2018年12月15日

香港行きのJAL便でのトラブル

JGC修行の中、羽田から香港に向かうエコノミークラスの中でちょっとしたトラブルが発生しました。
私のシートは三列シートの通路側のC。その左のA,Bに50-60代の夫婦が着席していました。

搭乗して離陸し通常飛行にいたる間、私は機内映画を観るためのヘッドフォンをしていたのですが、窓際に座っている奥様の声が大きくちょっと気になり、ボリュームを上げて対応していました。

しばらくして奥様がCAを呼んで何やら言っているのに気がつきました。ヘッドホンから音声が出力されない様子。
まあ、古い機材では良くあることかなと思い静観していました。
CAさん新たなヘッドセットを持参し、対応を依頼していました。(これは良くある対応ですね)
それでも改善されず、奥様は再度CAを呼び苦情のようなことを伝え、対応(治せという感覚)を要求。
CAさんはシステムのリセットをするのでお待ちくださいと伝え、システムのリセットを行う(たまにある対応)。
この時点で、映像は出るのだが音声が出ないという状況で、これはオーディオ系統の接続が接触不良、断線だなと思っていましたが、案の定リセット後にも音声が出力されなかったようで、奥様は激高しました。
言っていたフレーズは、
『なぜリセット終了を告げた後、CAはその後の状況を確認することなく離れたのか。ちょっと待って確認することのできないのか!』 解らなくは無いが、CAも忙しい状態かな....
解決できない状態であることがわかると、今度は
『別の席に旦那と一緒に移動させてくれ!』と言い出しました。当便はほぼ満席状態で二人の隣席移動は無理でした。
エコノミーでブロック(器具に不良があるため)されている一席が空いているのですが、二人そろっての移動はできませんとCAさんが説明していました。
すると奥様は、『ビジネスクラスで空きは無いの!? 私はいつもビジネスクラスに乗ってるんだから!!』そして『責任者呼んで!!』と怒りまくり。
じゃあ、なんで今回はエコノミー?と思いつつも、うるさいなと我慢していました。
しばらくして白い制服のの責任者CA女性が現れ、奥様が文句を言い始めましたが、隣に座っている旦那が別の場所に行って問答をするように促し、席は静かになりましたが....
10分後ぐらいに奥様が戻ってきて満足していない様子。
私はそこで行動に出ました。
CA責任者に、『私が席を移動しましょうか?』と耳打ち。するとCAさんは不備があるのでブロックしている席ですがよろしいですか?と困り果てたおもむきで言われました。
私もこの席ではゆったりできないので、席を移動することにしました。

その後トラブルがどう終結したかはわかりません。
香港国際空港に着陸し、飛行機を降りる際にCAさんから何やら渡されました。
その中にあったメモがこれです。
クレーム.jpg
CA責任者からのメッセージでした。飛行機を降りる際出口に控えていたCA責任者は、わたしに気がつくと寄ってきて、『ありがとうございました。生きた心地がしなかったので感謝しています』と言われました。
生きた心地...のコメントにはちょっと考えさせられました。CAさんを想うとともに通常生活の中でありえることなので他人事ではないかなと想います。
posted by マーラー火鍋 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航空会社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185201861
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック