2019年06月15日

シンガポール航空のKrisFlyer、エリートゴールドカードが送られてきました。

シンガポール航空からKrisFlyerのエリートゴールドメンバーカードが送付されました。
以前『突然、KrisFlyer Elite Gold メンバー資格を与えられた!?』で紹介しましたが、4週間弱で送られてきました。
KrisFliyer.jpg
二年前にAMEXのプラチナ特典+αで得ることのできたエリートゴールド資格でしたが、シンガポール航空からのインビテーションで、再度エリートゴールド資格を得ることができました。
来年の6月まで1年間の資格です。

現在JALのJGCプレミア保有なので、ワンワールドを主として利用していますが、ANAのマイルも中途半端に溜まっているので、AMEXリワードポイントを移行して、スターアライアンスを利用しようと考えています。

ただ、私が常用する東京⇔香港便では、羽田、成田のラウンジと、香港国際空港のラウンジを考えるとワンワールドであるJAL、キャセイに歩があります。
現在するマイレージの消費のためとなりそうです。

posted by マーラー火鍋 at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイレージ

2019年06月14日

香港からはキャセイ便ビジネスクラス

香港からの帰りは、成田行きキャセイCX520便です。
ブリティッシュエアウェイズのマイルで手配したビジネスクラス特典航空券です。
機材はA350-1000だと思うのですが、何年も前にキャセイのゴールドを持っていたときにインボラアップグレードされたビジネスクラスと席の配列が変わっていました。
1-2-1席の配列で、隣の人をまったく意識する必要の無い座席です。
今回は富士山川の窓際の席を指定していました。
CX520_1.jpg CX520_2.jpg
以前は窓際も二席配列されていたので、今回は最高に落ち着きます。
ウエルカムドリンクでシャンパンを注文し、エンターテイメントを操作します。ディスプレイも大きくなり、操作性も格段に向上していました。
いつものことなんですが、滑走路に移動する間に寝つき、安定飛行に移行し機内食が配膳されるまで寝ています。この間、眠るのにとても良い振動でついつい寝てしまいます。
CX520_3.jpg
気がつくと機内食の準備が始められていました。
食前酒に再度シャンパンを注文しました。
そして前菜から始まりました。
CX520_4.jpg CX520_5.jpg
前菜の後メインディッシュの鶏肉料理が登場。
キャセイのビジネスクラスでは、ドリンク⇒前菜⇒メイン⇒デザート⇒アイスクリームと順番に提供されるのが好きです。JALのビジネスでは全て一緒に提供される状態で、最後のハーゲンダッツが解けている状態になりいまいちです。
CX520_6.jpg CX520_7.jpg
好みの果物をチョイスし、最後にアイスクリームが配膳されます。
ハーゲンダッツのアイスクリームですが、キャセイのビジネスクラスですと大きめのカップで提供されます。
キャセイのエコノミークラスでも提供されますが、小さいカップです。JALのビジネスでも小さいカップだったような気がします。

香港国際空港のキャセイラウンジで十分食べていたので、もったいないですが全てを頂くことができませんでした。
もちろんファーストクラスラウンジのほうが気の効いた料理で、機内食は食べないというのが良いと思いますが、私は貧乏性である程度がつがつ行ってしまいました

posted by マーラー火鍋 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航空会社

2019年06月13日

香港空港でキャセイファーストクラスラウンジ

日本に戻る便は、特典航空券のビジネスクラスです。
JGCプレミア(ワンワールドエメラルド)資格があるのでファーストクラスラウンジを利用できます。
チェックインしたのが朝7時と早く、まだ搭乗ゲートが決まっていないので、保安エリアを出てすぐ近くにある『The Wing』に向かいました。

まずは朝食のためにテーブルラウンジに向かいました。ここではざまざまなメニューがあり好みでオーダーするシステムです。
軽く頂きたいので、ウエスタンセットの両面固焼き玉子をオーダーしました。
The_Wing2.jpg The_Wing1.jpg
飲み物はオレンジジュ−スとシャンパンを注文。
後はバイキングコーナーで果物類を。

お腹が満足したらすぐにカバナの予約をしに。
今回は15分くらいの待ち時間で利用することができました。
朝早くシンセンのホテルで目覚め、シャワーも浴びずに香港に向かったので、ここでは至極の時間を過ごします。
The_Wing3.jpg The_Wing4.jpg
シャンパン二種類を持ち込み、のんびり湯船でくつろぎました。

お風呂でゆったりした後、ラウンジ内にあるフライとスケジュール画面で搭乗ゲートを確認すると、65番ゲートとなっており、そちらの近くのラウンジに移動することにしました。
The_Pier1.jpg The_Pier2.jpg
搭乗時間まで1時間半あるので、『The Pier』でくつろぐことにしました。
朝も早いせいか利用客もまばらで、ほんとうに落ち着けます。
The_Pier3.jpg The_Pier4.jpg
貧乏性なので、ここでも軽く食事を頂きました。

posted by マーラー火鍋 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ

2019年06月12日

二晩連続でカップラーメン。そこに救いの手が!

いつもは訪中前に、事前に微信で中国の友人達と連絡を取り、夕食のスケジュールを組んでおくのですが、今回は予定が不定でしたので、あえてスケジュールを組みませんでした。
なのでスーツケースにカップラーメンと箸を三組入れて持参しました。

相手の都合も考えずに友人達に連絡するのも申し訳ないので、二日目の夜はカップラーメンです。
Cup_noodle1.jpg Cup_noodle2.jpg
寿がきやのカップラーメンです。寿がきやを知らない方も多いと思いますが、私が生まれた名古屋では有名で、子供の頃から寿がきやの『味噌煮込うどん』を良く食べていました。
今でも寒い時期は味噌煮込うどんを良く食べています。

そして三日目の夜もカップラーメンです。
Cup_noodle3.jpg Cup_noodle4.jpg
中本の蒙古タンメンです。このカップめんは以前中国の友人にお土産として渡したことがあったのですが、『ばかうけ!』でした。スパイシーさが最高です!と言って降りました。

カップめんを食べながら、パソコンで中国ドラマ『ミーユエ』を鑑賞していました。
DVDは東門で購入してきたもので、8枚組みの長編です。
中国では2016年に放映されたドラマで、大人気だったようで誰しも知っていました。
Cup_noodle5.jpg Cup_noodle6.jpg
実は現在衛星放送で毎日一話ずつ放映されています。内容が非常に面白いのと、主役の女優『シン・リー』がとても美人でドラマにのめりこんでいます。

カップラーメンの写真を微信のモーメンツにアップし、ドラマを見ていたら....
可哀想に思ったのか、友人が微信で連絡してきました。『いつ日本に戻るの?』『明日夕食いかがですか?』との連絡で、ありがたく受け入れました。

翌晩、ホテルの近くにある湖南料理店に向かい近況について話をしました。
Cup_noodle7.jpg Cup_noodle8.jpg
友人はいくらいてもありがたいですね。

posted by マーラー火鍋 at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湖南料理

2019年06月11日

広東省で一番有名な広東料理店『點都コ』に連れてってくれました

いつも食事に誘ってくれる女性二人が、朝の会食に誘ってくれました。
地鉄1号線の大新駅まで華強北のホテルから向かい、駅から車でピックアップしてもらい食事の場所に向かいました。

向かったのは南山にある広東料理店『點都コ』です。
kanton1.jpg kanton0.jpg
先日の昼に四川料理店で彼女たちに会ったとき、広東省で一番有名な広東料理店に連れて行ってあげるといわれていました。確かに高級店らしいたたずまいでした。

食べたいものは?と聞かれ、わたしのお気に入りの『シュウマイ』と『蝦ワンタン』を注文。
日本ではあまり見ない黄色いシュウマイ。これが具がぷりぷりしてとても美味しいので大好きです。
kanton3.jpg kanton5.jpg
そして蝦ワンタンはこれでもかというほどプリプリ蝦が包まれており、大満足です。
もう一品ショウロンポウも好みなのですが、先日別の場所で食べたので控えました。

kanton2.jpg kanton4.jpg
お菓子っぽい二品。手前の大きいお団子はあんこが入っているようですが、『これ美味しくない!』と一人が言っていました。
スティック状のものはなんと春巻きです。手にとって気軽に食べれるのは新しい体験でした。

kanton6.jpg kanton7.jpg
巻いてあるのは肉料理ですが名前がわかりません。だけどとっても美味しかった。

店の雰囲気、服務員の対応そして一番大事な食事の味は最高でした。台湾で有名な飲茶料理チェーン店よりも美味しく思いました。

店を出て、車で華強北まで送ってもらいました。その間に微信のモーメンツにアップロードしたところ、多くの友人から『いいね』を頂きました。
華強北の電脳外で電気店の中国人と連絡を取る必要があると感じ、微信登録をしたところ、店員女性が先ほどアップロードしたモーメンツを早速閲覧し、『ここ行ったの!? 一番有名なレストランだよ!!』と驚いていました。本当に名の知れた店のようです。

タグ:南山
posted by マーラー火鍋 at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広東料理

2019年06月10日

四川料理店『繆氏川菜』で昼に会食

シンセン二日目に友人夫婦に昼食に誘われていました。
友人夫婦がホテルまで車で迎えに来てくれ、福田区にあるレストランに向かいました。

川菜1.jpg 川菜9.jpg
レストランは友人夫婦が事前に予約されていました。
集まったのは友人夫婦のほか、旦那のご両親そして夫婦の友人二人です。
ご両親とは昨年に吉林省での結婚披露宴でお会いしており、久しぶりの再会となりました。
ご両親とは十分な会話ができないので、乾杯ばかりしていました。

川菜2.jpg 川菜4.jpg
食べたいものは?と尋ねられ、私が注文したのが空芯菜と四川ならではの麻婆豆腐。

川菜6.jpg 川菜5.jpg
ビーフン料理は湖南料理(湘菜)店でもよく頂く料理です。
川菜7.jpg 川菜8.jpg
チャーシューに似た豚肉はご飯がいくらでも進む好きな料理です。
満足、満足!!

タグ:福田区
posted by マーラー火鍋 at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四川料理

2019年06月09日

九方の地下で広東料理

シンセン到着初日、夕食の予定は決まっていませんでした。
今回のシンセン滞在はどのようなスケジュールになるか不確定要素が多かったので、あえて事前に決めていませんでした。
初日の夕食は独りになりそうだったので、すぐにWeChatで友人に連絡し、女性が相手をしてくれることになりました。
彼女は私が定宿にしているホテルで、以前レセプションをしていた女性で、退職後も華強北で仕事をしており、良く食事の相手をしてもらっています。

今回の食事はショッピングモール『九方(9 Square)』の地下にある広東料理店です。
9sq_6.jpg 9sq_1.jpg
中国では豆腐がさまざまな料理に用いられますが、日本人が最も自然に感じるのが広東料理かなと思います。
刺激を求めるのならば、四川料理店での麻婆豆腐でしょうね。

9sq_2.jpg 9sq_3.jpg
何の肉か解かりませんが、骨付き肉と可も無く不可も無くの小龍包です。

9sq_4.jpg 9sq_5.jpg
豚肉料理と面包です。

約一時間あまり、私は青島ビールを飲みながら、桂林(彼女の故郷)への行きかた、楽しみ方などを教えてもらったりしていました。いつかは桂林に行って雄大な景観を見たいなと思っています。

タグ:9方
posted by マーラー火鍋 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広東料理

2019年06月08日

WeChat(微信)ペイが利用できなくなり焦る。

シンセンにいるとき、最近ではWeChatペイを利用して買い物等しています。
WeChatに充値されている金額で、滞在中は十分過ごせる状態になっています。
いざというときにはATMを使用し、クレジットカードで現金を引き出せるので、最近では日本円は1万円くらいしか持ってきません。

シンセンの定宿に着いて受信していたSMSを見たところ、携帯電話のSIMカード残高がありませんと連絡が入っていました。いつものようにWeChat Payで充値しようとしたところ、何やらメッセージが出て充値できません。

メッセージを良く読んでみると、『パスポートの顔写真のページ』と『本人の顔写真』を写真に撮ってアップロードせよとの事。
早速スマホで上記二点の写真を撮ってアップロードしました。

更に『自国の電話番号を国番号から入力』と『自国での住所』の入力を求められました(記憶があいまいですが)。
全てを入力すると、WeChatペイが有効になりました。

入力する内容が中国人向けのものではないので、おそらく全ての外国人に向けての措置であったと思っています。
ネット検索しても同様の状態になった記事が見つけられなかったので私だけかもしれませんが。

タグ:WeChat 微信
posted by マーラー火鍋 at 18:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 海外携帯電話

2019年06月07日

成田国際線、JALファーストクラスラウンジ

シンセンに4泊5日で出かけました。
航空便の予約は、AMEXのリワードポイントを移行しておいた、ブリティッシュエアウェイズのマイルを利用して、キャセイ便の成田⇔香港の特典航空券を予約しました。
年初にもキャセイの特典航空券で成田往復をしたのですが、目的のJALファーストラウンジを利用できませんでした。今回も利用できるか心配しながらチェックインカウンターに向かいましたが、利用できるか解かりませんとの返事でした。
入国審査を終え、今回は多少駄々をこねようかと考えながらファーストラウンジに向かいました。時間は朝7時過ぎです。
JALラウンジカウンターに向かうと、『以前ご利用できなかったかもしれませんが、ただいま空いておりますのでファーストクラスラウンジをご利用ください』との反応が返ってきました。
現在ワンワールド上級会員でも他社航空を利用の際にサクララウンジの利用でさえ制限されていますが、状況により柔軟に運営されているようです。
FCL_NRT1.jpg FCL_NRT2.jpg
ラウンジに入り、まずは朝食をとテーブルコーナーに向かいました。新しいシステムだと思いますが、希望のカテゴリーの定食に希望を添えるシステムかと思います。今回は和御膳を注文しました。
羽田国際線のラウンジには無いシステムです。
FCL_NRT3.jpg FCL_NRT4.jpg
和御膳、見た目は普通ですがお米にこだわりがあり、とても美味しいお米でした。美味しいお米のおかげで最高のおかずも全て相乗効果で美味しくいただけました。どちらかが美味しくないとがっかりすることになるのですが、大満足の御膳でした。
これを頂いちゃうと、『JAL特製ビーフカレー』を食べる気にはなりませんでした。
お腹が落ち着いたので寿司コーナーに向かいます。
FCL_NRT5.jpg FCL_NRT6.jpg
ここは週間で変わる握り三貫が目の前で握られます。今週はひらめ、サーモン、太巻きでした。
残念ながらマグロ中トロにはありつけませんでした。
でも、こんなに美味しいお寿司をいただけるのは日本のラウンジだけですね。
FCL_NRT7.jpg FCL_NRT8.jpg
いろいろとほかに提供されていますが、既におなか一杯です。眺めるだけです。
FCL_NRT9.jpg FCL_NRT10.jpg
お酒のコーナーを見ても、置かれている酒の種類に驚きます。レミーXO、バランタイン17年、響が普通に最前列に配置されていて、最高のおもてなしを感じます。
利用はしませんでしたが、高級な靴磨きコナーもあります。私のチープな靴を磨いてとは恥ずかしくてお願いできませんでした。

posted by マーラー火鍋 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ

2019年06月01日

サッポロビール園でジンギスカン

家族4人でサッポロビール園でジンギスカンを堪能して来ました。
サッポロビール園を訪れたのは30年ぶりです。
サッポロ1.jpg サッポロ2.jpg
風情のあるたたずまいは保存されており、多くの観光客(外国人)が訪れていました。
予約を入れており、時間までは園内を探索していました。
予約時間になって、『ケッセルホール』に向かいビールとジンギスカンを頂きます。
サッポロ3.jpg サッポロ4.jpg
昔と違い、今では二種類のラム肉が提供されています。以前は円形に整形され、冷凍保存されたようなラム肉(トラディショナル)だけでしたが、今では生ラム肉も提供されます。
両方頂いてみましたが、生ラム肉のほうが臭みが無く美味しかったです。
二ヶ月前にはススキノのキリンビール園で生ラム肉のジンギスカンを頂いたのですが、サッポロビール園のほうが美味しく感じました。

posted by マーラー火鍋 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行