2019年04月13日

香港国際空港でのキャセイパシフィックファーストラウンジ『The Wing』を利用

シンセンからの帰りは、ほぼ100%香港国際空港(HKIA)経由で日本に戻ります。
昨年(2018年)にJGC修行を敢行し、JGCプレミア資格(ワンワールドエメラルド資格)を得ているので利用する航空会社は日本航空かキャセイパシフィック航空になります。LCCや全日空の利用もありますが、やはりらうんじを利用することを考えると本年はワンワールド一本になりそうです。
今回はJGC修行で溜まったJALマイレージを使い、JALの特典航空券での往復です。
朝早く5時半過ぎに定宿である華強北のホテルをチェックアウトし、タクシーにて皇崗口岸に向かいそこからスカイリモの乗り合いリムジンで香港国際空港に向けて出発。
6時45分にはHKIAの到着するのですが、JALのチェックインカウンターは7:30にならないとオープンしません。
いつものようにスマホを扱いながらチェックインを待ちます。

チェックインでスーツケースを預け、身軽になって手荷物検査、出国検査を受けてようやくラウンジに向かいます。
JGCプレミア資格があるので、キャセイパシフィックのファーストラウンジ『The Wing』に直行です。
Wing1.jpg Wing2.jpg
ラウンジに入って最初に向かったのは、ダイニングエリアです。これはビジネスラウンジでのバイキング方式ではなく、テーブルに着席し注文をし、食事が配膳されるレストラン方式です。
Wing3.jpg Wing4.jpg
案内されて着席すると英語のメニューを渡されます。
三回目なのでいつものように西洋スタイルを注文。必ず聞かれるのが玉子をどのように料理しますか?とのフレーズ。
一回目は何も考えずに口から出た『スクランブルエッグ』。硬さも聞かれました。
次回は『サニーサイドアップ』と注文しましたが....
本当は両面固焼きが欲しかったのですが、英語での表現が解からなかったので悔しい思いをしました。
今回は事前に調べた両面固焼きの英語『Over-Hard』の単語を用い、希望がかないました。
Wing5.jpgWing6.jpg
メインのほかにフルーツ類を頂きました。
ダイニングを出て、既に満腹感があり散策を。
ダイニングを出ると軽食のバイキングエリアとか、バーカウンターエリアとかあります。
Wing7.jpg Wing8.jpg
バーカウンターでここの名物『キャセイデライト』を注文!
そしてここで一番堪能したい、『カバナス』を予約。
これまで二回はそのまま利用できたのですが、今回は30分以上待ちました。
待ってもぜひ味わいたいサービスです.
Wing9.jpg Wing10.jpg
ゆっくり湯船につかって搭乗しました
posted by マーラー火鍋 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラウンジ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185855933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック