2015年06月26日

台北旅行 その七 千と千尋..のモデル地「九份」

台北に入って三日目、二日目に予定していた九份に朝から向かいました。
それぞれ三つのホテルに宿泊している一行五人は、朝9時に台北駅で待ち合わせしました。
taipei station.jpg kyufun1.jpg
私がホテルから台北駅に向かおうとしたとき、ホテルのドアマンが「九份に行くならタクシーを手配するよ。行き帰りの往復と、現地での二時間待ちで2500元(約一万円)だよ」と。
しめしめ、これは良い情報を頂いたと心の中でニンマリ。
彼のマージンを差し引けば2000元で行けるな!と。
台北駅で皆と落ち合い、シンセンから来た女性の出番です。
先ほどホテルで聞いた条件を伝え、タクシーと交渉してもらいました。
最初のタクシーを交渉の結果、同一条件で2000元で話がつきました。
どう見ても5人乗りのタクシーなのですが、運転手含め6人で九份に向かいました。
高速道路を使い45分くらいで到着です。
kyufun2.jpg kyufun3.jpg

kyufun5.jpg kyufun4.jpg
月曜日の平日午前中ということもあり、人が少なく歩きやすかったです。おそらく休日の夕方は大混雑かと思います。
いろいろなものを売っている店がたくさん集まっています。一軒一軒見たかったのですが先を急いでいたので雰囲気だけを楽しみました。
あちこちの店で「千と千尋の神隠」グッズが売られています。
kyufun7.jpg kyufun6.jpg
歩いて行くと雰囲気が千と千尋に近づいてきて、「湯婆婆の屋敷」がありました。
暗くなるともっと雰囲気が出るのかと思いました。
最後に眺望の良いお茶屋さんでのんびりしました。
お茶の入れ方を教えていただき、自分たちでお茶を堪能するシステムです。
kyufun8.jpg kyufun9.jpg
事前に打ち合わせしたタクシーとの待ち合わせ場所で乗車し、一路台北に戻りました。
タグ:台北
posted by マーラー火鍋 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/145915694
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック