2009年11月07日

スルガ銀行のデビットカードで両替

今回のシンセンで試そうと思ったのが、現地での人民元の引き出し。
以前、こちらで紹介しましたが、実際に引き出してみました。
比較のために、
1.スルガ銀行カードで街中のATMで2000元の引き出し
2.招商銀行に入金した日本円をネットバンクで両替
3.街中の交通銀行建設銀行の両替所で日本円を人民元に両替
をしてみました。
こちらは引き出し後のスルガ銀行の取引紹介です。
suruga_Debit.jpg
2000元を引き出すのに、27265円必要でした。
1元あたりの日本円レートは、13.63円です。
現在キャンペーン中で、0.2パーセントの還元があるので、実質もっとレートが良くなります。

次に招商銀行の場合、交換レートは13.68円です。
若干スルガに比べてレートが悪いです。

最後に交通銀行建設銀行の出張所は交換レートが13.77円と、スルガに比べて1パーセントもレートが悪かったです。

スルガ銀行のデビットカードが有利であることがわかりました。
ただし問題がいくつかわかりました。
☆一度の引き出しが2000元まで
 これは今回使用した銀行のATMの設定で、現地銀行カードをATMで使用しても同じです。  ただし、銀行カードの場合、窓口では2000元を超えて問題なく引き出せます。

☆同じ銀行のATMでは一日三回まで、つまり合計6000元までしか入手できません。
 しかし、他の銀行のATMでは追加で入手できます。
 今回、招商銀行と交通銀行で人民元を入手してみました。レートは両行とも一緒でした。

☆銀行によってATMの暗証番号の入力方法が異なります。
 スルガで設定している暗証番号は4桁なのですが、招商銀行は6桁の入力を要求してきます。
頭に二桁の00を付けてクリアできました。
 交通銀行は4桁でOKです。
 これにはちょっと焦りました。
posted by マーラー火鍋 at 18:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 通貨両替
この記事へのコメント
こんにちは。スルガのレートが招商のネットバンキングより良いとはビックリですね。非常用として持つだけでなく、今後活用していこうと思います。招商が一回の引出し額をもう少しアップしてくれれば、利便性も向上するのですが。HSBC中国のキャッシュカードは一日当り2万元まで引出せます。HSBCのATMでスルガのカードで幾らまで引出せるか見てみようと思ってます。
Posted by ずーべんれん at 2009年11月08日 08:11
こんにちは。シンセンのホテルからです。
事前にネットでスルガが有利と言う情報が紹介されており、今回自分で試して見ました。

次回私もHSBCで試してみようかと思います。
今回はスルガの残高が2500元しかないので....

今日はお茶を求めて東門に出かけてきます。
Posted by マーラー火鍋 at 2009年11月08日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33487838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック