2016年06月05日

皇崗口岸から乗り合いリムジンで香港国際空港へ

シンセンからの帰国で、皇崗口岸から出国し香港国際空港へ乗り合いリムジンで向かいました。
華強北からはタクシーで皇崗口岸に向かい、出国手続きを終えSkyLimoカウンターがある右方向に向かいます。
タクシーを降りてから、SkyLimoカウンターに辿りつくまで、他社リムジンの執拗な客引きがあります。
私はすべて無視し、直行します。
他社の場合、客を見て高い料金を吹っかけてくることがあります。SkyLimoに客引きをする人も含まれています。
過去に同乗した日本人が300元支払って乗ってきたことがありました。120元なのですが....
絶対にカウンター手前の客引きの誘いにのってはいけません。
SkyLimo1.jpg SkyLimo2.jpg
もうひとつSkyLimoを選ぶ理由として、時間で出発するところです。
たとえ客が一人であっても時間が経つと出発します。
他社ですと、定員に達しないとなかなか出発しないことがあり、待たされます。
今回は三人の乗客でゆったりと香港国際空港に向かうことができました。
posted by マーラー火鍋 at 18:43 | Comment(8) | TrackBack(0) | 移動手段
この記事へのコメント
こんにちは。 以前、2013年に、華強北近辺での両替所について質問させていただいた者です。その節は、大変有益な情報を有難うございました。両替所のひとつ(華強北から電脳街のほうへちょっと行ったところのビルの入口にある交通銀行系の両替所)、何回も利用させていただきました。(窓口にひとりだけいる若いおねえさんに顔を覚えられたりしました。) 今回のこのブログの国境からの香港空港への行き方なども、大変参考になります。
 7月13日から、満期になる予定の人民元の最後の定期預金を外貨(香港ドルとアメリカドル)に換えるため、3日ほどの日程でまたシンセンに行きます。 いままで同様に両替所を利用したいのですが、一般の街中の両替所は、以前と同じようにシンセンの街中で営業しているでしょうか? 最近、中国政府が外国への資金の持ち出しに関して神経質になっているニュースがあり、ちょっと心配なのですが・・・。 一般論でご存知のことがあれば、教えていただけると大変助かります。
Posted by ダン at 2016年06月06日 12:51
お久しぶりです。両替所の件は覚えております。
少しでもお役に立てて幸いです。
今でも各両替所は健在です。
満期を迎える人民元預金をHKD,USDにするとのことですが、今は微妙な時期ですね。
これまで元安傾向でしたが、中国政府が元高傾向に移行しようとしている感があります。
2013年と比べると金利分の利益があるとすれば良しなのかもしれません。
資金の持ち出しですが....
どれだけの金額かはわかりませんが、紙幣はX線検査機ではわかりませんので、怪しいもの(金属の塊)をスーツケースに入れなければ大丈夫だと思います。
わたしは没収されたくないものは、スーツケースには入れず、手荷物としてX線検査機には通さないようにしています。(笑
検査官はほとんど見ていませんが...
Posted by 火鍋オヤジ at 2016年06月06日 22:21
どうもご返答有難うございます!
両替所、健在ということで安心いたしました。またあの若いおねえさんの笑顔(と、「また来たの?」というあきれ顔)に会えると思うとうれしいです(笑)。 
私は10年以上前、元の切り上げの少し前からシンセンに資金を入れていまして、その後定期預金が満期になるとカードや香港への持ち込みで少しずつ外貨に換えていました。2013年も今回と同じくそれをするのによい両替所を探していて、こちらの情報が大変参考になりました。

今回は、最後の5年大口定期の満期です。
ちと全てを外貨にするのには時間と労力がかかりそうで、火鍋様に人民元を分けて差し上げたいくらいです(笑)。 家内と妹、妹の旦那の協力まで仰ぐことになっております。 うまく行くといいのですが・・・。 


Posted by ダン at 2016年06月07日 23:52
ダン様
若いお姉さんの笑顔がまた拝めるといいですね(笑
若い子は早く仕事を変えてしまう傾向が中国にはありますので、再開をお祈りいたします。
ネックは一日当たりの引き出し限度額になると思います。
外貨持ち出しは親族の助けが有効ですが、一口座からの引き出しは、親族は役に立ちません。
私の口座番号連絡しましょうか?(笑
Posted by 火鍋オヤジ at 2016年06月08日 22:08
火鍋様、
それはもう、もしも人民元がお入り用なら、ぜひご連絡ください(笑)。 7月13日にシンセンに行く時に130万元、7月27日に20万元が満期になりますが、そうすぐには全部現金やカードでは引き出せず困っています・・・。 
Posted by ダン at 2016年06月09日 23:24
それは大きな金額ですね。
簡単には全額引き出せませんね。
ちょっと考えてみました。
@招商の多店もしくは他の銀行口座を開設して、そこに振り込んで引き出す。
A同行者に口座を開設してもらって、同様に引き出す。
B日本の銀行ATMから少しずつ引き出す。
C私の口座に振り込む(笑
などなど。
手数料、限度額等詳細は調べないとわかりませんが。
Posted by 火鍋オヤジ at 2016年06月11日 11:34
私の過去の経験上、言えるのは次の通りです。
将来、誰かの参考になるといいのですが。

人民元を本土でキャッシュでおろす時には、HSBCだと一日2万元までという制限がありますが、数週間前までにネットを通じて予告しておくと、制限額なく銀行からは引き出せます。 今回、初日に中国銀行から引き出さないといけないのですが、ローカルの銀行は現金引き出しは1日5万元まで(?)だったかも。この点、ご存知なら教えていただきたいのですが。

ただ、キャッシュを引き出しても、外国(香港)へは「ひとり1日2万元まで、外貨は5000米ドル相当額まで」という持ち出し制限があります。今回は(毎日中国元をいくらか香港ドルに替えたうえで)これを家内とふたりで合計6日ほどはやるつもりです(笑・・・・。 

現金の持ち出し以外で有効なのは、ご存知のように銀聯カードの使える口座に元を振り込んでおいて、外国のATMで外貨でおろす方法です。去年まで、中国銀行の手数料は悪くなかったのですが、今年から1%以上手数料を取られるようになったようです。その最近の有益なまとめはこちらがいいかと:
http://www.c-study.net/2016/01/transaction-fee-unionpay-in-japan/
手数料は、準大手以下の銀行がやはり安いようです。 ただこれも、「1日1万元以下」という従来の引き出し限度額のルールに加えて、去年の10月から「1年で合計10万元以下」というルールが追加されたため、カード1枚当たり1年に10万元分までしか引き出せません。 カードは今のところ3人で4枚あるのですが、あと2〜4枚増やすことを画策中です(笑。

そういうわけで、火鍋様がもし万一、7月13日ー15日、もしくは27日ー29日の間にシンセンに行っておられるようなことがあれば、お知らせいただけると有難いです〜。
Posted by ダン at 2016年06月12日 14:40
ダン様
7月はシンセンに行く可能性があるのですが、サラリーマンですので土日に引っ掛けて、金-日、土-月もしくは金-月の渡航になり、ダン様との予定が一致するのが厳しい状態です。
現地でお会いすることなくても御助けになる手段があればよいのですが。
Posted by 火鍋オヤジ at 2016年06月19日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175574054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック