキング

ヒルトン首里城で朝食バイキングを頂きました。
ヒルトンオナーズメンバーのゴールド資格があるので無料になります。
食事エリアにはオナーズメンバー専用スペースがあり、窓際の一等席に案内していただけました。
着席すると、メンバーだけに用意されている特別メニューを渡されました。
Hilton_BF2.jpg Hilton_BF1.jpg
ポタージュ、生ハムそしてあぐー豚(って何だ?)をお願いしました。
Hilton_BF3.jpg Hilton_BF4.jpg
軽めの朝食としましいた。料理、サラダ、デザート等々多種準備されています。
Hilton_BF5.jpg Hilton_BF6.jpg
いろいろなホテルのバイキングで良くお目にかかる、料理法とトッピングを指定して作ってもらう卵料理を注文。オムレツにしました。
Hilton_BF7.jpg Hilton_BF8.jpg
部屋のアップグレード、エグゼクティブラウンジ利用(ヒルトン首里城には残念ながらありません)そして無料の朝食と、オナーズメンバーに対する優待は素晴らしく、資格を維持したい気持ちでいっぱいです。JGC修業が終わったらヒルトン修業か!?

JGC修業その一 東京⇒クアラルンプール⇒東京⇒那覇⇒東京
那覇から羽田へのフライト。一回目の修業終了
ヒルトン首里城での朝食バイキング
『田そば』に行って沖縄そばを初めて食べました
羽田から那覇に移動し、ヒルトン那覇首里城に宿泊
クアラルンプールに到着し、その日の深夜便で成田に戻る
マレーシア航空ビジネスクラス クアラルンプール行き
JGC修業開始 成田サクララウンジ
posted by マーラー火鍋 at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2018年07月26日

『田そば』に行って沖縄そばを初めて食べました

ホテルは食事なしの素泊まり予約です。
沖縄そばというものを食べたことがなかったので、事前にヒルトンホテルから歩いて行けて、夕方も営業しているお店を探しておきました。意外と昼食だけで、夕食時間まで営業している店は多くありません。
国際通りまで行けばあるのでしょうが近場にしました。
den_soba5.jpg
Yahooマップに目的地を入力し、ナビを観ながら歩いて行きました。この付近は起伏が激しく狭い路地が多数あるので迷わないようにナビは必須と感じました。
den_soba1.jpg den_soba2.jpg
ソーキそば、沖縄そば(田そば)等々ありますが、基本の田そばを注文しました。
den_soba3.jpg den_soba4.jpg
最初は見た目からうどんのような味を想像していたのですが、別物でした。
つゆと豚肉に付いている味、そして浅葱の風味が見事に互いを引き立て合うような味でした。
店員から勧められた紅ショウガを加えると、更に味に深みが増しました。
満足し、ホテルに戻りました。
翌日、空港までタクシーに乗った時、運転手さんといろいろと会話をしたのですが、沖縄そばはお店によって味が全く違うとのことでした。『お客さんが美味しいと感じたのならば、お客さんにとって良いお店を選択できて良かったですね』と言われました。
確かに今回は自分にとって良いお店でした。


JGC修業その一 東京⇒クアラルンプール⇒東京⇒那覇⇒東京
那覇から羽田へのフライト。一回目の修業終了
ヒルトン首里城での朝食バイキング
『田そば』に行って沖縄そばを初めて食べました
羽田から那覇に移動し、ヒルトン那覇首里城に宿泊
クアラルンプールに到着し、その日の深夜便で成田に戻る
マレーシア航空ビジネスクラス クアラルンプール行き
JGC修業開始 成田サクララウンジ
posted by マーラー火鍋 at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2018年07月25日

羽田から那覇に移動し、ヒルトン那覇首里城に宿泊

修業開始二日目の早朝にクアラルンプールから成田に戻り、京成電鉄で羽田に移動。
11:00羽田発那覇行きのJL913便で那覇に向かいます。
shuriHilton1.jpg shuriHilton2.jpg
那覇空港からはモノレールでヒルトン那覇首里城近くの駅まで移動します。モノレールを下車しホテルにタクシーで行こうと思っていたのですが、近くにタクシーがいないので歩いて向かいました。
これが大失敗。街中の道は起伏が激しく狭い路地を有効に利用しないと迷路のようで辿りつかない。大汗をかいてかなりの時間をかけてホテルに到着。
歩いてホテルに向かうのはお勧めしません。
shuriHilton3.jpg shuriHilton4.jpg
フロントでチェックインすると、予約していた最安値のツインコンパクトルームから二段階アップグレードのツインプレミアムルームのSea View部屋をあてがってくれました。
ヒルトンオナーズゴールド資格があるといつも素晴らしい恩恵を受けることができます。
部屋のアップグレード、無料Wi-Fi、エグゼクティブラウンジ利用(首里城には無く、ウエルカムドリンクサービス)、そして無料の朝食バイキングなどなど。
shuriHilton5.jpg shuriHilton6.jpg
プレミアムツインは15階以上の高層階で、とても見晴らしが良い部屋です。
shuriHilton7.jpg shuriHilton8.jpg
ホテルにたどり着くまで大汗をかき、冷たいビールを飲みたいの一心でしたが、フロント階(4F)にファミリーマートが入っており、オリオンビールを買って部屋で至福の時間を過ごしました。


JGC修業その一 東京⇒クアラルンプール⇒東京⇒那覇⇒東京
那覇から羽田へのフライト。一回目の修業終了
ヒルトン首里城での朝食バイキング
『田そば』に行って沖縄そばを初めて食べました
羽田から那覇に移動し、ヒルトン那覇首里城に宿泊
クアラルンプールに到着し、その日の深夜便で成田に戻る
マレーシア航空ビジネスクラス クアラルンプール行き
JGC修業開始 成田サクララウンジ
posted by マーラー火鍋 at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年07月24日

クアラルンプールに到着し、その日の深夜便で成田に戻る

マレーシア航空発券の便で、クアラルンプール(KUL)に到着し、22:50発の成田行きJAL便に搭乗するまで、5時間ほど時間をつぶさなければなりません。
一旦入国審査を受けて外に出ました。
外に出たは良いのですが、空港からクアラルンプール市街地までは電車に乗って30分はかかるので、空港待機にしました。
KUL0.jpg KUL1.jpg
チェックインで発券をしてもらい、サテライトにあるラウンジでゆっくり時間を過ごそうと思っていたのですが、JALの発券カウンターが開いていない。
19:30にならないとカウンターがオープンしないとのことで、空港内のベンチで二時間半待機しました。
発券してもらいサテライトにあるキャセイラウンジに向かいました。
ラウンジ、機内と食べてばっかりなので軽く夕食を頂きました。
KUL2.jpg KUL3.jpg
JAL便に搭乗し、軽いサンドウィッチを頂いて、朝まで爆睡でした。
深夜便なのでメインの食事は朝食で、軽めでちょうど良かったです。
これでNRT⇔KULを一往復しただけです。先はまだまだ長い。
KUL4.jpg KUL5.jpg



JGC修業その一 東京⇒クアラルンプール⇒東京⇒那覇⇒東京
那覇から羽田へのフライト。一回目の修業終了
ヒルトン首里城での朝食バイキング
『田そば』に行って沖縄そばを初めて食べました
羽田から那覇に移動し、ヒルトン那覇首里城に宿泊
クアラルンプールに到着し、その日の深夜便で成田に戻る
マレーシア航空ビジネスクラス クアラルンプール行き
JGC修業開始 成田サクララウンジ
posted by マーラー火鍋 at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年07月23日

マレーシア航空ビジネスクラス クアラルンプール行き

成田からクアラルンプールに向けて、マレーシア航空便に搭乗しました。
修業のために無理してビジネスクラスを予約しています。
MH_B1.jpg MH_B2.jpg
窓際の一列シートで満足です。シートはフルフラットになるタイプです。大型ディスプレイで最新映画を含め観賞できます。
MH_B3.jpg MH_B4.jpg
ウエルカムドリンクでシャンパンを選び、離陸を待ちます。
MH_B5.jpg MH_B6.jpg
MH_B7.jpg MH_B8.jpg
昼食です。メインの牛肉は柔らかくとても美味しかったです。
これまでの経験から言えば、この程度が普通のビジネスクラスレベルと思います。JALのビジネスクラスの昼食は、これをはるかに超えるレベルです。
シート、食事、エンターテイメントを考えると決して高くない(往復12万円強)旅程です。
修業が成就したらビジネスを利用しませんが...
食事後、映画を一本観賞し、ひたすらクアラルンプールまで寝ていました。


JGC修業その一 東京⇒クアラルンプール⇒東京⇒那覇⇒東京
那覇から羽田へのフライト。一回目の修業終了
ヒルトン首里城での朝食バイキング
『田そば』に行って沖縄そばを初めて食べました
羽田から那覇に移動し、ヒルトン那覇首里城に宿泊
クアラルンプールに到着し、その日の深夜便で成田に戻る
マレーシア航空ビジネスクラス クアラルンプール行き
JGC修業開始 成田サクララウンジ
posted by マーラー火鍋 at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年07月22日

JGC修業開始 成田サクララウンジ

JGC資格を得るための修業を開始しました。
初日は、成田(NRT)⇒クアラルンプール(KUL)をマレーシア航空のビジネスクラスを利用。
KULで6時間過ごし、KUL⇒NRT(翌朝)をJAL便で戻る予定です。
NRT1.jpg NRT2.jpg
マレーシア航空はJALと同じワンワールドなので、サクララウンジを使えます。
成田空港にはサクララウンジが二か所あり、チェックイン時に同乗口に近いほうのサテライトにあるラウンジに行きました(これが失敗)。
NRT3.jpg NRT4.jpg
サクララウンジに行きたい理由は、明太子ご飯とJALオリジナルビーフカレーを食べること。
これが修業を始める理由でもあり、エコノミーでもサクララウンジを堪能できるようになりたいためです。
NRT5.jpg NRT6.jpg
なんと明太子がありませんでした。係員に尋ねてみたら「申し訳ございません。こちらのラウンジにはありません」とのことでした。
仕方がないのでカレーに期待。あこがれの味でした。甘み、後を引くスパイシーさと柔らかく煮込まれた牛肉と大満足です。
NRT7.jpg NRT8.jpg
食後はシャンパンを飲みながら搭乗を待ちました。
次回からは本館のラウンジを利用します。


JGC修業その一 東京⇒クアラルンプール⇒東京⇒那覇⇒東京
那覇から羽田へのフライト。一回目の修業終了
ヒルトン首里城での朝食バイキング
『田そば』に行って沖縄そばを初めて食べました
羽田から那覇に移動し、ヒルトン那覇首里城に宿泊
クアラルンプールに到着し、その日の深夜便で成田に戻る
マレーシア航空ビジネスクラス クアラルンプール行き
JGC修業開始 成田サクララウンジ
posted by マーラー火鍋 at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年07月21日

JGC資格取得のための修業計画

退職後の起業に伴い、香港経由でシンセンを訪れることが多くなると思われ、生涯ワンワールドグループで優待を受けられるJALのVIP資格、JGC会員資格を得るための計画を立てました。

行程は、
自宅⇒成田(NRT)⇒クアラルンプール(KUL)⇒NRT
⇒羽田(HND)⇒那覇(OKA)⇒OKA⇒HND⇒自宅

自宅⇒NRT⇒OKA⇒HND⇒自宅⇒NRT⇒KUL⇒NRT⇒自宅
つまり、六日間で日本とクアラルンプールの二往復と、東京⇔沖縄の二往復をする行程です。
わかりにくいので表にまとめました。
修業日程.jpg
緑色の部分は日本発のマレーシア航空のビジネスクラス予約です。
ワンワールドなので今回の修業に使えます。JALに比べて安い料金でビジネスクラスに搭乗できます。
ビジネスクラスのキャンペーンをよくやるマレーシア航空は利用すべしです。
そしてクアラルンプール⇒那覇⇒クアラルンプールの往復は、JALの海外発券を利用して発券してもらいました。
KUL⇔OKA(那覇)はプレミアムエコノミーでFOPを稼ぎます。
ここに凄く有効な技があるのですが、単純にKUL⇔TYOとするよりも効率よくFOPを稼ぐことができるのです。
沖縄からKUL往復する場合、一旦成田に国内便で成田に行く必要があるのですが、この時安価に往復をできるのですが、FOPは通常に得られることができるのです。
ただ、関東在住の私は上記行程のために沖縄往復する必要があります。
OKA⇒HNDはJALのマイレージで予約、HND⇒OKAはLCCのJetstarで予約しました。
この行程で得られるFOPをまとめました。
FOP.jpg



JGC修業その一 東京⇒クアラルンプール⇒東京⇒那覇⇒東京
那覇から羽田へのフライト。一回目の修業終了
ヒルトン首里城での朝食バイキング
『田そば』に行って沖縄そばを初めて食べました
羽田から那覇に移動し、ヒルトン那覇首里城に宿泊
クアラルンプールに到着し、その日の深夜便で成田に戻る
マレーシア航空ビジネスクラス クアラルンプール行き
JGC修業開始 成田サクララウンジ
posted by マーラー火鍋 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年07月17日

パスポートのページが無くなり、増補

前回、シンセンに行った時には決めていたのですが、現職の会社を早期退職して個人で新しく事業を進めるために、本日現職を退職しました。
午前の勤務を終え、午後は地元のパスポートセンターに向かいました。
翌日からJGC修業のために海外渡航を繰り返す予定で、その為の準備です。
増補1.jpg
10年有効のパスポートなのですが、たび重なる日本⇒香港⇒中国⇒香港⇒日本の行程で、一回シンセンに行くだけで沢山のスタンプを押されてしまます。
香港国際空港での入出国の際にはHKIAのFV資格があるのでスタンプを免れますが、それでも6個は押されます。
増補2.jpg 増補3.jpg
増補前には50ページある査証が49ページまで埋まってしまっていたのですが、増補によってページが増やされています。
増補4.jpg 増補5.jpg
増補は40ページです。パスポートの有効期限が残り二年なので十分です。
posted by マーラー火鍋 at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入出国手続き