2012年10月04日

日中関係問題で、年末年始の航空券予約に異変が

来年のGW、夏休みのシンセン行き航空券はマイレージ特典で予約を終えているのですが、直近の年末年始をどうするか、情勢を観ながら保留しています。
尖閣問題が激しくなる前の航空券予約状況をこちらに紹介しましたが、本日空席状況を確認したところ、状況が一変していました。
ニュースでも中国関連の航空券キャンセルが5万席を超えていると報じられていますが、JALのHPで空席状況を確認したところ、実感できました。

JAL2013年初1.jpg JAL2013年初.jpg

私が考えている日程の航空券空き状況です。
なんと余裕で空いています。
昨年までは今の時期での年末年始の予約は難しく、取れても高いという状態でしたが....今では選び放題です。
出発が年末で、帰国が年始というゴールデンチケットでも予約できる状況です。
香港便であるにもかかわらずこの状況には、今回の日中関係の問題の大きさが感じられます。

他の航空会社も調べてみましたが、同様の状況でした。
年末年始の予約は、しばらく日中関係の様子を観てからにしようと思っています。

ちなみに次回のシンセン行き予定、10/19〜は決行しようと考えています。
タグ:JAL 尖閣問題
posted by マーラー火鍋 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 航空会社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58725070
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック