2009年05月05日

香港国際空港での入国手続き

以前紹介した、HKIAカードの取得ならびにe-道(e-channel)の登録を済ませておくと、香港国際空港での入国審査が非常に簡単になります。
通常のVisitor窓口は、いつものようにたくさんの外国人が列を成しており、通過に10分はかかる状態でしたが、e-道を通るとあっという間で通過できます。
また、外国人が記載する必要がある入国審査用紙の記載も不要です。

e-channel.jpg
このゲートは香港人用のゲートですが、この隣にe-道のゲートがあります。
パスポートに張られた登録シールをスキャンさせ、人差し指の指紋を読み込ませたら入国シールが出力されますので、パスポートに貼って入国完了です。
本当に便利になりました。

香港からシンセンに向かう時、羅湖、落馬州の出国ゲートにe-道がありますが、こちらは使えません。
係員に聞いたら、『空港だけです』と言われました。
今回の出国は空いている落馬州にしたので、通常のVistorゲートでもあっという間の通過でした。

posted by マーラー火鍋 at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入出国手続き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28883406
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック