2013年11月13日

人民元、香港ドルへの両替

シンセン、香港に行く際現地通貨が必要になりますが、両替方法について紹介します。
これまで幾度となくブログで断片的に紹介しましたが、それをまとめてみます。

通貨を両替する手段は次の方法があります。
1.日本/現地空港での両替
2.現地市中銀行での日本円の両替
3.現地市中両替所での両替
4.現地ATMでのクレジットカードでの出金
これ以外にも日本での事前両替、マネパの空港受け渡し、現地闇両替所等ありますが、上記四点について記載します。

1.日本/現地空港での両替
 始めての地域に行く場合、不安から日本の空港で両替しちゃう事があると思いますが、これが最悪の手段です。
 とにかく手数料が高く、15%ほどの手数料が取られます。
 成田での両替例はこちらです。
 羽田の場合はこちら
 どちらも同じです。
 ちょっと我慢して、現地空港で両替すると多少安くなります。
 香港国際空港での例はこちらこちらです。
 香港国際空港で気をつけなくてはいけないのが、営業時間です。
 遅い時間に到着すると閉まっている場合があります。
 そんなときはクレジットカードが活躍します。

2.現地市中銀行での日本円の両替
 日本円を市内の銀行窓口で両替することができます。
 中国では、いったんアメリカドルに変換され、それから人民元に変換されます。
 このときの手数料が2.5%になります。
 空港での手数料に比べればはるかに安く交換できます。
 ただ、銀行窓口での手続きになるので待ち時間が必要なのと、英語/中国語の会話が必要になります。
 私が常用している招商銀行の店員は非常に親切で、この点は問題ありません。

3.現地市中両替所での両替
 香港ではこの方法がお勧めできます。
 市中いたるところに両替所がありますが、レートが大きく異なりますのでいくつかの両替所を比較してみることをお勧めします。
 絶対的にレートが良いのが、重慶マンションに密集している両替所です。

 シンセン市内では、通常市中両替所は銀行が運営しているようで、手数料は銀行窓口と一緒です。
 ただし待ち時間なく、パスポートの提示も不要で、一日の交換限度額も曖昧になっていると思います。
 華強北の両替所をこちらで紹介しています。
 他にレートの良い闇両替所があるそうですが、顔見知りにならないと偽札を手渡されそうでトライしていません。

4.現地ATMでのクレジットカードでの出金
 最近はもっぱらこの方法で現地通貨を入手しています。
 香港国際空港でもATMに駆け込み、シンセンに向かうための香港ドルを入手します。
 シンセン市中の大手銀行のATMではVISA/MASTERのカードで人民元を問題なく入手できます。
 AMEXはこのサービスを停止しているので注意が必要です。

もっと有利な方法があれば、是非ともご教授ください
posted by マーラー火鍋 at 21:53 | Comment(5) | TrackBack(0) | 通貨両替

2013年09月16日

華強北路の両替所

読者の方からの質問があり、両替所を探しているとのことですのでこの記事で回答させていただきます。
市中の両替所はいたるところに在りますが、私の行動エリア、華強北の両替所を三か所。
両替所.jpg

@は私がいつも利用するところ。
以前はホテルのフロントの入口に在ったのですが、ホテルが無くなり携帯電話のショップとなっています。
建設銀行の両替所で、夜8:00まで営業しています。
外からはわかりにくいですが、ビルへ一歩入ると左手に在ります。
レートは市中銀行と同じです。
銀行と違い、並ぶことも無く、パスポートの提示の必要がありません。銀行同様に一回(一日)の上限金額が在るのかもしれませんが、パスポートの提示の必要が無いということは、何回でも両替できる事と思います。

他にもこの界隈に両替所があります。
Aもビルに入った入口(右手)に在ります。 Bはビルの角に店舗があります。

ただ、人民元⇒日本円の多額の両替はしたことがありません。
posted by マーラー火鍋 at 17:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | 通貨両替

2013年01月03日

成田の通貨交換レートが高い!

本日より7日まで、シンセンの友人たちに新年のご挨拶に行きます。
1月3日で、帰国ラッシュが始まる中での出国なので、出国ロビーはガラガラです。
Narita1.jpg Narita2.jpg


驚いたのは、中国元の両替レートです。
成田空港の両替レートは最悪なのですが、15.61円にはびっくりしました。
こんなレートは4-5年ぶりでしょうか。
数か月前と比べ15%位値上がりしていますね。
中国の銀行にもっと預金をしておけば良かった....

フライトまでまだ二時間近くあるので、ラウンジでビールを飲んでまったりしています。
タグ:人民元
posted by マーラー火鍋 at 15:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 通貨両替

2012年06月19日

中国元両替レート

只今シンセンに来ています。
日本円と人民元の直接取引がニュースになりましたが.......
成田、香港そして中国でレートをチェックしました。

Narita_Rate.jpg HongKong_Rate.jpg
成田の人民元変換レートは、一元当たり14.38円!!! 当時のレートは12.5円位ですので15%もの手数料を取られます。これこそボッタクリです。
香港空港でのレートは....
人民元とのレートはありませんが、一香港ドルへの変換レートは10.98円です。
成田でのレートては12.68円なのでこちらも15%の手数料を取っています。
成田での両替がいかに高い手数料を取っているかわかります。

そして中国の市中銀行での交換レートは、一元が12.88円でした。
直接取引になっていますが、市中銀行までは波及していなく、これまでどうりの2.5%です。
でも成田でばかげた手数料を支払うよりはましです。
タグ:両替 人民元
posted by マーラー火鍋 at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

2012年05月26日

日本の人民元建て対中直接投資が可能に

今朝ニュースを見ていたら、人民元⇔日本円の直接取引が可能になると。
ネットで調べたら、中国網-日本サイト-に記事が出ていました。

こちら

これまでは米ドルを介しての取引でしたが、直接取引が可能になると....
・両替手数料が安くなる
 これまで市中銀行で2.5%の手数料を取られていましたが、米ドルなみに安くなる。
・中国の銀行での定期預金が効果的になる
 中国の銀行に預けた人民元の定期預金金利が非常に高く、短期でも3%を超える高金利です。
 ただし日本円⇒人民元、人民元⇒日本円の往復で合計5%の手数料となるので、長期の定期にしなくてはメリットを得られませんでした。私は現地で人民元を使うので、往復ビンタにはなりませんでしたが。
・日本から中国の銀行に円建てで入金できる(?)
 これまでは日本から米ドル建てで入金できましたが、とってもてまがかかる。
 日本円⇒米ドル交換、米ドル建てで送金....
 おそらく日本円で送金できるようになるのではと期待しています。
 あとは、現在停止されている、外国人のネットバンキングでの両替(日本円⇔人民元)ができるようになれば言うことなし。

他にも色々とメリットが出てくるのではないかと思っています。
タグ:両替 人民元
posted by マーラー火鍋 at 10:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 通貨両替

2012年04月30日

羽田空港の通貨両替レート

本日シンセンに向かいます。
現在10:35発香港行きを待って、TIATラウンジでくつろいでます。
羽田の国際線ターミナルが新しくなった頃は、このラウンジは空いていたのですが、最近ではかなりの人が利用しています。
TIAT.jpg Exchange_rate.jpg


日本国内では両替する気はないのですが、空港でのレートを確認しました。
人民元への交換手数料が14%以上になっています。
現地で両替すれば2.5%なので、ボッタクリですね。

搭乗まであと一時間。FXチャートでも眺めています。
posted by マーラー火鍋 at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

2010年12月24日

成田での両替 2010年12月

しばらくぶりにシンセンに来ています。
ネタが無いので、全く更新していませんでした。

最近は若干円安に振れており、中国元のレートが上がっていますが、通常レートで一元が12.5円前後で推移しています。
成田空港でレートをチェックしたら.....
NRT_CHG.jpg

なんと一元あたり14.3円!!
ぼったくって居ますね。
手数料を15パーセント以上取っている計算になります。
中国国内の市中銀行の交換手数料が一律2.5パーセントなので、成田での両替はあり得ませんね。
まだ香港空港で両替するほうが全然ましです。

今回は、中国の招商銀行にまとまった金額を入金する予定なので、毎日いろんな銀行のATMからスルガ銀行のカードを使って人民元を引き出しています。
スルガのカード利用だと、手数料が1.69パーセントと成田空港の1/10なので、全然お得です。
posted by マーラー火鍋 at 06:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 通貨両替

2010年06月20日

『週明けにも人民元切り上げの可能性』FNNニュースより

日本代表は昨晩負けましたけど、良い試合をしてましたね。
そんなニュースの中、先ほどテレビのニュースを見ていたら、気になるニュースが....

今年の4月頃から、人民元の切り上げがと言われ続けて来ましたが、本日のニュースでは『週明けにも』と直前に迫った内容でした。
26日からの金融サミットに向けてのアピールという観測です。

ニュースソース(FNN)

対ドルに対しての切り上げですが、切り上げ時に日本円の対ドルがどのように変動するかは不明です。
短期的には日本円も高くなる気がしますが。
10日後にシンセンに行く事になっているのですが、どれだけ上がっちゃうのか気になります。
posted by マーラー火鍋 at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

2010年05月18日

e-bankから楽天銀行に変わって、デビットは?

e-bankは普段から使っていましたが、楽天銀行に変わりました。
楽天に変わる前に、e-bank発行のノーマルクラスのデビットが無効になりますと通知が来ていました。
これは、日本の口座に日本円があれば、海外のATMで現地通貨を引き出せるので非常に便利なのですが、元々e-bankが発行していたカードの為替手数料が2.94パーセントと高く、現地銀行窓口で両替したほうが有利なので、一度も使わずじまいでした。

本日楽天銀行よりメールがあり、新たにデビットカードを発行を始めたようです。
ですが、従来のe-bankと内容は同じでした。
楽天銀行デビットカード

やはりスルガ銀行のデビットカードが有利ですね。
為替手数料が1.63パーセントと驚異的に低く、キャンペーンの0.2パーセント還元を考えたらこれしか有りませんね。
以前にこちらで紹介しています。
posted by マーラー火鍋 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

2010年03月30日

「人民元改革、4月実施検討」

今日の朝日新聞のWEBで人民元改革が記事になっておりました。
これまでUSDとほぼ連動をし、相場変動を人民元の発行で対応してきましたが、変化かあるようです。
想像するに、近々人民元の引き上げがあるのではと考えております。
私はこの方面が専門ではありませんが.....

こう考えると、2月から外国国籍の人が中国の口座にある外貨の両替がネットでできなくなったのはこの布石ではないかと理解できます。
憶測が正しければ、人民元の価値が上がると思います。

posted by マーラー火鍋 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

2009年12月22日

シンセンでスルガ銀行デビッドカード利用

以前からスルガ銀行のデビッドカードを使用した通貨両替を紹介してきましたが、今回のシンセン訪問でわかったことを何点か。

1. 招商銀行でのATM利用
 以前、4桁のPINの先頭に『00』を入れて6桁で入力すると書きましたが、今回これをやるとERRORで出金できませんでした。
 ためしに4桁で入力するとOKでした。
 その他の銀行では、4桁のPINでOKでした。

2. 各行の1回あたりの最高引き出し額が異なります。
 招商銀行、交通銀行では1回あたりの引き出し(Withdrawal)は2000RMBですが、中国銀行では3000RMBに設定されています。
 一回につき固定手数料の210円が差し引かれますので、中国銀行のほうが有利です。
 一方、1回当り1000RMBしか引き出せない銀行もありますので注意です。
 まとまった金額を引き出す場合、銀行を選んだほうがよさそうです。
posted by マーラー火鍋 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 通貨両替

2009年12月18日

香港ドル通貨両替比較

香港に用事はないのですが、シンセン(上水経由)までバスで行くのにオクトパスカードにチャージが必要だったので、香港ドルへ少額の両替をしました。

興味があったので、成田空港、香港国際空港そしてスルガ銀行のデビットカードを利用した海外ATMでの両替を比較してみました。

NARITA_Rate.jpg HKIA_Rate.jpg

左が成田空港での交換レート表です。
1香港ドルが13.99円です。
そして右が香港国際空港でのレート表です。
1円が0.0806香港ドル、つまり1香港ドルが12.41円です。
成田空港での両替がいかに損をしているかわかりますね。
日本の銀行は手数料が高すぎ!!

そして今回両替したのが、スルガ銀行カードを使用して香港国際空港内にあるATMでの両替です。
HKIA_ATM.jpg場所は路線バス、AELに行く途中にあります。

ここで200香港ドルを引き出しました。
シンセンのホテルの部屋からネットバンキングでレートを確認しました。
2009-12-17_192958.jpg

デビットリヨウで2564円となっているのが200香港ドルへ両替したものです。
ここには固定手数料の210円が含まれているので差し引くと、2354円となります。
1香港ドルあたりのレートは11.77円になります。
ちなみにその下の二つのデビットリヨウは、シンセンで2000元x2を引き出した時のものです。

4000香港ドルを両替するのにいくらの日本円が必要か計算してみました。
◆成田空港の場合    55960円
◆香港国際空港の場合  49640円
◆スルガ銀行カード   47290円(手数料210円を含む)

日本の銀行で外貨に両替して持ち込むのがいかに無駄が多いというのがおわかりいただいたと思います。
約20%も損をします。
posted by マーラー火鍋 at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

2009年12月15日

e-BankのVisaデビッドサービス中止

海外での通貨両替の情報をいくつか書きましたが、e-Bankの海外ATMでの利用ができなくなります。
こちら
本日e-Bankからメールが来まして、来年の3/31をもって、海外にあるVisa/PlusのマークがついたATMでの現地通貨の引き出しができなくなります。

交換レートはそこそこなのですが、スルガ銀行のカードのほうが全然有利なので、e-Bankは忘れることにします。

海外ATM以外でも、最近e-Bankがちょっとおかしいと感じていませんか?
楽天と提携してなにやらやっていますが、これまであったメリットがどんどん無くなって、使いにくいネットバンクになったという印象を持っています。
新生銀行も最近は使いづらく、利用していません。

最近いいなと思って積極的に使っているのが、住信SBIとスルガ銀行です。
JNBは問題なく継続利用中。
posted by マーラー火鍋 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

2009年11月07日

スルガ銀行のデビットカードで両替

今回のシンセンで試そうと思ったのが、現地での人民元の引き出し。
以前、こちらで紹介しましたが、実際に引き出してみました。
比較のために、
1.スルガ銀行カードで街中のATMで2000元の引き出し
2.招商銀行に入金した日本円をネットバンクで両替
3.街中の交通銀行建設銀行の両替所で日本円を人民元に両替
をしてみました。
こちらは引き出し後のスルガ銀行の取引紹介です。
suruga_Debit.jpg
2000元を引き出すのに、27265円必要でした。
1元あたりの日本円レートは、13.63円です。
現在キャンペーン中で、0.2パーセントの還元があるので、実質もっとレートが良くなります。

次に招商銀行の場合、交換レートは13.68円です。
若干スルガに比べてレートが悪いです。

最後に交通銀行建設銀行の出張所は交換レートが13.77円と、スルガに比べて1パーセントもレートが悪かったです。

スルガ銀行のデビットカードが有利であることがわかりました。
ただし問題がいくつかわかりました。
☆一度の引き出しが2000元まで
 これは今回使用した銀行のATMの設定で、現地銀行カードをATMで使用しても同じです。  ただし、銀行カードの場合、窓口では2000元を超えて問題なく引き出せます。

☆同じ銀行のATMでは一日三回まで、つまり合計6000元までしか入手できません。
 しかし、他の銀行のATMでは追加で入手できます。
 今回、招商銀行と交通銀行で人民元を入手してみました。レートは両行とも一緒でした。

☆銀行によってATMの暗証番号の入力方法が異なります。
 スルガで設定している暗証番号は4桁なのですが、招商銀行は6桁の入力を要求してきます。
頭に二桁の00を付けてクリアできました。
 交通銀行は4桁でOKです。
 これにはちょっと焦りました。
posted by マーラー火鍋 at 18:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 通貨両替

2009年10月18日

海外両替に有利なスルガ銀行デビットカード

海外で現地通貨を手に入れるのは、現地で日本円を両替をするのが一般的だと思います。
私も中国に行った際には、現地銀行または銀行の市中両替所を利用しています。
現地銀行での両替手数料は、中国の場合2.5%です。
銀行が行っている市中両替所はもっと手数料が高く、国際空港等の両替所は論外の手数料を取られます。
現地銀行が一番有利!!と思っていたのですが.....
もっと有利な方法がありました。
Suruga_Debid.jpg

スルガ銀行に日本円を預金しておき、現地にある銀行ATM、PLUSマークのある市中ATMで現地通貨を引き出します。

このときの手数料は、一回の利用に対して210円(固定)と両替手数料として両替金額の1.63%です。
さらにスルガ銀行のHPを見ると、デビットカードの利用(ATM利用も含む)に対し、0.2%の現金還元がされるとあります。
つまり、前記両替手数料が1.43%になる計算に。
なんと中国の場合、銀行で両替するよりも1%以上お得になります。 ただし一回ATM使用に210円の手数料がかかります。
それではいくら以上の利用から有利になるか計算して見ました。(中国の場合)

計算してびっくり! 19626.2円の両替を境にそれ以上の両替ではデビットカードの利用が有利になります。

日本円50000円を人民元に両替したときの手数料
  スルガ銀行  925円
  中国の銀行  1250円

日本円200000円を人民元に両替したときの手数料
  スルガ銀行  3070円
  中国の銀行  5000円

金額が大きくなると断然スルガが有利になってきます。
また、中国の銀行窓口で両替する場合、パスポートの提示と順番待ちが必要ですが、デビットカードを利用するとATMで24時間即時に現地通貨を得ることができます。
今度シンセンに行ったときには利用するつもりです。
posted by マーラー火鍋 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

2009年09月29日

海外でお得なキャッシュカード

海外に行くとき、いつも日本円を落ち込んで現地で両替していました。
日本での両替はレートが最悪で、現地でレートの良い両替所を探すのが良いと思っていました。

これは間違えとは言えませんが、現地での両替所が営業していないときは一概に正しいとは言えません。

シンセンに行くとき、JAL,ANAそしてNWの夕方便で渡航しますと香港国際空港を出られるのが夜の23時頃です。
こんな時間では日本円を現地通貨の香港ドルや行き先の中国元に両替するには、香港国際空港内に設置されている両替所くらいしかありません。
日本の空港で両替するよりはましですが、こちらも決してレートが良いとはいえません。
でも当日の移動に使うお金が必要です。
そこで役に立つのが手数料の安い日本の銀行が発行する国際キャッシュカードです。
この辺の情報は、以前トラックバックをいただいた、教師辞めて上海【のむてつ】さんのブログサイトで知りました。
お得なキャッシュカードの中にe-Bankがありましたので、早速申し込みました。
e-Bank.jpg

VISAが入っていますが、クレジット機能ではなく、デビットカードです。
現地通貨での引き出し手数料は2.94%と現地銀行よりはレートが悪いかもしれませんが、空港での両替よりはお得です。
空港内にCDがありますので、そこで現地通貨を引き出せます。

また、香港からシンセンに移動し夜間に現地通貨が必要になると思いますが、24時間稼動している銀行のATMがあり、そこで人民元として引き出せます。

これまで香港国際空港で当日必要な香港ドルと人民元に両替していたのが馬鹿らしくなりました。

posted by マーラー火鍋 at 19:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 通貨両替

2008年10月28日

人民元が安いですね。

投稿時のレートが、1元=13.66円
現在の金融不安が起こる前は、1元=16円前後でしたので、15%の円高です。

これってめちゃくちゃ安いです。
ちなみに香港ドルはもっとレートが低く、1HKD=12円です。

3-4年前に比べて20%も円高になっています。
訪中、訪港には最適な時期ですね。!!
posted by マーラー火鍋 at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

2008年03月03日

香港国際空港での両替

香港に向かうとき、成田で香港ドルに両替しても良いのですが、あわてる必要はありません。

香港国際空港で両替が出来ます。香港ドルを最初に必要になるのは、空港の入国審査、手荷物受け取りが終わって空港から出たときですので、香港についてからの両替で間に合います。

手荷物を受け取り、税関審査(といっても何もされない)を通過すると出口のところに両替所があります。
HKG_exchenge5.jpg
レートはあまり良くないですが、市中までの交通費は必要になりますので手持ちがなければここで少し両替して、市中のレートの良いところでの両替をお勧めします。



香港市内へのアクセスは、AEL(高速鉄道)、バス、タクシー(的士)がありますが、両替所の手前にAEL、MTR(地下鉄)、バス、コンビニで使えるオクトパスカードも販売していますので購入をお勧めします。

HK$100+50(デポジット)です。

posted by マーラー火鍋 at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

2007年07月11日

香港の両替所

シンセンでからKCRで香港に戻ってきました。

香港には泊まるだけなのですが、夕食ならびに移動手段に香港ドルが多少必要になるので、両替所に行ってきました。

以前の記事で紹介した、Tsim Sha Tsui(尖沙咀)駅のそばにある、『重慶大厦』です。
20070711141421.jpg

場所は、
20070624185645.jpg
こちらです。

一階に多数の両替所があるのですが、手数料が不要ですので店頭に掲げているレート表を比べて、レートのよいところで両替します。

このマンションは、上部が簡易宿泊所になっているようで、怪しそうな外人がウヨウヨしています。(危険は無いと思う)
posted by マーラー火鍋 at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

2007年06月24日

香港でお勧めの両替所

香港に行くとき、私が決まって両替をする場所を紹介します。
香港ドルに両替は、大きく分けて次の三つの方法となると思います。

1.日本で両替 成田空港とかの窓口での両替
2.香港国際空港での両替
3.香港市中での両替

1.は一番レートが悪いと思います。
何も日本で両替することは無いと思います。

2.は香港に行き始めた頃に利用していましたが、すぐにやめました。

3.市中の両替所が一番レートがいいです。
それも、次の場所
20070624185645.jpg

場所は、ネイザンロードに面した『重慶マンション』にある両替所。
Tsim Sha Tsui(尖沙咀)駅から出てすぐの場所。

何軒も両替所がありますが、どこもレートはほとんど一緒。
平日金融市場が開いているときが一番レートがいいです。
夜間、休日は高めになります。
私の知っている限り、一軒だけレートの良い店がありますが、市場の開いているときだけ営業しています。

香港に入国して、必要な最低限だけの両替を空港で行って、後は重慶マンションで両替するというのがお勧めです。
タグ:香港 両替
posted by マーラー火鍋 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 通貨両替

香港で出金できる銀行口座

香港で買い物しすぎて、手持ちの現金に不安が....

そんな万が一のときのために、『新生銀行』の口座を開設しています。
まだ一度も海外で使ったことがありませんが、
『日本円での預金を、現地通貨で出金できる』
ということが出来るので、カードさえ持っていれば安心。

PLUS』の表記のあるCD・ATMで手続きできるようです。
香港では、街を歩いているとよくこのCD・ATMを見かけます。
香港国際空港でも、AEL/バスに向かう途中に設置されています。

日本でも、振込み手数料が無料24時間ATM手数料が無料です。
Yahoo Auction!での支払いによく利用しています。

欲を言えば、JNB/e-Bankのように24時間対応の即時入出金、E-MAILでの連絡があるとうれしいのですが....
タグ:新生銀行
posted by マーラー火鍋 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 通貨両替