2019年04月07日

華強北エリア九方の『緑茶』で夕食

シンセンに到着した日の夕食は、日本から事前にアポをとっていた中国人女性と、彼女のマレーシア人女性との三人での食事となりました。
シンセン到着後、どこに行くか微信で連絡を取り、最終的にナインスクエア(九方)のグリーンティー(緑茶)で落ち合うことに。
待ち合わせの店に行くと既にオーダーがされていました。
9s_GT_1.jpg 9s_GT_2.jpg
店に到着ししばらくすると料理が運ばれてきました。
豆腐鍋と鶏肉です。ともに辛くない料理です。このレストランは基本的に辛くなく、広東省人うけする味付けです。
オーダーしたのが桂林省出身とマレーシア人の彼女たちなのでうなづけます。
9s_GT_3.jpg 9s_GT_4.jpg
その後出てきたのがドライアイスの煙の中にある料理。どうも私が日本人であるのを意識したのか生素材料理の寿司をイメージしたようです。
気を使ってもらったのは十分感じますが、日本人としてはその料理はどんなもんかなと遠慮しました。
このとき思いました。

渡航する人は渡航先でわざわざ自国料理を食べたくて渡航しているわけではない。
自分の経験では、中国、香港で回転寿司とか日本料理を食べたいと思ったことが一度も無い。
考えればわかることですが、日本で食べるのに比べて美味しいはずがない、って言うか出会ったことが無い。
そして、反面自分が過去に行ったことに反省もしました。
何年か前に中国人女性の友人が日本に来たときに、訪日当日夜に私のお気に入りの中国料理店に招待し、私の友人達と食事をしたのですが、彼女はあまり食べていませんでした。
後日、妻を含めて昼食した際に『バーミアン』に行ったのですが、あまり食べることなく、白米を頼んでおかずを混ぜて中国風の食事をしていました。
スパイシーさが足りないといいながら、いろいろ調味料を追加して。

後日彼女に私が連れ添っていないときに何を食べたか聞いたら、『いつもラーメン』をとの返答!!
納得してしまいました。もし友人の中国人が日本に来ることがあったら、有無を言わさず『寿司』、『刺身』、『わさび』、『生卵』、『納豆』、『馬刺し』という彼らには受け入れがたい料理にあえて招待したほうが良いと思いました。
タグ:華強北 九方
posted by マーラー火鍋 at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理

2019年01月16日

9 Square(九方)の『緑茶』で中国友人女性と夕食

シンセンから帰国の前日の夕食は、日本にいるときにシンセン在住の女性と約束していました。
そんな中、シンセンでちょっと風邪気味で19時頃までホテルで寝ていました。
ふと目が覚めてWeChatをのぞいたら、『今日の夕食は?』と17時過ぎに連絡が来ていました。
慌てて『今どこにいるの?』と連絡したところ、『今HQB(華強北)にいる』との返信が。
今から夕食に行ける?と聞いたところ...(中略)...九方の『緑茶』に行きたいとのことで、慌てて向かいました。
以前行ったことがあるレストランだったので、問題なく行くことができテーブルを確保して、友人が来るのを待ちました。
GreenTea1.jpg GreenTea2.jpg
友人はピアノのレッスンを受けていたとのことで『空腹です!』の第一声。
私はビールメインですが、5品くらい料理を注文。
GreenTea3.jpg GreenTea4.jpg
ダックと写真にはありませんが豆腐鍋がやさしい味で美味しかったです。
ここは杭州料理店で、辛くなく日本人受けする味です。湖南、四川料理と違って『よし、食べるぞ!』という気合は不要で、普通にいただけます。
友人女性は桂林出身で、杭州料理がちょうど良い様子でした。
GreenTea5.jpg
いつも思うのですが、夕食をご一緒してくれる中国人友人に感謝です。
posted by マーラー火鍋 at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理

2018年11月01日

華強エリア(九方)で杭州料理

いつもシンセンで夕食を共にする友人たちと夕食に行きました。
華強エリアにある9スクエアショッピングモールにあるレストランです。
杭州1.jpg 2018_10_24_IMG_4866.JPG
最近のシンセンではきれいなショッピングモールができてきて、ここもそのひとつです。有名ブランド店が多く入っており、有象無象が入店しているわけではなく平日では落ち着けます。
レストランも多数あり、今回は『緑茶』という店に招待されました。
杭州3.jpg 杭州4.jpg
落ち着いた店です。街並みにある料理店とは一線を隔しています。
杭州5.jpg 杭州6.jpg
私は手をつけませんが、中国の人は魚(海魚ではない)が好きですね。過去十年で一回食べて箸をつけるのをやめています....
杭州7.jpg 杭州8.jpg
豆腐料理とサラダです。辛い味付けがなくとてもおいしかったです。
友人たちがサラダを注文していたのには少し驚きました。これまで中国人がサラダを頼んでいたのを見たのは初めてです。野菜といっても炒めたものばかりで、生野菜をはじめて見ました。
杭州9.jpg 杭州10.jpg
食パン半欣を焼いてバニラアイスを載せたのはおいしかったです。中華料理とは一線を引いています。他のテーブルでは皆注文していました。
杭州11.jpg
おいしい料理をご馳走になりました。次回の訪中では私がご馳走する番です。
posted by マーラー火鍋 at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理

2017年10月13日

川崎でお気に入り中国料理店「福門飯店」

仕事帰りに良く行く中国料理店に同僚と会食に行きました。
行ったお店は、川崎駅西口近くにある福門飯店です。
川崎エリアは多くの中国、中華料理店がありますが、この店は今年新規オープンしたものと思われます。
小さな店なのですが、中国シンセンで中国料理を楽しむ私にとって、この店の中国料理は遜色ない味を提供していると言えます。
FUMEN1.jpg FUMEN2.jpg
こじんまりとした店内ですが、10テーブル程あり25人以上集まれば貸し切りの宴会ができます。
FUMEN3.jpg FUMEN4.jpg
私の一番のお気に入りは、麻婆豆腐です。
何も注文しなければ日本人向けの味付けなのですが、辛いの、とっても辛いのと注文すると湖南料理、四川料理味の麻婆豆腐が出てきます。辛いのですと唐辛子で辛くしたもの。とっても辛いを頼むと山椒を加えた痺れる麻婆豆腐が提供されます。
FUMEN5.jpg FUMEN6.jpg
今日ははじめて蝦餃子を注文しました。中国、香港で飲茶料理店に行く時定番の料理です。プリプリ感がたまりません。
FUMEN7.jpg FUMEN8.jpg
中国料理店といえども、日本で営業しているせいでしょうか日本料理と思えるものも提供されています。
揚げだし豆腐ですが、これはこれでまた美味しい一品です。
そのほかお勧めは「大根餅」です。写真はありませんが過去に香港に通っていた時によく食べた物を思い出しました。
今回会社の同僚4人で行きましたが、一人2000円弱ととても安く満足して帰りました。

2017-10-13_214230.jpg
営業時間 11:00-14:30、17:30-23:00
住所 川崎市幸区中幸町4-51-6

川崎のお店過去記事
川崎「盤古茶屋」で火鍋他
川崎の火鍋店『小尾羊』
川崎の火鍋店『天天』
川崎の上海小籠包『石庫門』に行ってきました。
タグ:川崎
posted by マーラー火鍋 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理

2016年04月03日

今夜は青椒肉絲と麻婆豆腐を料理

週末の日曜日、中華料理を作りました。
以前は毎週末作っていたのですが、久しぶりの料理に挑戦しました。
メインは青椒肉絲で、サブに麻婆豆腐を準備しました。
昼に買った豚ロースを卵他で下ごしらえし、夕方から調理を始めました。
中華料理0.jpg

まずは簡単な麻婆豆腐から作ります。丸味屋の素に豆板醤、ニンニク、ひき肉を加え3人前を作りました。
中華料理1.jpg 中華料理2.jpg
青椒肉絲は下ごしらえしておいた豚肉と、タケノコ、ピーマンの千切りを油で揚げ、フライパンでオイスターソースベースで味付け。美味しそうにできました。
posted by マーラー火鍋 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理

2015年11月09日

週末に蝦チリと酢豚を調理

週末に中華料理?を調理しました。
『中華料理?』としたのは、中華料理風のもので、日本では中華料理のカテゴリーになりますが、中国の料理店には無いメニューです。
蝦チリソースと酢豚です。
ebichiri.jpg subuta.jpg

両方同時進行で作ったので、頭の中が混乱しましたが美味しくできました。
両方とも〇〇の素ではなく下ごしらえから料理しました。
蝦チリのエビは、『業務スーパー』で仕入れた冷凍物(500円台)ですが、しっかり自然解凍し下ごしらえをちゃんとすると、縮むことなくぷりぷりに仕上がりました。
酢豚の肉もスーパーで買った安い肉ですが、下ごしらえをちゃんとすると柔らかく高級な豚肉のように仕上がります。
下ごしらえからの手間を考えると相当な時間がかかりましたが、インスタントの素で作ったものとは格段の差が出ます。
家族には大好評でした。
そして写真を中国の友人にWeChatで送ったら....それは何?との反応。
両方とも中国の人には知らない中華料理ということが再認識されました。
タグ:中華料理
posted by マーラー火鍋 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理