2012年03月04日

現地キャッシングに、citiカードキャッシング特別金利

最近の急激な円安に伴って、現地通貨への両替が不利になっています。
変換レートはどうしようもないですが、少しでも有利にしようとすれば、変換手数料をいかに安くするかです。
現地通貨を得る方法として、
1.国内外の両替所で日本円⇒現地通貨の両替
2.現地銀行での両替
3.クレジットカードでの現地キャッシング

いちばんやってはいけないのが、1の方法です。
特に日本国内の空港等での両替です。
べらぼうな手数料を取られます。
まして、帰国時に日本円に戻す場合はとてつもない手数料が取られます。
良く言う、「往復びんた」です。

渡航する前に、ある程度の現地通貨を持っていて時間的余裕があれば。2の方法でもOKです。
たとえば中国では、手数料2.5%で両替できます。
街中にある両替所(銀行以外も含む)でのほぼ同様の手数料です。
両替時に関しては国によって異なります。事前調査が必要です。
中国の場合ですと、銀行は土日も営業しています。週末は営業時間が短くなりますが、安心です。

そしてどこの国に行っても安心できるのが、3のクレジットカードのキャッシングです。
使用できるATMがあれば24時間キャッシングできます。
ほとんどの空港に現地銀行のATMがありますので、現地調達が容易です。
当然、海外キャッシングのできるクレジットカードを持っている必要があります。
私は、AMEX、citiカード、JALカードで海外キャッシングをしています。
いずれも年間金利が14.9-18%と高金利なのですが、帰国後繰り上げ返済を申し出て、振込を行えば非常に安い金利で返済できます。

それでも更に安い金利は....と思っていましたが、citiからはがきが来ていました。
期間限定の特別金利です。
citi1.jpg citi2.jpg

3/16からシンセンに行くので、今回はcitiカードを利用するつもりです。
posted by マーラー火鍋 at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | クレジットカード
この記事へのコメント
お久しぶりです。招商銀行のネット両替はもう出来るんでしょうか。HSBCは人民幣安が進んだ去年の12月頃から出来るようになりました。
Posted by ずーべんれん at 2012年03月04日 22:51
ずーべんれんさん、お久しぶりです。
ネットでの両替は半ばあきらめて、ノーチェックでした。
今月半ばにシンセンに行きますので、その際に日本円で預金して来ようと思います。
現在現地に日本円が無いので、ネットでチェックできません。
二週間後に結果報告いたします。
Posted by マーラー火鍋 at 2012年03月04日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54290716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック