2016年06月03日

中国の友人からもらったお土産

シンセンに行った時、夕食をよくともにする中国人友人のオフィスを訪ね、話をしました。
彼とは4年くらいの付き合いで、お互い夕食に招待する関係です。
今回の訪中時に私の予定が埋まっており、彼との時間を設定できない状態でした。
無視するのは心苦しいので、昼に時間がある時に彼のオフィスを訪問しました。
彼は『久しぶりだね。夕食食べれる?』と歓待してくれたのには申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
いろいろ話をして、帰り際に彼がお土産のお茶をくれました。
悠谷春.jpg
中国の緑茶です。
中国の友人はよくお土産をくれます。私もそれなりに彼らにお土産を持参しますが、この辺は日本と同じ風習のような感じがします。
友人になればお互いを尊重しつつ、自己の面子を保つという行動の表れだと思います。
posted by マーラー火鍋 at 22:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 中国茶
この記事へのコメント
こんにちわ
これは美味しそうなお茶ですね
中国の緑茶は飲んだこと無いのですが、日本のものとはやはり味わいは違いますか?
日本の空港で良さそうなお茶を見て、中国友人のお土産に良さそうだな。
とレジまで持って行って、そういえば中国はお茶の本場だ!
と、キャンセルした覚えがあります(笑)
でも抹茶のお菓子はお土産によく買って行きます
Posted by 小林 at 2016年06月04日 00:20
小林様
いつもご覧いただきありがとうございます。
おっしゃるとおり、緑茶は珍しいですね。まだ試飲していないので味はわからないのですが。『悠谷春』を検索しても日本のサイトではヒットしないのでどんなお茶なのか楽しみです。
私が中国に持参する日本のお茶は、『玄米茶』です。
それもスーパーで買った安いものですが、中国には無い香りで珍しがられます。
Posted by 火鍋オヤジ at 2016年06月04日 08:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175552833
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック