2011年07月05日

中国の銀行預金金利は!?

二年前に招商銀行に口座開設し、2年定期にしていた預金が8月で満期になります。
当時は金利引き下げ後で、2.7%(年利)くらいだったと記憶しています。
満期を迎えた後に、資金をどうするか考える必要があり、現在の預金金利を調べてみました。
預金金利.jpg 金利計算.jpg

今年、金利の見直しがあったのは知っていましたが、意外と高くなっていますね。
二年定期が年利4.15%になっていました。
これは日本の銀行では想像もできない金利です。

現在の金利で3年定期にした場合、どれくらいの利息が得られるかシミュレーションしてみました。
招商銀行のHPで計算できます。
試しに1万元を3年定期にした場合を計算しますと.....(右の画像)
なんと3年で14.25%の利息がついて、1万元が11425元になります!!
更に良い点を考えると、人民元の切り上げがあった場合、日本円で考えると更に利潤が得られる可能性があります。

ただし、良い面だけではなく悪い点も考えなくてはなりません。
1)日本円⇔人民元の交換手数料
 片道、2.5%の手数料が銀行で取られます。つまり往復では5%程度の手数料が取られ、金利分をある程度食いつぶされます。
 この手数料をいかに減らすかが重要です。
2)為替変動
 人民元は、米ドルにある程度連動しています。
 つまり、預けた後に円高になってしまうと、日本円で考えると目減りします。
 為替変動が10%ということも現実起きていますので、定期預金の金利を食われてしまうというリスクは有ります。
 これはあくまで日本円に戻す場合重要ですが、人民元を使用する場合、関係ありません。
 私の場合、中国で人民元を使用しますのでこの心配は有りません。

 中国に行き来する人にとっては、中国の銀行に預金するのは有効な事と考えています。
posted by マーラー火鍋 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46547796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック