2012年05月26日

日本の人民元建て対中直接投資が可能に

今朝ニュースを見ていたら、人民元⇔日本円の直接取引が可能になると。
ネットで調べたら、中国網-日本サイト-に記事が出ていました。

こちら

これまでは米ドルを介しての取引でしたが、直接取引が可能になると....
・両替手数料が安くなる
 これまで市中銀行で2.5%の手数料を取られていましたが、米ドルなみに安くなる。
・中国の銀行での定期預金が効果的になる
 中国の銀行に預けた人民元の定期預金金利が非常に高く、短期でも3%を超える高金利です。
 ただし日本円⇒人民元、人民元⇒日本円の往復で合計5%の手数料となるので、長期の定期にしなくてはメリットを得られませんでした。私は現地で人民元を使うので、往復ビンタにはなりませんでしたが。
・日本から中国の銀行に円建てで入金できる(?)
 これまでは日本から米ドル建てで入金できましたが、とってもてまがかかる。
 日本円⇒米ドル交換、米ドル建てで送金....
 おそらく日本円で送金できるようになるのではと期待しています。
 あとは、現在停止されている、外国人のネットバンキングでの両替(日本円⇔人民元)ができるようになれば言うことなし。

他にも色々とメリットが出てくるのではないかと思っています。
タグ:両替 人民元
posted by マーラー火鍋 at 10:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 通貨両替
この記事へのコメント
お久しぶりです。今月8日から定期預金の金利が横並びではなくなりました。3ヶ月ものでは深セン発展3.135%、建設銀行3.10%、上海浦東2.85%(基準金利)などです。自由金利の幕開けですかね。
Posted by ずーべんれん at 2012年06月17日 10:29
ずーべんれんさん、お久しぶりです。
本日、日本に帰ってきました。
私も早速常用している招商銀行の定期金利を調べました。
招商銀行は、3か月定期で3.135%とこれまでの3.1%より利率が高くなっていました。
自由化が進んでいるのを感じられます。

後は両替(日本円⇒人民元)手数料が下がれば嬉しいのですが。
いつも貴重な情報ありがとうございます。
Posted by マーラー火鍋 at 2012年06月19日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56077432
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック