2017年07月15日

長沙観光-火宮殿-

太平老街から大通りを渡ると、火宮殿になります。
本日の夕食はここで頂くことに。
hikyuden1.jpg hikyuden2.jpg
hikyuden3.jpg hikyuden4.jpg
湖南省は毛沢東氏の出身地です。
hikyuden5.jpg hikyuden6.jpg
この時期ザリガニが美味しい季節らしく、どこに行っても皆食べています。
hikyuden7.jpg hikyuden8.jpg
同行した中国人は、この店は美味しいと(思う)言って入店しましたが....ザリガニを食べて一言、『新鮮じゃなくて美味しくない!』。他の料理も美味しくなく、別の湖南料理店に行くことになりました。
タグ:長沙
posted by マーラー火鍋 at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2017年07月13日

長沙観光-太平老街-

長沙の滞在は一泊なので、ホテル近場の『太平老街』に行きました。とても暑いのでタクシーで。
taihei1.jpg taihei2.jpg
長沙の特産品を扱う店が並ぶ歩行街といった感じです。
金曜日の昼過ぎだったので人はさほど多くないですが、休日には人でごった返しそうな場所です。
taihei3.jpg taihei4.jpg
お腹が若干空いていたので大きなウィンナー?を頂きました。注文すると油で揚げます。
他には臭豆腐があちこちで売られていました。
暑かったので、更に抹茶アイスを買って食べ歩きしました。
taihei5.jpg taihei6.jpg
後ほど報告しますが、ここを歩いている時に翌日シンセンに戻るための新幹線チケットを購入しました。
タグ:長沙
posted by マーラー火鍋 at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2016年07月21日

連休を利用して山梨の石和温泉へ-富士湧水の里水族館-

山中湖畔で日本蕎麦を食べたのち、近くの水族館『富士湧水の里水族館』に向かいました。
名前があらわすように、淡水魚を集めた水族館です。
日本のみならず、世界中の淡水魚が見ることができます。
水族館1.jpg 水族館2.jpg 水族館3.jpg 水族館4.jpg 水族館5.jpg 水族館6.jpg
夏休みに入ることもあり、小学生を連れた家族連れがたくさん来ていました。自由研究のネタ探しですね。
タグ:山梨
posted by マーラー火鍋 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2016年07月19日

連休を利用して山梨の石和温泉へ-猿橋-

連休を利用して、山梨の石和温泉一泊旅行に妻と出かけました。
自宅から石和温泉までは2時間前後の行程なので、チェックインするまでの時間に、山梨の観光をすることにしました。
まずは、大月市にある日本三奇橋のひとつ、『猿橋』を見に行きました。
猿橋1.jpg 猿橋2.jpg
どこが変わった橋なのか? 洪水にさらされた時に問題となる橋脚がありません。
そして橋脚が無い橋はつり橋になりますが、吊っていません。
対岸の岸壁にそれぞれに水平から若干角度を付けた穴を掘り、そこに支持をする柱を重ねて構築し、強度を保っています。
猿橋3.jpg 猿橋4.jpg
橋というからには河川が流れていますが、とても澄んだ河川で気持ち良い景観でした。
河川では多くの人がアユ釣りに興じていました。
タグ:山梨 温泉
posted by マーラー火鍋 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2016年05月03日

台北から日月潭へ日帰り旅行(2)

日月潭の水社にバスで到着し、貸自転車屋を探しました。
本格的なGIANTがありますが、その辺を散策するだけなので付近の店を探しました。
バイク、電動機付き自転車、サイクリング車そしてママチャリと多種ありますが、ママチャリを二台借りることに。
価格を交渉し、さらに利用時間を二時間から三時間に延長させて交渉成立。
身分証明書を求めれれるので、日本の運転免許証を預けいざ出発。
(ここで自転車を借りた時点で悲惨なことに)
ママチャリといえども五段ギア付きで快適に日月潭を周回始めました。
日月潭11.jpg 日月潭12.jpg
湖畔で記念撮影です。
サイクリングロードが無いので車道を多段ギアを駆使して湖畔の車道を時計回りに。
車道の右下に快適そうな遊歩道が見えているのですが、降りる場所が無い。
しばらく行くと、歩道に降りれる場所があったので、そちらに向かうことに。
そこの入り口には注意書きがあり、『Bicyclingは禁止』と書いてありましたが、自転車をこがなければ良いのねと勝手に解釈し、歩道に行ってしまいました。
これが最大の過ちでした。
しばらく湖畔を眺めながら移動すると、突然行き止まりのフェンスが。
これだけだったら良いのですが、車道に出るための階段が....しかもかなりの段数。
一瞬青ざめましたが、入ってきたとこに戻る気も起きないので、自転車をかついで階段を上ることにしました。
まず、私が自分の自転車を抱え車道まで行き、その後妻の待つところまで階段を下り、二人で妻の自転車を持ち上げました。
日月潭14.jpg IMG_3800.JPG
階段になんだか日付が彫られているのが気になっていたのですが、どうも全部で365日分に階段があるようで、登りきったところは12月31日になっています。
上り始めたのが中腹だとすると、私は自転車をかついで365段階段を上ったことになります。しかも重いママチャリを。
日月潭15.jpg 日月潭16.jpg
上りきったところはこんなところです。
疲れ切った我々は、車道を引き返すことにしました。
水社に戻り、帰りのバスを散策していると陽気なおばちゃんが近づいてきて親切に案内してくれます。
我々は台中駅まで行きたいことを告げると、チケットを買う場所と、並ぶ場所を教えてくれてました。
水社に到着したときは単なる客引きの一人かと思っていましたが、話をしているうちに本当に親切心で案内をしてくれていることがわかりました。
バスを待つ20分強の時間、おばちゃんとの会話で弾んでしまい自転車での疲れが何処かに行ってしまいました。
おばちゃんは、日本語、韓国語と英語をそこそこ使うことができ英語、中国語ができない妻も笑顔で会話していました。
訪日したことは無いのですが、日月潭に来る観光客を満足させるために独学で会話を勉強していると言っていました。
これには感心。妻も刺激を受けたようです。ここでも『習うより慣れろ』という言葉がが的を得ていると感じました。
帰りは14:25のバスで日月潭を離れ、17時前に台北に到着できました。
タグ:台北 日月潭
posted by マーラー火鍋 at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2016年05月02日

台北から日月潭へ日帰り旅行(1)

三日目は朝から日月潭に日帰り旅行と決めていました。
台北に到着してからこまめに天気予報をチェックし、できれば混まない平日ということで設定しました。
朝8時前にホテルを出発し、台北駅から台中駅まで新幹線(高鉄)で向かいます。
MRT(地鉄)で台北駅に到着し改札を出るとすぐに新幹線の当日券販売カウンターがあったのですが、多くの人が並んでおり、30分待ちの表示が。
これはかなわんと、上のフロアーに移り新幹線乗り場のほうに向かうと切符販売機とカウンターがありました。
カウンターに並び、5分程度で切符を買えました。
日月潭2.jpg 日月潭1.jpg
中国の新幹線も同様ですが、時間になるまで乗客はホーム(月台)に入れません。その手前でじっと待ちます。
日月潭3.jpg 日月潭4.jpg
無事新幹線に乗車できました。日本の700系新幹線とのことです。乗り心地は最高でした。
発射してすぐに車内販売がきます。お弁当、飲料品と日本の新幹線と同じです。
台中駅までは一寝入りしているあっという間に到着します。
下車し、バスが出発する5番出口に向かうとバス会社のカウンターがあるので、ここでチケットを購入。
ここでは初めてクレジットカードが使えませんでした。
日月潭5.jpg 日月潭6.jpg
1時間40分位、高速道路を利用して日月潭に向かいます。バスは定員以上は乗客させず、全員着席できます。
そして日月潭の到着地点、「水社」に到着です。
日月潭7.jpg
posted by マーラー火鍋 at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2016年04月29日

台北から『千と千尋の神隠し』モデルの九份へ

台湾二日目は、朝から九份に行くことにしていました。
三徳大飯店で朝のバイキングを頂き、台北駅から電車とタクシーを利用して九份に向かいました。
台北からは瑞芳駅まで電車で向かい、そこから九份まではタクシーです。
瑞芳駅までは各駅停車から特急まで三段階の運賃が設定されているのですが、訳が分からず一番高い特急料金のチケットを自販機で購入し、プラットフォームに向かいました。
どの電車に乗ったらいいのか全く分からず、駅員にチケットを見せ、片言の中国語で乗るべき電車を教えてもらいました。
乗った電車は、各駅停車でした......
kyuufunn1.jpg kyuufunn2.jpg
瑞芳駅からはタクシーで向かいました。固定料金システムになっており、九份までは205NTDですが、....乗ったら200NTDと言われました。
ついたらいきなりきれいな寺院?が。
kyuufunn3.jpg kyuufunn4.jpg
とても綺麗なところです。色使い、奥行きにびっくりしました。さい銭箱があったのでお祈りをしてしまいました。
そこから階段を上るといきなり絶景が見えてきました。
kyuufunn5.jpg kyuufunn6.jpg
そして九份の中に入って行きました。沢山の土産や、お茶屋、食事どころがあり一つ一つ見ていたらきりがない感じです。
昨年来た時にはあまりお店を観ることができなかったので、今回はじっくり散策しました。
kyuufunn7.jpg kyuufunn8.jpg
そして足を伸ばすと情緒がある処へ。
あの有名な『千と千尋の神隠し』のイメージとして採用された場所に着きます。
湯婆婆のイメージです。
kyuufunn9.jpg kyuufunn10.jpg
買ったお土産は、顔なしだけでした(笑
タクシーで瑞芳駅まで行き、電車で台北に帰りました。
帰りのタクシーでは、瑞芳駅で205NTDの5円を出すのに手間取っていたら、5円まけてくれました。
行った日は日曜日だったので、通常沢山の人が訪れる午後を避け、午前中で観光を終えました。おそらく夕方近くに帰ろうとすると帰りのバス、タクシーが大変なことになると思います。
タグ:台北 九份
posted by マーラー火鍋 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2016年02月12日

飛び石連休を利用して箱根旅行

飛び石連休の平日を有休で埋めて、一家で箱根旅行に出かけました。
天候に恵まれ、富士山の眺望を楽しめました。
Fuji1.jpg Fuji2.jpg

箱根での宿は勤めている会社の保養所ですが、早く着きすぎたので芦ノ湖に足を伸ばしました。
ashinoko1.jpg ashinoko2.jpg

その後大涌谷に向かいましたが通行止めで、近くに行ってから宿に向かいました。
posted by マーラー火鍋 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2016年01月10日

東門を違う視点で観察

シンセンに来たら必ず寄るのが、東門です。
シンセンの原宿とも言えるような、週末には若者でごった返します。
いつもですと店と行き交う女性ばかり観ていましたが、今回は東門独特の雰囲気を観てきました。
東門1.jpg

今回は東門でちょっと気になっていた城のような造りを観てみました。
東門2.jpg 東門3.jpg
東門4.jpg 東門5.jpg
東門6.jpg 東門7.jpg
この一角だけが古風なたたずまいを残しています。
残したのか、後から造ったのかはわかりませんが、明らかに周辺地域と雰囲気が違います。
東門8.jpg 東門9.jpg
東門10.jpg 東門11.jpg
そして路面に埋め込まれているプレートです。
これを観ると正式には「東門行街」のようですね。
タグ:東門
posted by マーラー火鍋 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2015年06月26日

台北旅行 その七 千と千尋..のモデル地「九份」

台北に入って三日目、二日目に予定していた九份に朝から向かいました。
それぞれ三つのホテルに宿泊している一行五人は、朝9時に台北駅で待ち合わせしました。
taipei station.jpg kyufun1.jpg
私がホテルから台北駅に向かおうとしたとき、ホテルのドアマンが「九份に行くならタクシーを手配するよ。行き帰りの往復と、現地での二時間待ちで2500元(約一万円)だよ」と。
しめしめ、これは良い情報を頂いたと心の中でニンマリ。
彼のマージンを差し引けば2000元で行けるな!と。
台北駅で皆と落ち合い、シンセンから来た女性の出番です。
先ほどホテルで聞いた条件を伝え、タクシーと交渉してもらいました。
最初のタクシーを交渉の結果、同一条件で2000元で話がつきました。
どう見ても5人乗りのタクシーなのですが、運転手含め6人で九份に向かいました。
高速道路を使い45分くらいで到着です。
kyufun2.jpg kyufun3.jpg

kyufun5.jpg kyufun4.jpg
月曜日の平日午前中ということもあり、人が少なく歩きやすかったです。おそらく休日の夕方は大混雑かと思います。
いろいろなものを売っている店がたくさん集まっています。一軒一軒見たかったのですが先を急いでいたので雰囲気だけを楽しみました。
あちこちの店で「千と千尋の神隠」グッズが売られています。
kyufun7.jpg kyufun6.jpg
歩いて行くと雰囲気が千と千尋に近づいてきて、「湯婆婆の屋敷」がありました。
暗くなるともっと雰囲気が出るのかと思いました。
最後に眺望の良いお茶屋さんでのんびりしました。
お茶の入れ方を教えていただき、自分たちでお茶を堪能するシステムです。
kyufun8.jpg kyufun9.jpg
事前に打ち合わせしたタクシーとの待ち合わせ場所で乗車し、一路台北に戻りました。
タグ:台北
posted by マーラー火鍋 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2015年06月22日

台北旅行 その三 国立故宮博物館

台北二日目は、まずは国立故宮博物館を目指しました。
今回台北旅行に参加した五人は、三越デパートのある中山駅近くのスターバックスに集合しました。
そこからMRTで士林駅まで移動し、そこからバスで故宮博物館を目指しました。
故宮1.jpg 故宮2.jpg
故宮3.jpg 故宮4.jpg
とても暑い日でした。故宮の外には人はまばらなのですが、館内は日曜日ということもあり混雑しています。
入館料は250元(1000円)です。
有名な自然が造形した豚肉、白菜を見たかったのですが長蛇の列で近くで見るのを諦めました。
近くではないですが、遠くから眺めることができました。
館内は、日本、中国の団体ツアー客でいっぱいでした。行くのは平日をお勧めいたします。
タグ:台北
posted by マーラー火鍋 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2015年03月22日

安曇野でウォーキング

長野県の安曇野の温泉ホテルに一泊し、チェックアウト後ウォーキングに出かけました。<BR> 天候も良く小春日和で絶好の散歩コンディションです。
JR細野駅近くにある道の駅に車を停めて向かいました。
matsukawa1.jpg matsukawa2.jpg

細野駅を通り過ぎウォーキングポイントに到着。
matsukawa3.jpg matsukawa4.jpg

天気も良いので北アルプスを眺めながらのウォーキングが始まりました。
matsukawa5.jpg

matsukawa6.jpg matsukawa7.jpg

とても澄んだ河川の淵を気持ち良い散歩です。
matsukawa8.jpg matsukawa9.jpg

途中有名な画家のちひろ美術館を経由して信濃松川駅に到着。 歩き始めて約8kmの行程でした。
さすがに疲れ果て、電車で細野駅まで戻ることにしました。
matsukawa10.jpg matsukawa11.jpg
posted by マーラー火鍋 at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2015年03月21日

長野県の安曇野に一泊旅行

金曜日に休暇をとって長野の安曇野に旅行に行きました。
通常なら10時に軽井沢のアウトレットに到着し、12時過ぎに蕎麦を食べるのが常なのですが、出発が遅れ、急遽おぎのや横川駅店で蕎麦を食べることにしました。
yokokawa1.jpg yokokawa2.jpg

yokokawa3.jpg Outlet.jpg

そんなに寒くはないのですが、熱いかけそばがとても美味しかったです。
おなかを満たした後、平日の軽井沢アウトレットでショッピング。
二時間ほどアウトレットで時間を過ごし、一路当日の宿泊地、長野県安曇野にあるホテルアンビエント安曇野に向かいました。
前回二月に宿泊した際に、ホテルのイベントで幸運にも手に入れた無料宿泊券を利用しての滞在です。
Azumino1.jpg Azumino2.jpg

食事が付いていないプレゼントだったので、食材とホットプレートを持ち込んで部屋でジンギスカンをいただきました。
朝は軽井沢のツルヤで買っておいたパンとコーヒーで済ませ、チェックアウト。
清算は入湯税の300円のみでした(笑
Azumino3.jpg

この地域では沢山の日本猿に出会います。
posted by マーラー火鍋 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2015年03月08日

埼玉の都幾川に温泉水を買いに出かけました

今日はふとしたことから以前行ったことのある温泉スタンドを思い出し、車のトランクに空の20Lポリタンクを4個積み出かけました。
場所は都幾川村で、以前都幾川の河原でバーベキューをしたり、都幾庵に蕎麦を食べたりした地域です。
温泉スタンドで、80リットルの温泉水を購入しました。250円と安価です。
tokigawa1.jpg tokigawa2.jpg
到着したときに先客が。そして私が待つ間に二組の客が私の車のあとに二台並び、繁盛しているようです。
トランク内にしっかり固定し、次なる目的地に。
と言っても決めていなかったのですが、ここに来る途中新しくうどん屋が開店していたのが気になり、そこに向かいました。
時間は14時近くでしたが、駐車場には20台余りの車があり、はやりの店のようです。
tokigawa3.jpg tokigawa4.jpg
店内に入り、並ぶこと10分でうどんをいただけました。
丸亀製麺チェーン店に似たシステムです。
味は関西系、四国の味です。
tokigawa5.jpg
妻と二人でうどんを堪能して、近くに流れる都幾川脇の遊歩道を30分余りウォーキングして腹ごなしをし、自宅に向かいました。
posted by マーラー火鍋 at 22:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | 観光

2014年12月14日

朝起きたら綺麗な富士山が

箱根の保養所で朝目覚めて外を眺めたら.....
雲ひとつない青空に富士山がくっきりと拝めました。
fujisan1.jpg fujisan2.jpg
朝からとても良い気分です。
前日は曇りがちの気候で、近くに居ながらいっさい拝むことができませんでした。
ふと思ったのですが、「拝む」という表現は日本人的な想いの感があります。
日本人はあまり宗教的に偏っていないと思っていたのですが、どこかに「日本教」的な信教があるともいえるのではと思いました。
信教でなくても美しい姿の富士山は、間違いなく日本人の誇りの一つです。
美しい富士山を眺め、朝の温泉につかり朝食を頂きました。
breakfast1.jpg breakfast2.jpg
朝からまたまた美食に感動いたしました。
完璧な保養所に大満足です。
posted by マーラー火鍋 at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2014年12月12日

一泊二日の箱根温泉旅行に出発

金曜日、休暇を取って妻と二人で箱根に」向かいました。
本日は御殿場のアウトレットで買い物をし、15:00に宿に入る予定でした。
途中、足柄サービスでトイレ休憩。混んでいたので多目的トイレを利用してびっくり!
ashigara1.jpg ashigara2.jpg
入ってびっくり、小さな子供用の洋式トイレが完璧な状態で併設されています。
それにしても日本の公衆トイレは完璧ですね。
outlet1.jpg outlet2.jpg
アウトレットを一周し、お腹がすいてきたのでアウトレット内に出店しているお寿司屋さんに向かうことに。
いつも混んでいると評判の寿司店に向かいましたが、平日にも関わらず20人待ちでした。
待つこと20分程度で着席し、美味しいお寿司を頂きました。
outlet3.jpg outlet4.jpg
今晩の夕食も楽しみなので控えめの昼食としました。
posted by マーラー火鍋 at 17:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 観光

2014年09月25日

飛び石連休で妻と二泊三日の旅行に。飛騨高山白川郷

ホテル日航金沢を9時前にチェックアウトし、本日宿泊の長野県安曇野に向かいます。
途中、飛騨高山で観光をすることを目的にしていました。
私自身、名古屋近郊生まれで9歳まで中部地方で育ったので、何回か飛騨高山に旅行したことがあったのですが、それから40年以上行ったことが無くどうなっているのか、昔のままなのか興味があり行くことにしていました。
妻は始めての訪問です。
shirakawagou2.jpg shirakawagou1.jpg

駐車場からつり橋を渡って、合掌作りの集落に入ります。
合掌作りの家は他にもありますが、それは移転、保存したもので実際に住んでいるのはこの集落のようです。
shirakawagou3.jpg shirakawagou4.jpg

そしてここで私が本当に楽しみたかったのが、「五平餅」と「みたらし団子」を食べる事です。
入郷してすぐに五平餅を頂き、子供のころに食べた味を思いだし大満足!!
価格も一本200円と手ごろで、昔から変わって無く安心しました。
shirakawagou5.jpg shirakawagou6.jpg

そして、みたらし団子(70円)を頂いて、もう最高に満足しました。
集落の町並みは40年前からは変わっていましたが、今でも合掌作りの町並みが保存されており、感激しました。
posted by マーラー火鍋 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2014年09月23日

飛び石連休で妻と二泊三日の旅行に。兼六園

飛び石連休に有給休暇をつけて、妻と二泊三日の国内旅行に行ってきました。
きっかけは、AMEXプラチナカードでもらえるホテルのフリーステイギフト。
これまで行ったことのない、北陸地方の金沢に向かうことにしました。
自宅から高速道路で5時間走り続け、金沢に到着。
まずは日本三名園の兼六園へ。
兼六園1.jpg 兼六園2.jpg
兼六園3.jpg 兼六園4.jpg
兼六園5.jpg 兼六園6.jpg

約一時間半、兼六園を散策し向かいにある金沢城公園へ。
本丸は有りませんが、焼失を免れた建築物も残っています。
金沢城1.jpg 金沢城2.jpg
金沢城3.jpg 金沢城4.jpg

とても美しい光景で大満足でした。
多くの海外の方も団体で来ていました。ほとんど西洋人です。
最近都心では、アジア、特に中国の人を多く目にしますが、今回は中国の方はごくわずかしか居りませんでした。
日本慣れしている中国人のようでした。始めて日本に来る中国の方は、やはりショッピングがメインだろうなと思います。
何度か来日いただき、日本の文化、歴史を知っていただければと思います。
かく言う私も、中国のうわべしか知りませんが。互いに知り合う事が大切だと思います。
タグ:AMEX PLUTINUM
posted by マーラー火鍋 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2014年03月09日

長野安曇野市へ一泊旅行

週末、長野県の安曇野市にあるホテルアビエント安曇野に行ってきました。
最近は、中国に行っている時以外は、妻と週末を楽しんでいます。
今回の目的は、ホテルでの食事、温泉と蕎麦です。
asama.jpg azumino.jpg

上信越自動車道で軽井沢に向かい、ショッピングをし、きこりで蕎麦を食べて安曇野に向かうことに。
浅間山がきれいでした。

azumino1.jpg azumino2.jpg

15:30にホテルに到着。
今回の旅行は特別料金で、一人6000円でした。
食事については後日紹介します。
タグ:泉郷
posted by マーラー火鍋 at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2013年09月28日

旭山動物園

今回の北海道行きの目的の一つ、旭川に在る旭山動物園に行ってきました。
札幌のホテルを07:30にチェックアウトし、一路高速道路で旭川を目指しました。
途中サービスエリア、コンビニに寄って、旭山動物園に到着したのが開門直後の09:40。
9月と言うこともあって、内地(北海道の方は本州の事をこう呼ぶ)からの車はほとんど見かけませんでした。
説明は省略いたしますが、動物たちの写真を掲載します。
旭山1.jpg 旭山2.jpg

旭山3.jpg 旭山4.jpg

旭山5.jpg 旭山6.jpg

旭山7.jpg 旭山8.jpg

旭山9.jpg 旭山10.jpg

約二時間で一回りしました。
本日は旭川ラーメンを食べて、余市の親戚に寄って函館に向かうロングドライブです。
タグ:北海道
posted by マーラー火鍋 at 12:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 観光

2012年03月20日

北京大学付属、南山分校見学

友人の小姐と昼食後、彼女の新居と職場に行くことに。
彼女は2月で原子力発電所勤務を辞め、南山区で英語の先生に転身し、市内に越してきました。
新居は閑静な住宅街のアパートで、三人でルームシェアしていました。
部屋を見せてもらってから、徒歩10分の彼女の職場へ。
Beijin1.jpg Beijin2.jpg

職場は、北京大学付属の深セン南山分校で、広大な敷地に小、中、高校があります。
彼女はここで小学生に英語を教えています。
土曜日で学校は休みで、生徒は居ませんが先生方がちらほらと。
教室、職員室、美術教室.....とめぐって、美術の先生がいらしてそこでちょっと会話を。
お面を出してこられて、写真を!!。
私と英語の先生とのツーショットです。
エリート校だけあって、学校の周りは塾だらけでした。
一人っ子政策なので、一人の子供に多大の投資をしているように感じます。
中国はますます成長、発展を遂げると思います。
タグ:南山
posted by マーラー火鍋 at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 観光

2012年02月06日

アヘン戦争の激戦地、虎門の沙角砲台

シンセンから新幹線(CRH)に乗って虎門を訪れ、最初に訪ねたのが沙角砲台跡地です。
ここは日本の歴史授業でも習う、アヘン戦争の激戦地でした。

虎門駅からバスに乗車し、途中で一回バスを乗り換えるらしいですが、わからないので白タクに交渉して現地着。
当時の建造物がかすかに残っていますが、観光客目当てのお店、遊園地になっています。
shajiao1.jpg shajiao2.jpg


shajiao3.jpg shajiao4.jpg


観光を終え、白タクで中国最大の服飾市場に向かいました。
タグ:東莞 虎門 砲台
posted by マーラー火鍋 at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2012年02月04日

虎門まで新幹線で行きました

今日はシンセンから、昨年末に広東南まで開通した新幹線(CRH:China Railway High-speed)で、東莞市の虎門まで行ってきました。
シンセンの小姐二人と三人で観光です。

いつも滞在している華強北エリアの華強北駅から地下鉄で深セン北駅まで行き、そこからCRHに乗車しましす。
東莞の虎門駅までは二等で40元でした。(安い!!)
日本円で500円弱です!!!
CRH_Access.jpg CRH_Ticket.jpg

中国で列車のチケットを購入する際、身分証明書が必要になります。常にパスポートを携帯するルールですが、近場に行く時はいつもホテルに置いていく方は注意が必要です。
購入したチケットにはパスポート番号が印字されます。
中国の人は名前が印字されます。

列車は20-30間隔で運行されています。出発時間までコーヒーショップで待ち、自動改札に向かいました。
列車の運行時間が近づくまでホームには入れません。
CRH_Time.jpg CRH_Enter.jpg


ホームに向かい、新幹線に乗車です。
CRH_Train.jpg CRH_Speed.jpg

安全システムには不安がありますが.....非常に快適な乗り心地です。
最高速は300km/hを超えていました。
深セン北から虎門駅まではたったの15分で到着しました。
驚きの速さです。

CRH_Map.jpg CRH_Bus.jpg

現在は深セン北から広州南までの運行ですが、今後香港から湖南省の長沙の先まで開通する予定です。
広い中国本土内を短時間で移動できるようになります。それも安価で.....
新しい虎門駅を出て、バスで市内に移動しました。
虎門の様子は追って報告します。

posted by マーラー火鍋 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光

2011年11月23日

中国小姐と香港日帰りツアー

中国で仕事の手伝いをしてもらっている女性が、パスポートとビサを取得したとの事だったので、今回お伴をして、香港を観光してきました。

彼女は前日に近くの友人宅に泊まって、私のホテルに朝7時に来ました。
多少興奮しており、子供のころの遠足を思い出しました。
ホテルの部屋で落ち着かせて、日本から彼女のために買ってきたデジカメの説明をして、いざ出発。

華強北からタクシーで皇崗口岸へ。
まだ早い時間なのですんなり中国のボーダーを超え、そこから旺角行きのバスに乗り込みました。
彼女にしてみれば、初めての大陸脱出です。
あえて『大陸』と言うのには、中国の人には意味があり、決して中国を出たという意識ではありません。
香港、マカオ、台湾は中国であって、単に大陸(Main Land)の外で有るという意識です。
中国人と会話をするうえで、注意を要する点です。

旺角に着いた時間は午前9時で、まだ香港のお店はこれからの時間です。
旺角で蝦ワンタン麺を食べて、ショッピングの始まりです。
旺角東駅の近くのコスメティックショップで、1時間半物色していました。
買い物が終わると、今度は香港の友人を電話で呼んで、三人で昼食を。

友人と別れて、地下鉄で黄大仙廟へ。
黄大仙廟.jpg 黄大仙廟1.jpg

中国でも有名なポイントだそうです。

そこからさらに地下鉄で香港島のCauseway Bayに移動し、Times Squareへ。
TimesS1.jpg TimesS2.jpg


更にビクトリアパークへ。
ここは初めてだったのですが、ちょっと異文化?を感じました。
インディアンが多いのと、レズ?と思われるカップルが見受けられました。
ちょっと休息して、尖沙咀に移動。

パークアベニューにて香港島側をみる夜景を待ちました。
ParkAve1.jpg ParkAve2.jpg


ここまでで二人とも脚が疲れ、ギブアップでした。
旺角のバス乗り場までタクシーで移動して、シンセンに戻りました。

短時間の観光でしたが、中国人の彼女は大変満足してくれて、ほっとしました。

翌日は中国に駐在する台湾人との会食が予定されています。
また報告します。
posted by マーラー火鍋 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観光