2013年11月20日

中国の銀行口座開設

中国をたびたび訪れる際、現地銀行口座を開設することでいろいろとメリットがあります。
・銀聯カードを入手でき、デポジット形式ですがカード決済ができる。
・日本では考えられない金利の預金、定期預金ができる。
・うまくいけば為替変動利益の恩恵が受けられる(外貨預金)
 人民元の切り上げを期待です。
・中国国内の決済を日本に居ながらネットバンクで可能。
政治的なリスクは否めませんが、メリットが多い中国現地預金です。

私はシンセン地元の招商銀行の口座を開設しましたので、その情報をまとめてみました。
■口座開設
 パスポートを持参し、銀行の窓口に向かいます。
 招商銀行の行員はとても親切で、中国語のできない私でも口座開設ができました。
 口座開設については、こちらこちらに紹介しています。

■ネットバンキング
 日本からもネットバンキングできます。
 それに必要なのは、ログインに必要なUSBドングルの入手と、ソフトのインストールです。
 ソフトは日本語環境では文字化けして使えません。
 以下に紹介しています。その一その二その三

■ネットバンクでの振込
 日本からネットバンキングを使って、中国国内の銀行に振り込みできます。
 私が開設している口座はシンセン市内の口座です。シンセン市内の同行(招商銀行)への振り込み手数料は無料になっています。
 シンセンの他行に振り込んだ事もあるのですが、この時も振込手数料は無料でした。
 詳細な条件は不明ですが、振り込みは気軽にできるようです。
 リンク1リンク2リンク3

■定期預金
 金利の高い定期預金です。
 日本に比べ遥かに好条件で、2-4%/年の金利となっています。
 詳細は、リンク1リンク2リンク3を参照ください。

■iPhoneでのネットバンキング
 AppStoreで招商銀行のアプリをダウンロード、インストールできます。
 こちらで紹介しています。
タグ:招商銀行
posted by マーラー火鍋 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81024058
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック