2019年01月27日

美味しい蕎麦処発見! 埼玉上尾の蕎麦店わかお

最近お気に入りの蕎麦処が閉業したり、味が落ちたりしているのでちょっと開拓しようかなとしている中、妻と私が満足できる店を見つけました。
既に人気店のようで混むのが懸念されるので紹介したくはないのですが、これまで味あったことがない蕎麦の食べ方があるので紹介します。
wakao1.jpgwakao2.jpg
平日の昼だったのですぐに入店できましたが、聞いたところ休みの日には外で待つことになることもあるそうです。
ここのお勧めは『二味そば』です。
辛味大根汁と通常の醤油汁の二つの味で蕎麦を楽しむといういうものです。
一日20食限定の十割蕎麦と、通常蕎麦で二味蕎麦を注文しました。
wakao3.jpgwakao4.jpg
二味蕎麦の食べ方が解説されています。辛味大根汁に炙り味噌と鰹節を入れ、好みで蕎麦汁を入れていただくスタイルです。
私は辛味大根汁を堪能しました。
辛味大根をおろしたものをそばつゆに混ぜて食べるスタイルは一般的ですが、これは蕎麦の味を違った手法で引き立てる良いものと思います。
wakao5.jpg
wakao6.jpg wakao7.jpg
通常の蕎麦(二八?)と十割蕎麦です。
私たちは蕎麦湯はどっろっとしていて熱いのが好みなのですが、この店は魔法瓶に入った濃密な蕎麦湯で、妻と二人で感動してしまいました。
タグ:蕎麦 埼玉 上尾
posted by マーラー火鍋 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2019年01月19日

キャセイマルコポーロステータスマッチ挑戦

年初の訪中を安価なキャセイ便を利用しようと思っていたので、マルコポーロクラブへのステータスマッチに挑戦しました。
5年前にはアメックスプラチナカード所持でゴールド資格を得ることができ、ラウンジ利用、ビジネスアップグレード等々数々の恩恵を受けることができ、毎回キャセイ便を利用していたのですが、今ではグリーン資格も失い資格なしとなっており、キャセイ便を積極的に利用することはなくなっていました。
本年はJALのJGCプレミア資格があるので、同じワンワールドグループのキャセイ便も利用することが多々あると思い、過去に恩恵を受けたインボラアップグレードの可能性を求め、JGCプレミアの資格を利用しステータスマッチに挑戦しました。
英文メールでキャセイのアカウントナンバーと、JGC資格のスクリーンショット、そしてJALの一年間の搭乗記録を添付し、キャセイ便利用の予定(未予約)を記載し申請をしました。
二日後にキャセイからメールが届きました。
内容は、『連絡ありがとうございます。あなたにグリーン資格を与えます。通常必要なグリーン申請に必要な100USDは免除します。このオファーを受けるのであればメールに返信してください』とのことでした。
私はシルバーを得られないかなと挑戦したのですが、
・グリーン資格を持っていない
・今後の搭乗予定が確定していない
の点でシルバーに到達していなかったと判断しています。
後日メンバーズカードとタグが送られてきました。
Marco_Green.jpg
残念な結果ですが、そうは甘くはないと思います。
あまり利用することはないと思いますが、次はスターアライアンスのステータスマッチに挑戦しようと思います。
posted by マーラー火鍋 at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航空会社

2019年01月17日

キャセイファーストラウンジ『The Wing』in 香港国際空港

シンセンからの帰りは、香港国際空港からのキャセイ便です。
昨年のJGC修行でワンワールドのエメラルド資格を得ていたので、キャセイのファーストラウンジに行くことにしました。
この空港はキャセイのフラッグシップ空港であり、いくつものラウンジがありますが、ファーストクラスラウンジは『The Wing』と『The Pier』の二つです。今回は搭乗ゲートが3番ゲートでしたのですぐ近くのThe Wingに行くことにしました。
Wing1.jpg Wing2.jpg
ファーストクラスラウンジは搭乗ゲートのあるフロアからも行けますが、南ゲートのイミグレを出てすぐ左に進むと直接ファーストクラスラウンジに入れます。
入室するとすぐにバーがあります。ウエルカムドリンクのシャンパンが準備されています。
Wing3.jpg perrie.jpg
三本のシャンパンが冷蔵されていました。一本目はペリエジュエ(フランス)です。
Roederer.jpg AYALA.jpg
二本目はルイ・ロデレールとアヤラ(ともにフランス)でした。
ここではシャンパンを飲まずに、ダイニング『The Haven』に向かいました。
席に案内され、オーダーメニューが渡されました。お飲み物は?の問いかけにシャンパンをオーダー。
そしてメニューには中国料理と西洋料理ほかがありましたが、全て英語で直感的にわからないのでウエスタンをオーダー。すかさず玉子料理はどうしますか?と問いかけられ考えるまもなくスクランブルを注文していました。本当は目玉焼きが良かったのですが口からはスクランブルと言ってしまいました。そして硬さを尋ねられ、思わず『ソフト』といってしまいました。
Wing4.jpg Wing5.jpg
自分の食べたいものとは違う注文をしてしまい後悔しましたが、次回はちゃんと注文しようと思いました。
オーダースタイルには慣れが必要と思いました。
Wing6.jpg Wing7.jpg
The Havenにはオーダーとは別にバイキング形式の食材も準備されています。
おなかが落ち着いたのでダイニングを退出しました。
Wing9.jpg Wing8.jpg
ダイニングの外にも食材が準備されています。
既に満腹なので、このラウンジで有名な入浴施設『The Cabanas』に行くことにしました。
シャワールームはさまざまなラウンジにありますが、これは別格です。
CABANAS1.jpg CABANAS2.jpg
入り口の女性に空いているか尋ねたらOKの返事。
入室してびっくり!。非常に広い空間とお風呂を独占でき、ここで搭乗を待つのも全然ありだなという場所です。
CABANAS3.jpg CABANAS4.jpg
入室してすぐに、ここではシャンパンが欲しいなと思い、受付の女性に飲み物が欲しいので一旦出ると告げ、入り口近くのシャンパンコーナーで一杯持ち込みました。
ソファーもあり仮眠もできます。
CABANAS5.jpg CABANAS6.jpg
ゆったりと湯船につかり一時間ちょいまったりと過ごしました。
The Havenを出てラウンジのソファーでくつろぎました。
Wing11.jpg Wing10.jpg
バーカウンターでキャセイファーストラウンジで頂ける『キャセイ・デライト』を注文。キウイベースのノンアルコールカクテルです。これをいただきながら搭乗を待ちました。
次回は『The Pier』のファーストラウンジに突撃します。
posted by マーラー火鍋 at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ

2019年01月16日

9 Square(九方)の『緑茶』で中国友人女性と夕食

シンセンから帰国の前日の夕食は、日本にいるときにシンセン在住の女性と約束していました。
そんな中、シンセンでちょっと風邪気味で19時頃までホテルで寝ていました。
ふと目が覚めてWeChatをのぞいたら、『今日の夕食は?』と17時過ぎに連絡が来ていました。
慌てて『今どこにいるの?』と連絡したところ、『今HQB(華強北)にいる』との返信が。
今から夕食に行ける?と聞いたところ...(中略)...九方の『緑茶』に行きたいとのことで、慌てて向かいました。
以前行ったことがあるレストランだったので、問題なく行くことができテーブルを確保して、友人が来るのを待ちました。
GreenTea1.jpg GreenTea2.jpg
友人はピアノのレッスンを受けていたとのことで『空腹です!』の第一声。
私はビールメインですが、5品くらい料理を注文。
GreenTea3.jpg GreenTea4.jpg
ダックと写真にはありませんが豆腐鍋がやさしい味で美味しかったです。
ここは杭州料理店で、辛くなく日本人受けする味です。湖南、四川料理と違って『よし、食べるぞ!』という気合は不要で、普通にいただけます。
友人女性は桂林出身で、杭州料理がちょうど良い様子でした。
GreenTea5.jpg
いつも思うのですが、夕食をご一緒してくれる中国人友人に感謝です。
posted by マーラー火鍋 at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理

2019年01月15日

華強北でiPhone7の電池交換

日本国内と海外で愛用しているSIMフリーのiPhone7の内蔵電池の劣化が気になっていました。
今回シンセンに行った際に電池交換をしようと思っていました。
重症ではなかったのですが、100%の充電表示であっても半日程度しかバッテリーが持たない状態でした。
バッテリー交換したのは、いつも行く携帯電話の修理店が集まったエリアです。
過去に電池交換を2回、モバイルWiFiの修理をしたことのある修理店に向かいました。
Batt2.jpg Batt1.jpg
右が交換前の電池の状態です。電池容量に対し82%のパフォーマンスに低下しています。
そして左が電池交換後のパフォーマンスで100%になりました。

以前ですと成田、羽田から香港に向かった際に電池残が50%くらいまで低下し、香港からシンセンに行く間に30%くらいになってしまい、シンセンの友人との連絡手段に心配がありました。
電池交換後、シンセン⇒成田の移動の間、十分な電池容量が残っており、残容量を心配することがなくなりました。

電池交換(作業代を含む)料金は、100元でした。前回電池交換したiPhone6の時は、80元でした。
日本の修理店の1/3以下の代金です。
posted by マーラー火鍋 at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外携帯電話

2019年01月14日

華強北で『Six Pad』もどきを購入

今回の訪中の目的のひとつに、『Six Pad』もどきの購入がありました。
昨年JGC修行を繰り返し、ラウンジでの飲食、機内での飲食、空港での飲食を動くことなく繰り返していたこともあり、腹回りが太ってきているのを感じていました。
華強北で『Six Pad』もどきを売っているのを見たことがあり、探しに行きました。
ICS1.jpg ICS2.jpg
買ったのはこれです。店頭には本家のコピー品(中国製)とICSという韓国メーカー製の二種類がありました。
悩んだ挙句、韓国製の商品を598元(店頭表示は698元)で購入しました。

日本に戻ってから継続使用をして見ます。
効果があれば結果を報告します。
タグ:華強北
posted by マーラー火鍋 at 20:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | 買物

2019年01月13日

蛇口のヒルトンホテルに宿泊

香港から乗り合いリムジンで皇崗口岸に到着し、そこからタクシーにて南山の蛇口ヒルトン南海酒店に向かいました。地下鉄で近くまでいけるのですが、前回駅からかなり歩いたので最初からタクシーにしました。
日本円で1000円強でした。
Hilton1.jpg Hilton2.jpg
エントランスに到着すると高級車ロールスロイスが停車していました。結婚パーティが行われているようです。
2階のレセプションは無視し、ホテルマンに『14階のレセプションに連れて行って』と告げ、エレベータで VIP専用レセプションに向かいます。
予約していたのは一番安い部屋なのですが、VIPゴールド資格を持っているので突撃しました。
VIPゴールドでエグゼクティブルームへのアップグレードは保障されていませんが、当然のおもむきで向かいます。
VIP専用レセプションではレセプションの女性が私のことを覚えており、再来を歓迎してくれました。
ここまでくればエグゼクティブルームは大丈夫かなと思いつつ、『エグゼクティブラウンジは利用できますか?』と尋ねると、『もちろんです!!』との返事。アップグレード成功と思いつつアサインされた部屋に行くと、12階の一番景色の良い部屋がアサインされていました。
もう感激です!!
Hilton3.jpg Hilton4.jpg
蛇口湾を一望できます。ただ香港でもそうでしたですがここの空気もPM2.5で汚れており、視界はいまいちでした。
エグゼクティブラウンジでケーキタイムを過ごし、そのまま17:30開始でアルコール類と簡単な食事を頂けるディナータイム?を堪能しました。
Hilton5.jpg Hilton6.jpg
まずはビールではじめ、後にシャンパンとおつまみ類でおなかを満たしました。
当初の予約は食事なしの一番安い部屋でしたが、部屋がアップグレードされラウンジで食事をできるだけで大満足です。
この後中国人男女5人と南山のカラオケ店に行く予定になっており、飲むのは程ほどにしお迎えを待ちました。
BMW5シリーズでエントランスに迎えが来て、南山区のカラオケ店で二時間くらい楽しい時間を過ごし、ホテルに戻り持参したウィスキーを数杯飲んで寝ました。
Hilton7.jpg Hilton8.jpg
Hilton9.jpg Hilton10.jpg
朝までゆっくりと熟睡し、1階のラウンジで朝食をいただきます。ここはエグゼクティブルームでなくとも、ヒルトンのVIP資格を所持していれば無料で利用できます。
ここはさまざまな種類の食事が準備されており大満足です。中華、日本そして西洋料理を提供する場所が別れており、食べ過ぎないように好みの食材を選んでおなかを満たします。

ヒルトンのVIP資格を所持し、これまで毎回恩恵を受けてきました。
ヒルトンのサイトで予約しなかったことが二回あります。この場合部屋のアップグレードは期待できませんが、小田原ヒルトンでは朝食無料をいただけ、沖縄ヒルトンでは部屋のアップグレードと朝食無料の恩恵を受けました。
ヒルトンサイトで予約した、クアラルンプール、シンセン南山(二回)、シンセン福田(三回)、沖縄、ニセコではいずれも部屋のアップグレードを得ることができています。
ヒルトンのVIPステータスはなんとしても維持したいものです。
posted by マーラー火鍋 at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル

2019年01月12日

観たことのない快晴時の日本を飛行機から

成田からキャセイ便で香港に向かいます。
今回のフライトは日本上空をフライとするものでした。
今回は窓側、富士山側の座席を予約していました。
Airplane.jpg Fuji.jpg
成田を飛び立ち、まず最初に期待するのが富士山ですが、今回は太平洋を飛行せず日本列島沿岸を飛行するルートでしたので、富士山を良く拝めることができました。
south_alps.jpg Nagoya.jpg
そしてその後に目に飛び込んできたのが、『赤石山脈(南アルプス)』です。
こんなに日本列島をきれいに見れたのは初めてです。
しばらくした後、名古屋上空を観察することができました。
Osaka.jpg awaji_naruto.jpg
次に大阪湾上空と、淡路島と四国を結ぶ地域です。本当に珍しくきれいに日本を見ることができるフライトです。
ここまで日本列島を観察できたのは初めてのことです。
Kiei.jpg HKIA.jpg
途中機内食を食べた後眠り、目が覚めた後には地上が見えない状態でしたが、これまた観たことがないものが目の前に。自分が乗っている飛行機の機影が雲に写っていました。
そして香港国際空港に着陸すると、天気はどんよりしていますが雲がかかっているのに加え、この地域の特徴のPM2.5による視界の悪さが存在していました。
posted by マーラー火鍋 at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移動手段

2019年01月11日

成田空港のJALファーストラウンジに向かいましたが...

昨年JGC修行を行った結果、JGCプレミア(ワンワールドエメラルド)資格を得ることができ、シンセンに行くためにキャセイのエコノミークラスを予約し、成田空港のJALファーストラウンジに向かいました。
NRT_Lounge1.jpg
ラウンジカウンターで搭乗券(キャセイのエコノミー)を提示し、当然ファーストラウンジに行けると思ったら、『申し訳ございません。現在ラウンジの改修工事をしておりまして、混雑防止のため他社航空利用者のご利用をご遠慮願っています』とのこと。
『それではサクララウンジでいいです』と言ったところ、『そちらのラウンジもご利用いただけません』『他のワンワールドラウンジをご利用ください』との回答でした。
ちょっとがっかりしましたが、気持ちを切り替えてワンワールドラウンジのはしごを決行するすることにしました。
利用できるのは、キャセイ、アメリカンエアラインそしてサテライトにあるカンタスラウンジの三つです。
搭乗がサテライトでしたので、キャセイ⇒アメリカン⇒カンタスの順番でめぐることに。
Cathay_Narita1.jpg Cathay_Narita2.jpg
キャセイラウンジは過去に何度も利用していたので、軽く食事をしてすぐに次のアメリカンエアラインラウンジに向かいます。
NRT_AA1.jpg NRT_AA2.jpg
初めての利用です。こんなところがあったんだ!という感想です。
そこそこ広いラウンジなのですが、利用客が少なく落ち着けます。利用客が多いサクララウンジでは得られないリラックス感を堪能できます。
JALかキャセイしか考えていなかったのですが、AAも全然いいなと思いました。
NRT_AA5.jpg NRT_AA6.jpg
サクララウンジほどではないですが、満足できる食事と飲み物が用意されています。
NRT_AA3.jpg NRT_AA4.jpg
そして明太子ご飯がいただけるとあって、ここで朝食とすることにしました。大満足!!
おなかがいっぱいになったところで、搭乗ゲートのあるサテライトに移動し、ボーディングまでカンタスのラウンジでくつろぐことにしました。
NRT_QANTAS1.jpg NRT_QANTAS2.jpg
NRT_QANTAS3.jpg NRT_QANTAS4.jpg
香港空港のカンタスラウンジもそうですが、利用客が少なく落ち着けるラウンジです。
AAも落ち着け、カンタスも落ち着けるとなると、JALのサクララウンジのあの喧騒はいただけないという印象です。
NRT_QANTAS5.jpg NRT_QANTAS6.jpg
既にAAラウンジで満腹なので、ここではシャンパンとチーズで登場時間を待ちました。
今回JALのファーストラウンジ利用はかないませんでしたが、他社のラウンジも落ち着きたいときには全然使えるとの印象を受けました。
でもJALファーストラウンジを使いたいという目的の『JGCプレミア』修行だったので、次回はマイレージでのJAL便で香港に行こうと思います。
posted by マーラー火鍋 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ