2016年05月07日

台湾から帰り、GWは蕎麦処巡り

台湾から帰ると無性に美味しいお蕎麦が食べたくなり、蕎麦処巡りをしました、
行ったのは妻とのお気に入りである三か所です。

@佐野の『安曇野』..からの『かみやま』
午前中、佐野のアウトレットでショッピングをし、いつものようにそこから安曇野に電話を入れました。
しかし留守電になっており、二週間前に友人が安曇野を訪れた時に喪中で店が閉まっていたと言っていたのを思い出しました。
秋山地区に車を向け、安曇野の直前にある『かみやま』に順番待ちの記名をし、その先の安曇野に向かいました。
azumino.jpg
当日も喪中につき...とのことで営業していませんでした。
ご主人と奥様二人で美味しいお蕎麦を提供してくださっていたので心配です。
安曇野からかみやまに戻りました。
kamiyama1.jpg kamiyama2.jpg
二年ぶりにかみやまを訪れました。以前寒い時期にかみやまを訪れた際、蕎麦が細切れで美味しくなく、蕎麦湯は蓋のないガラス容器で運ばれ、蕎麦を食べ終わったときには冷え切っていたことがあり、それ以来来店していませんでした。
kamiyama3.jpg kamiyama5.jpg
蕎麦は十割ではないのですが、蕎麦の香りが感じられます。そしてつなぎが入っているのでしっかりとした腰があり、とても満足できるものでした。
蕎麦つゆは出汁を省いている感があり、いまいちですが不可ではありません。残念なのはワサビが擂ったものではなく練りワサビ?感があります。
別メニューで本わさびが準備されているのでしょうがないですが。
妻と私は、野菜てんぷらがあればひとつ注文し、二人でシェアします。
kamiyama4.jpg
衣が少なく、素材の色を引き立たせる好みのてんぷらです。カリッとしてとても満足です。
また来ようと思います。

A埼玉比企郡の『八丁』
ここは自宅から近い(45分位かかりますが)お気に入りの蕎麦処です。
十割の蕎麦にこだわりを持っており、温度、湿度そして蕎麦粉に応じていつも変わらない蕎麦を出す腕前を持ったご主人の店です。
いつも頼むのは、普通の蕎麦。
最初に蕎麦粉を練った揚げ物が出てきます。
それを食べているうちに、メインの蕎麦が出てきます。
hacchou1.jpg hacchou2.jpg
見た目は普通ですが、とてもこだわりがある蕎麦です。
蕎麦は当然ですが、器にもこだわりが。奥様が焼いた器とのことで、蕎麦の盛られている皿は吸水性のあるものになっています。
その他の器は近くの山で別の業者が焼いているものとのことです。
薬味のネギは、白いところだけにしています。いつも緑の部分はどうしているのか心配してしまいます。
そして蕎麦つゆが最高に美味しい。利益を追求し入れるだしを減らすということはせず、とても美味しいつゆです。
そしてこれでは終わらない。デザートで蕎麦寒天?の小豆あえが出てきます。
美味しさも十分ですが、食前、食後にも気を使った構成で、800円。いつも店の利益が気になる蕎麦処です。
ここのご主人は体調を崩しているとの情報もあり、今回心配して来店しました。ご主人とは直接話はできなかったのですが、女性店員に寄りますと完璧ではなさそうでした。

B軽井沢追分地区の『きこり』
軽井沢のアウトレットに寄り、きこりに向かいました。(連休中日の平日)
到着した時間は13時前でしたが、平日にもかかわらず満席でした。
軽井沢の中心からかなり離れている蕎麦処ですが、駐車場にはいつも高級車が目立つ店です。
軽井沢の別荘に来ている人が昼ご飯を食べに来ているんではないかと思えます。
kikori1.jpg
ここの店もですが、こだわりがある蕎麦処は暖かい蕎麦は提供していないところが好きです。
うどんも扱っている店は当然ですが、丼も提供している店には絶対に行きません。
何を食べに来ているのかわからなくなってしまいます。
この店の特徴は、とにかく冷たい!です。
蕎麦もそうですが、つゆ、器に至るまで完璧に冷やしています。冬でも....
kikori2.jpg kikori3.jpg
蕎麦を生かすためにすべて冷やして提供するところが大好きです。
食後に頂く蕎麦湯は熱々で、胃が落ち着きます。
この店で気になるのは、たまにワサビの気が抜けているときが。特に開店間際に行った時に遭遇します。
前日に擂ったワサビを出しているのではないかと思います。
鼻にツーンと来るワサビが出てきたときには、完璧な蕎麦を堪能できます。

以上三店舗の詳細は、当ブログの検索窓に店の名前を打ち込んで、過去ログを参照してください。
posted by マーラー火鍋 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175201650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック