2015年09月10日

one worldメンバーのBritish Airwaysのマイレージ会員申請

いつも日本⇔シンセンの渡航で利用するのが、香港国際空港行きのフライトにキャセイパシフィックもしくはJAL便を利用します。
これには訳があって、キャセイのマルコポーロクラブの上級資格を運よく所有できており、キャセイと同じワンワールドのJALでもクラブ特典が受けられるからです。
マルコポーロ特典を貰えたのはキャセイ便の利用回数ではなく、アメリカンエクスプレスのプラチナカードを所有していて受けた恩恵です。
AMEXプラチナの特典は以前までは凄いと言えるほどだったのですが、最近は高い年会費を払うに値するのかなと疑問に思うサービスになってしまっています。
私が残念に思っているサービスとして、
・JALへのりワードポイントの移行中止
・マルコポーロクラブ上級会員資格授与停止
この二つはかなりのダメージです。

二年前までは、AMEXカードでショッピングをし、JALにポイント移行を行いJAL便またはキャセイ便を利用した特典航空券で香港を往復していました。
しかし今ではAMEXポイントをJALに移行できなくなったので、メインとして利用していたAMEXカードの利用頻度をかなり落とし、JALカードでショッピングをするようになりました。

AMEXのリワードポイントをキャセイに移行できるのですが、特典航空券を得るには効率が悪い。
ANAにはこれまで通り移行、航空券取得できるのですがワンワールドのラウンジを利用できない。
そんなこともあり、ワンワールドグループのBritish Airwaysのマイレージ会員の申請をしました。
2015-09-10_205048.jpg 2015-09-10_205218.jpg

すぐにメールで登録完了の連絡があり、マイレージ会員の資格を得られました。
それではなぜBritish Airwaysの資格を得ると良いのか?
追って後日報告します。
posted by マーラー火鍋 at 21:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | マイレージ
この記事へのコメント
もう日本人には、日本円建ては、不向きになってきましたね

日本円で給料をもらってても

安い上級会員の
米ドル建て
香港ドル建てクレカ、を容易に取得できる時代ですし。

ポイント&マイルよりも、会費が安いし、円換算で倍!!


ネットの時代

例1000ドルで、7万円 8万円だったのが、12万円 
このまま1ドル200円になれば20万円 1000ドルでビジネスをドル建てクレカで決済

10000香港ドルで、10万円だったのが、16万円
このまま1香港ドル20円 30円になれば20万円 30万円
10000万香港ドルでビジネスを香港ドル建てクレカで決済

年会費や ポイント&マイル に頭使う時代は終焉





Posted by 初心者 at 2015年09月13日 07:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163333638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック