2007年11月27日

日本から中国へのSMS送受信

訪中前に、事前に中国にいる人に連絡をしたい...

そんなときに使うのが、直接国際電話、e-mail等ですが。

直接電話で話すのが一番手っ取り早いのですが、お互い共通言語を持っているときは良いのですが、そうでないときは会話になりません。

e-mailは即時性は無いのですが、確実に意思の疎通ができます。

ただ、相手(中国側)がe-mail環境を持っているとは限りません。

最近ではみんな携帯電話を持っていますので、SMSで連絡をするのが確実です。

では、日本からどうやって中国にSMSを送るかです。

WEB経由で送る手段がいくつかありますが、受信が出来なかったり、先方にこちらの番号(携帯)が通知されない等ちょっと...と思うところがあります。

Softbank携帯からSMS(キャリア制限あり)を送れるようになっているようですが、日本の携帯電話番号での送信です。

相手は海外SMSで返信をためらいます。



そこでやってみたのが、香港のキャリア、Smartoneのカードを用いて、ローミング(日本での)での中国向けSMS送信です。

ちょっと複雑ですが、日本にいる私は、ローミングサービスでHKGのSmartoneに接続している状態。

その状態で中国にSMSを送るといった状態です。

実際にやってみました。

日本からの送信方法は、相手先アドレス(電話番号)に、

+8613112345678

と入れて、メッセージを。

+は記号として入れる必要があります。頭の86は中国の国番号。それ以下は携帯電話の番号です。

相手はこちらのメッセージに返信してくるだけです。

相手には香港の携帯電話番号が見えるだけなので、気軽に返信してきます。

実際には日本までの通信料金がかかっていると思うのですが.....


Smartoneの説明書にはSMS料金が記載されています。(送信時)
SMTN_SMS.jpg


日本から中国にSMSを送ると9HKD(140円)かかるようですね。Softbank端末から送ったほうが安いですが。

SmartoneのSIMは番号維持のためだけにリチャージしているので、かまわず使うつもりです。
タグ:SMS
posted by マーラー火鍋 at 23:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外携帯電話
この記事へのコメント
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
訪問。コメントありがとうございます。
僕は中国に連絡をいれる時に使って
いるぼは、国際電話カードです。携帯から
ですと高いですが、固定電話からの場合
かなりお得かなと思っています。
Posted by takesi at 2007年11月29日 14:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15582784

この記事へのトラックバック