2015年01月03日

華強北電脳街に変化が

前回華強北を散策していたときに、街並みの変化に気がつきました。
華強北路に面した店舗は、さまざまな携帯電話メーカー、キャリア、デジカメメーカーの看板を掲げたショップがたくさんあります。
これまでアップル、Samsung(三星)がその多くを占めていたのですが、Samsung看板が減少し、中国の携帯電話端末メーカーのショップが躍進していました。
そのメーカーは、「小米」(Xiaomi)です。
ずいぶん前からその名前は聞いていたのですが、今では相当力をつけてきており、Samsungを蹴落とすまでに成長しています。
理由は、性能(品質)は変わらないけど価格が約半分ということです。
アップルの高級路線狙いではなく、ハイエンドからローエンドまで幅広いターゲットを狙ったSamsungの戦略が崩れ始めた気がします。
前回行った時より「小米」の店が倍増した感じです。
今回、そんな小米の携帯端末ではなく、バッテリーバンクを購入してきました。
Xiaomi1.jpg Xiaomi2.jpg
10400mA/hの大容量です。
値段は49元と安く、日本円でも1000円以下です。
Xiaomi3.jpg Xiaomi4.jpg
iPhone4,5,6とAndroidで使われるmicroUSBで使える三分岐ケーブルも10元で合わせて買ってきました。
posted by マーラー火鍋 at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 買物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109901194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック