2009年10月18日

海外両替に有利なスルガ銀行デビットカード

海外で現地通貨を手に入れるのは、現地で日本円を両替をするのが一般的だと思います。
私も中国に行った際には、現地銀行または銀行の市中両替所を利用しています。
現地銀行での両替手数料は、中国の場合2.5%です。
銀行が行っている市中両替所はもっと手数料が高く、国際空港等の両替所は論外の手数料を取られます。
現地銀行が一番有利!!と思っていたのですが.....
もっと有利な方法がありました。
Suruga_Debid.jpg

スルガ銀行に日本円を預金しておき、現地にある銀行ATM、PLUSマークのある市中ATMで現地通貨を引き出します。

このときの手数料は、一回の利用に対して210円(固定)と両替手数料として両替金額の1.63%です。
さらにスルガ銀行のHPを見ると、デビットカードの利用(ATM利用も含む)に対し、0.2%の現金還元がされるとあります。
つまり、前記両替手数料が1.43%になる計算に。
なんと中国の場合、銀行で両替するよりも1%以上お得になります。 ただし一回ATM使用に210円の手数料がかかります。
それではいくら以上の利用から有利になるか計算して見ました。(中国の場合)

計算してびっくり! 19626.2円の両替を境にそれ以上の両替ではデビットカードの利用が有利になります。

日本円50000円を人民元に両替したときの手数料
  スルガ銀行  925円
  中国の銀行  1250円

日本円200000円を人民元に両替したときの手数料
  スルガ銀行  3070円
  中国の銀行  5000円

金額が大きくなると断然スルガが有利になってきます。
また、中国の銀行窓口で両替する場合、パスポートの提示と順番待ちが必要ですが、デビットカードを利用するとATMで24時間即時に現地通貨を得ることができます。
今度シンセンに行ったときには利用するつもりです。
posted by マーラー火鍋 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32995673
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック