2015年06月24日

台北旅行 その五 迪化街の茶処「臻味茶苑」

淡水から台北に戻り、暑さと疲れからホテルで小一時間エアコンのもとで休息をとりました。
夕食まで時間があるので、周辺をぶらぶらしながら迪化街の茶処「林家祖暦」を目指しました。
日曜日ということもあり、周辺の店が閉まっているところも多く、やっているのか心配しながらたどり着きました。
林家祖暦1.jpg 林家祖暦2.jpg
いくつかのお茶を試飲させていただきました。
台湾ではお茶の産地である標高でランクが付けられています。
確かに高度で香り、味が違い値段も高くなります。
中国、台湾のお茶屋さんではいつも試飲をするのですが、日本の自宅でいい加減にお茶を入れることに対し、こだわりがあります。
詳細は省略しますが、一番茶は捨て二番茶から楽しむ。そして二番茶以降お茶を蒸らす時間を少しずつ延ばしていく等々。
我が家では中国で買ってきたお茶は、もったいないので一番茶から飲んでいます(笑
林家祖暦3.jpg 林家祖暦4.jpg
お茶を購入して帰ろうとしたら、店主が筆を持って一筆書き始めました。
書いていただいた言葉は、「一期一会」!!
短い言葉に今回の気持ちが表れており、感激いたしました。
posted by マーラー火鍋 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/145180979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック