2019年08月25日

香港国際空港のキャセイファーストラウンジ、「The Wing」「The Pier」はしご

シンセンからの帰り、いつものように香港国際空港から帰国します。
いつもは香港国際空港で午前に出発する便を移用するのですが、今回はキャセイの午後便で帰国します。
香港国際空港に午前11時に到着し、いつものようにキャセイラウンジで出発を待ちます。
まずは昼食を食べに行きます。
Wing2.jpg Wing3.jpg
いつもは朝7時代にラウンジに入り、モーニングメニューを渡され、いつもウエスタンスタイルを注文するのですが、今回は違うメニューが渡されました。
ちょっとあせりましたが、英語メニューをじっくりと読み、「Braised beef gremolata」(牛肉の煮込み)をオーダーしました。当然どんな料理かわからないけれど、ビーフの単語だけでチョイスしました。

いつもの卵メインの朝食と違い、わくわくしました。
Wing4.jpg Wing5.jpg
煮込まれた牛肉がとてもやわらかく、ビーフシチューの肉のようで美味しくいただけました。
事前に頼んだシャンパンと、自分で用意したおつまみで満足しました。
ダイニングでおなかが満たされたので、他のサービスをチェック。
Wing6.jpg Wing7.jpg
Wing8.jpg Wing9.jpg
ダイニングで食事をしなくても、十分満足できるおもてなしが準備されています。
おなかも満足し、カバナス(浴室)を予約してシャンパンを飲んでいたのですが、搭乗ゲートが60番台との案内があり、そちらに近いラウンジ「The Pier」に移動することにしました。

Pier1.jpg Pier2.jpg
ファーストクラスラウンジに隣接されているビジネスクラスラウンジがありますが、私のようになんちゃってVIPはビジネスラウンジで堪能するのがお勧めです。
The Pier(ビジネスラウンジ)はとても広く、これでもかと言うくらい食材が用意されています。
事前にファーストラウンジで食事をしていなければ、このラウンジは最高のレベルです!。
日本のTV番組にも紹介されている最高ラウンジです。
今回は事前のラウンジでおなかが満たされていたので、直接ファーストラウンジに向かいました。
Pier3.jpg Pier4.jpg
とりあえずダイニングに向かいましたが、写真だけ撮りました。どんな料理があるのか好奇心はあるのですが、食べることができません。

ビジネスラウンジとは違い人が少なく、ゆったりした空間を堪能しました。
Pier5.jpg Pier6.jpg

posted by マーラー火鍋 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 火鍋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186471571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック