2010年05月02日

デビットカードが使える銀行

4月に人民元の切り上げがあると中国政府が発表していましたが、まだ実行されていません。
アメリカが圧力を弱めたせいでしょうが、いずれ切り上げが実行されると思っています。
今回の訪中(シンセン)前に、スルガ銀行の口座に資金を集中させ、三日間かけてすべてスルガ銀行のデビットカードを利用し、中国元での引き落としを行いました。

市中にたくさんの銀行がありますが、今回デビットカードを利用できたATMが設置してあった銀行を紹介いたします。

Marchants.jpg Bank_of_China.jpg
まずは口座を持っている招商銀行。
この銀行はシンセンで開業をしており、市中にたくさんあります。
そして中国銀行。ここは一回の操作で3000元まで下ろせます。
スルガのデビットカードの場合、日本円⇒人民元への定率手数料のほかに一回当たり210円のATM使用料金が取られます。
一日の利用限度額が一行当たり5000元(?)なので、手数料を抑えたいときに有利です。

他に使用できたのは、以下の銀行です。

Commucations.jpg Constructions.jpg


Guangdong.jpg koushou.jpg


BEA.jpg


他にも使える銀行があると思います。
茂業デパート内にあった浦?銀行のATMも使用できました。
デビットカードはいくつかあると思いますが、スルガ銀行のが手数料が安く、市中で両替するよりも有利です。
posted by マーラー火鍋 at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37494397
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック