2007年10月21日

香港、中国で使うコンセント変換アダプタ

海外に電化製品を持ち込むときに必要になるのが、コンセントの変換アダプタです。

ホテルでも貸し出しをしていますが、持っていると便利でしょう。

Change_ADPT_HK.jpg


これは香港で使えるアダプタです。

日本製のコンセントを反対側にさせるようになっています。

他国のコンセントもつかえるようになっている、マルチタイプ変換器です。

こちらは、各種変換器です。

Change_ADPT_JP.jpg
写真左は、香港型のアダプタが付いた製品を日本で使うための変換アダプタです。先のアダプタの逆バージョンです。



写真右は、香港型の多極分配器です。いわゆる三叉です。

ホテルで電源を取ろうとしたときに空きが無いとき、このアダプタをかまして電源コンセントを増やします。



香港/中国のAC電源は、200-240Vと高いので、持ち込む電子機器の対応電圧に注意してください。



入手は日本でも出来ると思いますが、現地のほうが種類も多く、価格が安い(シンセンで80円)です。
posted by マーラー火鍋 at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15582768

この記事へのトラックバック