2019年06月14日

香港からはキャセイ便ビジネスクラス

香港からの帰りは、成田行きキャセイCX520便です。
ブリティッシュエアウェイズのマイルで手配したビジネスクラス特典航空券です。
機材はA350-1000だと思うのですが、何年も前にキャセイのゴールドを持っていたときにインボラアップグレードされたビジネスクラスと席の配列が変わっていました。
1-2-1席の配列で、隣の人をまったく意識する必要の無い座席です。
今回は富士山川の窓際の席を指定していました。
CX520_1.jpg CX520_2.jpg
以前は窓際も二席配列されていたので、今回は最高に落ち着きます。
ウエルカムドリンクでシャンパンを注文し、エンターテイメントを操作します。ディスプレイも大きくなり、操作性も格段に向上していました。
いつものことなんですが、滑走路に移動する間に寝つき、安定飛行に移行し機内食が配膳されるまで寝ています。この間、眠るのにとても良い振動でついつい寝てしまいます。
CX520_3.jpg
気がつくと機内食の準備が始められていました。
食前酒に再度シャンパンを注文しました。
そして前菜から始まりました。
CX520_4.jpg CX520_5.jpg
前菜の後メインディッシュの鶏肉料理が登場。
キャセイのビジネスクラスでは、ドリンク⇒前菜⇒メイン⇒デザート⇒アイスクリームと順番に提供されるのが好きです。JALのビジネスでは全て一緒に提供される状態で、最後のハーゲンダッツが解けている状態になりいまいちです。
CX520_6.jpg CX520_7.jpg
好みの果物をチョイスし、最後にアイスクリームが配膳されます。
ハーゲンダッツのアイスクリームですが、キャセイのビジネスクラスですと大きめのカップで提供されます。
キャセイのエコノミークラスでも提供されますが、小さいカップです。JALのビジネスでも小さいカップだったような気がします。

香港国際空港のキャセイラウンジで十分食べていたので、もったいないですが全てを頂くことができませんでした。
もちろんファーストクラスラウンジのほうが気の効いた料理で、機内食は食べないというのが良いと思いますが、私は貧乏性である程度がつがつ行ってしまいました

posted by マーラー火鍋 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航空会社