2011年11月23日

中国小姐と香港日帰りツアー

中国で仕事の手伝いをしてもらっている女性が、パスポートとビサを取得したとの事だったので、今回お伴をして、香港を観光してきました。

彼女は前日に近くの友人宅に泊まって、私のホテルに朝7時に来ました。
多少興奮しており、子供のころの遠足を思い出しました。
ホテルの部屋で落ち着かせて、日本から彼女のために買ってきたデジカメの説明をして、いざ出発。

華強北からタクシーで皇崗口岸へ。
まだ早い時間なのですんなり中国のボーダーを超え、そこから旺角行きのバスに乗り込みました。
彼女にしてみれば、初めての大陸脱出です。
あえて『大陸』と言うのには、中国の人には意味があり、決して中国を出たという意識ではありません。
香港、マカオ、台湾は中国であって、単に大陸(Main Land)の外で有るという意識です。
中国人と会話をするうえで、注意を要する点です。

旺角に着いた時間は午前9時で、まだ香港のお店はこれからの時間です。
旺角で蝦ワンタン麺を食べて、ショッピングの始まりです。
旺角東駅の近くのコスメティックショップで、1時間半物色していました。
買い物が終わると、今度は香港の友人を電話で呼んで、三人で昼食を。

友人と別れて、地下鉄で黄大仙廟へ。
黄大仙廟.jpg 黄大仙廟1.jpg

中国でも有名なポイントだそうです。

そこからさらに地下鉄で香港島のCauseway Bayに移動し、Times Squareへ。
TimesS1.jpg TimesS2.jpg


更にビクトリアパークへ。
ここは初めてだったのですが、ちょっと異文化?を感じました。
インディアンが多いのと、レズ?と思われるカップルが見受けられました。
ちょっと休息して、尖沙咀に移動。

パークアベニューにて香港島側をみる夜景を待ちました。
ParkAve1.jpg ParkAve2.jpg


ここまでで二人とも脚が疲れ、ギブアップでした。
旺角のバス乗り場までタクシーで移動して、シンセンに戻りました。

短時間の観光でしたが、中国人の彼女は大変満足してくれて、ほっとしました。

翌日は中国に駐在する台湾人との会食が予定されています。
また報告します。
posted by マーラー火鍋 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50881471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック