2017年06月12日

48時間で羽田⇒シンガポール、マレーシア⇒羽田の修行の旅[8]

金曜の深夜に羽田を出発した今回の弾丸ツアーが、日曜日の朝、帰国の途に就くことになりました。
朝7:00、ヒルトンホテルをチェックアウトし、KLセントラル07:15発のエクスプレス列車でKLIAに向かいました。
クアラルンプール空港からシンガポールのチャンギ空港までは、10:25発のMI323(SQ5303)便で1時間のフライトです。
チャンギ空港に到着し向かったのは紅茶の店『TWG』です。チャンギ空港で使用できるバウチャーを持っており、お土産はTWGの紅茶に決めていました。
SIN.jpg TWG.jpg
チャンギ空港は非常に広くゆったりしています...(朝早い時間は)。
ターミナル2のTWGでお土産のお茶を4種類購入しました。
羽田行きのSQ634はターミナル3からのフライトなので、T3のSATSラウンジに向かいました。
T3_SATS.jpg
ヒルトンで朝食を頂いていたのと、搭乗後に出される昼食を考えると食事ははばかれるのですが、美味しそうだったのでチキン&ビーフライスを頂いてしました。これは美味しいです。今回チャンギ空港の行き帰りでラウンジを何か所も巡りましたが、SATSは満足できるラウンジです。
チャンギ空港を13:55に出発するSQ634便に搭乗。
21:50に羽田到着するまでほとんど寝ていました。
途中昼食が配膳されます。行きもそうでしたが、シンガポール航空はエコノミーであってもしっかりしたメニューが配られます。
Menu1.jpg Menu2.jpg
選択したのは和食の『牛肉と大根のワイン煮』です。ヒルトン、SATSで食事しているのですが美味しかったので全部食べてしまいました。
日系の航空会社の食事に引けを取らない充実メニューでした。
今回の48時間ツアーでは食べて、飲んでの繰り返しで確実に太りました。
posted by マーラー火鍋 at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航空会社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180026126
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック