2012年04月22日

埼玉比企郡の手打十割蕎麦『八丁』

昨日の土曜日に続き、本日も妻と蕎麦店に。
埼玉入間のアウトレットに行った後に、比企郡の八丁に向かいました。
蕎麦人さんのブログを参考にし、本日の昼に伺うことにしてました。
美味しい蕎麦店にある程度共通しているのですが、大きな街道筋にはなく普通では発見できないような場所に在ります。
八丁も同様で、カーナビに頼って行きつきました。
八丁1.jpg 八丁2.jpg

カウンターと座敷がある広い店内でした。座敷が不得意な私は迷わずカウンター席に。
蕎麦は生粉を使った十割蕎麦のみです。
注文したのは、せいろとせいろの大盛、野菜天ぷらです。
八丁3.jpg 八丁4.jpg

注文してすぐにサービスの揚げ蕎麦が出されました。
ご主人が試行錯誤して作り上げた逸品です。柔らかく良い食感で、美味しく頂きました。
でてきた蕎麦は私が注文したせいろ大盛です。
量が多く、追加せいろ(500円)を盛ってきたものかな?
蕎麦の実の殻を完全に取り除き、残った生粉だけで打った十割蕎麦です。
付け汁は純粋に鰹だけでだしをとった(主人から伺った)非常に手間のかかる方法で作った深みのある味でした。
八丁5.jpg 八丁6.jpg

天ぷらは非常に色合いが良く、食欲をそそりました。
蕎麦を食べ終わりそうな頃を見計らってわらび餅(?)に小豆アイスをあえたデザートを頂きました。
これもサービスでした。
もう大満足でした。
デザートを食べている頃、厨房から御主人が出ていらしていろいろとお話を伺うことができました。
美味しいお蕎麦屋さんに共通しているのですが、とにかくこだわりを持って蕎麦を作り上げているという事を認識できました。
蕎麦そのもののこだわりから始め、付け汁、蕎麦湯、薬味そしてうつわに至るまで随所にこだわっておられ、本日いただいた蕎麦の素晴らしさを納得できました。
ここではそのすべてを紹介しきれません。
また是非行ってみようと思います。
昼は14:00までとなっていますが、朝打った蕎麦が無くなり次第終了します。
電話を入れることを勧められました。

所在地:埼玉県比企郡吉見町北吉見1465
電話番号:0493-54-8878
営業時間:11:00-(売り切れ次第閉店)
定休日:月曜日
タグ:蕎麦 埼玉 十割
posted by マーラー火鍋 at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55445404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック