2007年10月06日

シンセンの四川料理『巴蜀風』

経済特区であるシンセンには、中国各地から人が集まってきており、料理店もさまざまな地方の食事が出来るように多種にわたってあります。

今回は、華強北路と交わる振華路沿いにある『巴蜀風』に行ってきました。

ここの料理は四川料理で、シンセンの人には人気のお店です。

お店の外観です。

20071006112731.jpg

20071006112900.jpg
ナプキンの入った青い袋に『川菜』と書いてありますが、これは四川の料理という意味で、シンセンの人のための四川料理店といった意味でしょうか。



四川料理ですから、とにかく辛い!

写真左上は、米の粉から作ったうどん位の太さのビーフンに、マーラーで味を付けたものです。

写真右上は、インゲンを辛く炒めた物です。これは美味しかったです。


20071006112916.jpg
こちらは、川魚に唐辛子、花椒(山椒の実)とマーラー油(?)で味を付けたものです。

四川は海に面していませんので、川魚の臭みを消すためにこのような料理をして食べるのかなと感じました。

20071006112927.jpg
そしてこちらが最後に食べた料理。

色を見てもわかるのですが、辛くありません。

豆腐の団子を美味しいスープで煮たもののようです。

辛くないけど、これも四川料理だそうです。すべてが辛い食べ物と思っていましたが、認識を変えました。

これはとっても美味しかったです。
posted by マーラー火鍋 at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15582762

この記事へのトラックバック