2020年02月14日

キャセイ香港空港ラウンジの一時閉鎖、サービス変更

本日付でキャセイ航空より、新型コロナウイルスの感染拡大に関するお知らせメールが送られてきました。
Cathay1.jpg

内容については以下のとおりです。
ラウンジの一時閉鎖とサービスの変更について
・運航便数の削減に伴い、香港国際空港の「ザ・ブリッジ」、「ザ・デッキ」、「ザ・ピア」ファーストクラスラウンジは、2020年2月17日から一時的に閉鎖。再開時期は追ってお知らせします。
 状況は日々変化しているため、営業時間を含めたラウンジの最新情報は、ウェブサイトにてご確認いただきますようお願いいたします。
・香港国際空港、上海浦東国際空港、北京首都国際空港のキャセイパシフィックラウンジにおいても、ビュッフェスタイルから個包装のお食事に変更いたします。
 「ザ・ヌードル・バー」では、ご注文を受けてからお作りする温かいお食事をご提供します。

これにより香港国際空港のキャセイラウンジは、「ザ・ウィング」ファーストクラスラウンジ、「ザ・ウィング」ビジネスクラスラウンジ、「ザ・ピア」ビジネスクラスラウンジの三箇所になります。
さらに、食事の提供方法が変更となり、ビュッフェスタイルから個包装のお食事に変更になります。

キャセイでは乗客の健康を護るために実施している10の対策を発表しています。
これによりますと、香港と中国大陸を結ぶ便での食事の提供は、ファースト/ビジネスにおいてはシングルトレイによるものとなり、プレミアムエコノミー、エコノミークラスにおいては使い捨て容器入りスナックの提供となります。
また以下のサービスがすべてのクラスにおいて停止されます。
温かいおしぼり、枕、毛布、雑誌のサービス、機内での免税品販売
(現時点で日本⇔香港便の記載はありません)

posted by マーラー火鍋 at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ