2014年06月08日

招商銀行口座が凍結!?

昨日(土曜日)、招商銀行のATMで引き出しをしようとしたところ、エラーで赤い枠の紙が出てきました。
土曜日は窓口業務が行われていないので、本日(日曜日)に窓口に行ってきました。
外国国籍の人に対するものか、私個人に対する処置なのかは分かりませんが、パスポートを提示して、凍結解除してきました。
bank.jpg


いつも感じるのですが、招商銀行員の対応はとても親切です。
ろくに中国語のできない私にとって、親切に英語で対応してくれて助かります。
タグ:招商銀行
posted by マーラー火鍋 at 11:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 銀行

2013年11月20日

中国の銀行口座開設

中国をたびたび訪れる際、現地銀行口座を開設することでいろいろとメリットがあります。
・銀聯カードを入手でき、デポジット形式ですがカード決済ができる。
・日本では考えられない金利の預金、定期預金ができる。
・うまくいけば為替変動利益の恩恵が受けられる(外貨預金)
 人民元の切り上げを期待です。
・中国国内の決済を日本に居ながらネットバンクで可能。
政治的なリスクは否めませんが、メリットが多い中国現地預金です。

私はシンセン地元の招商銀行の口座を開設しましたので、その情報をまとめてみました。
■口座開設
 パスポートを持参し、銀行の窓口に向かいます。
 招商銀行の行員はとても親切で、中国語のできない私でも口座開設ができました。
 口座開設については、こちらこちらに紹介しています。

■ネットバンキング
 日本からもネットバンキングできます。
 それに必要なのは、ログインに必要なUSBドングルの入手と、ソフトのインストールです。
 ソフトは日本語環境では文字化けして使えません。
 以下に紹介しています。その一その二その三

■ネットバンクでの振込
 日本からネットバンキングを使って、中国国内の銀行に振り込みできます。
 私が開設している口座はシンセン市内の口座です。シンセン市内の同行(招商銀行)への振り込み手数料は無料になっています。
 シンセンの他行に振り込んだ事もあるのですが、この時も振込手数料は無料でした。
 詳細な条件は不明ですが、振り込みは気軽にできるようです。
 リンク1リンク2リンク3

■定期預金
 金利の高い定期預金です。
 日本に比べ遥かに好条件で、2-4%/年の金利となっています。
 詳細は、リンク1リンク2リンク3を参照ください。

■iPhoneでのネットバンキング
 AppStoreで招商銀行のアプリをダウンロード、インストールできます。
 こちらで紹介しています。
タグ:招商銀行
posted by マーラー火鍋 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2013年08月29日

日本から招商銀行から中国工商銀行への振込

シンセンから商品を仕入れるために、日本からe-mail、Skypeで現地の会社とやり取りをしていまして、折り合いがついたので取引することになりました。
こちらは日本なので、通常ならばドル建ての決済になるのですが、私はシンセンの招商銀行に口座を作っているので、そちらから人民元で振り込むということになりました。
日本円⇒米ドル⇒人民元との交換手数料がかからないので、いつも人民元建てで取引しています。
ただ、いつもは招商銀行あての振込だったので気にしていませんが、今回の取引先は招商銀行の取引をしておらず、他行あての振り込みをすることとなりました。
始めての経験です。
MB1.jpg MB3.jpg

まずは招商銀行のネットバンキングへログインします。
そして跨行同城(シンセンの他行)を選択し、振込画面に進みます。
MB4.jpg

@振込先口座名(個人名)を中国語で入力します(ピンイン)
A相手先銀行名と支店名を選択します。
B相手先口座番号を二回入力します。
C振込金額(RMB)を数字で入力。
Dこれが良く分からないのですが、適当に'a'とか入力しました。無入力だと入力要求されます。
Eチェックをいれて携帯電話番号をいれると、相手先に振込のSMS連絡が即時に入ります。(任意)
F自分の暗証番号(6ケタ)入力
G表示されている4文字を入力する。
これで先に進むと、振り込みが完了します。
他行あては振込手数料が5RMBと聞いていたのですが、0RMB(無料)の表示が出ました。

中国語の解らない私でも、漢字なので何とかなりました(ほっ!
posted by マーラー火鍋 at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2013年07月30日

楽天銀行の中国元預金キャンペーン

楽天銀行のサイトに行ったら、気になるキャンペーンが行われていました。
「元預金」の円⇒元の交換手数料が、1元当たり1銭と激安手数料になっています。
8月19日までのキャンペーンです。

人民元預金と言えば、預金金利が高いという点と為替変動利益を得る可能性があるという点です。
私は中国の銀行(招商銀行)に定期で預金をしていますが、どちらが有利か試算してみました。
元手を100万円とした場合で、これがいくらの人民元になるか?1元が16.0円として計算します。
e-bankキャンペーン.jpg
楽天銀行のキャンペーンでは、手数料が1銭ですので、
100万円÷15.99=62539元 となります。

一方、中国に行って日本円を人民元に銀行で交換した場合、2.5%の手数料がかかります。
クレジットカードでキャッシングした場合は、はるかに手数料が安くなりますが、今回は2.5%を適用します。
100万円×0.975÷16.0=60938元
この時点の元金では、楽天銀行が遥かに有利です。

さて、それぞれの元金を定期預金にしたときについて考えてみます。
それぞれの銀行の金利は次のようになっています。
e-bank金利.jpg 招商銀行金利.jpg

1年の定期預金を想定すると、楽天銀行の年利は2%、一方招商銀行の年利は3.3%となっています。
楽天銀行に1年定期で預けた場合、元金62539元に対し、
62539×1.02=63790元
これを手数料20銭で日本円に戻すと、
63790×15.8=100.788万円。
為替変動が無ければ、1年で0.8%弱の利子が受け取れます。

一方、招商銀行の場合、元金60938元に対し、
60938×1.033=62948.4元
これを手数料2.5%で日本円に戻すと、
62948.4×0.975×16.0=98.2万円。
1年定期で日本円に戻すと元本割れです。

それでは3年定期にした場合について考えてみます。
楽天銀行は3年定期金利の設定が無いので、1年定期の金利2%の三乗(1.02の三乗)の6.12%(三年後の利率)となります。
一方、招商銀行は三年定期の年利が4.25%ですので、三年後の利率は1.0425の三乗、13.3%となります。

この金利で楽天銀行の場合、
62539×1.0612=6636.64元
これを手数料20銭で日本円に戻すと、
6636.64×15.8=104.859万円。
為替変動が無いとすると、日本円で預金するのがばからしくなります。

さて招商銀行の場合はどうでしょう。
招商銀行の場合、元金60938元に対し、
60938×1.133=69042.8元
これを手数料2.5%で日本円に戻すと、
69042.8×0.975×16.0=110.468万円。
なんと手数料を差し引いても10%以上の利息が付くことになります。
長期の場合は金利が高くなる中国の銀行に利があります。
posted by マーラー火鍋 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2013年01月25日

iPhoneでの招商銀行アクセス

シンセンの招商銀行に開設している口座の管理は、いつもWindows7端末でしています。
iPhone用の専用アプリがあるのは知っており、インストールしていたのですが初めて使ってみました。
MB_1.jpg MB_2.jpg

アプリを起動し口座管理を選択すると、口座情報を要求されます。
MB_3.jpg MB_4.jpg

口座番号、パスコード(6桁の数字)と表示されている番号を入力します。
MB_5.jpg MB_6.jpg

ログインできると情報が表示されます。
試しに口座残高を確認してみました。
MB_7.jpg MB_8.jpg

普通口座、定期預金に入れている情報が確認できました。
いつもPCで使っているUSBキーを使わないので、セキュリティに不安がありますが、iPhoneでどこまで手続きができるのか試してみます。
振込、携帯電話の充値等できれば便利だと思います。
posted by マーラー火鍋 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2012年12月29日

64bitWindows7日本語版に招商銀行ソフトインストール

いつもシンセンに行く時、重たいノートPCを持っていったのですが、Acerのウルトラブックを入手しました。軽いですね!!。
現地で使うソフトをいろいろとインストールしていました。
OSはWindows7の日本語64bit版です。
現地でも振込に使うことのある招商銀行のネットバンキングソフトですが、他のサイトでWindows7の64bit日本語版で動かないというのが書かれており、心配しながらインストールしてみました。
結果は問題なく使えています。
まずは招商銀行のHPからソフトをダウンロード。
Marchant2.jpg Marchant3.jpg

最新版は6.0.5.6ですが、何も考えずに6.0.5.4をダウンロードしました。

システムロケールを中国語に変更し(再起動が必要)、インストールしました。
Marchant4.jpg Marchant1.jpg

ちゃんと動きますね。
これで一安心です。
posted by マーラー火鍋 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2012年08月21日

招商銀行の新しいキャッシュカード受け取り

前回7月にシンセンに行ったときに、ぼろぼろになったキャッシュカードの交換申請をしていました。
以前の記事はこちらです。
受付に行ったら、前回丁重に世話をしてくれた女性がおり、私が何をしに来たかすぐに察し、またも丁重な対応をしていただきました。
この銀行(支店?)は本当に顧客満足度ナンバーワンではないかと思える対応です。
新しくなったキャッシュカードです。
MarchantCardNew.jpg
<BR> 前回交換申請の際に、古いカードはその場で裁断されてしまい、ATMが使えない状態でしたので、シンセンに着いてすぐに新しいカードをもらいに行きました。
ただ、その間ネットバンキングは問題なく使え、日本から中国口座の振込操作は出来、助かりました。
タグ:招商銀行
posted by マーラー火鍋 at 23:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 銀行

2012年07月15日

招商銀行のキャッシュカードの交換申請

中国でのメインバンク、招商銀行のキャッシュカードがぼろぼろになり、本日交換申請をしてきました。
以前から窓口で交換を勧められていたのですが....
明日帰国するので今回交換申請をしてきました。
Cash_card1.jpg Cash_card2.jpg


受付窓口に行ったら、英語ができる馴染みの娘がひっこり現れて、フルサポートしてくれました。
申請書類は彼女が記載してくれて、そのままゴールドカード窓口まで。
招商銀行は行員が親切であることがよく言われますが、昨日は日本円の両替に行ったときに、英語のできない行員との対話に困っていたときに、近くにいた中国人男性に助けてもらいました。

中国と日本の国同士の関係は現在複雑ですが、個々の関係はそんなに悪くないと私は思っています。
若い人と食事をする機会がよくありますが、過去の歴史上の問題をこちらから持ち出しても過去は過去、今は今であると。そして日本人の犯した過ちにについて私の認識(判断)を説明すると、さらに彼らとの関係が深まる印象を受けています。

新しいカードは7日後にできると言われましたが、次回(8月)に来たときに受け取ることになりました。
その間、ネットバンクは使えるようで安心しました。
タグ:招商銀行
posted by マーラー火鍋 at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2012年07月06日

中国の銀行預金金利引き下げ

昨日のニュースで、ヨーロッパ、中国の金利引き下げが実行されると言っていました。
先日、中国の銀行金利の自由化をお知らせいたしました(こちら)が、今回の金利引き下げでどうなったか調べてみました。
調べたのは私が使っている招商銀行の金利です。
新金利20120706.jpg


結構下がりましたね。
普通預金が年利0.44%から0.385%へ引き下げ。
定期金利が、3か月で3.135⇒2.86%、6か月で3.355⇒3.08%、1年で3.575⇒3.30%...と下がっています。
昨晩ニュースを聞いたときに、普通預金の残金を定期預金にしとけばよかった....

近年の中国の金利推移です
金利推移.jpg

中国の好景気で国内の物価が上昇していたところに、ヨーロッパ(ユーロ)の不安定からの中国景気への影響が大きく、景気対策から金利が下げられました。
とはいっても、お金を預けるほうにとっては、日本の銀行金利を考えるとまだまだ高利回りです。
posted by マーラー火鍋 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2012年06月19日

中国の銀行金利自由化

いつも有益な情報を頂いている読者の方から新しい情報を頂きました。
今まで横並びだった中国の銀行の預金金利が自由化された模様です。
コメントを引用させてもらいます。

-------------引用-------------
お久しぶりです。今月8日から定期預金の金利が横並びではなくなりました。
3ヶ月ものでは深セン発展3.135%、建設銀行3.10%、上海浦東2.85%(基準金利)などです。
自由金利の幕開けですかね。
-------------引用-------------

私も常用している招商銀行の金利を調べてみました。
新金利.jpg


招商銀行は三カ月定期が以前は3.1%の年利でしたが、3.135%と若干上がっています。
各銀行で多少の差が出てきているようですが、日本の銀行に預金することを考えると全然良い利率です。
リスクは覚悟しなければなりませんが....
ずーべんれんさん、情報ありがとうございます。
posted by マーラー火鍋 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2012年03月18日

招商銀行が土曜日休みに?

昨日シンセン入りして、本日両替と人民元入金をしようと思い、華強北の招商銀行にむかいましたが....
10時を回っていたのにシャッターが閉じている。
店頭で確認すると、なんと土曜日は窓口業務をしないことになっていました。
holiday1.jpg holiday2.jpg

日本の銀行に比べ、非常に便利だったのですが、土曜日くらいは.....という気持ちです。
近くの建設銀行両替所(毎日営業)に行って、事なきを得ました。
posted by マーラー火鍋 at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2011年08月13日

招商銀行の二年定期が満期を

招商銀行に、二年前に定期預金として預けていたのが満期を迎えました。
当時は現在ほど円高ではなく、1RMBが14.3円でした。
また、二年定期の金利は2.9%と現在ほど金利(4.4%)が高くない時でした。
満期を迎えたので、ネットバンキングで日本から確認してみました。
MBb1.jpg MBb2.jpg

満期を迎えた預金は、金利分が加算されて新たに二年定期に組み込まれていました。
運用方法を変えたいので、全額をいったん活期(普通預金)に戻します。

MBb3.jpg MBb4.jpg


普通預金に戻ったお金を、今度は3カ月定期にしてみました。
金利が頻繁に変わりますので、短期で運用いたします。
posted by マーラー火鍋 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2011年08月07日

中国銀行は日本から振込操作ができない!?

招商銀行で、ネットを利用して日本からの中国あての振り込みができることを紹介いたしましたが....
こちら

読者の方(go***ig**gxi様)から中国銀行(Bank of China)の情報を頂きました。
以下、原文のまま(抜粋)
『最近中国銀行(BOC)では「手机交易???」という携帯に一種のパスワードを送りそれを入力しないと振り込みができなくなりました。日本にいる者にとっては使えない銀行になってしまいました。本当に残念ですね。』
つまり、ネットで振込処理をする際に、登録している中国の携帯電話にパスワードがSMSで送られてきて、それを入力する必要があるということのようです。

これは難問ですね。
中国国内のSMSを、e-mailに変換してリアルタイムで日本に転送する手段が必要になります。
中国国内にこんな事が出来るサービスがあれば教えてほしいです。

不安になって私がいつも振込に使っている招商銀行では、こんな処理は現在不要です。
相手が中国なので、いつ変わってしまうか不安です。
go***ig**gxi様、情報ありがとうございます。
posted by マーラー火鍋 at 20:09 | Comment(5) | TrackBack(0) | 銀行

2011年07月18日

招商銀行、ネットで定期預金に

中国の銀行の預金金利が高いので、招商銀行普通預金口座を定期預金にできるか、ネットでやってみました。
ネットバンキングにログインして、定期預金(整存整取)へ変更するところを探します。
MB1.jpg MB2.jpg

そして普通預金(活期結算)を定期預金(整存整取)に変更するところをクリック。

MB3.jpg MB4.jpg

すると別ウインドウが開き、期間と金額、パスワードを入力します。
先に進むと、期間内に解約するには窓口での手続きが必要です....と警告が出ますが、先に進みます。
すると、成功の画面が。
口座を確認すると、今回試しに入れた3000元の定期預金が現れました。
MB5.jpg MB6.jpg


招商銀行のウェブサイトで定期預金の金利を計算して見ました。
MB7.jpg MB8.jpg

左は、今回試してみた、3000元の三カ月定期。
年利3.1%で、三か月で23.25元の利息です(三か月で0.775%)。普通預金で年利0.5%なので定期預金の金利の高さがわかります。
試しに10000元を5年定期にしてみると、満期には2750元も利息がつきます。
驚きの金利です。
手軽に手続きができるので、これから活用しようと思っています。
posted by マーラー火鍋 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2011年07月08日

人民元預金を日本で引き出すと!?

これまで中国の銀行へ預金した場合の金利、日本円から人民元への交換について書いてきましたが。
預けた人民元を日本円で受け取る方法はどうか調べてみました。
普通ならば、中国の銀行窓口に行って預けている人民元を日本円にしてもらうのですが。
ここで手数料、2.5%が発生します。
日本円⇒人民元、人民元⇒日本円でそれぞれ2.5%の手数料が取られますので、単純に5%(実際は異なります)の手数料が取られてしまい、金利の高い中国の銀行口座に預金をしてもなかなかメリットを得られません。

今回は、人民元を日本円に交換する方法です。
中国の口座を開設しますと、銀聯(Union Pay)というデビット機能が付いてきます。
card.jpg

これはデビットカードであり、クレジット機能とは異なり、口座にある残高分だけキャッシュレスで使用できるというものです。
実はこの銀聯が日本で使用できるのです。
中国人が日本に訪れて買い物で使用することもできますし、ATMで日本円を引き出すことができます。
使用できるATMは、
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・ゆうちょ銀行
・セブン銀行
です。
一日に引き出せる限度額は10000元です。
このとき取られる手数料は、銀聯カードを作った中国の銀行によって異なるようですが、0.5-1%となっています。
更に一回当たり110円相当の人民元が口座から手数料として引き落とされます。
10000元を日本円で引き出した場合、最高1%の手数料の場合、合計1.09%の手数料となります。
今度試しに日本円を引き出してみようと思います。
タグ:銀聯 Union Pay
posted by マーラー火鍋 at 22:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 銀行

2011年07月05日

中国の銀行預金金利は!?

二年前に招商銀行に口座開設し、2年定期にしていた預金が8月で満期になります。
当時は金利引き下げ後で、2.7%(年利)くらいだったと記憶しています。
満期を迎えた後に、資金をどうするか考える必要があり、現在の預金金利を調べてみました。
預金金利.jpg 金利計算.jpg

今年、金利の見直しがあったのは知っていましたが、意外と高くなっていますね。
二年定期が年利4.15%になっていました。
これは日本の銀行では想像もできない金利です。

現在の金利で3年定期にした場合、どれくらいの利息が得られるかシミュレーションしてみました。
招商銀行のHPで計算できます。
試しに1万元を3年定期にした場合を計算しますと.....(右の画像)
なんと3年で14.25%の利息がついて、1万元が11425元になります!!
更に良い点を考えると、人民元の切り上げがあった場合、日本円で考えると更に利潤が得られる可能性があります。

ただし、良い面だけではなく悪い点も考えなくてはなりません。
1)日本円⇔人民元の交換手数料
 片道、2.5%の手数料が銀行で取られます。つまり往復では5%程度の手数料が取られ、金利分をある程度食いつぶされます。
 この手数料をいかに減らすかが重要です。
2)為替変動
 人民元は、米ドルにある程度連動しています。
 つまり、預けた後に円高になってしまうと、日本円で考えると目減りします。
 為替変動が10%ということも現実起きていますので、定期預金の金利を食われてしまうというリスクは有ります。
 これはあくまで日本円に戻す場合重要ですが、人民元を使用する場合、関係ありません。
 私の場合、中国で人民元を使用しますのでこの心配は有りません。

 中国に行き来する人にとっては、中国の銀行に預金するのは有効な事と考えています。
posted by マーラー火鍋 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2011年02月25日

スルガ銀行のデビット、手数料値上げ

先日、スルガ銀行のANA支店口座を開設するとさまざまなメリットがあるとお伝えいたしましたが。
その後、すぐにスルガ銀行から封書が送られてきて、内容を見て驚きました。
私が最も有効に利用していた、VISAデビットを利用した海外現地ATMでの現地通貨での出金手数料の値上げのお知らせでした。
これまで、現地通貨出金手数料が1.63%と格安で、中国の場合、銀行の交換手数料2.5%よりはるかにお得でしたが....
Suruga_Debid2.jpg

なんと4月1日から3.0%に引き上げられます。
詳細はこちらです。

3月中はまだ安い手数料なので、次回の訪中時に目いっぱい両替して、現地銀行(招商銀行)に入金して来ようと思います。
posted by マーラー火鍋 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2011年01月14日

現地ATMで日本語表示

シンセンでは必要な中国元を、いつもスルガ銀行のキャッシュカードを利用して、現地通貨を得ています。
このキャッシュカードを使えるATMは多々あるのですが、昨年の10月頃から様子が変わったのが交通銀行です。
これまでどこの銀行のATMでも中国語と英語の両方があったのですが、なんと日本語のメニューが現れました。
koutsuu2.jpg koutsuu3.jpg


日本語以外にも多言語に対応しています。
さらに一日の引き出し限度額のアップがあるともっと嬉しいのですが....

posted by マーラー火鍋 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2010年10月17日

招商銀行ネットバンク振込設定

本日友人がやってきて、彼のネットバンクの確認をしていました。
口座開設して、残高照会をするにはそのままで良いのですが、ネットで振り込みをするには設定が必要です。

まず、ネットバンク用のソフトをUSBキーをさして立ち上げます。
2010-10-17_221558.jpg

そしてこちらのプルダウンメニューから設定をします。
2010-10-17_221817.jpg


こちらの画面で、振込の制限を解除します。
567.jpg

1には自分の口座番号を。
2には口座開設時に設定した6ケタの暗証番号を。
3にはJAPAN、4には口座開設したときの証明書を選択。おそらくパスポートだと思います。
5にはパスポート番号を入力。
6,7はこのように設定し、確定をクリック。
これで日本からもネット送金ができるようになります。
posted by マーラー火鍋 at 22:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | 銀行

2010年09月05日

Windows7に招商銀行ネットバンクソフトをインストール

ほとんど使っていなかったVistaがインストールされたノートPCにWindows 7 Ultimateをインストールして、マルチ言語対応にしました。(したつもり.....)

これで一台のPCで日本語ソフトと中国語ソフトを使えるから便利!と思っていたのですが、うまくいきません。
中国語のソフトといっても、中国に口座開設してある招商銀行のインターネットバンキング用ソフトウェアだけなんですが。
自宅では中国語のXPマシンを専用に準備して、ネットバンキングしていたのですが、出先(中国)での使用に不便なので.

XPマシンのときと同じように、ネットバンキングのソフトをインストールしようとしたのですが、インストールの途中に文字化けはするは、プログラムは完全にインストールされないは、プログラムを立ち上げても文字化けと不完全なメニューと散々でした。

言語の切り替えだけではだめのようで、半ばあきらめながらWindows7をいじっていたら......
「Unicode対応でないプログラムの言語.....」というのがあるではないですか。
コントロールパネルの表示言語の変更から、システムロケールの変更を選択し、言語を変更します。
language1.jpg language2.jpg


language3.jpg language4.jpg

言語を変更すると再起動が求められます。
再起動してみると、これまでXPで騙しながら使っていたときはOSのすべての表記が中国語に変わってしまい、使いにくかったのですが、この方法ですと日本語のまま!
これは使いやすい。
早速、ネットバンキング用のソフトをインストールしてみました。
language6.jpg language7.jpg

するとインストール中も文字化けが無く、プログラムもインストール完了しました。

左は無理やりインストールしたときの画面で、文字化けがあり、動作も不完全でしたが、右のように完璧です。
language5.jpg language8.jpg


次の訪中からはこのマシンを持参します。
posted by マーラー火鍋 at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2010年05月31日

招商銀行ネットでの両替

今年の二月から、招商銀行に預けている外貨(日本円)のネットバンキングでの両替(⇒人民元)ができなくなっていましたが、今回再度挑戦してみました。
招商銀行に預けていた日本円は以前に窓口で人民元に換えてしまっていたので、今回二万円を窓口で預け、ホテルからネットで再挑戦してみました。

2010-05-30_234026.jpg

本題からは外れますが、中国の銀行は預金利息が日本に比べて雲泥の差です。
定期預金と普通預金をしていますが、普通預金でも日本の定期並みです。
一か月定期からありますので、次回の訪中時まで定期にしておくという手段も有効です。

で、日本円が二万円入っているのを確認して、両替へと進めます。

そして出た結果が.....
2010-05-30_161809.jpg
外人には両替をネット上ではさせてくれません。
しばらく日本円を口座に入れておいて、再開を探ります。

posted by マーラー火鍋 at 00:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | 銀行

2010年05月27日

日本で人民元口座開設

本日、朝日新聞のWEBサイトでニュースになっていました。
香港に拠点を置くHSBC銀行が、日本での人民元口座の開設を始めました。
口座開設には条件があります。HSBC口座に1000万円が必要のようです。
また、使い方、限度額にも制限があるようです。

詳細はこちら(HSBCサイト)を参照ください。
日本に居ながら人民元口座を開設するというのはこれまでできませんでしたが、中国に行く機会が多い私には必要ありませんね。
posted by マーラー火鍋 at 20:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 銀行

2010年05月02日

デビットカードが使える銀行

4月に人民元の切り上げがあると中国政府が発表していましたが、まだ実行されていません。
アメリカが圧力を弱めたせいでしょうが、いずれ切り上げが実行されると思っています。
今回の訪中(シンセン)前に、スルガ銀行の口座に資金を集中させ、三日間かけてすべてスルガ銀行のデビットカードを利用し、中国元での引き落としを行いました。

市中にたくさんの銀行がありますが、今回デビットカードを利用できたATMが設置してあった銀行を紹介いたします。

Marchants.jpg Bank_of_China.jpg
まずは口座を持っている招商銀行。
この銀行はシンセンで開業をしており、市中にたくさんあります。
そして中国銀行。ここは一回の操作で3000元まで下ろせます。
スルガのデビットカードの場合、日本円⇒人民元への定率手数料のほかに一回当たり210円のATM使用料金が取られます。
一日の利用限度額が一行当たり5000元(?)なので、手数料を抑えたいときに有利です。

他に使用できたのは、以下の銀行です。

Commucations.jpg Constructions.jpg


Guangdong.jpg koushou.jpg


BEA.jpg


他にも使える銀行があると思います。
茂業デパート内にあった浦?銀行のATMも使用できました。
デビットカードはいくつかあると思いますが、スルガ銀行のが手数料が安く、市中で両替するよりも有利です。
posted by マーラー火鍋 at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2010年03月24日

招商銀行、ネット両替不能に

いつもシンセンに行ったときに、日本円を預金しておいて、レートの良いときに人民元にネットで両替していたのですが....
先月からネットで両替をしようとすると、エラー表示で実行ができない状態が続いていました。

海外からのネット接続ではできなくなったのかなと思っていたのですが、先日の訪中時にホテルからの接続でもできませんでした。
しょうがないので現地銀行に出向いて、行内のPCから接続してトライしたのですが同様の結果でした。
このときそばに居た行員に聞いたのですが、わからない....とのことでした。

そんな折、読者の方からコメントをいただきました。
同じ経験をしていて困惑していたようです。
詳細が読者様のブログ『失敗?成功?教師辞め中国で経営者に』に紹介されております。
貴重な情報ありがとうございます。
posted by マーラー火鍋 at 22:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | 銀行

2010年02月13日

招商銀行口座開設申し込み用紙

今回シンセンに行ったときに、招商銀行の口座開設用紙をいただいてきました。
Marchants_1.jpg


こちらが申し込み用紙です。 記載内容は、
氏名、性別、生年月日、学歴、携帯電話番号、職業、中国での住所等々です。
私が解説したときは、記載方法につきまして銀行員が懇切丁寧に教えていただきました(英語です)。
身分証明書としてパスポートが必要になります。
クレジット機能を付けず、銀聯のデビット機能だけですとその場で発行されます。

そして忘れてはいけないのがネットバンキング用のUSBキーの発行です。
これがあれば日本からでも振込、両替、残高照会当がネットでできます。
申請用紙はこちらです。
Marchants_2.jpg

こちらも銀行員が親切に記載について教えてくれます。
現地中国の友人も言っておりましたが、招商銀行の行員は特に親切だそうです。
国営からある銀行は逆にすごい不親切であるとも言っていました。
posted by マーラー火鍋 at 19:57 | Comment(8) | TrackBack(0) | 銀行

2009年10月21日

citi bank海外送金登録

現地(中国)の銀行で両替するよりもお得な方法として、スルガ銀行の利用を紹介しましたが、この方法は現地で人民元が必要なときに有効です。
日本に居ながら、個人輸入等で中国の他人の口座に振り込みが必要なときは、別の手段が必要です。

海外にドル建てで送金を安くできるのがciti bankです。
ただし条件があり、
1.citi bank口座を開設している
2.現地に送金名義人の口座がある
が必要です。
また、citi bankに振込先の口座を登録する必要があります。
この手続きは郵送にて行う必要があります。
先日、この手続きを行い、citi bank口座を確認してみました。
Trans_Acount.jpg

登録したのは、招商銀行です。
これでいつでも中国にドル建て送金ができます。
招商銀行でのUSD⇒人民元の両替は、ネットで日本からできます。
最後に残る問題は、いかに日本円をUSDに安い手数料で交換するかです。

追って紹介いたします。
posted by マーラー火鍋 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2009年10月15日

招商銀行、ネットでの人民元両替

中国に行ったとき、現地他人口座への振込に便利に使っている招商銀行口座です。
入金は現地に行ったときに日本円で窓口で入金していますが、現地での人民元が必要なとき、日本円を人民元に両替して引き出す必要があります。
最初から手数料を払って、人民元で入金もできるのですが、両替レートが有利なときに元に替えれると便利です。

両替は店頭の端末を使ってもできますが、せっかくネットバンキングを利用できるのですから、ネット経由で日本からできたほうがGOODです。

先日シンセンに行ったときにあえて日本円で入金してきましたので、ネットでの両替に挑戦しました。
ネットでは中国語環境で操作をする必要がありますので、ちょっと苦労しました。(私は中国語がわかりません....)

2009-10-11_120418.jpg 2009-10-11_120739.jpg

ログインして画像のところに行きます。
そうすると現在の貯蓄詳細が出ますので、人民元に両替したいところを選択します。
US$の貯金があればその項目が表示されると思います。
私の場合、40000円の日本円での預金があります。

2009-10-11_120856.jpg 2009-10-11_121047.jpg

投資収益を選んで、両替したい金額(この場合日本円)を入力し、先に進めます。

2009-10-11_121239.jpg 2009-10-11_121312.jpg

両替レートが表示され、OKならば暗証番号を入力して確定します。
成功するとこんな表示が。
2009-10-11_121403.jpg 2009-10-11_121524.jpg

そして、日本円の残高が減って、人民元の預金が増えているのが確認できます。
今回は日本円からの両替ですが、US$からの両替も同様にできると思います。

posted by マーラー火鍋 at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2009年08月20日

招商銀行ネットバンク再手続き

先日、招商銀行のカードをゴールドカードに変更したのに伴い、ネットバンク用のUSBキーの変更手続きを行いました。
記事はこちらです

本日ネット振込みをしようといたしましたら、エラーが出ました。
以前見たことのあるエラー!!
ネットバンクの登録の再手続きが必要でした。
登録手続きは、こちらに紹介しております。

同じ処理をして、振込み可能になりました。
カードの切り替えを行ったときには注意してください。
おそらく、一ヶ月以内に処理しないとUSBキーが無効になります。
posted by マーラー火鍋 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2009年08月15日

招商銀行定期預金手続き完了

今回、シンセンでの目的のひとつが招商銀行への入金ならびに定期預金手続きでした。

外国人の一日あたりの入金限度額が47万円でしたので、三日間通って定期預金を行いました。
入金はすべて日本円で行い、三日目に人民元への交換ならびに定期預金への振り替えを行いました。

口座に預けている日本円の人民元への返還と定期への振り替えは、銀行内にある端末で、自分で行えます。
日本に帰ってきてから、口座の内容をネットバンキングにて確認いたしました。

MB_Account_info.jpg


活期結算戸は普通口座です。
整存整取戸が定期預金口座です。二年定期で年利が2.79%であることがわかります。
普通預金でも年利が0.36%で、日本の銀行での定期預金よりも非常に高利率です。
日本円⇒人民元への交換手数料と為替変動のリスクはありますが、人民元が暴落することは無く、上昇すると考えています。
二年後に中国に行くのが楽しみです。
posted by マーラー火鍋 at 20:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 銀行

2009年08月13日

招商銀行のゴールドカード入手

招商銀行に三日間続けて通い、持って来た日本円を入金してきました。
招商銀行では5万元以上預金すると、ゴールドカードにしてもらえます。
手続きの書類はほとんど窓口の女性が書いてくれて、私はサインと暗証番号の入力をしただけでした。
クレジット機能(VISA,Master)は不要でしたので、付けませんでした。

MB_Gold_Card.jpg


ゴールドになったメリットは良くわかりませんが、ゴールド専用の窓口があり、もし待つとしてもソファーでゆったりと待てます。
ちなみに通常の窓口は、朝一で行かないと非常に混雑しています。
これだけでも非常に助かります。

こちらはゴールドカード専用の窓口入り口です。
MB_Gold_gate.jpg


口座番号が変更になりますので、ネットバンク用のUSBキーも変更が必要になりますので、持参する必要があります。
posted by マーラー火鍋 at 13:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 銀行

2009年08月10日

招商銀行への入金

以前、シンセンの招商銀行(Merchants Bank)に口座を作り、振込み等行っていました。
今回、多額の預金をすることになって銀行を訪れました。
MB_Front.jpg   MB_OpenTime.jpg


場所は定宿となっている華強北路エリアにあるDIFU Hotelのすぐそばです。
中国の銀行窓口は休日でも時間は短いですが、開いています。
日本でも行ってほしいサービスですね。

日曜日に銀行を訪れ、こちらが定期預金を行いたいことを告げると、なにやら相談が始まりました。
持ち込んだ日本円の入金は、外国人の場合一日約47万円が限度になっているようです。(ドル建てで計算していました)
したがって、あなたの希望をかなえるのには、三日間かかりますとのことでした。
二日間で47x2=94万円を入金完了しました。

招商銀行の接客態度は非常に優秀で、他の中国の銀行に行く気が起きません。現地の人も絶賛しています。
今回二日間に渡り対応していただいた女性行員です。(隠し撮りに近いですが)。
MB_girl.jpg


ちゃんとした英語で対応していただきました。
また、こちらで記載の難しい中国語の書類はほとんど代筆していただき、私はサインと暗証番号の入力がほとんど。
非常に助かりました。

明日、最後の入金をして、定期預金に振り替えてきます。
posted by マーラー火鍋 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2009年06月14日

招商銀行、ネットでの振り込み

中国、シンセンに拠点を持つ招商銀行に口座を作って....中国語に苦労しながらネットバンキングに挑戦してきました。
中国語環境を使えるようにして、今回振り込みに挑戦しました。

振込み手続きを進めて、最後に確定ボタンを押したら....
Trans_error.jpg

何か限度額を超えている...というか送金限度額の設定をする必要があるようです。

手続きを進めました。
こちらです。
Transfer5.jpg


口座番号、暗証番号を入力し、国(Japan)と口座を作った時の身分証明(パスポート)を選択し、パスポート番号を入力します。
Transfer6.jpg

そして毎日交易限額を天限額にして確定します。
Transfer7.jpg

設定完了です。

早速振り込み続きを行ってみました。
Trans_Login.jpg Transfer1.jpg


Transfer2.jpg Transfer3.jpg

振込先の名前と口座番号を入力し、振り込み金額と暗証番号当を入力して確定します。
Transfer4.jpg Transfer8.jpg


無事振込みが完了したようです。
すぐに振込先に電話して確認したら、すぐに入金が確認できたとのことでした。
本日は日曜日なのですが、休日は関係なく送金されるようですね。
残高を確認しましたが、振込み手数料は引かれていませんでした。
今回は同じ招商銀行宛の送金でしたが、他行あては手数料がかかるのではないかと思います。
posted by マーラー火鍋 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2009年06月05日

招商銀行のネットバンクソフトインストール

招商銀行の口座を開設し、前回の訪中時にネットバンクの申し込みを行い、現地に持ち込んだノートPCにソフトをインストールして、使えることを確認したのですが....
通常日本で使うマシンに再度インストールをいたしました。
WEBを閲覧していますと、ソフトのインストールならびにソフトの使用時に文字化けして使えない!!という記事が目につきますが、ちゃんと中国語環境で扱えば使えます。

まずはネットバンキング用のソフトをDLしてインストールします。
SoftDL.jpg Install1.jpg


ソフトのDLサイトはこちらです。
DLの終わったexeファイルをインストールしようとすると、文字化けに遭遇します。
Install2.jpg Install3.jpg

つまり日本語環境では使えないとのことなので、中国語環境に切り替えます。
コントロールパネルを開いて.....
Install4.jpg Install5.jpg


中国語環境を設定すると再起動を要求されます。
Install6.jpg Install7.jpg


再起動後にインストールを行いますと、文字化けも無く進めます。
Install8.jpg Install9.jpg


Install10.jpg Install11.jpg


インストールが終了し、USBキーを挿した状態でデスクトップ上に作られた招商銀行のアイコンをクリックしますと、文字化けの無い画面が表示されます。
Install12.jpg Install13.jpg

自分の持っているUSBキーの種類を選択し、パスワード(6桁数字)を入力しますと、ネットバンクが使えるようになります。

Install14.jpg Install15.jpg


当初文字化けにあきらめて、中国語OSをインストールしてデュアルブートにしようと考えたのですが、その必要はありありませんでした。
posted by マーラー火鍋 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | 銀行

2009年05月31日

招商銀行のネットバンク開設

前回シンセンに行ったとき、招商銀行の口座を開設してきました。(こちら

今回、ネットバンクの手続きを行ってきました。
口座のカードとパスポートを持参し、手続きを行いますとUSBキーをもらえます。
Netbank_key.jpg

USBキーの代金、30元は口座から引き落とされます。

ホテルに戻り、シンセンに持参したPCでソフトのインストールならびにログインを試みました。
OSが日本語のXPでしたので、ソフトのインストール、ログインともに文字化けが激しく、最初は使えませんでしたが、環境を中国語に変えて何とかなりました。
Netbank_Login.jpg


Netbank_Login2.jpg Netbank_Login3.jpg


窓口で日本語では使えませんよと言われましたが、没問題でした。
posted by マーラー火鍋 at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行

2009年05月07日

中国の銀行、招商銀行口座開設

何度も中国に行くので、現地の銀行に口座開設しました。
ネットバンキングの使える、『招商銀行』にしました。

card.jpg

必要な書類はパスポートのみです。
書類記載に必要な事項は、
1.中国の住所⇒いつも滞在するホテルの住所
2.中国の固定電話⇒同上
3.保証人(中国人)⇒友人の名前と携帯電話番号

これらを記載し、窓口で30分もかからずカードが発行されました。

窓口の女性は、英会話が完璧で.....手続き中も『日本に行ってみたいわ』、『日本って綺麗なんですよね』などと語りかけてくれましたので、緊張がほぐれました。
posted by マーラー火鍋 at 23:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 銀行