2016年12月19日

埼玉久喜にある会津蕎麦『しぶや』

久しぶりに「ここはいける」という新しい蕎麦処に行きました。
埼玉の久喜にある会津そば『しぶや』です。
幹線沿いではないので、通常は行きつくことができない店です。
shibuya1.jpg shibuya2.jpg
日曜日の14時近くでしたが、まだまだお客はいました。この店は休日は15:00までやっているので、近くに行った時には重宝しそうです。
メニューを見ればこだわりの蕎麦処であることが分かります。
蕎麦のみにこだわり、これぞという天ぷらのみのお品書き。
shibuya3.jpg shibuya4.jpg
まわりのテーブルを見ると『大箱』を食べている人が結構いますが、私の胃袋ではそこまではいりません。
妻と二人で平もりを二枚頼みました。
shibuya5.jpg
これでも十分な量があります。
蕎麦は会津蕎麦の特徴なのでしょうか、蕎麦殻を多く含んで挽いた濃い色になっています。腰が強く良いのど越しの蕎麦です。
会津の蕎麦処には行ったことが無いのですが、これに似た蕎麦を群馬の赤城山で食べたことがあります。
両方に共通しているのが、蕎麦の水切りがあまい!?。すぐにつけ汁が薄まってしまうのですが、それを見越してかつゆが多めに提供されます。
個人的には、水切りをしっかりするか、もっと濃いつけ汁が欲しいところです。
この点を除けば、私にとって『美味しい』蕎麦処です!!。
shibuya6.jpg shibuya7.jpg
キスと舞茸の天ぷらです。衣が適度でカラッと揚がった最高の天ぷらでした。
蕎麦のつけ汁につけて食べてくださいとのことでしたが、先述したように薄まるつけ汁に更に油が入るのは若干違和感があります。素で十分美味しい天ぷらなので、つけ塩があれば良いかなと思います。
近くに行ったらまた行きたい蕎麦処でした。
タグ:蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2016年07月20日

連休を利用して山梨の石和温泉へ-山中湖畔の蕎麦処『やまさと』-

大月の猿橋から、山中湖に向かいました。
到着したのは11:30頃でしたが、今晩のホテルでの夕食を楽しみにしているので、早めに昼食としました。
行ったのは山中湖畔にある『やまさと』です。
yamasato1.jpg yamasato2.jpg
12時前にもかかわらず、半分席が埋まっていました。
店内では蕎麦を挽いて打っています。
yamasato3.jpg
注文したのは二八のせいろと田舎蕎麦です。
ともに腰があり、美味しい蕎麦でした。
つゆは若干辛めで、個人的には出汁をもう少し欲しいなという感じ。
蕎麦湯はあっさり系で、これも自身の好みとしてはもう少し濃さが欲しいかなという感じです。
蕎麦の写真を撮ったつもりだったのですが...撮り忘れました。
観光地での蕎麦と考えると、安めの価格でそれなりに満足できる味と雰囲気です。
yamasato4.jpg yamasato5.jpg
食後湖畔に行くと、多数の白鳥がいるのを確認できました。人間世界と違い、気ままなのだろうなと思いながら見ていました。
タグ:山中湖 山梨
posted by マーラー火鍋 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2016年07月10日

今日は一人で、佐野アウトレットと蕎麦処へ。

昨日、軽井沢のアウトレットに行きましたが、本日は妻が地域のお祭りで忙しく、一人で佐野に向かいました。
目的は、@佐野アウトレット、A蕎麦処、B佐野のスーパーで買い物の三点です。
朝9:20に自宅を出発し、佐野アウトレットに向かいました。高速は天気が良いにも関わらず昨日より全然少なめで、10:00過ぎにアウトレットに到着しました。
sano1.jpg sano2.jpg
アウトレットは人がまばらで、とても気持ちよく各店舗を移動できます。
sano3.jpg sano4.jpg
妻が欲しがっていたバッグを50%オフの格安で購入し、昼の蕎麦処に向かいました。
行ったのは前回も行った佐野市内の『更科』です。
今回は店前の駐車場が満車の状態でしたが、食べ終わったお客さんが出そうだったので店頭の駐車場に停めることができました。
近くには第二駐車場もあります。
sano5.jpg sano6.jpg
一人なので天ぷらは止めて、せいろの大盛り(800円)を注文。
そばは荒挽きで、腰のある美味しいものです。
つゆは前回同様出汁が少なめの若干辛めですが、付いてくる大根おろしを加えると程よい甘味になります。
これで800円ですので全然OKです。

蕎麦を頂いた後は、近くにある激安スーパーマーケット『アイザワ』に向かい、佐野名物の芋フライ(50円/本)をしこたま買って、自宅に戻りました。

最近シンセンに行っていないので、国内ネタしかありません。
来週の連休は山梨県の石和温泉に行く予定です。
そして月末には久しぶりにシンセンに行ってきます。
posted by マーラー火鍋 at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2016年06月19日

佐野アウトレットから市内の蕎麦処『更科』へ

天気がよく、朝から佐野のアウトレットに向かいました。
sano1.jpg sano2.jpg
行きの高速道路は多くの車が走っていましたが、いつも渋滞している佐野アウトレット駐車場に向かう道路はガラガラ?
アウトレットに入っても、御覧のように人がまばらでした。不思議でしたが人が少ない方がゆったりとショッピングができて良かったです。
暑い日だったので、佐野ラーメンより蕎麦が食べたいなと感じていました。
いつもなら蕎麦処『安曇野』、『かみやま』に行くのですが当日はいろいろと予定があり近くの蕎麦処を探すことにしました。
sarashina8.jpg sarashina1.jpg
行ったのは、両毛線佐野駅から北へ500m行ったところにある『更科』です。
到着したのが12:15だったのですが駐車場に車が無く、店内にも客がいません...外したかな!?
店内は非常に良い雰囲気を醸し出していました。
sarashina2.jpg sarashina4.jpg
店内の雰囲気にマッチした公衆電話が設置してありました。
我々は入り口近くのカウンター席に座り注文。
sarashina3.jpg sarashina7.jpg
細打ちのせいろ天ぷらそば(1150円)と太打ちの田舎そばを注文しました。
sarashina5.jpg sarashina6.jpg
田舎蕎麦は太すぎず硬すぎずで香りもあり美味しかったです。せいろは細い蕎麦でしたが付け汁と良くからみ、豪快に食べることができました。
ここに来たら、この二種類とも食べたいですね。
食べ終わり帰る頃には駐車場の車が4台に増えていました。
アウトレットからそんなに遠くなく、また寄りたい蕎麦処です。
posted by マーラー火鍋 at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2016年05月07日

台湾から帰り、GWは蕎麦処巡り

台湾から帰ると無性に美味しいお蕎麦が食べたくなり、蕎麦処巡りをしました、
行ったのは妻とのお気に入りである三か所です。

@佐野の『安曇野』..からの『かみやま』
午前中、佐野のアウトレットでショッピングをし、いつものようにそこから安曇野に電話を入れました。
しかし留守電になっており、二週間前に友人が安曇野を訪れた時に喪中で店が閉まっていたと言っていたのを思い出しました。
秋山地区に車を向け、安曇野の直前にある『かみやま』に順番待ちの記名をし、その先の安曇野に向かいました。
azumino.jpg
当日も喪中につき...とのことで営業していませんでした。
ご主人と奥様二人で美味しいお蕎麦を提供してくださっていたので心配です。
安曇野からかみやまに戻りました。
kamiyama1.jpg kamiyama2.jpg
二年ぶりにかみやまを訪れました。以前寒い時期にかみやまを訪れた際、蕎麦が細切れで美味しくなく、蕎麦湯は蓋のないガラス容器で運ばれ、蕎麦を食べ終わったときには冷え切っていたことがあり、それ以来来店していませんでした。
kamiyama3.jpg kamiyama5.jpg
蕎麦は十割ではないのですが、蕎麦の香りが感じられます。そしてつなぎが入っているのでしっかりとした腰があり、とても満足できるものでした。
蕎麦つゆは出汁を省いている感があり、いまいちですが不可ではありません。残念なのはワサビが擂ったものではなく練りワサビ?感があります。
別メニューで本わさびが準備されているのでしょうがないですが。
妻と私は、野菜てんぷらがあればひとつ注文し、二人でシェアします。
kamiyama4.jpg
衣が少なく、素材の色を引き立たせる好みのてんぷらです。カリッとしてとても満足です。
また来ようと思います。

A埼玉比企郡の『八丁』
ここは自宅から近い(45分位かかりますが)お気に入りの蕎麦処です。
十割の蕎麦にこだわりを持っており、温度、湿度そして蕎麦粉に応じていつも変わらない蕎麦を出す腕前を持ったご主人の店です。
いつも頼むのは、普通の蕎麦。
最初に蕎麦粉を練った揚げ物が出てきます。
それを食べているうちに、メインの蕎麦が出てきます。
hacchou1.jpg hacchou2.jpg
見た目は普通ですが、とてもこだわりがある蕎麦です。
蕎麦は当然ですが、器にもこだわりが。奥様が焼いた器とのことで、蕎麦の盛られている皿は吸水性のあるものになっています。
その他の器は近くの山で別の業者が焼いているものとのことです。
薬味のネギは、白いところだけにしています。いつも緑の部分はどうしているのか心配してしまいます。
そして蕎麦つゆが最高に美味しい。利益を追求し入れるだしを減らすということはせず、とても美味しいつゆです。
そしてこれでは終わらない。デザートで蕎麦寒天?の小豆あえが出てきます。
美味しさも十分ですが、食前、食後にも気を使った構成で、800円。いつも店の利益が気になる蕎麦処です。
ここのご主人は体調を崩しているとの情報もあり、今回心配して来店しました。ご主人とは直接話はできなかったのですが、女性店員に寄りますと完璧ではなさそうでした。

B軽井沢追分地区の『きこり』
軽井沢のアウトレットに寄り、きこりに向かいました。(連休中日の平日)
到着した時間は13時前でしたが、平日にもかかわらず満席でした。
軽井沢の中心からかなり離れている蕎麦処ですが、駐車場にはいつも高級車が目立つ店です。
軽井沢の別荘に来ている人が昼ご飯を食べに来ているんではないかと思えます。
kikori1.jpg
ここの店もですが、こだわりがある蕎麦処は暖かい蕎麦は提供していないところが好きです。
うどんも扱っている店は当然ですが、丼も提供している店には絶対に行きません。
何を食べに来ているのかわからなくなってしまいます。
この店の特徴は、とにかく冷たい!です。
蕎麦もそうですが、つゆ、器に至るまで完璧に冷やしています。冬でも....
kikori2.jpg kikori3.jpg
蕎麦を生かすためにすべて冷やして提供するところが大好きです。
食後に頂く蕎麦湯は熱々で、胃が落ち着きます。
この店で気になるのは、たまにワサビの気が抜けているときが。特に開店間際に行った時に遭遇します。
前日に擂ったワサビを出しているのではないかと思います。
鼻にツーンと来るワサビが出てきたときには、完璧な蕎麦を堪能できます。

以上三店舗の詳細は、当ブログの検索窓に店の名前を打ち込んで、過去ログを参照してください。
posted by マーラー火鍋 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2015年08月01日

代車のBenz C180で佐野の蕎麦処「安曇野」へ

愛車のディスプレイに二回目のメンテナンス表示が出て、朝からヤナセに行ってきました。
メンテナンスに時間がかかるので、代車が用意されていました。
現行のCクラスモデルでした。
代車安曇野1.jpg 代車安曇野2.jpg

一代前の愛車より車内空間が広くなっています。シフトレバー、パーキングブレーキ等基本操作が変わっており、戸惑います。
行ったヤナセでは記念キャンペーンをしており、抽選を促されました。なんと色のついた玉が出て、賞品を頂きました。
Benzのポロシャツとペットボトルホルダーです。
不満のない代車だったので、妻、子どもと佐野の蕎麦処に出かけることにしました。
行ったのはお気に入りの蕎麦処「安曇野」です。
この店は一日限定30食なので、予約を入れて向かいました。
代車安曇野3.jpg 代車安曇野4.jpg

こんなところに蕎麦店が....と思うところにあります。
何度来ても私の好みの味で、満足します。
代車安曇野5.jpg

posted by マーラー火鍋 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2015年07月27日

川越の蕎麦処「鎌倉」

週末に妻と蕎麦を食べに行きました
近隣の川越市にある、手打ち蕎麦「鎌倉」です。
kamakura1.jpg kamakura2.jpg
少し離れた場所に駐車場六台分があります。12時前に車を停めて店に向かうとカウンター席はすでに満席です。
二階の座敷に案内されました。
kamakura3.jpg kamakura4.jpg

せいろと十割を注文しました。
蕎麦はそこそこですが、十割が若干ぶつ切れでした。せいろはさすがにつなぎが入っていてしっかりとした蕎麦でした。
付け汁は我々の好みの味でした。出汁がもう少しあればと言った感じです。
あくまで私の評価です。
posted by マーラー火鍋 at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2015年05月07日

足湯がある秩父の手打蕎麦「本家 原」

シンセンから帰国し、翌日秩父に向かいました。
目的はハイキングなのですが、その前に蕎麦を食べに行きました。
hara1.jpg hara2.jpg
12時過ぎに着いた時には多くの人が待っていました。駐車場は広く安心です。
店の外には足湯が設置されています。
hara3.jpg hara4.jpg
待つこと20分で店内に。
hara5.jpg hara6.jpg
頼んだのはもりそばを二枚。
周りを見ると結構盛りが多い蕎麦が運ばれてきています。
hara7.jpg hara8.jpg
小麦粉の量が多いのか、腰がある蕎麦です。ちょっと不揃いで手打ち感はあるのですが、期待した味ではありませんでした。
まあ、可もなく不可も無くの味でした。
ちなみに私が「美味しくない蕎麦処」と感じた蕎麦処は紹介しないので、美味しくない店ではありません。
一度は行ってみるべき蕎麦処ということです。
posted by マーラー火鍋 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2015年04月26日

久しぶりに良いお蕎麦屋さん発見。飯能の「よりや」

埼玉の飯能市に行き、昼に「よりや」に行きました。
昼といっても到着したのが10:50で開店10分前でした。
店の前で待っていると御主人が現われ、駐車場をあけてくれて「店内でお待ちください」と声をかけていただきました。
店先から何かが違う!と感じました。草木をを用いきれいに造形されています。
そして店内に入って更にびっくり!!。
よりや1.jpg よりや2.jpg
店内全体がとてもきれいな純和風の構成となっています。
先客が居なかったので店内全体をしっかりと見て回りました。
小さなところまでこだわりが感じられるデザインになっています。
よりや3.jpg よりや4.jpg
いただいたのは天盛り十割蕎麦と二八蕎麦です。
初めての店なので様子見で注文しました。
十割蕎麦は若干細めですが、途中で切れることのないしっかりとした蕎麦に仕上がっています。
二八は十割より太く、つなぎがあることもありしっかりとした腰で、これも絶品です。
店の雰囲気+蕎麦の美味しさで大満足の店でした。
店内の花の飾りは奥様が手を入れているとのことでした。店の作りは御主人と奥様が非常に細かいところまで気を使って作り上げたとのことで、本当に来て良かったと思いました。
これからも寄らせてもらいたい蕎麦処でした。
タグ:日本蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2015年04月19日

栃木県佐野市の彦間浅間遊歩道でウォーキング!?

最近、週末には妻と各地でウォーキングをしています。
本日は栃木県佐野市の彦間浅間遊歩道に言ってきました。
IMG_2160.JPG IMG_2158.JPG
出発地点の中央登り口にある手打ちそばどころ「憩い館」で昼ご飯を頂いて、いざ遊歩道へ。
遊歩道のつもりでスタートしたのですが、いきなりかなりの勾配の山道に。
最初はまあこんなもんかなと気軽に登り始めたのですが、登れば上るほど山道に!!
1km弱上ったところが浅間山(せんげんやま)見晴らし台。
天気が良ければ、富士山、男体山、筑波山、赤城山そして都心の高層ビルをのぞめるそうです。
IMG_2161.JPG IMG_2162.JPG
ここの標高は320m。かなりの勾配を上ったことになります。
これが「遊歩道」ですか??という感じです。
見晴らし台からは下りの山道で、多少険しいところもありますが、楽しいウォーキング?でした。
二時間弱の行程でした。
タグ:佐野 遊歩道
posted by マーラー火鍋 at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2015年03月05日

寿がきやの味噌煮込うどん

ここしばらくシンセンネタがなく、更新がありませんでした。
今年になってから軽井沢に何回か行き、いつも寄る蕎麦処「きこり」でほうとうを食べた時に、名古屋の味噌煮込うどんを思い出しました。
私の生まれは名古屋近郊で、10歳まで住んでいました。
そんな子供のころ、良く食べたのが寿がきやの味噌煮込うどん(乾麺)です。
sugakiya.jpg

今年になってからスーパーに行くたびに探してみたのですが関東近郊では見つからず、アマゾンで探して一箱(30袋)を購入しました。
チキンラーメン同様、卵が必須の麺だと思っています。
今夜は味噌煮込うどんです。
posted by マーラー火鍋 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2015年02月21日

横川、峠の釜めし「おぎの屋」へ

本日、妻と軽井沢に行ってきました。
目的はいつも行く蕎麦処「きこり」とアウトレット、そして久しぶり(何十年ぶり?)に横川の釜めし「おぎの屋」を訪れてみるということ。
まずはきこりに行って昼食を。
karuizawa1.jpg karuizawa2.jpg

妻はキノコ汁つけ蕎麦、私はあいもり(二八+田舎)を堪能しました。
軽井沢に来た時には、ここの店しか行かなくなってしまいました。
蕎麦を食べた後、スーパーマーケットつるやに行って買い物。
このエリアに多数あるチェーン店ですが、軽井沢の店は売り場面積が広く品数が豊富です。
そして美味しいパンがあるのと、お惣菜が安い!。今晩の食材を仕入れました。
そしてアウトレットに。
karuizawa3.jpg

冬の時期は空いていますね。でも春節を利用した中国人がたくさんいました。
帰りは軽井沢インターに向かわず、18号碓氷バイパスを利用して横川のドライブインおぎのやを目指しました。
以前ここを訪れたのは、上信越道ができるはるか前の、30年近く前になります。当時はスキーに行くために18号で碓氷峠を越え、菅平、志賀高原へと一般道で行っていました。
そんな時に良く立ち寄ったドライブインです。
妻と当時を思い出しながら、どうなっているか楽しみに向かいました。
当時と配置は変わっていませんでしたが、きれいな建物に変わっていました。
もっとも大きな変化は、お客が少ない.....
昔の混雑したイメージとはかけ離れていました。
ついでなので、本店のある発送の地、横川駅に行きました。
karuizawa4.jpg
karuizawa5.jpg karuizawa6.jpg

駅横に販売スタンドがありました。釜めし以外にもかけそばが販売されており、興味を引きました。
今度はアウトレットに行く前に、ここでかけそばを食べようと思っています。
posted by マーラー火鍋 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2015年01月10日

いつも行く軽井沢の蕎麦処「きこり」でほうとうを

日本での三連休初日、妻と軽井沢に向かいました。
アウトレットで買い物を済まし、13時頃、いつも行くきこりに向かいました。
行く途中の道路には雪はないのですが、路肩、歩道にはだいぶ前に積もったと思われる雪が積もっていました。
浅間山にはだいぶ下まで冠雪していました。
kikori1.jpg kikori2.jpg
アウトレットもそうでしたが、きこりもいつもより人が少なかったです。
正月休みに大勢の人が来ていたのではないかと思います。
また、雪の降る冬季は軽井沢に来る人も少なく、旧軽井沢も閑散とします。
きこりの蕎麦は年間を通して非常に冷たく締まっており美味しいのですが、寒い時期に冷たいものが不得意な妻は、今回ほうとうを注文。
私は、二色蕎麦(二八せいろと田舎蕎麦)を注文。
kikori3.jpg kikori4.jpg
ほうとうは山梨で数回食べたことがあるのですが、寒い時には熱い濃い味噌味でのほうとうは体が温まります。
中部地方生まれの私には、すがきやの味噌煮込みうどんが思い出されます。
今回気がついたことに、きこりのこだわりがあります。
蕎麦は冷たい蕎麦のみで、唯一暖かく食べれるのが暖かい鴨汁につけて食べる蕎麦です。
私の持論ですが暖かい蕎麦は蕎麦ではない!
でもそれだけでは来店するお客の要求にこたえられないので、蕎麦ではなくほうとうで暖かい料理を提供する。
そんな考えがあるのではないかと思えるきこりのメニューに感心した日でした。
posted by マーラー火鍋 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年11月30日

佐久の蕎麦処「草笛」

軽井沢から蓼科に向かう途中、昼に佐久平駅近くの蕎麦処「草笛」に寄りました。
ぐるなびを観て立ち寄りました。
到着したのは13時過ぎでしたが、店の表の駐車場(6台?分)は埋まっており、店舗の裏にある駐車場に。
kusabue1.jpg kusabue4.jpg

結構広い店舗です。
今晩のホテルでの夕食に期待をしている我々は、もりそばを三枚注文しました。
610円と安い価格設定です。
kusabue2.jpg kusabue5.jpg

配ぜんされたお蕎麦は量が多い物でした。
蕎麦は新蕎麦なのですが、私が好まない水切りが甘く、固めの物です。あまり香りが感じられません。
でも量は普通よりも多めで、この値段ではありがたいです。
いつもあれば注文する野菜天ぷらも廉価でしたが、注文しなくて良かったと思える量です。
特筆すべきは薬味の種類です。
ネギとワサビは普通ですが、大根おろしと生姜おろしが付いてきます。
それぞれを蕎麦に盛って頂くことでいろいろな味を楽しむことができました。
満腹になり、一路蓼科を目指しました。
posted by マーラー火鍋 at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年11月15日

秩父へ蕎麦と紅葉を求め行ってきました

週末の土曜日に、妻と秩父に向かいました。
時期的に紅葉が見られるかなということと、蕎麦処の探索です。
秩父地域の蕎麦処を四つほどピックアップし、車のナビに入力し向かいました。
紅葉の時期と新蕎麦の時期が重なるので、出来るだけ人が来ない隠れ家的な蕎麦処を目指しました。
行ったところは、「和味(なごみ)」です。
nagomi1.jpg nagomi2.jpg

店内はテーブル三卓と、奥に和室があります。
私は座るのが苦手なので、テーブル席を選んで着席。
この店「和味」は街道から離れたところにあり、隠れ家的な存在です。
秩父には多数の蕎麦処がありますが、来る途中多くの店で店外での待ち状態でした。
時間は13時近くでしたが、街中の蕎麦処は混んでいます。だいぶ前に秩父市内で有名な蕎麦処に行ったことがありましたが、値段が高く、それなりの味で(まずいのではなく)消化不良だったことがありました。
今回は初めからこの店を目的に向かいました。
案の定、すんなり店内に入れました。
nagomi3.jpg nagomi4.jpg

メニューは限定されており、天せいろとせいろ、そして蕎麦豆腐を注文しました。

蕎麦は細めで更に薄く切られているのですが、十分な腰と香りがあって、ありがちなぶつ切れではなくしっかりとしていました。 十分水切りがされており、すぐに食さないと団子になってしまいそうな繊細な蕎麦でした。
nagomi5.jpg nagomi6.jpg

蕎麦豆腐(100円)は濃厚な豆腐でした。 飛行機を操縦して来店する方にはアルコールは出さないというポリシーの店です(笑

美味しい蕎麦を頂いて、秩父の山の方へ向かいました。
紅葉を見る目的で。
kouyou1.jpg kouyou2.jpg
kouyou3.jpg kouyou4.jpg

天気も良く、ところどころ紅葉している景色を堪能しました。
posted by マーラー火鍋 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年11月08日

栃木県佐野に新蕎麦を食べに行きました

新蕎麦の季節になり、佐野に食べに行ってきました。
まだ新蕎麦か否かのぎりぎりの時期なので、目的の蕎麦処、「安曇野」に朝電話を入れ、確認しました。
以前10月初旬に同店に訪れた際に、店主から新蕎麦の時期を伺っていたので、確認してみました。
電話での回答は、「新蕎麦です」とのことなので十割と二八の二枚を予約し、妻と向かいました。
自宅から高速道路を利用して1時間半の距離です。
新蕎麦1.jpg

かなり山奥にある安曇野に到着したのは12:00でした。
いつものように路肩に車を停め、店に向かうと三人の男性が店から出てきました。
妻に何やら話しかけていました。「電話予約されているのですか?」とのこと。
よくよく聞くと、もう既に十割蕎麦が無くなり諦めて帰るお客でした。
電話予約をしていて良かったと。この蕎麦処は一日30食限定で、新蕎麦の時期には電話予約必須です。
私が事前に電話予約をする蕎麦処の一つです。
新蕎麦2.jpg 新蕎麦3.jpg

美味しい新蕎麦を頂き、大満足で途中佐野のアウトレットに寄って自宅に帰りました。
この界隈は蕎麦店が多数あるのですが、新蕎麦を扱っている店は見当たりませんでした。
新蕎麦が提供されるとものすごい来客で蕎麦を頂くのに一時間待ちは当たり前になります。
posted by マーラー火鍋 at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年10月12日

宇都宮の三たてそば「蕎吾(しずる)」

行ったことが無い蕎麦処に行くことにし、リンクさせていただいています「蕎麦人」さんのブログをチェック。
宇都宮の「蕎吾」に行くことにしました。
目的は行ったことのない蕎麦処に行くことと、宇都宮の餃子です。
埼玉から国道4号線バイパスで宇都宮に向かいました。
到着したのが13時前。
蕎吾1.jpg 蕎吾2.jpg
挽きたて、打ちたて、茹でたてをうたう三たてそばです。
蕎吾3.jpg 蕎吾4.jpg
メニューは蕎麦のみで、合数だけで区別されています。
蕎麦にこだわるのならば、私はこれで良いと思います。
天ぷらと温かい蕎麦は理解しますが、うどんそして丼物まで出す蕎麦店は拒絶します。
1.5合で普通盛りとのことなので、妻と1.5合と2合を注文しました。
蕎吾5.jpg 蕎吾6.jpg
蕎麦は腰があり、つゆは若干濃いめですがダシが効いて好みの味です。
そしてこだわりを感じたのが、蕎麦湯です。
最近妻とハマっている濃いめの蕎麦湯で、蕎麦を食べ終わる頃にタイミングよく出していただく熱めの蕎麦湯。
それもテーブルに一つではなく、一人ひとりに。
あまりにも美味しかったので、汁の追加をお願いしてしまいました。
蕎麦を運んで頂いたときに、店員さんが「つゆと薬味の追加はお申し付けください」というのに甘えてしまいました。
美味しいお蕎麦を頂いた後は、第二の目的の餃子店「みんみん」に向かいました。
みんみん.jpg
冷凍餃子を10人前購入し、帰ることにしました。
posted by マーラー火鍋 at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年09月08日

埼玉の深谷に、蕎麦を食べに

新たな蕎麦処をもとめ、埼玉の深谷に行きました。
「深谷葱」で有名な地域です。
多少ウェブで下調べをして、深谷の蕎麦処に向かいました。
Fukaya1.jpg Fukaya2.jpg

うどんも扱う蕎麦処でした。
蕎麦の種類が多いのが特徴です。
せいろ、田舎、二八、十割があるのですが、私の感覚ではせいろと二八はどこが違うのかなと思いながら、十割の大盛と、野菜天ざる蕎麦を注文しました。
蕎麦は腰があるというか、不思議なもちもち感がありました。
そして、ざると十割蕎麦の違いが食感、香りからはまったく解りませんでした。
天ぷらは衣が厚いのに加え、固い!
食材ではなく衣を食べている感覚です。
つゆは甘めで好みなのですが、ダシが全然。蕎麦湯は薄い物でした。
あくまで私の好みで評価した主観です。決して美味しくない店という評価ではありません。
でも、もう行くことは無いと思います。
なので、店名は伏せます。

そして、第二の目的の農産物販売所に向かいました。
Fukaya3.jpg Fukaya4.jpg

目的の根つき深谷葱をゲット。
自宅に帰って、早速プランタンに植えました。
そしてそこで見つけた「空心菜」!
夕食に、シンセンでよく食べる料理を自宅で再現しました。
好吃!!
posted by マーラー火鍋 at 22:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年08月31日

友人の在日台湾人と蕎麦処へ

三年来の台湾国籍の友人と、日本蕎麦を食べに行くことに。
彼との出会いはちょうど三年前に、アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展のCEATEC JAPANで彼の会社の出品するブースに私が訪れ、会話が弾んだ事から始まります。
当時彼は台湾の企業として来日しておりましたが、その後日本の企業に就職し活躍しています。
たまの連絡と夕食を一緒にする間柄なのですが、先日彼からLINEで、「BENZ買いました!!」と。
聞いてみると驚きの最新GLA250!!
週末に日本蕎麦を食べに行くことにしました。
行ったのは私と妻のお気にいりの八丁に。
参加したのは、彼と私の妻と私の実姉。車三台で行っちゃいました。
注文したのは定番十割蕎麦と野菜天ぷら。
八丁2.jpg 八丁3.jpg
妻と二人で行く時と違い、会話が弾んでしまい、かなりの時間滞在してしまいました。
そして食後は駐車場で彼の新車の記念撮影となりました。
八丁4.jpg

日本でものすごく努力し、会社に認められた結果による事で得た満足観を表現する彼を見て、私も嬉しい気分になりました。
posted by マーラー火鍋 at 21:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年08月24日

埼玉比企郡の手打ち蕎麦「満作」へ

妻と二人で、お昼に比企郡鳩山町の手打ち蕎麦「満作」に向かいました。
今回は始めての店です。
12時過ぎに到着したのですが、二人掛けのテーブルは空いており、すんなりと店内に。
店は住宅地の中にあります。
mansaku1.jpg mansaku2.jpg

注文したのは、粗挽き蕎麦と野菜天ぷら蕎麦。
mansaku3.jpg mansaku4.jpg

粗挽きの蕎麦が美味しそうです。
蕎麦は二八なのですが良い蕎麦の香りがします。蕎麦が二八なのですがぶつぶつと切れており、残念です。
つゆは甘めで、いつもは使わないワサビを若干いれて食べることに。
蕎麦が運ばれて間もなく緩めの蕎麦湯が運ばれてきました。
個人的には、お蕎麦を食べ終わるタイミングで出して欲しいなと思いました。
夏なので冷めることは無いのですが、食後に熱々の蕎麦湯を飲むのが好みなので。
あくまで個人的な評価ですが、可も無く不可も無くという感じです。
蕎麦は多めなのですが、食べ終わる前に飽きてしまうという感じです。

自宅に戻り、久しぶりに県営のジムに行ってきました。一年ぶりです。
ランニングマシンの上を10km強走り、明日(明後日?)は筋肉痛必至です。
体重が一年前より2kg強増えていて、がっかり。
しばらくジム通いをするかな。
でも、ビールが美味しくて....
タグ:日本蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年08月18日

日本に帰ったら日本蕎麦!!

暑いシンセンから、蒸し暑い日本に帰ってきました。
シンセンでは地元の料理を楽しみますが、日本へ帰ったらまず日本の麺類が食べたくなります。
夏休み最終日の日曜日は、妻と日本蕎麦を食べに行きました。
行ったのは、埼玉の「八丁」です。過去に何度も紹介していますが、一番のお気に入りの蕎麦処です。
hacchou1.jpg hacchou2.jpg
12:30に店に到着したのですが、今回は駐車場(10台弱)がいっぱいでビックリ。
店内はと言えば、カウンターが空いていたのでそちらに着席。
若干高台に店があり、夏でも風が抜けクーラーなしでも落ち着けます。
注文は定番(私の)の十割蕎麦。ここは十割しかありません。
店主のものすごいこだわりの蕎麦です。天候、気温、湿度が変わってもいつも安定した蕎麦を提供してくれます。
相当回数来店していますが、蕎麦のばらつきは感じた事がありません。
有名な蕎麦店にもよく行きますが、ここまで安定した蕎麦(いつも美味しい)を提供してくれる店はこれまで出会ったことがありません。
hacchou3.jpg hacchou4.jpg
ネギは白いところだけ、器は奥様特製の水切れのよい物、蕎麦の味を引き立てるつけ汁、そしてこだわりの蕎麦湯。すべて完璧です。
そして食後の小豆デザート。これが800円と妻と私の中では最高の蕎麦処となっています。
hacchou5.jpg
あくまで主観です。人それぞれのこだわりがあるのは当然です。
私が満足する蕎麦処という事です。
posted by マーラー火鍋 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年06月22日

軽井沢蕎麦処「きこり」から蓼科へ

土日を利用して、蓼科に一泊旅行してきました。
軽井沢から蓼科までは車で1時間強の距離なので、初日はいつも軽井沢に行ったときに立ち寄る「きこり」に寄って昼食を。
kikori1.jpg kikori2.jpg
11:30に到着したのですが既に多くの先客が居りました。
いつも頼むせいろと更科蕎麦、そして蕎麦団子を注文。
更科蕎麦は始めての注文でした。そばがらが含まれなく白い蕎麦です。
食感は蕎麦なのですが、いまひとつ蕎麦らしくない。
ここはいつ来ても、非常に冷たい蕎麦が出てきます。これからの暑いシーズンにはホッとします。
蕎麦、汁そして蕎麦湯のバランスのとれたお気に入りの店です。
蕎麦を頂いて、スーパーマーケット「TSURUYA」に寄って、明日の朝のパンを購入。
ここのパンは焼き立てで次々出てきて、安くておいしい!
軽井沢の浅野屋のパンは有名ですが、それに劣らず美味しくお気に入りのパンです。

そして一路蓼科へ。
tareshina_bokujou1.jpg tareshina_bokujou2.jpg

予定より早く14:00に着いてしまい、ホテルのチェックイン前に蓼科ふれあい牧場に向かいました。
アルパカ、子豚等々触れ合うことができるのですが、今回はウサギが一番かわいかった。
そして本日のホテル「ホテルアンビエント蓼科」にチェックインし、女神湖をウォーキングする事に。
megamiko1.jpg megamiko2.jpg
天気の悪い中、晴れ間を見つけて女神湖を歩いて周回。
途中さびれた女神湖メインストリートの中に一店だけおしゃれな喫茶店があったのでコーヒーを飲んでホテルへ。
約一時間のウォーキングでした。
そしてホテルの部屋に戻り、持参したビールを飲みながら夕食を待ちました。
posted by マーラー火鍋 at 20:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年03月16日

軽井沢(追分宿)の蕎麦処『ささくら』

長野県の蓼科に一泊旅行をする際に、軽井沢に寄ってそばを食べてきました。
始めて行くそば処『ささくら』です。
いつも行っている『きこり』の近くです。

到着したのが11:15でしたが、既に先客が多数入店していました。
sasakura1.jpg sasakura2.jpg

二月の大雪の形跡が未だ残っています。
sasakura3.jpg

私はざるそばの大盛を、他の二人は温かい野菜天蕎麦を注文。
sasakura4.jpg sasakura5.jpg

蕎麦は若干柔らかめです。温かい蕎麦では更に柔らかくなってしまい、立ち食いそばの感覚でした。
ただしつゆは美味しく満足です。
天ぷらはカラッと仕上げられており、提供される塩につけて美味しく頂きました。
好みの問題ですが、私と妻はすぐ近くにある『きこり』の方が好みであることに意見が一致しました。
posted by マーラー火鍋 at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年03月13日

長野県北安曇野郡の蕎麦処『安曇野 翁』

北安曇野郡の『安曇野 翁』に行ってきました。
名前が示すように、翁で修業された店主がお店を営んでいます。
小高い所に位置し、北アルプスの絶景が拝めます。
okina1.jpg okina2.jpg

店に着いたのが11:15頃でしたが既に駐車場には10台前後の車が停まっていました。
妻と二人でざるを二枚頼みました。
大盛を注文しようとしたら、断られました。大盛はありません。
okina3.jpg okina4.jpg

そば、汁ともに満足できる味でした。
翁と名がつく店はいくつかありますが、ここが私の一番好みの味でした。

お店のホームページはこちらです。
タグ:日本蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年02月16日

埼玉鴻巣のそば茶房さいやへ

二週連続の週末大雪で、いかがお過ごしでしたでしょうか。
土日で長野県の安曇野市へ温泉旅行の予定で、昨日車で向かったのですが、大渋滞で車が全く動かず、埼玉の熊谷市で諦め帰宅しました。

そして晴れた本日、いつも行く八丁に向かおうと電話をしたところ、またまた臨時休業とのことで鴻巣市にある「そば茶房さいや」に向かいました。
saiya1.jpg saiya2.jpg

木造りの店内で、ほんのり木の香りがし落ち着く店内です。
店内は4つのテーブルです。大雪の後にもかかわらず先客が居ました。
店の前に二台分の駐車場と、近くにも駐車場が確保されています。
saiya3.jpg saiya4.jpg

メニューには説明が添えられており、解りやすくなっています。
そばの実は八ヶ岳産の物が使用されています。

saiya5.jpg saiya6.jpg

せいろの大盛とつみれ汁そば、そしてわらび餅を注文しました。
そばの香りがし、美味しい蕎麦でした。
脇に付いてくる味噌田楽とレンコンが嬉しかったです。
蕎麦湯も好みのどろっとして熱いもので、寒い時にはとても落ち着きます。
saiya9.jpg saiya7.jpg

食べ終わるのに合わせてわらび餅が運ばれてきました。
蕎麦自体の量が多少多めで、わらび餅でおなかは大満足でした。
帰りにそば茶3パック入り(150円)を二個購入しました。
一パックで2リットル出せるとのことでした。
7年前から営業しているそうです。
すぐ近くの二軒先にも蕎麦店がありました。
他にもすぐ近くに蕎麦店があるそうで、激戦区?のようです。
saiya8.jpg
posted by マーラー火鍋 at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年02月08日

埼玉東松山の「そば くらんぼん」へ

大雪の中、東松山市に在る蕎麦処、くらんぼんに行ってきました。
明日は路面凍結すると思い、本日出かけました。
くらんぼん6.jpg

本日はいつも行く「八丁」に行こうと思っていたのですが、店に電話をしたところ本日は雪の影響か、臨時休業とのことで、比較的近い東松山市のくらんぼんに向かいました。
さすがに大雪でお客はいませんでしたが、団体の予約が入っていました。
くらんぼん7.jpg くらんぼん3.jpg


あまりにも寒いので、普段絶対注文しない温かいお蕎麦を頼んでしまいました。
くらんぼん4.jpg くらんぼん5.jpg

蕎麦は若干緑がかっていました。
あまりもの雪なので店の外観写真を撮るのを忘れてしまいました。
ちょっと変わった造りで、一階が御主人が営む蕎麦店、二階が息子さんが営む洋食店になっています。
店のHPはこちらです。
posted by マーラー火鍋 at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年01月26日

熱海の蕎麦処「多賀」

週末、伊豆高原の温泉に一泊旅行に行ってきました。
taga.jpg

小田原厚木道路から眺めた富士山です。

宿の夕食はがっつりとすき焼きとなっていたので、昼は熱海での日本蕎麦と考えていました。
検索して決めたのが、熱海の蕎麦処「多賀」。(HPはこちら
taga1.jpg taga2.jpg

なかなか趣のある蕎麦処です。
夕食のすき焼きを期待して、軽めにせいろ蕎麦と鴨せいろ蕎麦を注文しました。
taga3.jpg taga4.jpg

蕎麦は量が少なめで、あまり味を感じられませんでした。
せいろのつゆはダシの味が感じられず、しょっぱい(しょうゆ味)味でした。
蕎麦湯はさっぱり系で、しょっぱいつゆとさっぱり蕎麦湯ではいまいち満足できませんでした。
鴨せいろを食べた妻は、鴨とネギのあじがつゆに在り、そこそこの味と言っておりました。
あくまで私の主観評価です。
熱海銀座に美味しそうな蕎麦専門店があるのをその後見つけました。
次回はそちらに行ってみようと思います。
タグ:日本蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 19:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2014年01月14日

信州ひすいそばを食べて来ました

昨年末、軽井沢に行った際に気になっていた新作蕎麦「ひすいそば」を食べてきました。
行った店は「きこり」で、軽井沢に行った際には毎回立ち寄る蕎麦処です。
前回の紹介はこちらです。
hisui1.jpg hisui4.jpg

店に着いた時間が11:30。限定なので心配しながら大盛と普通もりを注文しました。
そしてこの店に行ったときによく注文する「蕎麦団子(まんじゅう?)」を注文。
あんこが入って揚げたてで好きです。一個80円!
hisui2.jpg hisui3.jpg

そしてひすいそばです。
前回他のお客が食べているのを観た時はもうちょっと緑がかっていたのですが、一見通常の蕎麦と変わらない感じがしました。
味は??特に変わった感じはしなかったのですが、通常の蕎麦と思えばこしがあり美味しかったです。
特に香りを感じることも無く、美味しいお蕎麦でした。
posted by マーラー火鍋 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年12月30日

仙台の蕎麦店「妙庵」

土曜日の夜に、妻に明日何処に行く?といった会話から、翌日仙台に行くことになりました。
目的はこれまで行ったことのないアウトレットが、仙台に沢山あるという単純なきっかけなのですが。
三井アウトレットに行くことにしました。
当日、とっても寒く仙台では小雪が舞っていました。
いつもの事ですが、どこかに行く時は、地元の蕎麦店を絡めて行きます。
今回選択したのが「妙庵」です。
閑静な落ち着ける住宅街の中にあります。
店の前に5台ほどの駐車場があるのですが満車で、第二駐車場に停めてお店に。
myouan1.jpg myouan2.jpg

ざる蕎麦と天ぷらそばを注文しました。
myouan3.jpg myouan4.jpg

蕎麦はちょっと固めで違和感を感じました。
付け汁、天ぷらは美味しく頂きました。

小雪の舞う寒い日であったこともあるのですが、掘りごたつ風のテーブル席でも足元が寒く、落ち着いてざるそばを頂く状態ではなかったことが残念です。
また、お蕎麦を注文してから食事が終わるまで、お茶ではなく蕎麦湯を頂くというシステムで、ちょっとメリハリが付かず物足りなさを感じました。
とても雰囲気の良い店なのですがちょっと残念です。
posted by マーラー火鍋 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年12月29日

軽井沢の蕎麦、アウトレットに出かけました

年末差し迫りましたが、軽井沢に行ってきました。
路面には積雪はありませんが、路肩には数日前に降った雪がありました。
天気も良く、非常によい景色を拝めました。
asamayama.jpg kikori.jpg

軽井沢ICに着いたのが11:00頃だったので、蕎麦店「きこり」に向かいました。
既に二組の客がおり、私たちが入店した後も続々と来店する人が。
何時もどおりに野菜天ぷら蕎麦等々を注文した後に気が付いたのが、店内に張り紙があった「ひすい蕎麦、限定○○食」
いったい何なんだろう?この蕎麦は?
妻としばらく店内で各人のスマホで検索。
長野信州の新ブランドとして10月に搭乗した蕎麦とのことでした。
最大の特徴は“色鮮やか”で“香り高い”こと。蕎麦が緑がかっているようです。
既に注文した後だったので、妻と二人で悔しい思いで.....次回にすることにしました。

tsuruya.jpg outlet.jpg

蕎麦店からアウトレットに向かう途中にあるスーパーマーケット「TSURUYA」に寄りました。
ここは美味しいパン、食材が安く手に入る面白い?店で、気にいっています。
別荘に来ている方々が大量に食材を買っていきます。
自宅で食べる今晩の食材を買って帰りました。
いつも混んでいるプレミアムアウトレットは、今日は人が少なめでした。
プリンスのゲレンデも雪が十分あり、スキー、スノボーをしている様子がうかがえました。

例年だと年始にアウトレットに行っていたのですが、これで今回の正月は家でゆっくりとお雑煮を食べることにしました。
そして2日からシンセンに.....
posted by マーラー火鍋 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年12月06日

埼玉、島崎藤村ゆかりの蕎麦店「鷹や」

埼玉川越市近くの蕎麦店に行ってきました。
明治時代からある建物を改修し趣のある部屋になっています。
takaya1.jpg

12:30頃に着きましたが、駐車スペースは満車でした。
駐車している車のナンバーを見ると、ご近所というよりもちょっと離れたところから来店しているようです。
takaya2.jpg takaya3.jpg

せいろと胡麻豆腐を注文しました。
takaya4.jpg takaya5.jpg

蕎麦は香り、こしも良い美味しさで、お勧めできます。
ただ、汁が甘めで私好みではありませんでした。
普段使わないワサビを使いました。
汁の味は好みがあるのであくまで私の主観です。
だしについては満足です。
takaya6.jpg

胡麻豆腐です。
僅かの量なのですが非常に濃厚で、妻と一つずつ頂きました。
こちらの蕎麦店のHPはこちらです。
タグ:蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年12月05日

千葉県八千代市の蕎麦店、「三久」

千葉の酒々井にできたアウトレットに行った帰りに寄った日本蕎麦店です。
Thankyou1.jpg

訪問してからだいぶ経ってしまいましたが、写真を見て思い出しました。
私的にはお勧めの蕎麦店です。
蕎麦、つゆ、天ぷらそして蕎麦湯に至るまで不満の無い蕎麦でした。
Thankyou2.jpg Thankyou3.jpg

新蕎麦の時期でもあり非常に混雑していました。
通常の蕎麦つゆのほかに、ゴマつゆが付いてきて、始めての味わいを感じました。
これはこれで美味しかったですが、通常の蕎麦つゆの方が私は好きです。
タグ:蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年11月10日

蕎麦きり さいとう 埼玉伊奈

埼玉伊奈の『蕎麦きり さいとう』に行ってきました。
ここは自宅から近く、三年前に蕎麦屋巡りを始めた当初一度訪れたことがあったのですが、汁の味が気に入らず紹介していませんでした。
当時訪れた時、つゆがしょっぱくて、どうしてこの店がネットで紹介されているか疑問でした。
妻と『もう一度行ってみようか』という話になり行ってみました。
saito1.jpg

場所はこちらです。

saito2.jpg saito3.jpg

季節がら新蕎麦とのことで期待してみました。本日は益子の蕎麦だそうです。
せいろの大盛と、十割を注文しました。
saito4.jpg saito5.jpg

せいろは蕎麦の香りがあり、適度のこしがありとても美味しかったです。
十割も美味しいのですが、こしが強すぎる感じが....
このまま田舎蕎麦のように太いものに仕上げられたら食べられないという感じがしました。

でも....三年前にここのつゆはしょっぱいだけという印象は一蹴されました。
濃い目では有りますがだしが効いていて、美味しくなっている。
妻と二人で、『味が変わったね!』と、これだったらまた来てみようかという結論になりました。
最初にも書きましたが、私の主観で美味しく感じない蕎麦店は紹介していません。
でも、半分くらいの店は紹介しているかな!? はは。
タグ:日本蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年11月04日

山梨の「長坂翁」に行ってきました

三連休、毎日妻と出かけてきました。
初日は軽井沢の『きこり』で蕎麦を堪能し、浅間山の紅葉をみながら北軽井沢を抜けて草津方面から自宅の埼玉に戻る長距離ドライブ。
二日目は入間の三井アウトレットで買い物をし、狭山でとても美味しいカレーを堪能してきました。
機会があればこのカレー店をレポートしたいと思います。
そして本日三日目は、25年前に妻とよく行っていた八ヶ岳エリアに向かいました。
その目的の一つが、有名な「長坂翁」の蕎麦を食べてみようということでした。
長坂ICから「長坂翁」に到着したのが11:30。
既に多数のお客さんが居り、少し待つことに。
okina1.jpg okina2.jpg

ざる蕎麦と八ヶ岳セットを注文しました。
okina3.jpg okina4.jpg

蕎麦、つゆ、蕎麦湯は無難な味です....ちょっと期待しすぎたかなと言う印象です。
バランスは取れていますが、これだったらわざわざ高速道路で来る必要はないかなという私の主観です。
セットの豆腐はとっても味が濃く、併せて焼きみそは美味しかったです。
でも、最後のデザートとして出てきた小ぶりの柿には値段の割にはがっかりしました。

有名なお店に行ってみるのも必要ですが、二日目に見つけた美味しいカレー店のように自分に合った店を開拓する方がいいなと感じています。
それなりに地雷を踏む必要は有りますが.....
タグ:蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年10月19日

足利市の喬遊庵で蕎麦を

本日、佐野のアウトレットに行って、足利市に在る蕎麦店に行きました。
相互リンクさせていただいている蕎麦人様のHPに新しく紹介されていた店で、行ってみることにしました。
アウトレットから30分もかからない距離です。
足利市の織姫神社のすぐそこに在ります。
喬遊庵3.jpg 喬遊庵4.jpg

織姫神社は丘に存在し、下からは200段以上の階段を上ったところに在ります。
私たちはそこまで車で昇ってしまったので....
その神社のすぐ下に蕎麦店『喬遊庵』があります。
喬遊庵1.jpg 喬遊庵2.jpg

蕎麦打ち教室を14:30から行われており、蕎麦打ち道具が展示されています。
喬遊庵5.jpg 喬遊庵6.jpg

注文したのは十割蕎麦と石臼手挽そばの大盛です。
両方とも新そばでとても美味しい蕎麦でした。
私は細身の手挽が良かったのですが、妻は十割が美味しいと。
蕎麦の美味しさは個人の好みで決まるのでどれが美味しいとは断定できません。
つゆは妻と私の意見は一致、『辛い』です。
ちょっと醤油が濃い感じがしました。この感覚は蕎麦店にどうやって来たかにも寄るものと思います。
229段の階段を上ってきた人と、汗もかかずに車で来た人とでは欲する味が違って当然だと思います。
でも、蕎麦は本当に美味しかったです。
posted by マーラー火鍋 at 21:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年10月03日

国指定重要文化財『吉田家住宅』で蕎麦を

国指定重要文化財に指定されているところでお蕎麦が頂けるとのことで、行ってきました。
埼玉県小川町に在る『吉田家住宅』で、約300年前に建てられた埼玉最古の建築物だそうです。
そんな建物に気軽に入ることができ、更に日本蕎麦を頂けることができるので妻と行ってきました。
yoshidaya1.jpg yoshidaya2.jpg

中には囲炉裏もあり、一本100円の串団子を楽しむこともできます。
yoshidaya3.jpg yoshidaya4.jpg

店内??(住居内)は薄暗く300年前の雰囲気を醸し出しているようです。
もり蕎麦と天ぷらそばを注文しました。
さっぱりとした蕎麦と、しっかりとした醤油味なのですが僅かに甘味の在るつゆで美味しく頂きました。
天ぷらは私たちの好みの野菜天ぷらで、粗塩で美味しく頂きました。
yoshidaya5.jpg


公式ホームページはこちら
posted by マーラー火鍋 at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年08月18日

お盆休みの最終日は日本蕎麦「安曇野」

お盆休みの前半はシンセンで、後半は日本で過ごしていました。
今年は日本のほうが暑い!!
シンセンも暑かったですが、日本に比べると軽井沢に感じました。半分冗談ですが...

本日は朝から佐野のアウトレットに向かい、昼は近いところで日本蕎麦を食べようと思っていましたが、買い物が終わり駐車場に戻ったのが12:00。
あまりにも暑いので、近くの蕎麦屋はやめて、少しでも涼しい山の蕎麦屋、「安曇野」に向かうことに。
すぐに安曇野に電話を入れて、二八そばを二枚予約しました。電話の様子だと、ぎりぎり最後の二枚だったようです。
予約ができ、安心して山を目指しました。
途中に在る「かみやま」は30台以上の車が駐車しており、店の外に人があふれていました。
かみやまを横目に見ながら、数分で安曇野に到着。
azumino1.jpg azumino2.jpg

到着した時には既に蕎麦は売り切れていましたが、店主が我々に声を掛けていただきそのまま店内に。
既に相当数のお客様がそばを食べることができずお帰りになられたと言っておりました。
一日30食限定なので、店主からは土日は電話予約をすることを勧められています。

azumino3.jpg azumino4.jpg

今回は「夏季限定の日光夏蕎麦」を頂くことができました。
新そばで、香りが良く味のある蕎麦でした。少し硬めのそばでした。
azumino5.jpg azumino6.jpg

野菜の天ぷらも美味しく頂きました。
かぼちゃ、サツマイモ、舞茸、なす、大葉(シソの葉)、ししとうとミョウガの天ぷらです。
私はこの様なシンプルな天ぷらが好きです。大きな海老天婦羅を出す蕎麦店が多いですが、何を食べに来ているのか解らなくなってしまいます。もちろんそれは人それぞれの好みなので否定をするわけではないです。

妻と私は、ここの蕎麦つゆが大好きです。だしが良く出ていて、最後に若干の蕎麦湯でうすめて飲み干します。
その余韻を口の中に残し、山を下っていく時には二人とも満足感でいっぱいです。

山を下る前に見た車載の温度表示が30.0度。町に下った時の温度表示がピークで38.0度でした。
異常気象ですね。
posted by マーラー火鍋 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年07月22日

我が家のゴーヤの日よけ

週末の朝、日よけのため(食べるため?)に栽培しているゴーヤを観察しました。
昨年からゴーヤカーテンを造り、暑い夏をしのいでいます。
今年は昨年できたゴーヤから採取した種を5月に発芽させ、南向きの窓三面に栽培しています。
ゴーヤ1.jpg ゴーヤ2.jpg

土壌が悪い中、ようやくゴーヤが実ってきました。
当日は朝6時半に近くの運動公園に向かい、妻とランニングをしてきました。
以前紹介したBluetoothヘッドホンが大活躍です。
走っている間もしっかりとフィットし、Queenを聞きながら快適なランニングです。
一時間余りのランニングの後、シャワーを浴びて日本蕎麦店「八丁」に向かいました。
ここはいつ行っても絶対にはずさない、安定した蕎麦、つゆを提供してくれます。
前菜?のそば揚げ、こだわった薬味の白ネギ、私好みの蕎麦湯、デザートの小豆と寒天そしてこだわりの器等々非の打ちどころがありません。
新しい蕎麦店を探索し、外した時には翌日こちらに来て口直しをするのが習慣になっています(笑。
以前紹介した八丁の記事はこちらです。
美味しいお蕎麦を頂いた後、近くの道の駅に。
ゴーヤ3.jpg ゴーヤ4.jpg

毎年素晴らしいゴーヤカーテンがあるのですが、今年はかぼちゃがカーテンに参加していました。
日当たりが良いとゴーヤ、かぼちゃは元気に育つようですね。
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年06月23日

埼玉越生の蕎麦店「梅乃里」

先週、越生の「玄家」に蕎麦を食べに行き、梅の収穫時期とのことで梅を買って帰り、家で梅干し作りに挑戦中です。
梅干しをもう少し作りたいのと、玄家に行く途中に在る蕎麦店「梅乃里」にもう一度行ってみたくて、今週末も行ってきました。
もう一度と言うのは、妻と蕎麦屋巡りを始めた二年半前に一度行ったことがあるからです。
当時はいろいろな蕎麦を食べたことが無く、ネットに紹介されている蕎麦屋を順番に巡っていました。
最近では好みの蕎麦(≠美味しいお蕎麦)がわかってきており、妻と再度味を確かめに行きました。
梅乃里1.jpg 梅乃里2.jpg

奥に駐車場が12-13台分あるのですが、到着した時は満車でしばらく待ちました。
梅乃里3.jpg 梅乃里7.jpg

せいろの大盛と、天せいろを注文。
梅乃里4.jpg 梅乃里5.jpg

蕎麦の盛りは少なめですね。
そしてそれに応じた蕎麦つゆの量です(少なめ)。
蕎麦はしっかりとした腰があり満足です。
蕎麦つゆは私たちの好みの味(表現が難しいですが、適度のからさとだしの味)でした。
この辺は、「美味しい蕎麦」ではなく「好みの蕎麦」と言うのが適切だと思います。
あくまで主観表現で、それで良いと思っています。

いつも妻は天ぷらを頼むのですが、ここの天ぷらは一種類でした。
海老天はいらないのですが....野菜天があれば良かったです。

蕎麦を頂いた後の蕎麦湯は熱々でとっても嬉しかったです。
冷たい蕎麦を頂いた後に、冷えた蕎麦湯ではがっかりしてしまいます。
また、来年の梅の季節に来てみます。
posted by マーラー火鍋 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年06月16日

梅干し作りに挑戦

埼玉県越生に在る蕎麦店、玄家に行ってきました。
久しぶりなんですが、いつも気になっていた蕎麦店です。
家を出たのが11:30と遅かったので、電話を入れて蕎麦の確保をお願いして出かけました。
二八と十割を。
こちらのブログで以前こちらで紹介しています。
越生に向かうと、ちょうど梅の収穫時期でした。
別名「梅の里」と呼ばれています。
玄家に向かう途中あちこちで梅の収穫、販売をしており帰りに寄ってみようかなと思いました。
玄家に向かった理由の一つに、玄家で売っている梅干しの購入がありました。
美味しいお蕎麦を頂いた後、道すがらの販売店で梅を買って帰りました。
早速梅干し作りに挑戦です。
umeboshi1.jpg umeboshi2.jpg

準備が終わり、梅雨明けを待って天日干しの予定です。
楽しみです!
posted by マーラー火鍋 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年04月20日

軽井沢の石臼挽き手打ちそば『きこり』

愛車の定期点検につき、ヤナセで代車のE320を借り受けました。
せっかくなので軽井沢のアウトレットに出かけました。
kikori1.jpg

10時ジャストに到着しました。まだ寒いのか、客は少なめでした。
一通り廻って、12:45にアウトレットを後にしました。
向かったのは石臼挽き手打ちそば『きこり』です。
kikori2.jpg kikori3.jpg

二年前に一度来たことがあったのですが、どんな味だったかな?と思い再来しました。
注文したのは、田舎蕎麦と野菜天ぷらもりそばです。
kikori4.jpg kikori5.jpg

太くない田舎そばで、こしがあり私の好みの食感でした。
この店では、石挽きした粉を三種類に別け、並み蕎麦(二八蕎麦)、田舎蕎麦、更科そばとして提供しています。
kikori6.jpg kikori7.jpg

天ぷらは衣が厚くなく程よい食感でとても美味しかったです。
最後の〆で重要な蕎麦湯は、どろっとした物ですが、美味しい付け汁と合わせて何杯でも飲める逸品でした。
美味しい付け汁のときには特に蕎麦湯の出来が気になりますが、満足できました。
軽井沢に来た時には必ず寄りそうです。

所在地:北佐久郡軽井沢町追分119-7
電話:0267-45-1330
営業時間:11:00-20:00
定休日:火曜日
posted by マーラー火鍋 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2013年03月26日

栃木の仙波蕎麦『大麓田』

久しく蕎麦店のレポートをしていませんでしたが、毎週末に相変わらず通っています。
蕎麦屋巡りを始めて二年ちょっと経ちますが、最近では新しいところを探すのではなく、本当に美味しいと思える蕎麦処を探して過去に行ったところを再来しています。
今回、美味しい蕎麦処が集まっていると思われる栃木県佐野エリアに行ってきました。
再来したのは、『大麓田』です。
dairokuden1.jpg dairokuden2.jpg

ここは蕎麦処巡りを始めたころに行ったところで、二年ぶりです。
その時の印象は、蕎麦と天ぷらがとにかく美味しい!といったつかみどころのない印象です。
妻とどんな味だったのだろうということで行ってきました。
所在は分かりにくいところに在ります(笑
最初に行ったときと同じメニューを頼みました。
もりそばの並みと中、そして野菜天ぷら。
dairokuden3.jpg dairokuden4.jpg


dairokuden5.jpg dairokuden6.jpg

期待通りでした。
蕎麦、つゆは大満足! そして天ぷらは旬の山菜で構成されています。
そして何より良い油でからったと揚げた感触で、これこそ天ぷらといった感じです。
よく海老の天ぷらを出していただける蕎麦処がありますが、私たちは決まって野菜天ぷらにしています。
そして4番目の『蕎麦湯』が絶品です。食後にこれを頂くことで食事が終結します。
冷たい蕎麦を頂いて、最後に温かく美味しい蕎麦湯が無いとがっかりします。
ここは蕎麦湯だけで〆られます。
dairokuden7.jpg

今回は他にお客が居なかったので、御主人と奥様と一時間ぐらい歓談してしまいました。
タグ:栃木 蕎麦 佐野
posted by マーラー火鍋 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年11月12日

埼玉県飯能市の手打蕎麦『櫟庵』

午前中、埼玉県入間市のプレミアムアウトレットでショッピングをして、その後飯能市に向かいました。
これまで蕎麦屋巡りをしていないエリアに向かいました。
目的の蕎麦処は、『櫟庵(くぬぎあん)』です。
入間からそんなに遠くなく、ナビは下道を指示してきました。
kunugian1.jpg

入間川の河原に降りて行く感じで車を進めますと、川の護岸のすぐそばに在りました。
着いた時間が早かったせいか、先客が居なくて心配したのですが、続々とお客さんが入ってきます。
kunugian2.jpg kunugian3.jpg

テーブル席、囲炉裏席と座敷があります。
囲炉裏席に陣取りました。窓からは入間川の様子を眺めることができます。
渡り鳥が越冬の準備をしている様子が伺えました。
kunugian4.jpg
せいろと天せいろを注文しました。
ここは内地産のそば粉を使った二八の細麺です。冷たいお蕎麦がお勧めのようです(勧められなくても冷たい蕎麦にしますが....)
天ぷらの海老は二分割されており、妻とシェアするのに都合が良かったです。
天つゆは提供されないので、蕎麦の付け汁で頂きます。できれば塩もあれば良かったかなと思いました。
蕎麦はこしがあり、つゆは若干甘めでだしの効いた好みの味でした。
ただ蕎麦湯がほとんど白湯の状態で、物足りませんでした。
とは言っても、つゆそのものが美味しいので、残り汁を全て蕎麦湯で頂いてしまいました。
kunugian7.jpg

蕎麦を頂いたのち、河原を少し散策しました。
一組だけバーベキューをしていました。夏には多くの人が河原でバーベキューをしてそうな良い環境です。
うっすらと紅葉していました。これから寒くなりそうですね。


所在地:埼玉県飯能市大河原70-1
電話番号:042-973-2576
営業時間:11:00〜17:00
定休日:毎週水曜日(木曜日)
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年11月04日

茨城県神栖市の手打蕎麦『ほそだ』

茨城県の鹿嶋市に用事があり、妻と車で行くことになりました。
いつものように、用事という目的以外に何ができるか、何処に行けるか考え、阿見のアウトレットに行き、お昼に蕎麦を食べて、それから鹿嶋に行って用事を済ますという行程にしました。
AMI_outlet1.jpg hosoda1.jpg

初めて阿見のアウトレットに来ましたが、第一印象は「人が少ない!」でした。
10:00のオープン直前に着いたのですが、駐車場はガラガラでした。
同じプレミアムアウトレットの佐野でも10:00に行けばもっと多くの車が既に停まっています。
店舗数は比較的多く、空いているのでゆったりとショッピングを楽しみました。
Indiana Curry店(インドカレー)があり、妻と二人して食欲に駆られましたが....じっと我慢して神栖市に在る蕎麦店「ほそだ」に向かいました。(次回来た時にはカレーを食べようと約束して)
店に着いたのは13:30と遅めでしたが先客が二組居りました。
この店はいつものように蕎麦人さんの記事を参考に決定しました。

hosoda2.jpg hosoda3.jpg

もりそばの大盛と普通を一枚ずつ、それと野菜天ぷらを一つ注文しました。
海老天が二尾と野菜三種が付いた天もりもあったのですが、二人とも野菜天ぷらのほうが好みです。

hosoda4.jpg hosoda5.jpg

天ぷらは一枚の注文だったのですが、付けだれ、塩、薬味(大根おろし、しょうが)をそれぞれ二人分出していただけました。細かい気づかいに感激しました。
蕎麦にあまり特徴は感じなかったのですが、しっかりとしたこしがあり、付け汁の美味しさと合わせて満足しました。
そして蕎麦湯は蕎麦粉から作った(と思う)濃いめのものでした。
私の最近の好みは濃いめに変わってきました。以前はあっさり系が好きだったのですが....
また鹿嶋に用事があるときに寄ってみようと思います。ただし阿見アウトレットのカレーを食べてからですが。

所在地:茨城県神栖市平泉東2-11-2
電話番号:0299-92-1674
営業時間:11:30〜14:30/17:30-20:30(但し売り切れじまい)
定休日:毎週火曜日
タグ:蕎麦 茨城
posted by マーラー火鍋 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年10月13日

さいたま中央区の手打ち蕎麦『じゅ泉』

来週のシンセン行きを控え、今日の日本での蕎麦屋巡りをどうしようか悩み、近場でこれまで行ったことのないところに行くことにしました。
さいたま市中央区の『じゅ泉』です。
店名の”じゅ”は漢字で表記されているのですが、このブログでは表示できないのでひらがな表記にします。
樹の木辺がさんずいに成った字です。
中国関係のブログを書いていると表記に困ることは良くあるのですが、日本蕎麦の紹介で苦労するとは思いませんでした。
jusen1.jpg jusen2.jpg
国道17号バイパスからちょっと入ったところに在ります。
駐車場は広めで20台弱のキャパがありました。私が到着したのは13時頃でしたが、店内は満席。少し待って座敷に入りました。
店頭には新そばを挽いていますの表記が。
最近はどこでも新蕎麦になっていますね。
せいろの大盛と天せいろを注文。
jusen3.jpg jusen4.jpg
すぐに出てきたのは、揚げ蕎麦。
お茶と一緒に頂き、お蕎麦を待ちます。
せいろの大盛は、比較的多めの量です。
jusen5.jpg jusen6.jpg
天せいろには海老、かぼちゃなどがついてきます。
特にどうって言うことのない天ぷらでしたが、薬味に特徴があります。
大根おろしにゆずが加えられており、これまで経験のない味覚でした。
jusen7.jpg jusen8.jpg
店内は、テーブル席が4席と座敷が3卓です。

今回この店を訪れたのは、ローカルな紹介本を観た事がきっかけでした。
jusen9.jpg

この本は、前回訪れた「たねや」で売っていたのを購入し、その中から選びました。
この本には、以前紹介した「くろむぎ」も載っており、信頼のできる本かなと思っています。
以前、他の紹介本で選んで行った店がことごとく美味しくなく、この手の本を信じなくなっていました。
非常にローカルな本ですが、お勧めです。
所在地:埼玉県さいたま市中央区上峰2-7-12
電話番号:048-852-6248
営業時間:11:30〜14:00/17:30-20:00
定休日:毎週月
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年09月30日

埼玉さいたま市西区の花の丘手打ち蕎麦『たねや』

台風17号が近づいているので、本日は近場の外出にしました。
入間のアウトレットに行った後、さいたま市の花の丘手打ち蕎麦「たねや」に行ってきました。
店に着いたのは13:40と昼の部の終了間際でしたが、10台近くある駐車場はほぼ満車でした。
着いてビックリ、趣のある店造り。高級な蕎麦店に来たようです。
たねや1.jpg たねや2.jpg


庭園が造られておりこだわりをを感じる蕎麦処です。
たねや3.jpg たねや4.jpg


座敷のみの店内に入るとほぼ満席でしたが、空いている席に着いてメニューを拝見。
たねや5.jpg たねや6.jpg

蕎麦は北海道幌加内産のそば粉を用いた二八蕎麦です。
妻はもりそば、私は辛味おろしそばの大盛を注文。
あと、追加でさつま揚げ(480円)をお願いしました。

たねや7.jpg たねや8.jpg

辛み大根は紫色をしており、たっぷりと盛られています。
辛すぎず、適度な辛味で、付け汁の甘味に辛味を加え、美味しく頂けました。
この時期の「新蕎麦」?と思いましたが、とても美味しい蕎麦でした。
最近、小食気味(ダイエット中!!)の私には大盛にしなくても満足できる量でした。
大盛にすると、300円で170g⇒250gになります。

たねや9.jpg たねや10.jpg

蕎麦が運ばれてすぐに、あつあつのさつま揚げが出てきました。
干しエビの香りがとても香ばしく、美味しく頂きました。
醤油?と思ったのですが、付いてきたのはマスタード。
これは初めての経験でしたが、「美味しい!!」。
閉店間際だったので室内の写真が撮れました。

美味しいお蕎麦を求めて毎週末放浪しますが、意外と自宅(埼玉)の近くに美味しいところがたくさんあるなと感じているこの頃です。



所在地:埼玉県さいたま市西区新井339-1
電話番号:048-623-1185
営業時間:11:00〜14:00/17:30〜(夜は予約制)
定休日:水、木曜日(祝日は営業)
HP:こちら
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年09月23日

安曇野の蕎麦はやっぱり美味しい

雨が降り続く日曜日、佐野のアウトレットから「安曇野」に向かいました。
アウトレットのショッピングが終わり、車に戻ったのが12:00.
休日だと売り切れ閉店に微妙な時間だったのですが、電話を入れて予約。
まだあるとのことで、ほっとしました。
天気が良いと、バイク、サイクリングの団体が行くことが多いのですが、今日は雨が降っているので大丈夫のようでした。
安曇野1.jpg 安曇野2.jpg

到着すると、以前には無かった看板が。
一日30食限定。これだと10組も来たら無くなってしまいますね。
過去に二回売り切れで退散したことがあります。
そんな時は近くの「かみやま」に行くのですが....
来る途中、かみやまには8台位の車が停まっていましたね。
いつもより少なめでした。
安曇野3.jpg 安曇野4.jpg

注文したのは、野菜天ざるそばの大盛と、十割そば。
安曇野5.jpg 安曇野6.jpg

安曇野はいつも期待を裏切りません。
満足して帰りました。
posted by マーラー火鍋 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年09月17日

埼玉行田市のそば処『利庵』

中国では全土で尖閣問題に対して(を口実に?)デモという名の破壊行為が繰り広がれているようです。
中国人の友人からは、「10月に来るのか?」とSMS,Skypeで連絡が来ています。
とりあえず、いやだけど韓国人を装って行くつもりだと伝えています。

三連休の最終日は、いつものように蕎麦を食べに出かけました。
蕎麦人さんの記事を参照して、埼玉行田市に在る「利庵」に行きました。
利庵1.jpg 利庵2.jpg

店に着いたのが12:20頃でしたが、たくさんのお客さんで店内は埋まっていました。
運よく二人掛けのテーブルが空いていたのですぐに着席できました。
駐車場は広めで、停めようによっては20台位駐車できますが、店内にそれだけの人員用キャパは有りません。
利庵3.jpg 利庵4.jpg

メニューを見て、限定10食の十割がまだあったので、十割と二八の大盛を注文。
蕎麦人さんのブログを観て食べてみたかった「そばうす焼きハーフ」も注文しました。
「御希望の蕎麦粉は有りますか?」と注文際に聞かれ、良く分からないのでミックスを頼んでしまいました。
利庵5.jpg 利庵6.jpg

ミックスは、長野+益子のブレンドでした。
黒板に記載されていた案内は、後で気がついたのですが、どうせ良く分からないのならば店主のお勧めにすれば良かった....
最初に出てきたのは、「そばうす焼きハーフ」でした。
最初にと言うか、気を使って初めに出してくれたという感じでした。
後から入店したお客さんのほうが早く蕎麦を提供され疑問に思ったのですが、気づかいに納得できました。
蕎麦のうす焼きは、焼きたてに醤油がかけられており、とても香ばしく美味しく頂きました。
添えられているワサビをちょっとまぶして頂くと、後に出てくる蕎麦に対する食欲が増してきました。
利庵7.jpg 利庵8.jpg

十割蕎麦が最初に出てきました。
しっかりとこしがある蕎麦で、とても美味しかったです。
利庵9.jpg 利庵10.jpg

二八のほうも同様で、とても美味しいお蕎麦でした。
まだまだ舌がこえておらず、十割との明確な差が判りませんでした(恥ずかしい...)
付け汁は、若干甘めで私の好みの味でした。もう少しだしの香りがあればとは思いましたが、全然満足できます。
お蕎麦を食べ終えたころ、突然のゲリラ豪雨が襲来し、コーヒーのサービスがありました。
外に出るに出れず、とてもありがたいサービスでした。
ちょうどお客さんが居なくなったこともあり、御主人が出てこられいろいろなお話を伺うことができました。
ここの御主人は、定休日(水曜日)には、気になる蕎麦処に出かけているようです。
私が行ったことのある蕎麦処、御主人の行ったことのある蕎麦処それぞれについて、いろいろ談義をさせていただきました。
各蕎麦処に対し、意外とお互い共通の認識を持っていて、有意義な時間を過ごしました。
利庵11.jpg 利庵12.jpg

店内は、テーブルが7席(くらい)と座敷が二卓です。
私好みの、「安く」て「美味しい」お店の一つです。

所在地:埼玉県行田市北河原557-1
電話番号:048-557-0103
営業時間:11:00〜14:30
定休日:水曜日
タグ:蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年09月09日

栃木佐野市の手打唐沢うどん そば『かさはら』

今日は佐野のプレミアムアウトレットに行き、昼にそばを食べようと妻と出かけました。
いつもは「かみやま」または「安曇野」に向かうのですが、今回はリンクさせていただいている蕎麦人さんのブログを参照して、大根そばで有名な『かさはら』に行ってきました。
佐野のアウトレットからさほど遠くないところに在りますが、またしても「こんなところは知らなきゃ来れない」というところでした。
佐野に訪れることになった当初、佐野の蕎麦屋さんで大根蕎麦というメニューを観て、大根おろしのそばかなと思い、出てきたそばに驚いたことがありました。
蕎麦に加え、大根を蕎麦のサイズに細く切って一緒に盛られています。
初めて食べた時は、こんな食べ方があるんだと、自宅でも蕎麦に大根を加え食べてみたことがあります。
佐野の街の蕎麦処を観ていると、大根蕎麦と店頭に表示されているお店が多数見受けられます。
どうもこの地域の名物らしいですね。
蕎麦人さんのブログの記載では、今回行った「かさはら」が元祖ではないかと書かれています。

アウトレットでのショッピングが終わり、「かさはら」に着いたのが12:45。
着いてビックリ! たくさんの車が!
かさはら1.jpg かさはら2.jpg

写真の場所には20台以上、更に別の場所に10台程度の駐車スペースがあるのですが....満車状態!!
車のナンバーを見ると、ほとんどが地元の「とちぎ」ナンバー。
そして、次から次へと車が入ってきます。相当の人気店であることが判りました。
店に入って、名前を記載し待つこと20分。テーブル席に案内されました。
店の奥には広い座敷があり、多数のお客を収容できるキャパがあります。
かさはら3.jpg

蕎麦処と言っても、多数のメニューがあり、街の食事処のようだという印象でしたが...ほとんどのお客さんが食べているのが「大根そば」。
街の食事処ですと、揚げ物のソースの匂いとか、カレーの匂いとかして蕎麦を楽しみに行くと興ざめすることがあるのですが、ここは蕎麦以外の香りがまったくしないので安心しました。
注文したのは、「大根そばの大盛」と「天ぷら大根そば」
混んでいたので20分くらい待ちましたが、出てきた大根蕎麦をみてびっくり!
量が半端ではない。
かさはら4.jpg かさはら5.jpg

大盛を注文したことを後悔しました。
食べて判ったのは、ここでは蕎麦を食べるのではなく、「大根蕎麦」を食べに来るところだと。
たくさんの人が訪れるのは、明らかに安く、量があり美味しい大根蕎麦を目的に来ているのでは。
純粋に美味しい蕎麦を求めてはいけません。美味しくないと言っているのではなく、大根蕎麦を食べる!といった目的で来れば十分満足できます。
つけ汁は多めで、味も好みのものでした。しょっぱすぎず、甘味がありダシが効いています。
そして驚いたのが、お客さんの中にはつけ汁とネギの追加を頼んで貰っていました(無料)。
また、量が多く羅べ切れない人が持ち帰りを頼んで、店が用意してある簡易タッパウェアで持ち帰っていました。
なんか、中国での「ダーポー」を思い出しました。

食事が終わり、すぐ近くの店に続々と車が入っていくところがあったので、行ってみました。
菊水苑1.jpg 菊水苑2.jpg

日光の天然氷で作ったかき氷の店です。
中でもミカンのかき氷が美味しそうでしたが、人気のためか既に売り切れ。
もっとも大量の蕎麦を食べた直後で、おなかに入る余地が無く...見学だけにしました。
菊水苑3.jpg 菊水苑4.jpg

店の脇にはとても水がきれいなせせらぎがあり、子供と来るには良い場所です。

そして、今回の発見!!
近くのスーパーなんですが、早い時間から広い駐車場が満車になっているんです。
アイザワ.jpg

アイザワというスーパーですが、とっても安い! 特に野菜が。
思わず大量に食材を仕入れて帰りました。
是非また来てみたい「スーパー」でした(笑

大きな地図で見る

所在地:栃木県佐野市堀米町2206
電話番号:0283-22-3707
営業時間:11:00〜14:00、16:00〜19:00
定休日:火曜日
タグ:蕎麦 佐野
posted by マーラー火鍋 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年09月02日

三度目の埼玉日高市の手打ち蕎麦『奈佳一』

2010年に蕎麦処巡りを初めて、三度目の『奈佳一』でした。
正確には4度目の訪問になります。
前回、二週間前に来た時には多くの人が待っており、時間の都合があったのであきらめて帰りました。
前回の訪問の様子は、こちらです。

今日は妻の希望を聞いて、奈佳一で蕎麦を頂くことを目的に、入間のアウトレット経由で向かいました。
アウトレットでのショッピングが終わり、奈佳一に着いたのが12:50。
この時間でも10台強停められる駐車場が満車。
記帳をして順番を待ちました。

呼ばれて案内されたところは、初めての和室でした。
washitsu.jpg 天ぷら.jpg

畳を替えたばかりなのか、とても良い畳の香りがしていました。
妻が食べたかったのが、「野菜天ぷら」。
メニューには載っていないのですが、張り出されています。
私はもりそばの大盛を注文。
大盛.jpg tennpura2.jpg

久しぶりに頂きましたが、さすが奈佳一と言う感想です。
そば、付け汁、蕎麦湯、...全く不満がありません。
蕎麦は美味しいのだけど、付け汁がしょっぱいとか、蕎麦湯が淡泊(好みがありますが)とか、私の好みの三点セットを頂ける蕎麦処はさほどありませんが、ここは満足させていただきました。

蕎麦処巡りをしてまだ二年弱ですが、私の中でここは定番の蕎麦処です。
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年08月12日

さいたま市見沼区のそば処『くろむぎ』

お盆休みはシンセンに明日から向かいます。
その前に美味しいお蕎麦を食べとこうと思い、リンクをさせていただいている蕎麦人さんのブログから行くところを吟味しました。
自宅から比較的近いところにまだ行ったことが無いところが沢山あり、その中からさいたま市見沼区の「くろむぎ」に行ってきました。
自宅を出る前にカーナビにセットしていざ向かいましたが....
蕎麦人さんがブログに記載されているように、狭い道を通ってたどり着きました。
住宅地の中にぽつんとあり、知らなければ絶対に寄ることのできないそば処です。
kuromugi1.jpg kuromugi2.jpg

たどり着く道は細いのですが、駐車場は広めで10台位の駐車スペースがありました。
住宅地の中にありながら、これはありがたかったです。
kuromugi3.jpg kuromugi4.jpg

店内は一般の住宅をそば処に専念して作り上げたといった感じです。
テーブルが三卓と、カウンター席と十数名が入れる部屋となっていました。
庭には多数の盆栽があり、ご主人のこだわりでその中で見ごろの盆栽が店内にディスプレイされていました。
そば処と言えば座敷で頂くというイメージがありますが、きれいに造りこまれている店内には一度来る価値があると思います。
座敷が苦手な私には嬉しい作りです(笑

kuromugi5.jpg kuromugi6.jpg

メニューの基本は、ニ八のもりと十割の田舎そばです。
妻と二人で、もりを二枚と追加のもり(400円)を注文しました。
こしがあり、とても美味しいお蕎麦でした。
田舎そばにも少し興味があったのですが、以前他店で食べた田舎そばが酷く、それから食べるのを止めていました。
でも、次回この店に来たら食べようと思います。

kuromugi7.jpg kuromugi8.jpg

お蕎麦を頂いて、ちょっと気になっていた蕎麦アイス(250円)を注文しました。
これが美味しい!! 桜の花がのせられたそばの味が濃い美味しいアイスでした。
近くにこんな美味しい蕎麦処があることをこれまで知らなかったことに後悔しました。
また寄ってみます。



所在地:埼玉県さいたま市見沼区島町1112-4
電話番号:048-687-9696
営業時間:11:30〜15:00(ラストオーダー14:30)
定休日:毎週月、火曜日および第3日曜
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年08月08日

栃木の蕎麦通の隠れ家『蕎香』

久しぶりの蕎麦処紹介です。
日本に居る時はほぼ毎週末に蕎麦処を巡っていますが、なかなか紹介する蕎麦処に巡り合わなくて。
栃木下都賀郡壬生町に在る隠れ家的存在の蕎麦処『蕎香』に行ってきました。
佐野のアウトレットに行ってから、高速を利用して向かいました。
場所は本当に知らなければいけないところでしたが、昼過ぎに行ったら駐車場はいっぱい、路上にも車があふれていました。

店に入るとほとんど満席でしたが、運が良く二人分空いていました。
その後続々と客が入ってきましたが、離れに在る客室に通されていました。
蕎香1.jpg 蕎香2.jpg


天もりセットともりそば+そばの追加を注文して待ちました。
ちなみに限定10食の『蕎香セット』は完売していました。

蕎香3.jpg 蕎香4.jpg

そばを待っている間に、揚げ蕎麦が出てきました。
そして天もりセットです。
そばにはそばの花が盛られております。
以前からいろいろな店で盛られてきていたのですが、食べれる物とは知らず、いつも残していました。
そして蕎麦以外にも取れたての野菜がついてきます。
自産自消にこだわっております。

蕎香はホームページを開設しています。
こちらの店のこだわりが書かれています。
-------引用-------
当店の蕎麦は甘味が強く、香りも豊かです。
下稲葉産米そばを自家栽培し、毎日石臼挽き製粉地粉100%の、純手打ち本格蕎麦です。

玄そばの管理は
 @刈り取る時期
 A天日乾燥の時間
 B夏季の保存(温度・湿度)等にこだわり、最良の原料を使用しております。又、てんぷらなどの食材は無農薬自家栽培野菜を使用しお客様には喜ばれております。
------------------

また、蕎麦教室も開催されているようです。
こちらも興味があります。
詳細は、こちらのホームページを参照してください。

もう一度是非行きたい蕎麦処でした。
posted by マーラー火鍋 at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年07月07日

埼玉上尾の『石臼碾き手打そば 長橋』

我が家のそばの蕎麦処です。
以前に一回行ったことがあったのですが、今日は遠出する時間が無かったので『石臼碾き手打そば 長橋』に妻と行ってきました。
所在地は、近所の人かウェブで知った人しか来れないような場所です。住宅地の中にひっそりと在る処です。
nagahashi1.jpg nagahashi2.jpg

店の前には畑があり、数々の野菜を自産されています。
店内は座敷になっており、四つのテーブルが配置されています。
お気に入りの席に陣取って、お品書きをチェック。
nagahashi3.jpg nagahashi4.jpg

蕎麦のみで、うどんその他が無く安心できます。蕎麦にこだわっておられます。
妻が天ぷらがついたランチメニューを、私はもりそばの大盛を注文しました。
注文とほぼ同時に、風呂吹き大根のお通し(?)が出てきました。
これがまた絶妙な味で、おなかをすかして来店した時に落ち着きを与えてくれます。

nagahashi5.jpg nagahashi6.jpg

でてきたお蕎麦は、平打ちの粗引き蕎麦です。
一口食べると....香りとそばの味が満足させてくれます。
つゆは僅かに甘めで、大盛ででてきたそばを最後まで飽きさせずに食べさせてくれました。

nagahashi7.jpg nagahashi8.jpg

ここの特徴は、自産している野菜を使っているところです。
ご主人が漬けているきゅうりのお漬物が二本(長い!)が100円で販売されています。
前回も買って帰ったのですが、とても美味しいので今回は4本頂いてきました。
また、駐車場わきには自産している新鮮な野菜を無人販売しています。全て100円です。

御主人は気さくな人で、毎回色々と会話をさせていただいています。
お店はご主人と奥様が切り盛りしていますが、どうも御主人の趣味で営業し、奥様がしょうが無く手伝いをしているといった感があります(笑。
来週からは『朝市』を06:00-08:00までやるよ!と言われました。
野菜の販売ですが、近所の方に何時からやるの?と言われ、開催を決めたようです。

美味しいお蕎麦を食べたくなったときにすぐに行ける店として重宝しています。
すぐそばに美味しい蕎麦処があるのはとっても幸せです。


埼玉県上尾市上尾下690-5
11:30〜
月曜、火曜定休
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年07月02日

最近一番のお気に入り蕎麦処『八丁』

日本に居る時は、毎週末の土日に蕎麦屋巡りを続けています。
土曜日には行ったことが無いところに。そこで満足できれば良いのですが....
満足できないと、翌日の日曜日にはお気に入りの蕎麦処に行って、自分を満足させる習慣になっています。
今回も土曜日にいまいちだったので、翌日お気に入りの『八丁』に行きました。
以前こちらで紹介したところです。
前日に行ったところは....満足できないというか、普通のところはこちらに紹介しません。(笑

八丁はこれまで行った蕎麦処の中で一番こだわりを感じます。
これはご主人のこだわりで、これで本当に儲かるの?と心配してしまいます。
その一面を紹介します。
kodawari1.jpg kodawari2.jpg

まずは器です。
他の蕎麦処と違って、陶器に蕎麦が盛られています。
ここに一つのこだわりが。
蕎麦が盛られている陶器には塗りが無く、蕎麦の水分を器が吸うように配慮されています。
その隣の薬味の陶器には塗りがあり、光沢があり違いが判ると思います。
蕎麦を盛った器は、水分を吸うためすぐに次のお客には出せず、手間がかかっています。
そして薬味のネギにこだわりが。
私はネギが嫌いで食べないのですが、ネギの白い部分しか使っていません。
蕎麦自体はどの店でもこだわりがあると思いますが、十割でしっかりとこしがある蕎麦に仕上がるように気を使っておられます。
kodawari3.jpg kodawari4.jpg

蕎麦湯は良くある木の器で提供されます。
しゃれた店で、たまに陶器に入れられた蕎麦湯が提供されることがありますが、私は嫌いです。
蓋が無い陶器で出された蕎麦湯はすぐに冷えてしまい、蕎麦を食べ終わって次の楽しみの蕎麦湯がぬるくなっては興ざめします。
店内には陶器のギャラリーがあります。
ご主人の奥様が陶芸をされているようで、サークル作品が展示されています。
先の蕎麦の器は奥様が作られた作品とのことです。
kodawari5.jpg kodawari6.jpg

店内の様子です。
以前、都内に出店されていたのですが、多くのお客さんが来店し、近所に迷惑がかかるのでこちら埼玉に引っ込んで店を新たに構えたそうです。
もともとあった建物を改装して作り上げた店内です。
ゆったりとしたつくりで落ち着きます。
カウンターのほうはいつも常連の方が座っておられます。
私はいつもテーブル席に座るのですが、気さくな店員さんといつも楽しくおしゃべりさせていただいています。

タグ:蕎麦 埼玉 八丁
posted by マーラー火鍋 at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年06月03日

埼玉秩父市の『手打ちそば こいけ』

秩父で有名(?)な蕎麦店に行ってきました。
手打ち蕎麦こいけです。
西部秩父駅の近くの国道140号沿いに在ります。
この街道は、蕎麦街道との看板があり、広範囲にわたって多くの蕎麦店が点在しています。
koike1.jpg koike2.jpg

店の前に三台分の駐車スペースがあり、140号手前左に10台位の駐車場が有りました。
駅から近いこともあり、徒歩で来店される方も多いようです。
徒歩で来店された方は、珍しいビールを注文していました。うらやましい......
妻と二人でせいろを二枚注文。
koike3.jpg koike4.jpg

ちょっと面白い張り紙が...
『禁香水』 これは頷けます。蕎麦に限らず食事をする場所で香水の匂いがしたらがっかりします。
日本ではめったにないことと思いますが、蕎麦店で香水が香ったら最悪です。
蕎麦、つゆ共に可も無く不可もなくといった印象でした。
蕎麦が凄すぎるくらいきれいに太さが揃っており、ご主人の腕が良い証拠なのでしょうが、違和感を感じました。
駅の近くといった立地条件と言うこともあり、比較的高めの料金設定でした。
妻と共通の感想ですが、辺鄙なところに有る蕎麦店のほうが『わくわく』する感じがします。
お蕎麦を頂いているときに、店に電話が有り...予約は受け付けていません....と答えておられました。
行ってみるしかないようです。

所在地:埼玉県秩父市野坂町2-14-34
電話番号:0494-22-1610
営業時間:11:00〜15:00
定休日:火、水曜日
posted by マーラー火鍋 at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年05月20日

代車のBenzで佐野アウトレット、蕎麦処かみやまへ

愛車に定期点検のマークが現れ、ヤナセに持ち込むことに。
これまで有った不具合を何点か伝え、代車をあてがわれて帰宅することに。
あてがわれて代車は新型のCクラスワゴン、アバンギャルド....正に欲しいと思っていた車種でした。
早ければ昼過ぎに点検が終わりますと伝えられたのですが、せっかくなので構わず夕方まで使おうと思い、ヤナセからの帰り途中に妻に連絡し、佐野のアウトレットと蕎麦処かみやまに行こうと連絡を入れました。
12時にアウトレットに到着。
SANO_outlet.jpg

空いていましたね。
今日はトレーニング用のウエア、靴を欲しかったのですが、アディダスの恒例40%OFF朝市が終わっていたので下見に徹しました。
一通りお店を廻り、翌日入間のアウトレットに行くことを決め、そこから蕎麦処かみやまに移動。
最近かみやまに向かうと、昼時はいつも待ちの行列ができているので、14時頃到着をめざして行きました。
Benz_Kamiyama1.jpg Benz_Kamiyama2.jpg

今回は駐車場も空きがあり、問題なく店に入ることができました。
いつものように野菜天ぷらの蕎麦(妻)ともり蕎麦大盛を注文。
かみやま情報はこちら
蕎麦を堪能した後はいつものように田沼の『道の駅』に向かいました。
ここは日本最大とよくTVで紹介されています。
Benz_Tanuma1.jpg Benz_Tanuma2.jpg

いつもの買い物をしました。
最近TVでも紹介されていましたが、足湯場がオープンしていました。
今回は見るだけで帰ってきました。
道の駅から高速を使って帰宅。

代車のBenzのインプレッションですが....
とにかく安定していて、かつ速い!!
ドイツのアウトバーン環境での車造りを感じることができました。
たかだか1800ccのエンジンなのに、どうしてこんなに安定して有り余るパワー(トルク)が有るのか驚きの一言。
ターボの強烈な加速であっという間に160km/h(違法ですが<(_ _)>)に達し、先行車に追いついてしまい、それ以上の速度を体感できませんでした。
アウトバーンでは余裕で200km/h超えのクルージングができそうな感覚でした。
家に戻り、ヤナセに代車を返しに行った帰り....愛車の非力さを痛感しました。
でも、我慢します。愛車でも十分満足させてくれています。
でも、次の車は.....はは。
posted by マーラー火鍋 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年05月13日

埼玉比川越市の『三たて蕎麦 やじま』

埼玉県川越市の農家の店『三たて蕎麦 やじま』に行ってきました。
ここは蕎麦屋巡りを始めたころに一度行ったことがあったのですが、再度味を確かめに行きました。
川越市と言っても市街地ではなく、畑が多い農地の中に在ります。
開店の11:30を目指して11:20に到着したのですが、既に4組のお客が開店を待っていました。
店の前の空き地(?)も駐車場になっておりました。
yajima1.jpg yajima2.jpg

さて、「三たて」ってなんだろう?と思っていたら、店に置いてあった小さなパンフレットに説明が。
やじまの蕎麦へのこだわりが説明されていましたので、抜粋して記載します。
---------------------------------------------
三たてとは、挽きたて、打ちたて、茹でたてを言いますが、もう一つ収穫したてを加え、四たてが最高の蕎麦です。.......
当店では天ぷら、温かい蕎麦はありません。メニューは七品目(もり蕎麦二品目)のみで、本物の蕎麦の味を食して戴きます。
●...無化学肥料....
打ち粉を含め100%自家栽培、自家製粉......ネギ、季節の作物も自家栽培....
---------------------------------------------
こだわりを感じます。
十割せいろを注文しました。
お茶ではなく、蕎麦湯が湯呑に注がれてでてきました。
蕎麦湯の香り、味から出てくる蕎麦への期待感が膨らみます。
yajima3.jpg yajima4.jpg

蕎麦は若干粗挽きですがしっかりとこしがあり、香りとともに美味しい十割蕎麦でした。
いつも美味しい蕎麦を食べて思うのですが、腹八分目がちょうど良い分量で、帰りの車の中では、後から満腹感(満足感)が来ます。
美味しくない蕎麦の場合、もうこれ以上何も食べたくないという後悔感になります。
yajima5.jpg yajima6.jpg

今回は珍しく大盛にしなかったのですが、十分満足できました。
また寄ってみたい蕎麦処でした。


所在地:埼玉県川越市谷中66-1
電話番号:049-222-9952
営業時間:11:30〜14:00
定休日:月、火曜日
ホームページ:こちら
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年05月06日

埼玉比本庄市の『蕎麦酒房 たじのや』

GW前半をシンセンで過ごし、帰国後美味しいお蕎麦が食べたいなと思いつつ、埼玉本庄市の『蕎麦酒房 たじのや』に行ってきました。
GW最終日ということもあり、高速道路の渋滞を避け、行きは高速道路で行って、帰りは一般道で帰れるエリアの蕎麦処を目指しました。
tajinoya1.jpg tajinoya1b.jpg

いい雰囲気の店構えです。
ナビで電話番号から行き先を探そうとしてら、私のナビ(パナソニック)には登録がありませんでした。
住所で設定し、関越自動車道、本庄児玉ICから向かいました。

tajinoya2.jpg tajinoya2b.jpg

基本的に蕎麦のみの店です。
私はせいろの大盛(900円)、妻は海老かき揚げ蕎麦(950円)を注文。

tajinoya3.jpg tajinoya3b.jpg

普通もりはざるが二枚、大盛は三枚になっています。
蕎麦は適度なこしがあり好みの味でした。
付け汁も私好みのちょっと濃い目でした。
この辺は好みの範疇ですが、一般的に考えて美味しい!部類です。
かき揚げには暖かい天つゆがついており、妻はからっとしたかき揚げと合わせて満足していました。
食後に出していただいた蕎麦湯は、薄すぎず濃すぎずで、私好みの味でした。
蕎麦の味が良く出ており、熱い状態で提供されて大満足でした。
また近くに来た際には寄りたい蕎麦処でした。


所在地:埼玉県本庄市児玉町八幡山355番地11
電話番号:0495-72-6405
営業時間:11:30〜15:00
定休日:火曜日
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年04月29日

埼玉比企郡小川町の蕎麦処『勝呂』

明日朝、羽田よりシンセンに向かいます。
訪中する前には蕎麦を是非食べておきたい気分で、以前から気にしていた蕎麦処『勝呂(すぐろ)』に行ってきました。
市街地からはちょっと離れますが、気になる蕎麦店が点在しているエリアです。
目的地にはいつものようにカーナビに頼って問題なく到着しました。
閑静な所に在り、民家の前に駐車場が。門をくぐり、民家の右手に蕎麦店がありました。
suguro1.jpg suguro2.jpg

のれんをくぐり店に入ると、既にほぼ満席状態でした。
カウンター席、テーブル席と奥に座敷がありました。
席についてメニューを見ると、蕎麦しかない事と、安めの料金設定で安心しました。
suguro3.jpg suguro4.jpg

妻はいつものようにもりそばと野菜天ぷら、私はもりそばの特盛り(そば二枚)を注文。
野菜天ぷらは、かぼちゃ、オクラ、人参、ごぼうとさつまいもが盛られており、テーブルに準備されている岩塩で頂きました。
蕎麦は味があり最後まで美味しくいただけました。
この最後まで....と言うのには意味があり、あまり美味しくない蕎麦の場合、大盛蕎麦を最後まで食べるのに苦痛となる事が多々あります。
今回私は二枚分の蕎麦を頼んでしまいましたが、おなかいっぱいにしながら最後まで美味しく頂きました。
蕎麦湯はさっぱりしたものですが、食べ終わる頃を見計らって熱い蕎麦湯を出していただき嬉しかったです。
たまに蕎麦と同時に蕎麦湯が出てきて、蕎麦湯を頂くときには冷えてしまってがっかりすることがあります。
また近くに来たら是非寄ってみたい蕎麦処です。


所在地:埼玉県比企郡小川町勝呂444
営業時間:11:00-(売り切れ次第閉店)
定休日:月曜日、火曜日
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年04月22日

埼玉比企郡の手打十割蕎麦『八丁』

昨日の土曜日に続き、本日も妻と蕎麦店に。
埼玉入間のアウトレットに行った後に、比企郡の八丁に向かいました。
蕎麦人さんのブログを参考にし、本日の昼に伺うことにしてました。
美味しい蕎麦店にある程度共通しているのですが、大きな街道筋にはなく普通では発見できないような場所に在ります。
八丁も同様で、カーナビに頼って行きつきました。
八丁1.jpg 八丁2.jpg

カウンターと座敷がある広い店内でした。座敷が不得意な私は迷わずカウンター席に。
蕎麦は生粉を使った十割蕎麦のみです。
注文したのは、せいろとせいろの大盛、野菜天ぷらです。
八丁3.jpg 八丁4.jpg

注文してすぐにサービスの揚げ蕎麦が出されました。
ご主人が試行錯誤して作り上げた逸品です。柔らかく良い食感で、美味しく頂きました。
でてきた蕎麦は私が注文したせいろ大盛です。
量が多く、追加せいろ(500円)を盛ってきたものかな?
蕎麦の実の殻を完全に取り除き、残った生粉だけで打った十割蕎麦です。
付け汁は純粋に鰹だけでだしをとった(主人から伺った)非常に手間のかかる方法で作った深みのある味でした。
八丁5.jpg 八丁6.jpg

天ぷらは非常に色合いが良く、食欲をそそりました。
蕎麦を食べ終わりそうな頃を見計らってわらび餅(?)に小豆アイスをあえたデザートを頂きました。
これもサービスでした。
もう大満足でした。
デザートを食べている頃、厨房から御主人が出ていらしていろいろとお話を伺うことができました。
美味しいお蕎麦屋さんに共通しているのですが、とにかくこだわりを持って蕎麦を作り上げているという事を認識できました。
蕎麦そのもののこだわりから始め、付け汁、蕎麦湯、薬味そしてうつわに至るまで随所にこだわっておられ、本日いただいた蕎麦の素晴らしさを納得できました。
ここではそのすべてを紹介しきれません。
また是非行ってみようと思います。
昼は14:00までとなっていますが、朝打った蕎麦が無くなり次第終了します。
電話を入れることを勧められました。

所在地:埼玉県比企郡吉見町北吉見1465
電話番号:0493-54-8878
営業時間:11:00-(売り切れ次第閉店)
定休日:月曜日
タグ:蕎麦 埼玉 十割
posted by マーラー火鍋 at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

群馬高崎市の凡味『そばきり』

本日は軽井沢のアウトレットに足を向けました。
前回路肩に在った雪もすっかり消えており、春の装いとなっていました。
濃霧が立ち込めており視界が数十メーターと悪く、風景を見ることができませんでしたが、おそらく桜が満開の状態だったと思います。

今日の昼は、高崎にある凡味『そばきり』と決めており、13時にアウトレットを出発し、14時に到着。
sobakiri1.jpg sobakiri2.jpg

とても趣のある店構えです。中に入ってもちょっと落ち着けるいい雰囲気です。
遅い時間だったので先客は3組と少なめですんなり座敷に案内していただけました。
野菜天ぷらがあればいつも注文するのですが、メニューになく海老天婦羅との事だったので今回は天ぷらをあきらめ......
せいろ二枚、いなかそば一枚を注文(妻と二人分)。
注文してすぐにせいろ二枚が登場。
そしてその後いなかそばが。
sobakiri3.jpg sobakiri4.jpg

せいろから食べ始め、美味しく二人とも完食。こしと味のある美味しい蕎麦でした。
次にいなかそばを二人で食べ始めました。
いなかそばは以前別の店で注文し、「もう田舎そば食べない」と妻と話していたのですが、天ぷらの代わりに注文してしまいました。
せいろに比べ太めなのですがとでも食べやすく、ここの田舎蕎麦は食べる価値ありと判断しました。
計三枚食べたのですが、ちょっと食べ足りない感があり....せいろを一枚追加しました。
多すぎの感は有りましたが、すぐに出てくるので追加してしまいました。
蕎麦湯が蕎麦と一緒に出てくる店が多い中、この店では食べ終わる頃を見計らって出していただき、熱い蕎麦湯を堪能できました。
蕎麦湯は私好みのさっぱりと濃厚の中間で、残りの付け汁を最後まで美味しく頂きました。
また寄ってみたい蕎麦処でした。


所在地:群馬県高崎市問屋町西1-8-6
電話番号:027-361-4928
営業時間:11:30〜14:30 17:30〜19:30
定休日:火曜日
タグ:蕎麦 高崎
posted by マーラー火鍋 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年04月15日

栃木野木町の蕎麦切り『わたなべ』

今回は栃木下都賀郡の『わたなべ』に行ってきました。
いつものようにお気に入りリンクの蕎麦人さんのページで下調べして行ってきました。
我が家から1時間くらいの場所だったので、蕎麦を食べることだけを目的に妻と出かけました。
わたなべ1.jpg わたなべMenu.jpg


比較的新しくきれいなお店でした。
駐車場は10台以上は楽に入るスペースでしたが、来店後すぐに満車状態になっていました。
テーブル席が満席だったので、座敷に入り注文を。
生粉(きこ)打ち蕎麦(十割)の大盛と天せいろ(外二)を注文しました。
わたなべ2.jpg わたなべ3.jpg

蕎麦は細めなのですが十分こしのある食感で、食欲をそそりました。
時期が悪いのか(?)あまり蕎麦の香りが感じられませんでした。
つゆは若干辛めで好みの味です。
蕎麦湯も私好みのさっぱりしたもので、最後には蕎麦湯を堪能いたしました。

また機会があれば寄ってみたい蕎麦店でした。

所在地:栃木県下都賀郡野木町友沼6509-17
電話番号:0280-57-1825
営業時間:11:00〜19:00(売り切れ次第終了)
定休日:水曜日
posted by マーラー火鍋 at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年03月27日

赤城山麓にある桑風庵へ再度訪れました

以前行った赤城山麓(群馬県)に在る桑風庵の蕎麦をもう一度食べたい!という気持ちで、再度訪ねてみました。
以前の記事はこちら
今回は、蕎麦を食べてから赤城山を散策してみようと、朝から出かけました。
soufuu2-1.jpg soufuu2-2.jpg

到着したのは11:45でしたが既に駐車場(とても広い駐車場)に結構な台数の車が既にがあり、待たされるかなと心配しながら店内に。
席に若干の余裕がありましたが、後から後から続々とお客さんが入ってきます。
前回、二人で7合の蕎麦を注文し、ちょっと多すぎたので今回は5合の蕎麦と野菜天ぷらを一つ注文しました。
soufuu2-3.jpg soufuu2-4.jpg

2回来て、「やっぱり美味しい!」と感心させられるお蕎麦でした。
美味しいお蕎麦を頂くと、「これまで食べてきたお蕎麦は何だったんだろう?」といつも思います。
美味しいお蕎麦を頂いた後は、そのまま赤城山頂にある赤城神社を目指しました。
道路わきには雪が積もっていましたが、道路は乾燥状態で問題なく赤城神社に到着。
soufuu2-5.jpg soufuu2-6.jpg

山頂の大沼(凍ってます)ではワカサギ釣りをする人が多数いました。
神社にお参りして、帰宅の一途へ。
気温はマイナスと寒い大沼でした。

GWの訪中までは、美味しい蕎麦屋巡りを続けます。m(__)m
タグ:蕎麦 桑風庵
posted by マーラー火鍋 at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年03月11日

栃木佐野市の手打ち蕎麦『安曇野』再来

土曜日に近所の蕎麦店に妻と行き、がっかりして帰ってきました。
美味しいお蕎麦が食べたいという欲求から、佐野に出かけました。
佐野のアウトレットにちょっと寄ってから、安曇野に向かいました。
以前のブログで紹介したところです(こちら)。
アウトレットから向かった時間が13時近かったので、店に電話を入れて...まだあるとの事だったので向かいました。
いつも遅い時間に向かう私には、この蕎麦処は食べれた確率が50%です。
今回は4回目の訪問になります。

azumino2_1.jpg azumino2_2.jpg

注文したのは、十割蕎麦大盛と、野菜天ぷらざるそばです。
何度食べても美味しいです!!
個人的には付け汁が美味しく(蕎麦も当然美味しいです)、これまでのトップ3に位置しています。
天ぷらは初めての注文でしたが、近所のかみやまのほうがさっぱりしていて美味しいと思います。
あくまで比較の話であって、安曇野の野菜天ぷらでも十分満足できます。

庭にワサビ、ザゼン草が栽培されており、店主に尋ねたところ....、2-3km先にザゼン草が自生しているところが在るというので、足を延ばして行ってきました。
azumino2_3.jpg azumino2_4.jpg

天然記念物のザゼン草が群生しているところがありました。
美味しいお蕎麦を食べつつ、その地域の名物、物産他を訪ねるのが楽しみです。

所在地:栃木県佐野市秋山町73
電話番号:0283-87-0180
営業時間:11:00〜(売り切れ次第閉店)
定休日:火曜日、第4月曜日(祝日は営業)
posted by マーラー火鍋 at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年03月03日

埼玉日高市の手打ち蕎麦『奈佳一』

今週末も妻と蕎麦屋巡り。
2010年末に始めた蕎麦屋巡りですが、当初行った事のある『奈佳一(なかいち)』に再度行ってみました。
nakaichi1.jpg nakaichi2.jpg

場所は美味しいお蕎麦屋らしく(?)、街中から離れたところで、高速道路の脇にあります。
到着したのが14:30と遅かったのですが、先客が4組ほどおりました。

nakaichi3.jpg nakaichi4.jpg

最近蕎麦屋巡りをしていて反省している点が一つあります。
何か変わったメニューがあると、ついつい頼んでしまう....
結果、その店の素の味が判らずモヤモヤして帰るということが。
今回、田舎そばがありましたが....もり蕎麦の大盛を注文しました。
一応、店員さんに田舎そばはどんなものですか?と尋ねましたが、「太めの...」との回答で、妻と二人でもり蕎麦にしました。
以前、田舎そばを注文して、何を食べているんだろう?という欲求不満で店を出たことがあったので。
付け汁が比較的濃いめですが、薬味として付いてくる辛み大根との相性が良く、美味しかったです。
また、残り汁に蕎麦湯を入れて飲んだ時に、「美味しい!」と思える濃さでした。
車海老の天ぷらを頼むお客さんも多い感じがします。

帰りには近くにある『サイボクハム」によって買い物をしてきました。
また行ってみたい蕎麦店です。



所在地:埼玉県日高市下大谷沢297−25
電話番号:042-985-6511
営業時間:11:30-17:00(売り切れ次第閉店)
定休日:月曜日、第一火曜日
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年02月26日

群馬赤城山の蕎麦処、『桑風庵本店』へ

雪降る中、軽井沢のアウトレットに出かけました。
帰りに行くつもりの蕎麦処は決めてあったのですが、アウトレットで時間を費やし過ぎて、駐車場に戻ったら既に15:00になっていました。
行く予定の蕎麦処は、ここから100km弱(走行距離)離れた赤城山麓にある『桑風庵 本店』です。
もうだめかな?と思いつつ店に電話を入れてみました。
お蕎麦はまだあるようですが、16時に閉めるのでそれまでに来店いただければ.....とのこと。
これは間に合わないなと思いつつ、「がんばって行きます!」と連絡して向かいました。

積雪の中、上信越道の軽井沢インターから関越道の前橋インターに向かい、そこから一般道で赤城山方向へ。
前橋大学近辺を走行中にもう一度お店に電話を。このとき既に16:00になっていました。
「わざわざ遠くからお越しいただいたので、お待ちいたします」とありがたい返事を頂きました。
食べるものは決めてあったので、電話で注文して『桑風庵 本店』に向かいました。
到着したのは16:15でした。
広い駐車場に車を停めて店に駆け込みました。
soufuu1.jpg soufuu2.jpg

お店の方は「わざわざ遠くから。お待ちしておりました」と、とても温かく迎えてくれました。

これまで行ったことが無いような、雰囲気がありとても落ち着いた蕎麦処です。
soufuu3.jpg soufuu4.jpg

電話で注文しておいた物は、そば7合と野菜天ぷら。
天ぷらが最初に出されました。かぼちゃ、サツマイモ、ピーマン、なす...が二切れずつ盛られています。
程無くして7合の蕎麦が出てきました。
soufuu5.jpg soufuu6.jpg

7合はちょっと多いかったかなと思いつつ蕎麦を口にすると、こしがあり、蕎麦の良い香りが口の中に広がりました。
妻と二人で完食したところに、「寒い中お越しいただいて....」と甘酒をサービスしてくれました。
これは『酒』ではなく、麹から作った暖かく美味しい飲み物でした。
蕎麦の味、からっと揚がったてんぷら、甘酒、店の雰囲気そして店の方の対応とどれをとっても最高に満足しました。
また来たい蕎麦処でした。

今回は遅い時間で幸運にも食べることができましたが、通常はそばが無くなり次第終了になります。
冬ですと15:30には閉店になるとのことでした。天候が良ければもっと早く閉まると思います。



所在地:群馬県前橋市富士見町赤城山1135
電話番号:027-288-4120
営業時間:11:00-16:00(売り切れ次第閉店)
タグ:蕎麦 群馬
posted by マーラー火鍋 at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年02月19日

栃木足利の石挽手打ち蕎麦『里しょう庵』

今週末も美味しい蕎麦を求め、出かけてきました。
行ったのは、栃木県の足利市にある『里しょう庵』(りしょうあん)です。
こんなところに!?という場所にありますが、ネットで調べピンポイントで向かいました。
里しょう庵1.jpg 里しょう庵2.jpg

民家に併設されたお蕎麦屋さんです。

行ったのは日曜日の12時前でしたが、先客が既におりました。
妻と二人で注文したものは、
もりそばの大盛と野菜天ぷらそばです。
野菜天ぷらそばが990円と安い設定です。
里しょう庵3.jpg 里しょう庵4.jpg

最初にそば茶が出てきて、期待しておそばを待ちました。
蕎麦はこしがあって好みの食感でした。
付け汁はこれまで味わったことが無い味わいでしたが、嫌いではありません。
そして嬉しいことに、量が多いです。私はいつも大盛にするのですが、今回はおなかいっぱい!という感じでした。
妻が頼んだ野菜天ぷらそば普通もりがちょうど良い感じでした。

蕎麦湯は、蕎麦をゆでた湯ではなく、そば粉を溶いたものでした。
これはこれで美味しいのですが、付け汁を楽しみたい私はゆでたお湯のさっぱり感が好みです。

これまで埼玉、栃木を中心に蕎麦巡りを毎週のように楽しんでいます。
いつも参考にさせていただいているサイトは、「蕎麦人」さんのサイトです。
全国のおそばを紹介頂いているサイトで、非常に参考になります。
紹介していただいている蕎麦処は、蕎麦人さんの主観ではありますが、これまで私と妻が行ってハズレたことは有りません。
栃木の蕎麦○○選とかいう本を買って、紹介されている店にも行ったことがありますが....はずれが連続し、本に書いてある店は信用しなくなりました。
美味しい蕎麦処があるのは間違いないですが、美味しくない店が含まれているのも確かです。

私が投稿している蕎麦処は、行って美味しいと思ったところしか記載していません。
「また来たい」「機会があれば来る」「どちらでもない」「もう来ない」の判断基準で、前者二つしか紹介しません。
今回の里しょう庵は「機会があれば来る」と判断しました。
あくまで私の判断ですが....人それぞれ判断基準が異なりますので、参考程度にしてください。


大きな地図で見る

所在地:栃木県足利市朝倉町803-3
電話番号:0284-72-3007
営業時間:11:30〜14:30/17:30〜21:00
定休日:火曜日 月曜の夜の部
タグ:蕎麦 足利
posted by マーラー火鍋 at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年02月11日

埼玉越生の田舎蕎麦『玄家』

日本に帰って、最初の週末はいつものように蕎麦を食べに行きました。
今回は埼玉入間のアウトレットに行ってからの昼食で、埼玉県の蕎麦店を事前に調査し、越生町の『玄家』に向かいました。
いつも思うのですが、美味しいお蕎麦屋さんはとんでもないところに在る。
こんなところに在って.....と不思議に思うのですが、そんな場所にあるお店が美味しいんです。
有名なラーメン屋は都心のアクセスが便利な所にありますが、美味しいお蕎麦屋さんはアクセスが不便なところにある事が比較的多い気がします。
今回行った玄家もそんな一つでした。
たどりついたお店がこちら。到着するまでに右往左往いたしました。
Genya1.jpg Genya2.jpg

席に着くと、蕎麦の揚げ物が出てきました。

Genya3.jpg Genya4.jpg


Genya5.jpg Genya7.jpg

注文したのは、十割のおろし(大盛り)と、二八のもり蕎麦です。
おろしは辛み大根のぶっかけ蕎麦で、とても美味しかったです。
二八も蕎麦の風味が十分出ており、十割共に非常に満足しました。
こんな美味しいおそばを経験しちゃいますと、街中の蕎麦店に行く気がしなくなります。

食卓に美味しい梅干しがありました(無料)。梅干し500gを買って帰りました。
ここは、是非また行きたい蕎麦店リストにアップされました。
金土日のみの営業です。
今回は事前に電話予約をして訪れました。



所在地:埼玉県入間郡越生町大満525-1
電話番号:049-292-6188
営業時間:11:00-18:00(売り切れ次第閉店)
営業日:金土日曜日 1月第一週と8月は休業
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年01月28日

埼玉の手打ち蕎麦処『琴正庵』

今週も蕎麦屋巡りをしてきました。
埼玉入間のアウトレットに行った帰りに。以前より気になっていた蕎麦処です。
埼玉県の川島町にある『琴正庵(きんしょうあん)』です。
kinshouan1.jpg kinshouan2.jpg

街道に面した店構えではなく、一般の家に車で入っていくという感じです。
存在を知っていないと気がつかずに通り過ぎてしまいます。
駐車場はは10台程度のスペースがあります。
昔からの民家でお蕎麦屋さんを営業しているという雰囲気です。

土曜日の13時に店に入りましたが、やはり満席でした。でも蕎麦がまだあるので安心しました。
席に着いてメニューを見ると、もり蕎麦と天ぷらだけでひと安心!!
基本的に、うどんその他定食等を扱っている店には行きません。蕎麦専門店だけいくことにしています。
私は”大もりそば”と”天ぷら”(3個100円)を注文。
最初、天ぷら盛り合わせを注文したのですが、「10品あって量が多いですよ」とのことで、三品の天ぷらにしました。
周りの客のテーブルを見ると、ほとんどの方がこの天ぷらを注文していました。
kinshouan3.jpg kinshouan4.jpg

おそばの味には満足です。
そして100円の天ぷら三品は、人参、サツマイモとピーマンでした。
量的にはちょうど良く、盛り合わせを頼まなくて良かった(笑
追加の蕎麦が400円で注文できるのも良いですね。

また行きたくなる蕎麦処でした。

店の情報


所在地:埼玉県比企郡川島町畑中17
電話番号:0492-97-3430
営業時間:11:30-14:30 定休日:日曜日、水曜日
タグ:蕎麦 埼玉
posted by マーラー火鍋 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年01月21日

栃木佐野の手打ち蕎麦店『かみやま』

春節に入ったなか、日本で蕎麦屋巡りを続けています。
今日は雪交じりの雨が降る中、特に私が行く機会の多い、佐野の秋山地区へ。
行ったのは手打ち蕎麦『かみやま』です。
kamiyama3.jpg kamiyama4.jpg

今年になってから二度目の来店です。
こだわりの蕎麦店にしては珍しく、広くきれいな客席と、寒い時期にも暖かい暖房。
そして蕎麦専門店なのに、蕎麦が無くなり次第『本日終了』が無い。
安心していくことができます。
何よりも蕎麦、天婦羅が美味しくお気に入りのお店です。
また、客席が拡張されており、美味しいおそばを食べながらゆっくりと歓談でき、落ち着けるお店です。
kamiyama1.jpg kamiyama2.jpg

今回注文したのは、天婦羅もりそばともりそばの大盛です。
こしがしっかりしており美味しい蕎麦でした。
個人的にはお気に入りの一店です。

新年になって蕎麦屋5店行きましたが、ここは外しませんね。
外した店は紹介しませんが.....(笑
火鍋に魅せられた....のBlogなのに蕎麦のblogになりつつありますが.....
春節が明けたらシンセンに行きますので、本筋の報告をいたします。

店の情報

所在地:佐野市秋山町305
電話番号:0283-87-0036
営業時間:11:00-18:00 定休日:木曜日
タグ:蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年01月15日

埼玉深谷の蕎麦『遊歩』に行ってきました。

年末の訪中からシンセンネタが無いので、日本でのネタを。
一昨年から妻と蕎麦屋巡りが続いています。
週末になると、今日はどこに行こうか?と始まり、美味しい蕎麦を求めて出歩いています。
ホームポジションが埼玉なので、埼玉、栃木をメインに。
今回は、埼玉県の深谷市にある『遊歩』に行ってきました。
遊歩1.jpg 遊歩2.jpg


隠れ家的な場所にありましたが、結構席が埋まっておりました。
リピーターに支持されている感じです。
竹林の中にあるという感じで、美味しい蕎麦を食べれそうと言う期待が持てる店構えでした。

日曜日は普通のせいろと田舎そばがあるとのことで、田舎そばを注文。
そのほかに、深谷葱の天婦羅等々を注文。
でてきた田舎そばは、うどんのような太さの田舎そば。
しっかりとしたこしと、蕎麦の味を堪能できました。
次回はせいろと粗引き蕎麦を堪能しようと思います。
再度食してみたい味でした。
posted by マーラー火鍋 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦

2012年01月02日

新年は日本で蕎麦

新年は日本で過ごしております。
昨年、家族に不幸があったので、新年のお祝いはせず気ままに妻と過ごしております。
元旦は佐野プレミアムアウトレットに行って、買い物。
2日、本日は軽井沢プリンスアウトレットに行ってきました。
元旦の佐野プレミアムアウトレットは多くの人が来ており、周辺は大渋滞だったのですが、本日は早めに軽井沢に着いて、人も少なめでした。

本日は買い物が終わり、いつものように蕎麦を求めて周辺探索。
昨年夏に行った蕎麦店も良かったのですが、蕎麦湯がいまいちと一つ気に入らないところがあったので別の店を探しに。
行ったお店は、中軽井沢駅前の『かぎもとや』です。
kagimotoya.jpg

結局適当なお店に行きつかなかったので、30年前に一度行ったことのある、かぎもとやに行ってみました。
当時、蕎麦の味もよくわからず、付近の人に美味しいお蕎麦屋さんは何処と尋ねて教えてもらった店です。
最近では妻と蕎麦店巡りをしており、蕎麦に対して多少うるさくなってきています。
また来ても後悔しない、満足できる蕎麦でした。
この店は、明治元年創業のようで、非常に歴史のある老舗です。

蕎麦に対して、妻と私の評価ポイントは、
1.蕎麦の味と香り
2.付け汁の美味しさ。(暖かい蕎麦は食べません。)
3.天婦羅の美味しさ。 海老とかの天婦羅料理ではありません。蕎麦と一緒に食べて美味しいかがポイント。
4.蕎麦湯が美味しいか。

この四つのポイントで評価しながら蕎麦を探索しています。

妻との間で評価が高いのは、佐野の安曇野と、埼玉都幾川町のとき庵です。
今年も探索します。(シンセンとは関係ありませんが....)
タグ:蕎麦
posted by マーラー火鍋 at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦