2010年09月05日

Windows7に招商銀行ネットバンクソフトをインストール

ほとんど使っていなかったVistaがインストールされたノートPCにWindows 7 Ultimateをインストールして、マルチ言語対応にしました。(したつもり.....)

これで一台のPCで日本語ソフトと中国語ソフトを使えるから便利!と思っていたのですが、うまくいきません。
中国語のソフトといっても、中国に口座開設してある招商銀行のインターネットバンキング用ソフトウェアだけなんですが。
自宅では中国語のXPマシンを専用に準備して、ネットバンキングしていたのですが、出先(中国)での使用に不便なので.

XPマシンのときと同じように、ネットバンキングのソフトをインストールしようとしたのですが、インストールの途中に文字化けはするは、プログラムは完全にインストールされないは、プログラムを立ち上げても文字化けと不完全なメニューと散々でした。

言語の切り替えだけではだめのようで、半ばあきらめながらWindows7をいじっていたら......
「Unicode対応でないプログラムの言語.....」というのがあるではないですか。
コントロールパネルの表示言語の変更から、システムロケールの変更を選択し、言語を変更します。
language1.jpg language2.jpg


language3.jpg language4.jpg

言語を変更すると再起動が求められます。
再起動してみると、これまでXPで騙しながら使っていたときはOSのすべての表記が中国語に変わってしまい、使いにくかったのですが、この方法ですと日本語のまま!
これは使いやすい。
早速、ネットバンキング用のソフトをインストールしてみました。
language6.jpg language7.jpg

するとインストール中も文字化けが無く、プログラムもインストール完了しました。

左は無理やりインストールしたときの画面で、文字化けがあり、動作も不完全でしたが、右のように完璧です。
language5.jpg language8.jpg


次の訪中からはこのマシンを持参します。
posted by マーラー火鍋 at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40548022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック