2014年10月19日

中国その他の国の短波放送を聞くためのアンテナをあげました

今週末、二日にわたり自宅の屋根の上り下りを繰り返しました。
これまで屋根には、アマチュア無線用の1.2GHz、2.4GHzそして5.6GHzのパラボラアンテナをあげていたのですが、ここ10年間使用しない状態が続いていました。
730V-1.jpg
これらのアンテナを撤去するだけで半日かかりました。
そしてオークションで手に入れた、短波帯のダイポールアンテナをくみ上げ、屋根に設置しました。
アマチュア無線用の730V-1というクリエートデザイン社製のアンテナです。
730V-2.jpg 730V-3.jpg
かなり長く、息子の手を借りて設置完了。
これまで簡単なワイヤーアンテナで中国の放送をたまに効いていたのですが、今回のアンテナは威力抜群!!
めちゃくちゃ良く聞こえます。
ただ、全長10m前後なので台風のときに眠れない日が訪れそうです。
730V-4.jpg
受信機は、40年前の真空管通信型受信機です。
TRIOブランドのJR-60という受信機です。現在のKenwoodです。
この受信機もオークションで手に入れ、自分でコツコツとレストアしたものです。
レトロな受信機で、今では見向きもされない短波放送を聞くのは私が幼少のころに夢であった事を40年経って実現した思いです。
posted by マーラー火鍋 at 20:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類
この記事へのコメント
クリエートデザイン、TRIO、懐かしいですね!日本からの書き込みでしょうか?こちら広州、番禺ですが、ベランダの金具にRCコネクタを引っ掛けてサッシの縁に挟んでラジオに引き込んで毎日、NHK国際放送を聴いています。ラジオですがオールバンドDSPラジオです。携帯電話ほどですが技術の進歩に驚いています。
Posted by bigpaddy at 2014年10月20日 23:47
bigpaddyさん、こんばんは。
私は日本の埼玉在住です。
一時期昔の真空管受信機のレストアをやっていた時期があり、その時の一台がJR-60です。
これまでたまにベランダに張り巡らしたロングワイヤーで短波放送を受信していたのですが、いかんせん感度が悪い。
オークションで中古の短縮ダイポールを入手し設置してしまいました。
最新のDSP受信機にも興味があるのですが、短波というレトロなイメージであるので、真空管受信機で楽しんでいます。
今は北京放送(中国国際放送)の日本語放送を聞いています。
Posted by 火鍋オヤジ at 2014年10月21日 20:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104748946
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック