2018年11月30日

シンセンから持ち帰ったお土産

今回シンセンから持ち帰ったお土産を二つ紹介します。
ひとつはこれまで飲んだことも見たこともないビール。
福建省のメーカーで作られている『中国夢』という296mlのビンビール。
これはシンセンで最近良く会食する女性二人が、わざわざ華強北のホテルまで車で届けてくれました。
今回は食事をする都合がつかなかったので、お土産だけ持ってきてくれました。
会食の際、私がいつもお米の代わりにビールを飲んでいるので、出身地のビールを渡してくれました。
miyage1.jpg miyage2.jpg
もうひとつは、乾燥しいたけです。
これは妻から頼まれていたもので、鍋料理、お蕎麦、お雑煮等々の出汁に重宝します。
華強北エリアにあるWalmartで買って着ました。300gで約1000円(日本円)です。
そのほかに松の実を捜したのですが見つかりませんでした。
以前友人の結婚式で吉林省に行ったときにお土産でもらったのですが、ぽつりぽつりと食べていたらいつの間にかなくなってしまいました。
posted by マーラー火鍋 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 土産

2018年11月29日

華強北の海鮮料理『79号漁船』で夕食

シンセン二日目の夜は、三年来の中国女性友人と、彼女の友人である香港女性の三人で会食する予定になっていました。
当日昼間に微信で友人に連絡したら、『79号漁船』に行きたいとのリクエストがありました。
私はその店を知らなかったのですが、いつも混んでいて待つことになるかもしれないとのこと。
定宿ホテルの部屋で待つと、彼女たちが17:30にロビーに着いたと連絡があり、食事処に向かいました。
79gou_1.jpg 79gou_4.jpg
場所はSEGの裏にあります。近くをよく歩いていたのですが、こんな店があるのには気がつきませんでした。 時間も早く、すんなりと入店できました。店内はとても広いです。
79gou_2.jpg 79gou_3.jpg
この店は、巨大な生け簀にいる魚介類を選び、料理してもらうのがメインとなります。
彼女たちは迷っているのか、躊躇しているのか選ぶのに手間取っていたので、メインとして大きな海老を私が選択。値段が高いので心配していたので、没問題と言って見栄を張りました。
79gou_5.jpg 79gou_6.jpg
そのメインがこれ。大きな海老が煮込まれて出てきました。
隣のテーブルの客たちは覗き込んでみていました。(このとき、会計は高そう!?とちょっと心配に)
そしてアワビ料理が登場。これは彼女たちが選んだ食材です。日本で食べたらこれも高そう!
アワビは柔らかく美味しかったです。
79gou_7.jpg 79gou_8.jpg
海鮮料理店では必ずあるホタテ?料理ですが、いつもどおりのにんにく和えです。新鮮だったら生で食べたい素材なのですが。
79gou_9.jpg
料理には満足です。料金はいつもの倍の600RMB(約1万円)です。
日本で食べたら二倍以上すると思うので、まあいいか(笑
タグ:華強北
posted by マーラー火鍋 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海鮮料理

2018年11月28日

華強北で初めての火鍋店で友人と食事

今回の訪中の一番の目的は友人との仕事上の打ち合わせです。
昼に友人の店に行き、打ち合わせが終わり、当日の夕食を一緒に食べることにしました。
今回は私が招待する番になっているので、最近オープンしたと思われる四川火鍋店に行くことにしました。
shisen1.jpg shisen2.jpg
場所は華強北駅、茂業デパートから西に100mくらい行ったところです。
入店し、注文後出てきた鍋底とビールに驚きが。
shisen4.jpg shisen3.jpg
マーラーと白湯をお願いしたのですが、ほとんどがマーラー湯。しかも花椒が大量に。白湯はわずかに中央にあるだけ。今回同席した中国人の一人(広州出身)は辛いのが苦手で驚いていました。
そしてビールですが、小碗で飲むのがこの店の方針とのことで、コップを要求しても『ありません』との答え。
郷に入っては郷に従えで小碗で飲み続けました
shisen5.jpg shisen6.jpg
三人前の羊肉と、私の大好きな蝦のすり身です。
辛く、痺れるのですが四川火鍋もおいしいですね。小肥羊もおいしいのですが、何かパンチが無いかなと思います。同行する人の好みで考えるしかないですね。
shisen7.jpg shisen8.jpg
この店ではショータイムがあるようです。
また行ってもいいかなの店リストにランクインです。
posted by マーラー火鍋 at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 火鍋

2018年11月27日

イミグレ皇崗口岸ではじめての経験二つ

香港国際空港からいつものように乗り合いリムジンで皇崗口岸に向かいます。
今日はイミグレがすいているなと思いながら順番を待ちました。
いざ順番が来ていつものようにパスポートと入国審査票を渡すと、なにやら英語で書かれたピンクの紙を見るようにと提示されました。
imigure1.jpg
ちょっと焦りました。日本語のも準備して欲しいなと思いながらじっくり読むと....
『あなたの国はビザなし滞在ができることになっていますが、中国での滞在期間に注意してください』という内容でした。
日本人のビザなし滞在期間は15日までなので、問題ありませんと答え無事入国できました。

いつもですとここから華強北の定宿までタクシーで向かうのですが、今回は新しくできた地鉄で華強北に向かうことにしました。
この情報は事前に『深セン・香港の観光旅行生活情報局』の『【皇崗イミグレ】深セン地下鉄7号線が接続されて便利になったイミグレに行ってみた』で紹介されており、実際に利用してみました。
imigure2.jpg imigure3.jpg
タクシーを利用するときに利用する歩道橋を一番奥まで進んでいくと、皇崗口岸駅に降りるエレベータがあります。
程なく来た地鉄に乗ると、いつも行く華強北までわずか4駅でとてもスムーズにいけます。時間によっては皇崗口岸のタクシー乗り場は長蛇の列になっていたり、道路も渋滞していることもありとても便利になりました。
posted by マーラー火鍋 at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入出国手続き

2018年11月26日

JALビジネスクラスでのHND⇒HKG搭乗

羽田⇔沖縄往復をした翌日、羽田から香港に向かいました。
搭乗クラスはJGC修行のためのビジネスクラスです。
JMBプレミア資格取得のためのビジネスクラスです。来年はすべてエコノミーですね(笑
JAL_BZ1.jpg JAL_BZ2.jpg
天気も良く、きれいな富士山を拝むことができました。
サクララウンジでビールを頂いたので、食前酒は白ワインにしました。
JAL_BZ3.jpg JAL_BZ4.jpg
期待していたビジネスクラスの食事です。なんか普通の感じです。
一回ですべての食材が供されます。以前キャセイのビジネスクラスに搭乗(インボラアップグレード)したときは、食前酒⇒アペタイザー⇒メイン⇒デザートの順に配膳されたのを記憶していますが、なんか拍子抜けしました。
エコノミーの食事との違いはありますが、キャセイほどの差異はありませんでした。
JALのエコノミークラスの食事でも十分満足できるので、来年から搭乗することの無いビジネスクラスの食事はこれで最後かな?
posted by マーラー火鍋 at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年11月25日

シンセン行きに絡めたJGC修行再開

シンセンの友人と業務上の話をするために、渡航しました。
JALのFOPが57000近くあるので、年内に80000FOPを達成しJMBプレミアを目指す計画です。
今回はビジネスクラスでの那覇⇔香港を軸に、前後に羽田⇔那覇のエコノミークラスを加え、6回の搭乗の計画です。
日程は初日に那覇を往復し、いったん自宅に戻り翌日の午前便で羽田から香港へ行くものです。
既にJMBサファイア資格があるので、羽田(国内線)、那覇そして羽田(国際線)のサクララウンジを利用できます。
ジャルカード
sakura1.jpg sakura2.jpg
初日、車で羽田国内線ターミナルに向かい、搭乗手続き後サクララウンジに向かい搭乗時間を待ちました。
国内線サクララウンジはソフトドリンク、ビールとあられのおつまみしかありません。
ビールとおつまみ、そしてタブレットにダウンロードしておいたamazonの映画を観て搭乗を待ちました。

那覇空港に向かうフライトは、クラスJがあてがわれていました。
sakura3.jpg sakura4.jpg
那覇空港に到着してすぐに、いつも行く空港内の沖縄そば店で沖縄そばを頂きました。
修行を開始し、この店は三回目になります。
沖縄そばを堪能した後、帰りの羽田行きの便にチェックインし、すぐに那覇空港のサクララウンジに入りました。
ここも羽田と同じでビールと軽いおつまみを頂いて、搭乗を待ちます。
羽田に到着し、この日は自宅に戻ることに。

翌日は始発電車で羽田に向かいます。
いよいよ期待のJAL特製ビーフカレーと、明太子にありつけます。
sakura5.jpg sakura6.jpg
JGC会員用のチェックインカウンターでチェックインをし、上級会員専用手荷物検査を経て国際線サクララウンジに。
アルコール類もたくさんありますが、軽くビールを頂くことだけにしました。
sakura7.jpg sakura8.jpg
この後ビジネスクラスの食事を期待し、ここでは控えめの食事と飲料にしました。
タグ:JAL サクラ
posted by マーラー火鍋 at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年11月16日

JALグローバルクラブよりバッゲージタグが到着

JGC修行でサファイア資格を得てしばらく経ちますが、JALグローバルクラブからバッゲージタグが送られてきました。
Tag1.jpg Tag2.jpg
なかなかしっかりとした造りで、金属プレートに名前がローマ字で彫られており、これまで頂いたタグの中では最高のものです。
二つあるのは、修行をした私自身のタグと、妻のタグです。妻はJALのクレジットカードの家族会員で、何もしていない妻もJGC資格を得ています。
ジャルカード
家族四人で旅行に行くときでも二人の資格で四人ともラウンジを利用できます。
月曜日からプレミアを目指して再修業にシンセンに行きます。スーツケースにはこのタグをつけます!
タグ:JAL
posted by マーラー火鍋 at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | JGC修業

2018年11月12日

ふるさと納税を利用しました

最近話題になっている『ふるさと納税』を利用してみました。
来年になると返礼品に制限がかかる可能性があるので、駆け込みしてみました。
ただ単にこれまでどおり納税するよりもお得であることはわかっていたのですが。
過熱する返礼品競争と自身に関係ない地域への納税に対し疑問はあるのですが、今しかない経験かもしれないことから参加することにしました。
さて参加をしようと思ってみたものの、私の場合選択基準は『返礼品』となり、思いのある地域ではないことになってしまいました。この時点で当初のふるさと納税の趣旨に反している気がします。
納税しようと思った地域(では無く欲しいと思った返礼品!!)は次の三地域。
福岡県春日市
 返礼品:【博多樽味屋】辛子明太子たっぷり1kg(無着色)
明太子.jpg
明太子が好きでご飯の友なので選びました。1万円の納税で1kgの明太子を返礼品としていただけます。

北海道八雲町
 返礼品:大満足 いくら醤油漬け100g×6P・無着色たらこ140g×6
いくら.jpg
明太子以外にも魚の卵が好きです。以前はスーパーで買った鮭の卵を自分で醤油漬していたのですが、最近は面倒くさくなりやっていません。この機会に選択しました。
15000円の納税で、いくら600g、たらこ840gの返礼はとっても魅力的です。

茨城県稲敷市
 返礼品:【平成30年産米】茨城県稲敷市産コシヒカリ15kg(5kg×3)
米.jpg
普段の生活で欠かすことのできない『お米』です。これが我が家にとって一番喜ばれる返礼品です。
お米の返礼品はたくさんの地域返礼品として設定されていますが、お米の味にあまりうるさくない我が家では質より量を選択し、10000円の納税で15kgのコシヒカリを選択。

全部で35000円のふるさと納税です。居住地域の納税は従来に対して33000円減額されます。つまり地元に2000円納税するだけでこれだけの返礼品をいただけることになります。
いろいろ制度に課題はあるかもしれませんが、制度として成立しているので利用しない手は無いと思います。
posted by マーラー火鍋 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード

2018年11月04日

キャセイ航空のラウンジ、『The PIER』ビジネスラウンジ

Qantasラウンジを後にして、キャセイのビジネスラウンジ『The PIER』に向かいました。
最近日本のテレビで紹介されていましたが、とにかく広くゆったりしていて、私の経験では最大級のラウンジです。
成田のサクララウンジの比ではありません。以前も利用したことがあったと思いますが、おそらく改装されたものと思います。
ThePier1.jpg ThePier2.jpg
『The PIER』は今回訪れたビジネスラウンジに加え、手前にファーストラウンジがあります。最初は間違えてファーストラウンジに行ってしまい、レセプションで丁重にビジネスラウンジはこの先にありますと促されました。
ThePier3.jpg ThePier4.jpg
扱う食材ごとに各部屋(仕切り)のテーマが違っており、とても贅沢な配置です。とにかく広く、一番奥には仮眠のできるベッドまで配列されていました。
ビジネスラウンジでも驚きなのですが、ファーストラウンジはいったいどうなっているか行ってみたい衝動に駆られました。
Qantasラウンジで食べてしまったので、ここでは軽くビールとおつまみで搭乗時間を待ちます。
ThePier5.jpg ThePier6.jpg
ビールをもらいにバーカウンターに向かうと、『青島ビールになりますが、よろしいですか』と日本語で言われました。香港でこれだけの日本語を聞いたのは初めてで、驚きました。
ファーストラウンジを目指して残り二ヶ月、追加修業かなと考えています。
posted by マーラー火鍋 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ

2018年11月03日

香港国際空港のQANTASラウンジ

シンセンから乗り合いリムジンで香港国際空港に到着。
到着した時間は11:00で、フライトは15時過ぎのキャセイ便です。
4時間の余裕があるので、まずはQANTASラウンジに向かいました。
Qantas1.jpg Qantas2.jpg
ワンワールドのサファイア資格があるので、キャセイのエコノミー搭乗でも利用できます。
Qantas3.jpg Qantas4.jpg
このラウンジは、以前キャセイのマルコポーロゴールド資格を所持していたときに利用したことがあります。
広く、いつも利用客が少なく、落ち着けるラウンジです。
ここに来たら必ず注文するのが、『牛バラ肉麺』です。
これを目的に、シンセンのホテルの朝食を食べずにHKIAに直行しました。
好みはあるとは思いますが、中国で食べる麺とは違い香港独特の麺です。
香港の町を探索していたころにはよく食べていた麺と同じで、玉子麺?と日本人にも受け入れられるスープで懐かしい気持ちになりました。香港の町ではいつもワンタンヌードルを注文していました。
Qantas5.jpg Qantas6.jpg
入っている具はワンタンではなく柔らかく煮込まれた牛筋肉で、満足です。
利用客が少なく、本当に落ち着けるラウンジです。
タグ:HKIA JGC QANTAS
posted by マーラー火鍋 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ

2018年11月02日

9スクエアで友人たちと昼食

最近シンセンに行くたびに食事を共にする友人たちと、華強北エリアの九方で昼食をいただきました。
行った店は『荷庭』です。
9SQ1.jpg 9SQ1b.jpg
ここのレストランは値段は高いと思いますが、日本のレストランで食事する感覚に近く、抵抗を感じません。
9SQ2.jpg 9SQ3.jpg
辛い味付けではなく豆腐料理が普通にいただけます。
9SQ4.jpg 9SQ5.jpg
日本では無い小ぶりの蟹です。日本で食べる海の蟹(クラブ)ではなく、湖の蟹です。ひょっとして上海蟹かなと思いますが、わかりません。
日本人の感覚では、毛蟹等をダイナミックに食べたい感覚ですが、彼らは小ぶりの蟹を執拗に食べている感じです。
9SQ6.jpg
今回もご馳走になりました。私が一番年上なのですが、彼女たちとの食事では私が支払ったことはありません。歓迎されているようです。
タグ:華強北 荷庭
posted by マーラー火鍋 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2018年11月01日

華強エリア(九方)で杭州料理

いつもシンセンで夕食を共にする友人たちと夕食に行きました。
華強エリアにある9スクエアショッピングモールにあるレストランです。
杭州1.jpg 2018_10_24_IMG_4866.JPG
最近のシンセンではきれいなショッピングモールができてきて、ここもそのひとつです。有名ブランド店が多く入っており、有象無象が入店しているわけではなく平日では落ち着けます。
レストランも多数あり、今回は『緑茶』という店に招待されました。
杭州3.jpg 杭州4.jpg
落ち着いた店です。街並みにある料理店とは一線を隔しています。
杭州5.jpg 杭州6.jpg
私は手をつけませんが、中国の人は魚(海魚ではない)が好きですね。過去十年で一回食べて箸をつけるのをやめています....
杭州7.jpg 杭州8.jpg
豆腐料理とサラダです。辛い味付けがなくとてもおいしかったです。
友人たちがサラダを注文していたのには少し驚きました。これまで中国人がサラダを頼んでいたのを見たのは初めてです。野菜といっても炒めたものばかりで、生野菜をはじめて見ました。
杭州9.jpg 杭州10.jpg
食パン半欣を焼いてバニラアイスを載せたのはおいしかったです。中華料理とは一線を引いています。他のテーブルでは皆注文していました。
杭州11.jpg
おいしい料理をご馳走になりました。次回の訪中では私がご馳走する番です。
posted by マーラー火鍋 at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理