2019年03月24日

札幌でのグルメ三昧

札幌で食事を楽しみました。
夕食はすすきののキリンビール園でジンギスカンを堪能しました。
kirin1.jpg kirin2.jpg
念のために事前に予約を入れておき、18:30に来店しました。
kirin3.jpg kirin4.jpg
まずはビールで乾杯!『うまい!!』 ジンギスカンの登場を待ちます。
kirin5.jpg kirin6.jpg
肉は臭みの無い若い羊のようですね。個人的にはスーパーで売っている、円柱形で薄く切られたラム肉が好みです。たれはそこそこ美味しかったです。以前余市町で売っていたりんごをはじめとしてさまざまな果汁の入ったジンギスカンのたれが一番好きです。今では探しても見つからなく残念です。

食後は札幌で流行っている?夜パフェを食べに向かいました。
図1.jpg parfait1.jpg
向かったのは夜パフェ専門店『パフェテリア パル』です。キリンビール園から歩いて5分強のところにあります。
早い時間に入店したのでまだまだ空席がありましたが、遅い時間には一時間待ちになるとのことでした。
parfait2.jpg parfait3.jpg
注文したのは『バナナ男爵』(1550円)とドリンク。
果物をベースとし盛られているものはさまざまで、一つ一つ確認しながらいただきました。
バナナ、オレンジ、ラムレーズン、伊予柑、アーモンドなどなどジェラートなどが使われています。
注文後メニューを返そうとしたら『メニューを見ながらお食べにはなりませんか?』と聞かれた理由がわかりました。メニューにはパフェの盛り付けの絵がかかれており、一つ一つ確かめながらいただけます。
JALダイナミックパッケージ のオプションで、夜パフェのクーポン券1000円分が100円となっていたので利用しました。初めての経験で満足しました。

翌朝は海鮮丼を食べに行くことに。
いった場所は、札幌中央卸売り場外市場にある『北のグルメ亭』です。
ここもJALダイナミックパッケージ でオプション設定されていて、500円の追加で海鮮丼(3210円)を頂くことができます。
前日17時までに電話すると、翌日ホテル間の無料送迎をしてくれます。前日に朝の7時半で予約を済ませておきました。
kitagurume1.jpg kitagurume2.jpg
これを500円で食べられるのには驚きました。量が多く海鮮メインでいただき、お米は半分以上残してしまいました(ごめんなさい)。
食後、ホテルまで車で送っていただきました。

ホテルに戻りチェックアウト(11:00)まで時間があったので、すすきの駅のイトーヨーカ堂に向かいお土産を自宅にクール宅急便で送りました。
発送したのはホッケの開き、鮭の切り身、ラム肉とジンギスカンのたれ、松前漬けです。
ホテルを11時にチェックアウトし札幌駅からJRで千歳空港に向かいました。

千歳空港でお土産を購入後、JALのダイアモンドプレミアムラウンジで昼食とし、15時過ぎのフライト時間までゆったりとしました。
DPL_chitose.jpg
おにぎりとカレーパンです。カレーパンの中身は、国際線のサクラ/プレミアムラウンジで人気のJAL特製ビーフカレーをベースとしたものです。

食べてばかりの2泊3日の北海道旅行でした。
今回の旅行は羽田⇒函館、千歳⇒羽田の往復航空券と函館のホテル宿泊(一泊)が付いて一人24800円ととってもリーズナブルなJALダイナミックパッケージ を利用し、格安のオプションをセットにし大満足でした。

posted by マーラー火鍋 at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

2019年03月23日

函館から札幌に移動し、ホテルオークラにチェックイン

函館の居酒屋で夕食後、ホテルで就寝しバイキングの朝食をいただきました。
hakodate1.jpg hakodate2.jpg

JALダイナミックパッケージ で格安で宿泊できた五稜郭近くのホテルですが、無料の朝食バイキングに満足しました。
その後JR五稜郭駅から札幌行きの高速バスに乗るため、ホテルから五稜郭駅に向かいました。
9時過ぎに出発し、札幌到着は14:30前後の行程です。三列シート配置のゆったりバスです。
JRで向かうのに比べて半額で札幌に行くことができます。
札幌1.jpg 札幌2.jpg
札幌市内に入り、時計台前で下車し歩いて『ホテルオークラ』に向かいチェックイン。
日航ホテルメンバーのカードを提示しチェックインしたところウエルカムドリンクのサービスをいただけました。
札幌3.jpg 札幌4.jpg
ホテルオークラの宿泊は、アメリカンエクスプレスプラチナカード特典の無料宿泊特典での利用です。
無料で申し訳ないのですが、ここのホテルスタッフの対応は最高でした。いつもヒルトンで満足していましたが、対応に関してはその上を行っています。大満足!!
posted by マーラー火鍋 at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行

2019年03月17日

函館に着いて、回転寿司『函太郎』にタクシーで直行!

羽田を12:50の出発便で、函館まで一時間ちょっとのフライトでした。あっという間の到着で驚きました。
二年前に自家用車で東北自動車道、青函フェリーを利用した旅行に比べ楽で拍子抜けしました。
その時に感動した回転寿司『函太郎、五稜郭店』に空港からタクシーで直行しました。到着したのは14時頃でした。
函太郎1.jpg
前回来店した際に特に感動したイカと筋子の握りを最初に注文しました。
すると、筋子の握りはやめたとのことで、軍艦か巻物と言われ軍艦を選択。
函太郎2.jpg 函太郎3.jpg
前回は11時の開店と同時に入店し、透き通ったイカで大満足をしましたが、今回はそれより鮮度が落ちていましたが、関東で頂くものに比べてははるかに新鮮で美味しかったです。
筋子は価格が高騰しているのか、ちょっと残念でした。
函太郎4.jpg 函太郎5.jpg
函太郎6.jpg 函太郎7.jpg
甘エビとホタテは最高ですね。特に関東での海老は煮た海老が多い中、北海道での寿司店は生海老が提供され、外せません。
函太郎8.jpg 函太郎9.jpg
真鯛も新鮮でとても美味しかったです。
これ以外にいくつかいただきましたが、妻と二人で3000円ちょいとコストパフォーマンスが関東と大違いです。このチェーン店は函館がメインであまり無いのが残念です。
posted by マーラー火鍋 at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司

2019年03月15日

羽田国内線のJALファーストクラスラウンジ『DPL』

昨年の修行でJGCプレミア資格を利用し、妻と北海道旅行に行くことにしました。
格安(破格値!)のJALダイナミックパッケージでの予約です。
行程は、羽田⇒函館(宿泊)⇒札幌(バス移動、宿泊)⇒新千歳空港(JR移動)⇒羽田の二泊三日です。
函館はダイナミックパッケージでの宿泊で、札幌はアメックスの無料特典宿泊券を利用し、ホテルオークラ札幌の利用です。
自家用車で羽田空港駐車場に行き、JALのグローバルクラブカウンターでチェックイン。その後JGC専用手荷物検査に向かいました。
ここで驚いたのは、そこにはワンワールドエメラルド専用のチェックインカウンターがあり、ここでもチェックインができるということでした。
手荷物検査を終え、JALのダイアモンドプレミアラウンジ(DPL)に初めて行きました。
DPL1.jpg DPL2.jpg
サクララウンジと見た目はあまり変わりませんが、利用者が少なくゆったりとしているのと、飲み物と食事が充実しているところが違います。
特に違いがあるのは、サクララウンジでは『柿の種』をメインとした菓子しかないのですが、DPLではおにぎり、JAL特製カレーをベースとしたカレーパンをはじめクロワッサン等の提供。そして味噌汁とスープを提供しています。
朝早く羽田に到着しても、朝ごはんをいただけるだけで十分です。
DPL3.jpg DPL4.jpg
一時間ほどラウンジでゆったりし、搭乗ゲートに向かいました。
posted by マーラー火鍋 at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ

2019年03月08日

香港国際空港のキャセイファーストクラスラウンジ、『The PIER』

シンセンからの帰国時に利用する香港国際空港(HKIA)です。
帰国便はJALなのですが、シンセンからリムジンを利用し、HKIAに到着したのが06:45と早すぎました。
JALのチェックインカウンターがオープンするのが07:30だと思ったのでしばらく待ちました。
チェックインを済ませ、今回はキャセイの『The PIER』のファーストラウンジを目指しました。
このときはまだ搭乗ゲートが確定しておらず、利用したことが無いラウンジを目指しました。
PIER1.jpg PIER2.jpg
さすがにファーストクラスラウンジですので利用客は少なめで落ち着けます。
まずは朝食をいただきたく、ダイニングに直行しました。
早い時間でしたが70%くらい席が埋まっていました。
PIER3.jpg PIER4.jpg
席に案内され、メニューを拝見。全て英語です。メインを西洋料理にし、玉子料理は目玉焼きに片面焼きを注文。あとはシーズンフルーツと、シャンパンとオレンジジュースをオーダーしました。
PIER5.jpg PIER6.jpg
食後ラウンジ内を散策しました。
PIER7.jpg PIER8.jpg
PIER9.jpg PIER10.jpg
既にダイニングで十分朝食を頂いていたので、食べることはしませんでした。
今回のフライトゲートを確認したら、17番ゲートになったとのことでキャセイラウンジの『The Wing』に移動したいと受付に申し出て移動しました。
PIER11.jpg PIER12.jpg
Wingのカバナです。ここは最高の満足を感じます。前回利用したときはシャンパン一杯の持込で物足りさを感じたので二杯持ち込みました。
posted by マーラー火鍋 at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ

2019年03月04日

華強北エリアの九方で四川料理

中国人女性二人と、イラン人と私の4人で会食となりました。
行ったには九方にある四川料理店です。
メンバーは、以前定宿ホテルのレセプションに勤めていた女性とその元彼であるイラン人男性。そして現在いつも定宿ホテルを微信で予約をお願いしている従業員女性です。
今回はイラン人が招待してくれました。
shisen1.jpg shisen2.jpg
鍋の中身が写真からはわからないですが、牛肉がメインの料理です。まったく辛くない料理です。
shisen4.jpg shisen5.jpg
よくある生きゅうり料理です。イラン人は辛いのが苦手らしく、元カノが気を使って注文していました。このきゅうりは三回追加注文していました。
そしてひとつだけ四川風な海老とジャガイモ料理です。これは辛くて私にとっては美味しかったです。
shisen3.jpg shisen6.jpg
食事のともに飲んだのが恐ろしい『白酒』です。
良く観る白酒で、アルコール52%のものです。イラン人いわく『ビールだとおなかいっぱいになるので、白酒を飲みたい!』との一言で、私も覚悟を決めました。
これで明日の午前中は死ぬなと言うと、『このお酒は大丈夫だよ』と中国人女性。
確かに安い白酒のセメダイン臭は無く、飲みやすい白酒でした。
この白酒を男性二人と元カノ女性で3本飲み干しました。おそらくろれつが回らなくなった状態で店を出て、ホテルまでふらふらしながら帰ったところまで記憶しています。
ホテルまでは、白酒を飲まなかった女性が、私を心配して送ってくれました。

翌朝目が覚めると、二日酔い状態ではないのにほっとしました。
その後二人の女性から微信で『大丈夫?』との連絡が入りました。
何日か後に、『また飲もう!』と恐ろしい誘いが微信できましたが、あの白酒ならOKかなと快諾しました。
タグ:華強北 九方
posted by マーラー火鍋 at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四川料理

2019年03月03日

羽田のJAL ファーストクラスラウンジを利用

二月末にシンセンに渡航しました。今回は日本航空のマイレージの特典航空券での香港往復を予約しました。
今回はJGCプレミアを所持しているのでどんなサービスを享受できるのか楽しみです。
JALのチェックイン時にいきなり恩恵が。エコノミー予約でしたが、プレミアムエコノミーにアップグレードされました。満席で...という説明でしたが事前に決まっていた雰囲気を感じます。
与えられた座席が最前列の通路側でした。ここは事前座席予約ではほとんど指定できない座席です。
FL12.jpg
チェックイン後、優先保安レーンを利用しイミグレを通過。通過後中国人から頼まれている化粧品を免税店で購入後、JALのファーストラウンジに直行。
FL1.jpg FL13.jpg
ラウンジに入ってダイニングのエリアを探索しましたが、食事、飲料に関してはサクララウンジと大きな違いは感じられませんでした。特製パンケーキを目の前で作ってくれるサービスはあるのですが、魅力を感じずサクララウンジにもあるビーフカレーを選択しました。
FL3.jpg FL2.jpg
シャンパンも普通のものが置いてあるようです。
FL4.jpg FL5.jpg
お腹が落ち着いたので、落ち着くためのエリアに進みました。
FL6.jpg FL7.jpg
FL8.jpg FL9.jpg
FL10.jpg FL11.jpg
ゆっくりとローレンペリエを堪能して搭乗を待ちました。大満足!!
posted by マーラー火鍋 at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 火鍋